ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
交響詩篇エウレカセブン の記事一覧
NEXT PAGE ≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エウレカセブン #49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」最終話「星に願いを」感想 
2006.04.07.Fri [ 交響詩篇エウレカセブン
かーなーり、時間経過してしまいましたがエウレカの感想をば。

まずは全体的なところを。

1年間という最近のアニメでは長いスパンだったにも拘らず、破綻ない大きな流れの中で1話1話が意味を持っていた。
作画も脚本も音楽・演出も常に高い水準を保っていた。

ストーリー・世界観は複雑な部分もあるがしっかりしており、少年が少女と出会い様々な人と出会って成長していく・・・『家族』『共に生きていく』というテーマがはっきりと見えた。

種運命で微妙に傷つけられていた心がそれだけで癒されました(笑)

ああ、アニメって色んなことが伝えられるんだなぁ。こうあって欲しいなぁ。と素直に思えた作品でした。

ただ、メッセージはけっこうシンプルに伝わってきた・わかりやすい言葉でストレートに何度も叫ばれてきたものの、最終回は怒涛の展開で「結局どうなったんだー?」という抽象的な部分も多かった気がします。
そこはばっちりわからなくてもフィーリングで良いという見せ方だったんだろうなと思いつつ。

かぶりつきでしっかり推察してきた方はともかく、私なんか「あれ?なんでエウレカあんなとこにいるの?どうなったの?」レベルですよ。

というわけで、振り返って「あれなんだっただろう?」というところを自分なりに考えてみました。
穴がありまくりなのは笑って聞き流してくださいまし。


■絶望病

結局、絶望病ってなんだったんだろう?
「バスが迎えにくる」ってなに!?
ひー!隕石(デブリ?)直撃しちゃったよー。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

って最初驚きました。

落ち着いて見直してみて、私なりの解釈はこんな↓かんじです。

ワールズ・エンズ・ガーデンレイズ・ユア・ハンドでちらっと考えていたことはあながち間違いじゃなかったのかな、と。

知性体総量が限界量を超えること、というよりその知的生命体の『悩み・苦しみのエネルギー』が飽和状態を超えて宇宙が崩壊してしまうことが『クダンの限界』でした。

今だからわかるのですが、スカブコーラルの抱えている『孤独』はまさに負の思考エネルギーであり彼らはこれを抑えるために休眠状態になるしかなかったのだろうと思います。

そして人間側で『絶望』という負の思考エネルギーを抱えた人を、コンパクドライブを通して休眠状態に陥らせたのが『絶望病』なんじゃないかなぁと思うわけです。
それによって、クダンの限界を遠ざけようとするコーラリアンの働きかけだったんじゃないかと。

(ということは、実は『負のエネルギー量』が少なくなればクダランの限界は解消されるんじゃないかとも推測されますがそれは置いておいて)

そしてとにかく、アドロックの例を見てもダイアンの言葉からもコンパクドライブがスカブコーラルとつながっているのは確かです。
肉体を失った人の魂の情報はコンパクドライブを通じて、スカブコーラルにとりこまれている。それが、あの図書館の一冊一冊の本なのではないかと考えられます。

ということはやはり、いつの間にかコンパクドライブから変化した本を抱いた絶望病の人々は、肉体を失ってスカブコーラルの中に取り込まれたんじゃないかと思います。
女の子は「これからはずっと一緒にいられる」と言っているし、マーサの抱えた本はちゃんと2冊あったんですよ!細かい・・・ウィルの分なのね。
3000年前(だっけ?)スカブコーラルを休眠状態から目覚めさせたのが隕石だったというのも、ぶつかる隕石が絶望病の人々を目覚めさせたということを示唆したのかな?と思いました。

「サトリ」を開いたニルバーシュは
『全ての人はこの血には留まれない。半分は私と行く』
と言います。
これは明らかに、絶望病だった人を含めスカブコーラルの中で存在している人たちのことを言っているのではないかと。

3000年前、クダンの限界を迎えそうになったとき宇宙の裂け目の向こうに宇宙があることがわかった。

レントンが選ばなかった『スカブコーラルと人間が融合する』道・・・もうひとつの進化の道筋を進もうと別宇宙へと向かったのが、ニルバーシュの連れて行った人々なんじゃないかなと思ったのでした。


■指令クラスターとデューイの意図

急いで見てたからでしょうか?
デューイがなにがやりたかったのか、エウレカに何が起こったのか初見ではさっぱりでした(笑)

で、まとめた結果↓

指令クラスターが存在していれば、スカブコーラルは目覚めない。

レントン達は指令クラスターを守ろうとしたが、デューイはこれを破壊してしまった。

レントンとエウレカ達は自分たちが代わりに指令クラスターになろうとする。

しかしデューイは、自分が死んだらエウレカかアネモネが指令クラスターになるよう細工していた。
そして指令クラスターになった者に『自壊プログラム』を首輪から注入することにより、確実にクダンの限界を引き起こそうとした。

エウレカが指令クラスターになることを拒んでいることにより、かろうじてその企みが実現しないでいる。

ってことなんですね。
この流れが一発でわからなかった私は鈍いんだろうか・・・_| ̄|○

いやでも、デューイは自分の死に星を道連れにするのにどんだけ用意周到なんだって話ですよね。


■恋の花を咲かせましょ

エウレカと一緒にいたい。
その想いに応えて生まれ変わるニルバーシュ。
虹色の光を連れて、レントンはエウレカの元に向かい・・・
押し返す力に負けじと、一輪の花を手の中に握りこむ。

「ひとつになろう、エウレカ。君をひとりぼっちになんかさせないよ」

まるで桜の花を咲かせるように、球体を裂いて出てくるニルバーシュ。

『サトリ』がなんなのかはわからないですが、とにかくこの瞬間。
人とコーラリアンが共に生きられるということが証明された。

そして、その可能性を刻み付けたニルバーシュが指令クラスターとなり、別宇宙に旅立っていったってことだと思うんですが・・・どうだろう?このあたり、フィーリングです(笑)

しかしですね!
わからないなりに、この一連のシーンには釘付けになってしまいました。
生まれ変わったニルバーシュが手を伸ばし
「アーイ、キャーン、フラーイ!!」
と叫ぶところなんてぞわっときましたよ。
2話にリンクしてるー!!。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

小さく揺れる花を握り締めるところも、ヘアピン(桜付き?)をエウレカの髪にさしてあげるところも、ここで来たのか桜ーーーー!!!というシーンも感覚的に伝わってくるものがあった。

ノルブとサクヤは『蓮』を、ドミニクとアネモネはもちろん『アネモネ』を、レントンとエウレカは『桜』を咲かせちゃったんだなー・・・恋って花をね!!と感じてしまった。
恥ずかしいけど、思っちゃったもんは仕方がない。

ボーイミーツガールが原点なんだなと改めて思った瞬間でした。


■星に願いを

今までずーっとカタカナのタイトルだったのに、最終回だけ『星に願いを』これはしびれた。

でもって、最後がじっちゃんでしめられるっていうのがね!!
熱いものがありました。
「大事なもの」と言ってレントンが預けていく手紙と領収書。必ず帰ってくるよという約束手形。
みんなで食べるビッグバーグ。
じーんときました。

夜空に浮かぶ月にハートマークは笑いましたが・・・確かに、見上げるたびに思い出せそうです。
人とコーラリアンは共に生きていけるんだよということをでかでかと広告しているんですね(笑)
ほんわかしたラストで良かったなと思いました。

ハートマークの付いた月を見上げて、輪になって星屑のように浮かぶ抗体コーラリアンを見て、別宇宙に行ってしまった人々がいるかもしれない星を見て、「いつか会えますように」って願うんだよね。
ロマンチックだー!ハッピーエンドだ。

***

まとまりないですが、こんなことを考えたというのを残しておくためにも書いておきたかった。

1年間、楽しませてくれてありがとう。御疲れ様でした!!と爽やかに笑顔で言える作品でした。

ちなみにこれ欲しいです↓

B000EXZKNA交響詩篇エウレカセブン COMPLETE BEST(DVD付)
TVサントラ
ミュージックレイン 2006-05-07


スポンサーサイト
エウレカセブン#43 『サンシャイン・アンダー・グラウンド』 
2006.02.20.Mon [ 交響詩篇エウレカセブン
怒濤の展開、エウレカセブンです。

海だーーー!!(口に手を当てて)

気になるところを抜き出してみる。


■ドミニクとアネモネ

今日も今日とてへたれっぷり全開のドミニク。
全国の「ええ加減にせんかいわれー!!」という叫びが聞こえてきそうです。

キスシーンはまるであの伝説の劇場版エヴァのラスト「気持ち悪い」を彷彿とさせるへたれっぷりでしたー!!

アネモネの花は切なかったなぁ・・・
しかーし!花言葉はいろんな解釈があるのよ。
私が見たものでは花言葉・・・「あなたを信じて待つ、期待」だったよ。

今回デューイといても『大人顔』が目立ったアネモネ。
髪の毛に拒否反応しめしてるしー!
ドミニク呼んでるしー!
なんとか収束して欲しいものですアネモネ&ドミニク方面も。

ユルゲンス艦長vの鉄拳制裁希望ー!!


■デューイとホランド

今回、一人で自分の過去を喋りまくりなデューイでした。
デューイの方も「贄の王」とはいえ、選ばれた存在であるホランドにねじれた想いを抱いていたわけですね。
「父殺し・母殺し」をさらっと出してくるあたり、なんだかこなれたものを感じました。

ホランドは、入れ墨にそんな秘密が!!というのに驚き。
この人最後まで生き残るのか不安で仕方ないです。


■約束の地

えーっとこれは・・・琥珀の中の指輪はなんなんだろう。
地球を脱出して違う惑星に移住・・・したと思わせておいて、実は元の世界は大地に封印・スカブコーラルに浄化を任せて地表で暮らしていた。とかなのかな?

腐海の下には、綺麗な土と水が・・・!!みたいな。
地殻変動は「大地が怒っておる」みたいな。
・・・偉大な先例があると、いつまでも引き合いに出されるので困りますね。

うーん、純粋に続きが気になる。


■エウレカとレントン

どんなにラブラブだったとしても!お互い好きだったとしても!!ずっと一緒にいればものっすごい些細なことですれ違う。
お互い、相手が自分のことを好きだという甘えが「こうしてくれればいいのに」「当然こうしてくれるはずよね!」という傲慢さを生むのね・・・
少年少女でここまで描くかエウレカ(笑)

「今日ごはん何にするー?」
「んー何でもいい」
「何でもいいってどういうことよ!」
「そんなの適当に決めればいいだろ?」
「わたしが御飯つくるの当然だと思ってるわけ!?」

みたいな。
ラブラブで何もかも許せるのは1ヶ月だけですよ(短い)

しかしそこを乗り越え、お互いを自然と思いやり相手の心理状態を懐柔出来るそこまでいたって生活というものができるのですね・・・
世の中の夫婦生活営んでいる皆さま素晴らしい!!

エウレカとレントンもそんなおしどり夫婦になることを祈っています・・・ポイントはエウレカのカカア天下(断言)

がんばれレントン。負けるなレントン。

と勝手な推測をしながら、次回へ続くっ!
エウレカセブン #42「スター・ダンサー」 
2006.02.19.Sun [ 交響詩篇エウレカセブン
「さすがにそれはないっかー」
とか言ってたら、
本当にグレートフォールの先に『日本』があって思わずのけぞりました。
約束の地=地球なのーーっ!?

まーじっすか!?
でもまだ42話だよ!!まだまだなにかありそうだよー!!
と叫びつつ、明日がエウレカなのが嬉しい。すぐ見れる~v

なんだかもう、皆いつでも死にそうで怖いよ~特にホランド!
(もう駄目かと・・・)
ハラハラしながら見ていたのですが、途中でここまで死亡フラグ立てながらも(次回予告でも苦しむホランド)もしかしたら皆生き残るんじゃないか・・・敢えてそうやって生き残る姿を見せるんじゃないかと思ったり。

父親は 死んじゃ駄目だよ ホランドさん(字あまり)

空中に身を投げるとこ格好良かったね!

えー、今回ぼろぼろ泣いたのは実はノルブ&サクヤだったりします。
あんな不良坊さんがさー!
サクヤ様の前では純情少年に戻ってしまうのよ・・・(涙)
ノートのハートでぼろ泣きですよ。
最後に二人手を繋いでいるところで号泣ですよ。

そして相手がいないから、一人取り残されるアネモネも切ない・・・
どーみーにーくー!!(次回何かやるのか?)

ゾーンに突入する前のレントンの回想も
『出会いは突然だ。だが出会いで人は変わり、進んでいく。別れもまた然り。』
というノルブさんの言葉が効いていたよなぁ・・・
レイとチャールズでじんわりきてしまいました。

でもって桜!!サクラね。
OPで「なんでチェリーブロッサムなの?」と思っていたのですが、ノルブとサクヤの花が『蓮』であるように、レントンとエウレカの咲かせる花は『桜』なのねー!

日本人にとって不思議なほど特別な花であると思う『桜』が、ここぞというところで素晴らしい映像になって使われるんじゃないかなぁと思って今からぞくぞくしてますよ。

うひひ。明日・・・じゃないや今日が楽しみだ。
とりあえずホランドの無事を祈ります。
エウレカセブン #37『レイズ・ユア・ハンド』 
2006.01.09.Mon [ 交響詩篇エウレカセブン
手を挙げて掴み取れ!
そう言わんばかりのタイトル・・・それだけじゃないんでしょうが。
*追記*
『立て、民衆よ!』という意味とのこと。
デューイの演説なのですね。
「否、断じて否」で思わず笑ってしまったのは私だけでしょうか・・・(笑うトコじゃないよ)


とりあえず、『ジャングル・パラダイス』ってネーミングセンスはどうよ?と萎えていたのでちょっと癒されました。

さてさて本編。

前半部分はかなり難解でしたね!
私の脳みそじゃついていかないよ・・・

ちょっとノエイン思い出しました。
科学と哲学・宗教は反対側で同じことを言ってるのかもしれないなぁと。(話中でも言ってましたね)

とりあえず重要なのは、

知的生命体の増加は、物理宇宙の崩壊を招く。
スカブ・コーラルの知性体総量は限界量を超えている。
したがってスカブ・コーラルは休眠状態にある。


そしてその証として、

数千年前に隕石が落下して、休眠状態のスカブコーラルの一部が目覚め限界量を超えた空間・・・グレート・ウォールがある。
そこはあらゆる物理法則を無視した歪んだ空間である。


ということが挙げられます。

そして全てのスカブコーラルが目覚めれば、たちまち星全部がそんな空間になってしまう、と。
・・・うわあ!デューイのやっていること危険ですね!!
リスクを負いながらスカブコーラルを殲滅しようとしていると。

イマイチ原理がわからないのですが、『絶望病』の意味は少しわかった気がします。
ワールド・エンド・ガーデンでマーサは正に休眠状態にあった。
思考がエネルギーであり、エネルギーの飽和状態が崩壊につながるとしたら、思考を止めエネルギーを発することを抑えるのは自衛手段なのかもしれません。

特に、ノルブの言ではどうやら『悩み・苦しみ』のエネルギーがボダラク(という意思を持った状態)を破るとのこと。
大地=スカブ・コーラルに魅せられて思考を放棄し眠りにつく者たち。
それは、『絶望』に囚われた人々が負のエネルギーを発するのを抑えるための、コンパックドライブを通したスカブコーラルからの働きかけなのかなぁと思いました。

じゃあ、これからこの状態を打破するためにはどうすればいいのか?

グレートフォールは『未来』だと言ったアドロックの言葉。
魂と魄のように、人とコーラリアンが対になってニルバーシュに乗ること。
スカブ・コーラルは船。他の岸に我らを乗せる船。船へといざなう風がトラパーである。というノルブの言葉。


あたりが鍵になりそうです。

ちなみに私が思い浮かんだのは、スカブ・コーラルと人類がトラパーという想いの波を超えて合一化できると、飽和している知的生命体は地球に移住できるみたいなイメージだったのですが。

さすがにそれはないっかー。

とりあえずドミニクは、アゲハっ子達に何も言えないようなら何もできまい。
しかし、そこを乗り越える描写はあるだろうから早くしてくれーい!
というかんじでした。
このままじゃどうにもなりませんよードミ!!

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック
エウレカセブン #36『ファンタジア』 
2005.12.27.Tue [ 交響詩篇エウレカセブン
あらゆる意味で、悶えに悶えた回。
マヨラーだよノルブ師(笑)

若いホランド、何もかもがたまらんかった!
じっちゃんとのやりとりには最高に笑わせていただきました。
ダイアンは天性の男殺しでした。利用されて捨てられたとしか思えんホランド。

デューイとの関係、託されたエウレカと世界、消えたアドロックとダイアン・・・
その全てを背負って潰されちゃっていたのでヘタレていたのですねぇホランド。
ここまで立ち上がったからには、家族を背負っていく男になって欲しいです。子を残して逝くなよ頼むー!

そして平行して描かれる、エウレカお化粧にチャレンジ!も良かったです。なんでこの短い時間でお約束全部詰め込んでこんなに丁寧に描写できるんだろ。
好きだから綺麗に見せたいエウレカ。どんな君でも大好きだよなレントン。
ああ・・・照れる(笑)

化粧話にはめっちゃ共感しました。ノーメイクで表歩けませんよ・・・(そういう意味でか)
いやほんと、『化粧は女の戦装束』(@彩雲国物語)ですからー!

次回はまたもやぐぐっと話が動きそうで楽しみ。
エウレカセブン#35 『アストラル・アパッチ』 
2005.12.19.Mon [ 交響詩篇エウレカセブン
ノルブ師奪還の為、首都に攻め込むゲッコーステート。
30分によくもこれほど詰め込めるな!というスピーディな濃さです。

ホランドとデューイの兄弟対決。エウレカとレントンの対話。タルホはデューイを吹っ切る。ドミニク大丈夫かドミニク。ノルブさんきゅーと!(え?)。ドギー兄さんがんばる。

『これが俺達ゲッコーステートだ!』
にはじーんときましたよ。


■ええー!?兄弟!!!!!
衝撃の事実発覚。
ホランドとデューイが兄弟だなんて・・・!!
言われてみれば髪の色は一緒だし、妙なこだわりにも納得がいくんですが。

「お前は俺に追いつけない」
言いたい放題のデューイ。一体この人に何があったのでしょうか。
デューイがリフをやる姿が想像できないのは置いておいて(笑)
『追いつけない』のは、リフや軍での地位など外形的なこと。

これに対して
「ちょっとガッカリだぜ、 あんたが全然オレに追いついてない事がな!」
と最後に返すホランドが良いよ!

でもって、
「ねだるな、勝ち取れ。さすれば与えられん・・・
これが俺達ゲッコーステートだ!」
でばばんと皆が出揃う画にはぞわっとしました。

ホランドがデューイに同情にも似た視線を送れる理由。
ひとつひとつ手に入れてきた全てがここにあるわけですから。


■エウレカとレントン
甘くても綺麗事でも、やっぱりこの言葉が欲しかった・・・・
そう、シン・アスカにね!(まだ言うか・・・涙)

『私たちが頑張れば頑張るだけ、あの人達を倒すことになるんだよ?
怖いの・・・・
あの人達も、きっと大切な人がいるんだよ?
私の前から、レントンがいなくなっちゃうのと同じように、
みんな大切な人を失うと辛いんだよ?
そう思うと、私・・・・!!』


大切な人ができたから誰も傷つけたくない。
その一言を、やはり待っていたのです。

他人を傷つける抑止力となるのは、想像力だと思うので。
それは、『自分が相手の身だったら』と考えるいう意味でも、『こんなことをしたら、こんな風に自分にも返ってくるだろう』と考えるという意味でも。

自分や周囲の人間が傷つく怖さ・自分が傷つける怖さを知るエウレカ。
それを受け止めて引き上げるレントン。
なんだかもう、ピュアさに当てられてしまう二人です。


■タルホさん昔の男を吹っ切る
こちらはちょこちょこ伏線出てきてなんとなくそうだろうと思っていた・・・タルホの上司・昔の男=デューイ。
これを踏まえると、へたれへたれと思っていたホランドの態度もまぁ仕方ないのかなと。
女は強いとしかいえませんね!ホランドとタルホのカップルは(笑)

「あの男の顔が見たくなかっただけよ」
そう言いながらもデューイを見下ろしていたタルホ。
たぶん、吹っ切れていない自分に気付くかもしれないのが怖かったのですよね。わかるー!
しかしこの笑みからすると、完全に吹っ切れた自分を確認したよう。
強い子を産んでください。


■アネモネとドミニク

だから報告書読んでおけばいいのに>デューイ氏。
そう思わせるドミニクですが、アネモネには押されっぱなし。
レントンにはビームス夫妻がおりましたが、このままではドミニクにアネモネを受け止めるのは重荷なような・・・

しかも、アネモネはデューイに『心酔』しているのかと思いきや、しっかり本性を見抜いて粛正を恐れている様子。

ますますドミニク大丈夫かがんばれよ!と言いたくなる展開です。


■ノルブ師・・・・きゅーと!
レントンとエウレカの姿を見て嬉しそうに駆け寄るノルブ師。
自分が未来を託したのは間違いではなかった・・・そう確認する感動のシーンなわけですが『ノルブ師・・・可愛いv』と思ってしまいました(笑)

「それよかまず、一服させて!」
の仕草もso qute!!
ああ・・・ノルブ師のゲッコーステート内での過ごしっぷりが楽しみ・・・!!


■ドギー兄さんがんばる
最近、とみに頑張っているドギー兄さんです。
ケンゴーとナイスコンビ。


来週はついに、ダイアン関係でしょうか?
毎週怒濤の展開で30分が濃いですねぇ・・・
バトルシーンもすごかった!
今週気付いたんですが、私『賢人』じゃなくて『天人』だと思ってました。
エウレカ #34 インナーフライト 
2005.12.14.Wed [ 交響詩篇エウレカセブン
情報量がいっぱいいっぱいですごいなぁ・・・
『対』であると言われたエウレカとレントンですが、シーン的にも『対』になる部分がたくさん。

それが、「わかる人だけわかれば?」といった『製作者の自己満』ではなく、「このシーンはきっとこんな隠された意味が!」と『穿った見方をしなかればわからない』ものでもない。
よりわかりやすく、言葉を尽くさなくても自然に心に染み入ってくるものになっているのが、エウレカという作品に好感を抱く理由なのかなと思いました。

伏線もね、どうしても拾っていかないといけないというよりは、後で「ああ、そうだったのね」と納得できるものが多い。
わからなかったら謎は謎として放っておいても、後でしっかり解決してくれるよなーという安心感があるのですよね。
私にとっては『優しさを感じる』作品です。

以下詳細。

▽Open more.
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。