ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
SAMURAI7 の記事一覧
NEXT PAGE ≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAMUEAI7 最終話 「植える!」 
2006.11.13.Mon [ SAMURAI7
き、キクチヨーーーー!!!

前回、キュウゾウとヘイハチでも「うわーーーん!」と叫んでいたわけですが、今回ボロボロになりながらも身を張ってカンナ村を守ったキクチヨにはほろほろほろりでした。
残った片足が、もう!

キクチヨとコマチは最後まで萌えを貫いてくれたね・・・(涙)!!

一方、ウキョウはもの凄い壊れっぷり。
子安=キレ演技は最早定説とも化してきました。
ほんっとーに怖いんですもの。
農民として育てられたことによる歪みが切なくもありますが、やっぱり怖い(笑)

全てが終わり、四振りの刀が刺さった墓が並ぶ場面ではこれまたほろっと来てしまいました。
あの刀だけで、四人の姿が浮かんでくるよ・・・

カンナ村での決戦後、正直物語が失速した感が否めなかったのですがこの終わり方自体は良かったなぁと思います。

何を得るではなく、ただ何かを守る為に命を懸けた「サムライ」達。
後に残るのは、変わらずそこにある土と植え続けられる生命。
その成果が不当に搾取されることはもうない・・・誰でもない農民達の勝った戦。

決戦後、この場面につながっても満足だったな。
たぶんきっと、原作では「都を堕とす」部分はないのだろうとは思うのですが。

サナエさんも、特に何か言葉があったわけではないのですが「ただ傍にいて守る」リキチの姿があったのでなんだか納得。
結局サナエさんの天主への想いの種類がはっきりしなかったのがモヤモヤするのですが(*実はストックホルム症候群らしいのですがはっきりとした描写ではなかった)、時間と傍にいてくれる人がいれば女は笑顔で立ち直るというのがあーなんとなくわかるわぁてなかんじでね。


カツシロウ旅立ちの場面を見ていても、結局「サムライ」とは何なのかというのをイマイチ実感できなかったのですが・・・

変わりゆく時代の中で、頑なに不器用にそれぞれ「サムライ」であろうとした男達はめっちゃ格好良かった!!と思います。

「集う!」の辺りや、決戦「ずぶ濡れ!」の辺りなんて燃えたなーv

楽しませていただきましたSAMURAI7。

それにしても私、キクチヨの役回りがカンベエ様で「キクチヨ・シチロージ・カツシロー」が生き残ると思ってたわ(笑)
とりあえず、シチはいつまでもカンベエ様に付いてないでユキノさんの元に帰ってあげるようにー!
スポンサーサイト
テーマ:SAMURAI7 - ジャンル:アニメ・コミック
SAMURAI7 『堕ちる!』 
2006.11.05.Sun [ SAMURAI7
へ、へ・・・ヘイさぁぁーーん!!!

うごー。ここに来て怒涛のその展開ですか!!!

最後、米って・・・(涙)

でも、爆発そのままだったら悲し過ぎたのでまだ良い・・・か・・・_| ̄|○

キュウゾウは、ひえーカッコエエやん!!
思ってたらそれはフラグだったのね(再び涙)

でもまぁ、彼はやりたいようにやったのではないでしょうか。
きっとこの先生き残って紆余曲折あったとしても、
最後はカンベエ様の腕の中であるというのはきっと変わらなかったと思う。

なんだかどうしようもない虚しさを感じるのは・・・敵が子安であることなのか、それを倒す切迫した理由がないからなのか、はたまたその両方か。

とりあえず、前回のコマチ×キクチヨには死ぬほど萌えさせていただいたので、キクチヨは生き残るといいなぁと思う。

シチも待ってる人がいるから、帰ってあげて欲しいですけど。

そして、キララたんの元にはカンベエ様ではなくカツシロウが帰っていく気がするああ嫌な予感。

カンベエ様ーーーーー!!(再々涙)←もう決定事項?

リキチさんも、どうなっちゃうんだろうねアレ。
解決済み?
テーマ:SAMURAI7 - ジャンル:アニメ・コミック
SAMURAI7 『ずぶ濡れ!』 
2006.08.30.Wed [ SAMURAI7
前回ほど全編において大興奮!ではなかったかも。
カンベエ様の一言に大興奮。

さて、墜落する戦艦から脱出する一行。
しかし、霧の中から銃弾が飛んできて・・・

というわけで、斥候に出るキュウゾウ。
崖を駆け下りる様はサムライというよりは忍者ですよ。
サムライってすげーーーー!!!!
カツシロウには10年経っても無理そうです(妙にリアルな年月)

農民には米を振る舞いつつ、自分達は普段農民が食べているホタルメシ(公式だと水粥という字になっていましたが、きっと米ではなくヒエや粟を水分多い粥にしたものだと思われます)を水杯にするカンベエ様。

ああ、なんかカンベエ様だなぁ・・・と思いました。
シチロージも「お優しいこって」と言いながら、誇らしさとこの方には俺がついてないとという想いでいっぱいな気がします。

・・・なんて思っていたらスッゴイ爆弾が!!!!!

「おじさんみたいになってもいいのか?」

おじさんて!
・・・・・おじさんて!!!!(言葉にならない胸のときめき)

やっぱり総受けだなぁカンベエ様。

へーさんは、裏切られたんじゃなくて裏切った方なのですねきっと。
それにしてもカツシロウ、こんなんばっかだよ。いい所ないよ(笑)

キュウゾウさんは無言のフェロモンが出てました。
確かに格好良いこの人。
「死にたいのか・・・」
と刀をつきつけるのが女の子だったら完璧なのに!!(萌)
SAMURAI7『暴れる!』 
2006.08.27.Sun [ SAMURAI7
やたー!無事見ることができましたv

いやー良かった良かった。
面白かったんですよこの回!!

米俵に隠れたりわざと捕まったりで要塞に突入。
内部から野伏せりを叩きます。
問答無用に爽快な剣戟アクションだったのです。


■カツシロウ

種割れしたーーーーー!!!!!!!Σ(゜口゜;
しかも戻らない。

大丈夫でしょうか・・・そしてキララたんはカンベエ様しか見えていないのでした。不憫だわこの子。

■キクチヨ

分裂ネタよりもむしろ「おっちゃまがいるから平気」のコマチで大喜び。

■ゴロベエさん

縄抜けしたり、卒なく鍵を手に入れたり本当に芸達者な方。
「命、売りましょか」ってしびれるねぇ。
カツシロウが種割れして敵を倒しても、何も声をかけないところが好きだ。

■キュウゾウ

わかった!この人の格好良さわかってきた!!
どこがどう良いというのではなく、単に格好良いんだね!!←説明になっていない。

■ヘーさん

米俵に入って大喜びだったり、ひょいひょい歯車の間を抜けていったり、口に手を当てて叫んだり可愛いことこの上ない。

■カンベエ様

カンベエ様は剣の腕も立つわキララたんには憧れの目を向けられるわとても素敵な方なのですが、どうしてもポジションが姫
だと思うんだ私。


■シチロージ

当然のごとく最後にとっておいた。
いやぁーーーーきゅんきゅん来るよシチーーーーー!!!
どのシーンをとっても美味しい。

「一番槍いただきぃっ!」
もの凄く嬉しそうに飛び出していきましたよ。

シチロージは、飄々としているように見えて実は熱い男なんじゃないかと。で、上にカンベエ様をいう人を置くことによってそんな自分を抑えつつ最も自分の力を発揮しているのかなぁとか思うと非常に萌えました。
絶対、若い頃はやんちゃし放題だったよコレー。
そんな部分が戦場では見え隠れ。

今までの経験からいって、昔はこうだったろうとか今までこんな恋愛してきたんじゃない?とか妄想し始めるとかなりの末期症状です。

蛍さん、もう出てこないのかしら・・・再会希望。

***

内容にはほとんど触れず終わる感想。
あ、久々に子安氏が出てましたよ!!

明日は『ずぶ濡れ!』を見よう。
なんか、ハァハァするタイトルだな・・・(お前だけだ)
SAMURAIが・・・!! 
2006.08.20.Sun [ SAMURAI7
2週間ぶりだよぉぉぉーーーー!!!
と待ちに待っていたSAMURAI7が録れていなかったこのショックからどう立ち直ればいいのか・・・

なに?なにが起こったの!?どこでズレたの??

とりあえず、もしかしてとってないかなぁと心当たりのある人にメールしてみる。

「持つべきものは友よ!!」

と今日の夜には叫べているといいな。


あ、昨日パイレーツオブカリビアンを観にいったのでその感想も書きたい。最後の船長一体だれなのかわからない(・・・)

というわけで踊って参ります。
暑そうだー!
SAMURAI7 『やって来た!』 
2006.06.24.Sat [ SAMURAI7
シチロォーーーージッ!!!
(またそれか)

だって、ああ、あなた・・・

かわいこちゃんて!!!(しかも幼女に向かって)

なんだこの、必要ないところでもぽろっと出てしまう天然のタラシぶり。
思い切りひっかかっとるわ!!(私が)

相変わらずツーカーなカンベエ様も霞む一言でした。

あとヒットだったのは・・・

「カツシロウはどうか」と言われて

「いい人です」

と答えるキララ。

それはきつい。それを言ったらおしまいだよ・・・

あまりのむごさにそっと目頭をぬぐいました。

しかもその後、人を斬ったことのない彼を結果的にそこに追い込むという・・・(いずれ必要だっととしても)なんとも天然な鬼畜おなごぶりでした。
SAMURAI7 『集う!』 
2006.06.18.Sun [ SAMURAI7
シチローーージッ!!!!
(またその始まり方か)

いやほんと、全てがたまらんのです。
立ち止まったことが不自然ではない為のフォローが跪いて膝に女の子の足を乗せるになるところが只者じゃない。
私もシチの膝に足乗せたいっ・・・!!(錯乱中)

シチロージは女性がいると光るよね本当に。

そしてこの組み分けっぷりがまた!!(悶)
<キララ+キュウゾウ+シチロージ>
<リキチ+ゴロベエ+ヘイハチ>
<コマチ+カンベエ+カツシロウ+キクチヨ>

キララとキュウゾウのわだかまりを無くそうと敢えて2人を一緒にしたと思われるカンベエ様なのですが、「シチロージがいればなんとかなるだろう」とばかりに動向させるところがニクい!!
その信頼感がニクい・・・の・・・!!
修学旅行のグループ分けをする学級委員と副委員みたいだよ(笑)

そしてここもセットなゴロベエ+リキチ。
リキチさんはなんでこんなに可愛いのだろう・・・
女装が一番似合うのはヘイハチだろうと思わせておいて、実際蓋を開けてみるとヘイハチは女装をしない方が可愛いほどで、リキチはつやつやだという罠・・・!!
そして、いつもいじられ倒すリキチの芯の強さに、侍さん達が密やかに圧倒されるところが堪りませんv

最後はおっちゃま+コマチにカツシロウとカンベエ様。
カツシロウがちょっと不安なので自分が付こうと思ったのだと思うのですが、キクチヨが付いてくることは想定内だったとしか思えないカンベエ委員長萌え。

それにしても、キクチヨの肩の上に乗っているコマチは本当に可愛いなぁvv
この2人のやり取りはすごく和んで、にやにやします。
絵面がいい絵面が!!

カツシロウもとっても可愛いのだけど、キララには全く通じていなそうで切ないね・・・(笑)

今回でやっとこ村に到着。
村を助けるために侍を探す→連れてくるというだけの話の流れなのだけれど、なんだか毎週楽しんでます。
この後どうなるんだろう・・・?
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。