ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年04月の記事一覧
≪03month
This 2005.04 Month All
05month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休状況。 
2005.04.30.Sat [ 小説
昨日は休みで今日は半休でした。そして、明日は休みだけどそれ以後は普通に仕事です。

それ、GWじゃないよね・・・

今日は久々にショッピングしましたよー!
ほとんど見てるだけですが。
こないだ買い損ねたカットソーがまだあったので、「これは運命か・・・」と思いゲット。
ただし、ポイントがたまって500円券が出ていたので1600円でねv

そしてその足でやはり本屋に向かいQED 鬼の城伝説を買ってしまいました。高いな820円って。
このシリーズでは六歌仙の暗号が一番面白かったのですが、その後は読んだり読まなかったり・・・。
今回、舞台が地元なのでつい買ってしまいました。
面白いといいなぁ。


胡蝶の鏡
読書中。思ったより面白いです(失礼な)。
やっぱり、適度に異国で現実離れしていて耽美な方が安心して読めますね。別世界と思って読めるので。
舞台はヴェトナム。ミステリーと言うよりは人間模様が面白いです。一人異国に嫁いだ日本人女性が、突然子供を残し失踪。夫とその弟にはどうやら複雑な関係が・・・さらにその祖父は子供の頃、日本人男性の自殺を目撃していて!?というかんじの話です。
やたらと鏡がモチーフに出てくるのが雰囲気に合っていてなかなか良い。
最後まで読んでこの好感が下がらないことを祈ります。

■SEEDは・・・
動きが激しくてひやひやしっぱなしでした。
なんていうか、色々複雑な気持ちですな。
ただいま感想書いてる途中なのですが、先に日記済ませなきゃ日付終わるな。と思ってこちらを先にしました。

そういえば、アンケートですがどうやらネオ=フラガ票が多いようですね・・・私も一応心の準備をしなくては。と思っております。

スポンサーサイト
PLUTO 2巻 
2005.04.29.Fri [ コミック
■PLUTOの2巻買いました。

原作は手塚先生の「鉄腕アトム」の一部だそうです。
全く読んだことはないのですが・・・。
一巻読んだときは原作があることさえ知らなかった為、ラストにアトムが出てきた時には思わず叫びました。

そして続く2巻。
ミステリ方面がかなりの盛り上がりを見せており、いつもながらにぞくりとさせられます。
回線をつなぐことにより世界中どこからでもつながることができる、またお互いの記憶をデータとして交換することができるロボットならではの描写は圧巻です。

また、「人の心」を真摯に求めるロボットと、彼らを無差別に蔑む人間との対比により、「本当に人間らしいとはどういうことなんだろう?」と自然と考えさせられます。
これが、押し付けがましいテーマではなく、ただひたひたと切なく物語りに深みを与えるかんじなのです。

一人見えない処で、他人を思って泣く。
無邪気に子供たちの間で人気のおもちゃが欲しいと笑う。
しかし、決して子供ではあり得ない達観した表情で「大丈夫ですよ」と人を励ます。
・・・そんなアトムの表情で私はお腹がいっぱいです!!(何がですか)

かの有名な作品(読んでませんが)をがっちり受け止め、ここまで自分のものにして感動させてくれる浦沢直樹に乾杯(完敗)です。

しかし私は、恐らく不気味で怖いはずのくまのぬいぐるみが話す場面で思わず吹き出してしまいました。  だって、某年齢不詳な理事長の姿が目に浮かんだんだもの!!


■そういえばMONSTERは・・・・
アニメ2回くらい見ました。いやー、綺麗ですね!!
ちなみに今までうちの地方では舞Himeとかぶってたので見てませんでした。
私はアンナがすっかり茶髪なイメージだったので、(トーンがそう見えた)金髪だったのに驚きました・・・。
そういや、ヨハンは金髪だ!!

最近思わず漫画を一気に読み返したら、えらく面白かったです。続きが気になって止められなかった。
これ、2・3巻またいで平気で伏線が張ってあるので、ぶつぶつに読んでもあまり面白くないですよね。物語全体に大きな流れと疾走感がある。

なので、漫画を読んでふぅ~満足。アニメは見ないかなーと思いました。(そんなオチか)

関係ないですが、ドイツ語圏の話なのでヤンとかラインハルトとかミュラーとかノイマンとか出てきて嬉しくなってましたv


■デザートラブ
元カレ攻略中。おお・・・いいかも!!

■カフェリン
6組くらいクリアしているのにまだまだ組み合わせがあるのがすごい・・・。

■ロマサガ
はまってます。
例えクイックロードの嵐だろうと。

ひとつ言えるのは、雑魚敵に遭っちゃいけない!!
戦闘回数により、敵が強くなりストーリーも進むから。
そして遭ってしまったら絶対逃げちゃいけない!!
なぜなら、逃げると自分は強くならないのに敵は強くなるから。

・・・・・・・・。

いつもギリギリな状態なので、そこをクリアできると爽快かつとっても嬉しいです。
それに加えてついに萌えもやってきたのでご満悦です。

グレイ@千葉一伸が、クローディアに
「お前を守る・・・そういう約束だ。」
とか言ったときには死ぬかと思いました。
クローディアの設定がまた、ベタながら乙女心をそそるんですよね。
外の世界を全く知らず、「迷いの森」の中で魔女に育てられた少女・・・最初のパーティ、熊と狼ですよ!!
包容力と力強さの熊!!賢さと鋭さの狼!!
まさに両手に花・・・。(激しく間違ってます)
しかも実は命を狙われていて逃された皇女さまだったりして。
こういうのをがっつりやられるとひきますが、あっさりやられるので妄想力が高まり萌えます。
何もしないと気づかないくらいのさらさら加減がいいですねv

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌
ギャラリーフェイクの萌える構図 
2005.04.28.Thu [ アニメ雑感
■NARUTO

とり逃しちゃったよ・・・・。
番組表予約の危険なところは、簡単予約すぎてひょいひょい一週間分くらい予約しているとどこまで予約しているかわからなくなるところだと思います(泣)


■仕方ないのでギャラリーフェイク話題を・・・

原作も普通に面白く絵も破綻のない、当り障りのないアニメだなぁと思って見ていたのですが、サラ→→→フジタ←←←三田村館長な構図が出てくるとえらく萌えることに気づきました。
どちらにも気がなさそうで少しある=しかもサラ寄り・・・

友人と「これでロリコンじゃなかったら!!」と言っていたのですが、考えてみるとむしろその『ふらふらしつつ(かなり)年下の女の子に結局弱い』へたれ感が魅力なんでしょうね。

しーかーも!森川さん以外の声が考えられないほどフィットしているのも高ポイント!!(webドラマのフジタは子安さんらしいですが)

結局毎回見ているのでした。


■あ、ジャぱん忘れてた!!

河内は結局残るのかなぁ~とうっすら思っていたので、本店に行くとはっきり言ったときには思わず惚れ直しました
あなた、私にとってはいつも期待以上のことをしてくれる男だよ!!!!

炊飯ジャーはそんなに時間かけてつくるならおいしいパン買うと思いました。パン屋さん大好きv
手作りのパンがふっくら焼きあがった試しがないです。(それは腕のせいですよ)
本当にあんな風になるんでしょうか??
ふっくらしなくていいピザ生地つくってピザパーティーとかは好きです。

スパイラル 
2005.04.27.Wed [ コミック
■もう若くないんだから・・・
ゲームで夜更かしちゃ駄目なんだ!!

普段は1・2時間しかゲームできないし、ADVやSLGやACTゲームならそのくらいでキリ良く終われるわけなんですが・・・
ロマサガが止められない・・・。゜・(>_<)゜・。

3時まで起きていると次の日が辛い・・・。
朝起きれないのではなく、朝は妙にテンションが上がってスッキリしているのですが夕方電池が切れるんですよね。

まぁ、3月の忙しさはなんだったというほど4月は暇な仕事場なので無問題ですが。
お茶の時間まであって太る一方です。

しかし、暇だということは仕事の依頼が少ないということで・・・それはお給料にも反映されちゃたりするわけで。
仕事があるって素晴らしい。忙しいって素晴らしい!!

でもって、こんだけ暇だったのにGWは忙しく休日出勤らしいですよ(笑)←笑えない。


スパイラル 13
買いました。出てるのは知ってたんですが、なかなか本屋行けなくて。

2100円(税込)のカットソーを散々迷ったあげく買えなかったのにその足でなんの躊躇もなくコミックスを買う私は、女として間違っていますがオタクとしては正しい。

推理モノかと思わせておいて最近はファンタジーのようなこの漫画ですが、私は好きだ。ちなみにガンガンは全く読んでません。情報も仕入れてません。以下ちょっぴりネタバレ有り。

わーい♪なんだか鳴ひよじゃん!!とウキウキしながら読み進めていた私・・・まさか後半あんな恐ろしいことが待っていようとは・・・・。

う、嘘・・・嘘だよね・・・嘘だと言ってー!!(泣)
あたしのカノンがぁっーーー・・・!!!

(しばらくベッドに沈没)

これ以上言うとネタバレの嵐なのでやめますがショックでした。(もう充分ネタバレです)

しかも、あなた!!もしかしてまたクローン話!?
(『また』はガンダム種運命にかかってます)

続きがどうこうよりカノンショックから立ち直れない・・・。しばらくしたら1から読み返してやるぜ的な気持ちです。

BLEACH 
2005.04.27.Wed [ アニメ雑感
■BLEACH

素敵な眼鏡をありがとう・・・。
ブリーチを読み進めていてあまり評価の下がらない人・・・安定して好きな石田くんが活躍していて嬉しいv

あとあれですね、花太郎が俄然可愛い!!
ちゃんとルキアを心配している数少ない人なのに加え、宮田さん声効果で好感度急上昇中。「いけない人ですね・・・」とか言っていた人と同一人物とは思えん。

チャドの声は久々に聞いてもやっぱり良い声だ。

ED・・・ネムちゃんの艶々した太ももと、口を開けるマユリ様の恐ろしさに『子供は見ちゃダメ!!』と叫びたくなりました。
盛り上がり的には少々下がってますでしょうか。
最後の人・・・一瞬「誰?」と思っちまいました。
三番隊の時も思いましたが・・・
おいおい!!そんな大きなネタバレしちゃっていいのかい!!!
と声を大にして言いたい。
ああでも、このビジュアルとても好みだ。
アニメ雑感 
2005.04.26.Tue [ アニメ雑感
■アクエリオン
やっぱり回る主題歌~!
「レイカさん・・・柔らかい。」
の百合っぷりに驚きました。

■エウレカ
やっぱり良い!!
感想とかいらないや、自分にぎゅーっときてなんだかワクワクドキドキするんだから!!
と素直に思える。
レントンがカットバックドロップターンを決めた時の清々しい感動。
鼻水出しながら「君が好きだー!!」と叫ぶレントンに照れつつ微笑。
「こいつがやりおったことをわし以外に誰が褒めてやれる?
・・・世間的には無茶かも知れんが、わしはこいつを褒めてやるよ。なんせこいつは、わしの、家族だからな」
のじいちゃんにじーん。
「だって、君じゃないとダメみたいなの。」
のエウレカにときめく。

たくさん心が動くと、終わった後に気持ちいいんですよね・・・なんだか。
このアニメ、どうやら4クールやるらしいので楽しみv

■ワンピース
こういう町の様子を見ると、ワンピースって本当にアニメ向きだなぁと思います。漫画のときよりワクワクする。
アイスバーグさんの声第一希望は子安さん、第二希望は置鮎さんだったのに、こやっさんは青キジ。そしておっきーはカクでした。 鼻ー!!

■うえきの法則
友人が「石田彰が出てるよー!!」と情報をくれたので早速見てみましたが・・・いたのは中国人くずれなこやっさんでした。またイロモノですか(嬉々)
主人公の妙なノリがけっこう好きかも&神様達が気になるのですが、そろそろバトルを見ても面白いと思えない年頃になってきたので続けては見ない気がします。
そういうお年頃なの・・・? 
2005.04.25.Mon [ ゲーム雑記
■デザートラブにて
榊部長おとしました。
最近周囲の友人の不倫率が高いので妙に生々しかったです・・・(泣)
私が止めてもどうにもならないんですが。
すごいよなぁ、仕事も家庭もあるのに若い子(当社比)に手を出す金と時間の余裕と甲斐性があるって。

二次元なら別にいいんですがねぇ。
「これが正しい恋じゃなくても、この思いは止められない!!」
とか言ってても。
それ、自分が奥さんだったら言えないよ。
黙って火をかける北条政子さん(@財前さん)を見て下さい。


結局、榊部長は2年前に離婚していたというオチがつくので無問題ですが。
とりあえずこの人、仕事以外では本当にへたれで可愛くて母性本能を刺激するというズルいキャラでした。
一言で言うと受けなんだ!!
ヒロインが攻め気に溢れてました。


■ロマサガへコメント
ありがとうございました!
そうなんですよ・・・クイックセーブは生死に直結する重要システムだと思いました。
こまめにセーブしすぎると、どんどん自分を追いつめる結果になったり・・・。(戻れない袋小路)
まさに暗闇手探り状態でちょこちょこ進めたいと思います♪

あとですね。なぜか説明書に身長と体重が載っているのですよロマサガ。
アイシャ→147cm・38kg
ホーク→188cm・97kg
体格を想像して萌える女がここに一名・・・。


▽Open more.
ロマサガをグレイにて始める。 
2005.04.24.Sun [ ゲーム雑記
スギ花粉は終わったという噂を聞きますが本当でしょうか・・・。
毎日がかゆさとの闘いだ!!水瀬涼です。
むしろヒノキにも反応しているのか。

基本的にアレルギー体質の感想肌なので、常になんらかのかゆさとは闘ってます。
温泉温泉言うのも、凝りもあるがアトピー気味だからというのもあり。
いや、ほんと辛いっす。
皮膚科は定期的に行かなきゃなこの体質。

■しかし温泉は
ほんといいですよ。最近は近くにでかい銭湯もあるらしいですがやはり温泉は肌への効能が違います!!
道すがら、先週は桃が満開だったのに今週はれんげ畑が満開だったりするのも心が和みました。

■とは言え、帰ってくれば・・・。
ゲームをして目に負担をかけ凝りを促進してるわけですが。
デザートラブは緒方をクリアしました。やっぱり眼鏡か。 声が一番しっくりきていた気がします。他の人、年齢と声のギャップが気になるんですが・・・。あ、部長は年齢と立ち絵のギャップですな。


■ロマサガやりました・・・。
OPの山崎まさよしの出だしはcobaかと思いました。
音楽はやっぱり懐かしい!!
がしかし、説明書を読んだらあまりにややこしそうなので萎えました。意味がわからん。(きっぱり)
フリーシナリオっていうだけで自由度高いんだから、戦闘とかもっとシンプルでいいじゃん!!
なんだか、サガシリーズの全てのシステムをつぎこんでみたように思える。やっていけばこの印象は変わるんでしょうか・・・?

そして、グレイで始めてみる。
え・・・なにすればいいの?というのはまぁ、ロマサガだからね。と流しておいてフィールドに出てみる。
恐竜がいっぱいです。
どう見ても勝てません。シンボルに触れると戦闘なのでとりあえず見つからないように動きます。
それでも見つかって追いかけられて戦闘になったら逃げます。
しかし、逃げるとLPというものが減っていってLPがなくなるとGAMEOVERなんですよこのゲーム。

恐竜だらけの巣穴に入って見つからないように卵をゲットし、目の色変えて追いかけてくる恐竜からひたすら逃げ惑う恐ろしさよ・・・。
RPGでこんなにスリリングな思いをしたのは久しぶりだ・・・。

うっかり深い穴に下りてしまった時は生きて戻れる気がせず、「無理!死んじゃうよ~!!」とぶつぶつ叫びながらプレイ。開始30分で全滅かとひやひやしました。

とりあえず言えることは今すぐアルティマニアが欲しいということだけです。
ずっとなじめなそうだったキャラは無理やりなじめそうです。
ロマサガ来ました。でも話題はデザートラブ。 
2005.04.23.Sat [ ゲーム雑記
・・・といっても、まだ封は開けていないですが(意味なし)

■それよりもデザートラブが。
普通に面白い。この値段で(なのは私だけですが)これだけ楽しめたら大満足だ!!

単なる選択形式のADVですが、シナリオは割としっかりしていてボリューム的にバックラッシュよりは多く感じます。

声優が名前を伏せてもすぐわかるほど有名どころ。
唯一実名で出ている方は大丈夫なんでしょうか・・・?

今のところ不満なのは部長の立ち絵がひどいことでしょうか・・・。あんなの40代じゃないよーう(泣)ギブミーリアルしわ!!
言動はツボを抑え、スチルのほうがましなので攻略するのは楽しみです。


■というわけで。
ついうっかり明け方4時までやっていたのですが、まあ休みだからいっか・・・と思っていたところ8時前に電話がかかってきてあまり寝られなくてブルーです。

せっかくの休みに4時間睡眠ですか・・・。ふっ。
しかも、一応仕事の電話だったがそれは私に聞かれても・・・な内容でした。


■やさぐれて掃除していたところ。
ペリカン便にてロマサガ届いてちょっと浮上しましたよ~♪
しかし今日はまたこりもせず温泉に行くので、さわりだけやりたいと思います。

とりあえずグレイ(千葉一伸)かなやっぱり!!
属性。 
2005.04.22.Fri [ 日々の徒然。
■そういえば・・・・。
中学の同窓会で「あの頃誰が好きだったか大暴露大会」をやって、思い切ってほんとに好きだった人を告白したところ、「えー!?水瀬あいつのことすっごい馬鹿にして本人もグサグサ刺してたじゃん!!」と言われて大ショックだった覚えが・・・。
くそう・・・成長してないよ私!!!


■基本的に素直じゃないんですが。
そろそろ自分の萌え属性が、眼鏡と無精髭だということを認めなくてはいけない気がしてきました・・・。
あ、あと低音ボイス!!!

アーロン(FF10)とか理想系ですね・・・。もちろん若い時ではなく、オヤジの方ですよ。
最近では、藍染隊長が無精髭なら最高です・・・!!

自己紹介に『萌え属性』を加えなきゃ!!(メモメモ)


■ロマサガですが・・・。
ご購入された方いらっしゃいますか?
とりあえずまだ私の手元にはありませんが。

そして今日なぜか『デザートラブ』が私の手元に・・・。
だって、古本屋寄ったらありえないほど安かったんだもの!!!!
レジの兄ちゃん・・・そんなにマジマジと見ないでください。
免許証見せなくてもどうみても仕事帰りな格好だろうがよ私はーー!!!!
うーん、初めて18禁乙女ゲームを買ってしまいましたよ・・・vv楽しみです♪
「僕たちの行方」オリコン一位。 
2005.04.21.Thu [ アニメ雑感
らしいですよ奥さん!

「おおおー、ガンダムってすげぇー!!」
と思う前に、
日本の音楽業界って低迷してるなぁ・・・と思いましたが。

そんなこと言いつつ、自分は必ずカラオケでは歌えるようにするんですがね(笑)
むしろキャラソンだってどんとこいなガンダム種。

でも、ガンダム系で一番好きな主題歌はWの『RHYTHM EMOTION』ですが・・・。
Wの何が良かったってOPでした。


>ブリーチのED
ですよね!!あのくつろぎきった二人の構図はやばすぎるぜ・・・(溜息)。
あれだけ好き放題しておいて最後にどどんと並ばれるとやられた!!と納得。
私もコミックスはソウル・ソサエティ入るとこまでしか持っておらず、後は雑誌で読んでいるのみなのでたいして詳しくないんですよ・・・。
だからはやく「死神大図鑑」完成させてくれよーう!!と心で叫んでます。

■NARUTOアニメ
ジャンプで見たときも思いましたが、倒れるサスケがエロすぎますよ・・・!!
これ、18禁にしなくていいんですか?←それはあなたの目線でだけです。

色々本買っちゃた・・・。 
2005.04.21.Thu [ 小説
相変わらず、本屋に行くとまとめて色々買ってしまいます・・・。
そういえば、bk1はリニューアルして使いにくくてかなわんです。オンライン書店も便利だけど、やっぱり生の本屋がすきだなぁ・・・。
たまにbk1へリンクつないでますが、単に自分だったら、つないであると便利で嬉しいからというだけで「買って欲しい」とかではありません念のため。


ちびくろ・さんぼ
復刊するらしいですね!!
これが差別的と言われる意味がよくわからない・・・。
子供はそんなこと気にしちゃいません。面白いから好き!!それだけです。
虎のバターと山積みのパンケーキ・・・今でもまざまざと思い出せる「おいしそう」だという気持ち。
基本的に、子供の頃読んだ本の「おいしそうな食べ物」の場面は忘れません。(食べ物大好き)


愛がなくても喰ってゆけます。
というわけで買ってみました。↑コレ。
「西洋骨董洋菓子店」や「こどもの体温」であまりのおいしそうな描写にじたじたしたよしながさん、やはり御本人が大の食いしん坊なのでした。
食を求めるエッセイ漫画なのですが、とにかくおいしそう!!(じゅるり)お店のマップもついていて、かーなーり行きたくなって悶えますよ・・・。微妙に私の学生時代の行動圏内。
しかも、独身女性の頷ける爆笑&切ない(?)エピソードも満載で大満足な一冊でした。
おいしそうなもの見る(読む)の好きな人にオススメです。私は大好きだ。池波正太郎とかたまらんです・・・(ちゃんと話を読みなさい)


そういえば、女性向と謳いつつあんまり女性向要素が出てこない日記ですが、コミックスならよしながふみと山田ユギ。小説なら榎田尤利は新刊出たら必ず買ってます。「青の軌跡」シリーズも好き。・・・最近出ないだけです(残念)
とにかく面白いものが好きだ。



胡蝶の鏡
買いました。しばらく読まないと思いますが。

■トルコで私も考えた4
トルコへの愛が溢れた漫画エッセイ。ご主人はトルコの方。
相変わらず面白かったです。ハーフの息子さんの写真ものっているんですがめちゃ可愛い。
トルコに旅行した後で読み始めたんですが、「行く前に読めば良かった・・・!!」と後悔した本。トルコの人の熱さや優しさ・食べ物の魅力などが爆笑しながら伝わってきます。
トルコは個人的に大好きな国です。人の好意って自然と伝わるもので、トルコの人は金づるというだけでなく本当に日本人に好意的だと思う。だから、旅行していてすっごく楽しかった。遺跡なども見所満載ですし。
・・・というわけで、まるでトルコに行ったような気分になれる、その良さの伝わってくるエッセイ漫画でした。


幻想水滸伝III 9
・・・幻水3のトリニティサイトって失敗だったよなぁ。とコミックス読むと改めて思います。
だって、漫画のがストーリー面白いもの。
とりあえず、1・2のような「名前もなく・個性もできるだけ抑えた」自分の分身としての主人公でなく「名前が有り・個性もはっきりしている」主人公にするならば、その主人公に端から共感できるようしっかり描かれていて欲しかったわけですやはり。
それが、主人公3人もいて視線が分散するうえコロコロ変わって、一人一人に感情移入できない。一番納得いかないのが、『炎の英雄』になる人物が選べてしまうところ。ヒューゴ以外の二人を選ぶと、すごく後付なかんじがする。
うだうだ言っていても仕方ないので漫画の面白かったところをいきたいと思います。

主人公達の個性がはっきりしています。
ヒューゴが火・クリスが水・ゲドが雷を宿すのが自然であり必然。
ゲームではあっさりしすぎてぽかーんとしたクリスの継承シーンも、泣けた・・・!!
ゲドも過去の話がかなり補完されていて行動に共感できます。
ヒューゴは本当に主人公らしく「成長」が主眼に置かれ描かれています。軍師のシーザーや、城主のトーマスとの交流も見ていて微笑ましい。

仮面の神官将さんも、今のところはっきり悪役なので良いのではないかと。

今巻については、クィーンが良かった!!!ゲーム内でちらりと出ていた設定ががつんと生かされてます。

あとはもう、セシルが可愛くて可愛くて・・・辛抱たまらん!!!(←どこのおっさんですか)

ゲームが好きだった人のイメージを壊さず、ゲームでは納得いかなかった人を満足させつつ、ゲームを知らない人でも楽しめる漫画だと思います。
少なくとも私はゲームやっていた時よりキャラとストーリーに愛着わきました。
キングダムハーツ2情報 
2005.04.19.Tue [ ゲーム雑記
■キングダムハーツ2情報~♪
ジャンプ折込より。
続きがすごく楽しみだったゲームなので嬉しいーvv
頼むから今年中に出してください(アーメン)

といいつつ、写真に出ていた『ムーラン』とか見てないですが。
最近のディズニーはめっきりわかりません。
前回ですでにわからないものいっぱいだったので、ゲームとしては問題なく楽しめると思います。

ソラやリクがどうなっているのか!?期待してます。


■同じくジャンプ折込より。
FE最新作面白そうですねー!!
やりたい・・・けどGCじゃ無理っ。
というより、SRGに苦手意識があるのでFEシリーズは正統派過ぎて私ごときがしてはいけない気がして、全く手を出したことがないのです。
ああ、きっかけが欲しい・・・。


■カフェ・リンドバーグは。
やはり15歳には規制がかかっていたのか(笑)、普通のカップルはほのぼのにラブラブで面白いです。

問題は、私が今RPGもしくはSRPGをやりたい病に犯されていることですね・・・。
ああああ!!メッセージを送るためじゃなく強くなるためにボタン押したいっ!!!

散々言っていた割りにロマサガ届くのがとても楽しみです・・・vv(わくわく)


■ジャぱん。
今までこんなに生き生きしている子安さんを見た(聞いた)ことがあるだろうか・・・いやない。反語。
今から黒やんが審査員でなくなるときが悲しくてたまらない。
そしてパンを食べたリアクションの回想に出てくるだけのクラスメイトの声が賢雄さんだったのにぶっとびました。
気のせいか、ものすごく楽しそうだ。
素直に河内を認めたぞvと言えない諏訪原がたまらなく可愛いです。→自分不器用ですから万歳!!


映画「阿修羅城の瞳」 
2005.04.18.Mon [ 映画
全くもって前知識はなく、「うわぁ、微妙そう」と思い、しかも染五郎はあまり好きじゃないのにも関わらず、成り行きで見ることになりました。
まぁ、ただならいっか。


実際見ると、思ったより面白かったです!!
なんというか、里見八犬伝っぽいいかにもな雰囲気は予想通りなんですが、
市川染五郎が壮絶に色っぽかったんです!!!!
正直、ドラマとかで見たときはあまり好きではない・・・というか嫌いだったくらいなんですが、やはり彼は舞台に立つ人なんですね。
時代ものになった途端になんともいえない迫力と色気が漂います。
「おめぇのいっさいがっさい、引き受けてやるって言ってンだよ!!」
って、・・・・・・惚れる~っvv
殺陣がまた、素晴らしい動きで見惚れてしまいました・・・。
ラスト、宮沢りえの殺陣がイマイチだったのは残念でしたが。

この映画、元が舞台だったそうでそちらを観た方には物足りなかったようです。
しかし映画だけ観た私は、舞台がかった染五郎の演技も「この人なら許せる」と思えるうっとりするようなものでした。ああでも、できれば舞台のDVDとか見たいですね!!
・・・ってこれ、私にとってはローレライと逆なパターンだ(笑)

CGや特殊メイクがチープなのは、邦画ってそういうものだよな~と思っているのでそんなに気になりませんでした。
個人的に、どんなにCGやアクションがすごくても共感できないハリウッド映画を観るよりは、心情を丁寧に描いた邦画を観るほうが好きなのです。
また、美術などは良かったのではないかと思います。
阿修羅城のさかさまの迷路などは、ぞくっとしました。ちょっとRPGゲームのラストダンジョンぽい。

しかも、音楽が菅野よう子!!!!
OPで異国情緒漂うなかなか良い音楽じゃないの~♪
と思っていたら音楽=菅野よう子だったので思わずのけぞりました。し、知らなかったー・・・。
挿入歌が英語なのは微妙に感じましたが、EDも良かったですし。

他の共演者の方達については、宮沢りえはとっても綺麗でした。阿修羅王になってからの顔のアップはちょっと笑えましたが。あと、メイクもっとしっかりしてもいいんじゃなかと思いましたが。(だってうっかりすると染五郎のほうが綺麗なんだもの)
あと、小日向さんはすごく良かった!!良い役どころで、むしろ鬼よりこの人のが怖いよなぁ・・・と思ったり(笑)
樋口さんは妖艶で役にぴったり。
渡部さんは大好きな役者さんなのですが、この映画ではちょっと大げさなのが染五郎ほどははまりきっていないかんじ。


全体を見終わって、SF時代劇と言うよりはむしろ恋愛物語かなーと思いました。
とにかく、染五郎がすごい。
嫌いだった私が見惚れたくらいなので、好きな人はたまらないでしょう!!

ananの抱かれたい男NO.1はキムタクじゃなくて染五郎になるといいと思うよ!!
そう叫びたくなる一品でした。
とりあえず『陰陽師2』よりは面白かったです。
(そんな締め方・・・)
バックラッシュ感想 
2005.04.18.Mon [ アニメ雑感
■ようやくバックラッシュ感想アップしました。
かなり面白かっただけに、やっぱり長くなってしまいました・・・(泣)
どうやったら簡潔にわかりやすく書けるの!?
というのが悩みどころです。

だから、携帯メール苦手なんですよね・・・・。
(そこへつなげるか)
短い文章から色々思い悩んで受け取って、それに自分の思いを上手く返答する・・・って難しいんじゃー!!(逆ギレ)
ものすっごい親しい友達ならいいんですが。
まぁ、その辺も気楽に楽しめてとても良いゲームですよ♪♪


■なんてこったい!!
ロマサガ予約してしまいました。(額に手を当てて)
ワンクリックで買えるっておそろしい密林の罠。
だってCD欲しかったんだもの。
だってTSUTAYAでデモ流しててちょっとイケそうだと思ったんだもの。
・・・と言い訳していても仕方ないですね。
気がつくと、1月のバーゲン以来洋服を買っていないのは無視する方向で。
シャツ一枚で8000円もするなら、我慢してゲーム買ったほうが良いじゃないか!!!←そうでもない。
果たしてやる時間があるのかが切実な問題です。


■カフェリンはどうした?って・・・
き、聞かないでください。
ちょぼちょぼやっていきたいと思います(笑)
ゲームよりむしろ、そのせいでカフェ通いが多くなった今日この頃。
この間、なんにも言わないのにアイスカプチーノにト音記号が描かれていてすっごく嬉しかったですvv
新主人公翔太くんが「絵をこわさないで飲みたい」と思った気持ちが良くわかった・・・。


アクエリ+エウレカ1話 
2005.04.18.Mon [ アニメ雑感
■アクエリオンいちおう見てます。

・・・・と二千年前からあ・い・し・て・る~♪
が、頭をぐるぐる回って離れなくなるーっ!!
かなり不思議な雰囲気ですよね。
合体のシーンがやばめです。
面白くなるのかならないのか・・・期待している途中。
キザキモイお兄さん@杉田智和がなかなか良いなぁ、と思います。
声は好きなんです声は!!


■それよりむしろエウレカ・セブンが!!!
面白いです!!!
今期始まったアニメの中で初めて、諸手を挙げて面白ーい!!!!と言える。胸が高鳴った。

あー、とっておいて良かったvv
朝なんですよね、やっているの。しかも相変わらず前知識なし。今、公式サイト探すべきか大変迷い中です。
純粋に続きが楽しみで、ワクワクして、変な情報欲しくないなぁ~という気分。

最初の会話からまず持っていかれました。
ぎゅっとくるのにテンポがいい!!

そして、空中でメカがサーフィンですよ!
なんていうか、見ていて爽快でした。

主人公のレントンがごく普通の等身大の少年なのが好感。
ちょっと反抗期・だけど素直・現状に不満・だけど波にのっていれば最高・ヘタレ気味・だけど可愛い女の子のためにはがんばっちゃう。
こういう主人公、待ってたよ!!

じーちゃん@青野武さんは最高(ぐっと指立てる)!
夢ばっかり追ってるんじゃないという言葉は、レントンを心配しているのにそうは聞こえない頑固じじいっぷり。レントンのボードを捨てようとするとこは爆笑しました。

ヒロインは、笑わない=綾波レイ系?と思わせつつ人間味があって可愛いです。

基本的に、キャラに人間味が溢れていて愛嬌があるのがいい。会話も、良い言葉にぐっときていたら笑いで落とされたりとテンポが良いです。

ストーリー展開も、父と子・姉と弟・憧れる存在や気になる女の子と、主人公だけとってみても気になる要素で満載。

ラストなんてもう!!とても印象に残る、続きが気になる終わり方でした。

行くぞレントン、行くぞオレ!!
俺はあの子のところに飛んでいく!!
・・・・・・・・・
あれ、ちょっとやばくない??
大丈夫?ほんとに大丈夫なのオレ・・・!?
・・・・・・・・・
つづく(←主人公の声で)


って、ワクワクさせておいて笑いで締める・・・。
絶対来週も見るぞ~♪
と思いましたよそりゃ。


ドラえもんとか。 
2005.04.17.Sun [ アニメ雑感
■そういえば見ましたよ新生ドラえもん。

個人的に、声よりも初期の漫画に近い絵柄に懐かしさ満点。
最近ってもっとスタイリッシュなドラえもんになってませんでした・・・?あのドラも可愛いが、このドラも可愛い・・・そんな贅沢な悩み。

声に関しては、似てるかどうかは問題ではないと思うので、全般的に文句はありません。
ドラえもんは可愛い声ですね。あの「もうのび太くんったら」というお母さん的な包容力が失われたのはちょっぴり残念。
見ていて一番しっくりきたのはジャイアンだったかも。
あれが14歳・・・・がんばって欲しい。
スネ夫は、真似でもなく関智さんでもなくちゃんとスネ夫だったなぁ~と感心してしまいました。
普通にしていてもう見ないと思われるドラえもんですが、これからも子供達を楽しませて欲しいなぁと思いました。そりゃもう、私も夢中で見てましたから。

■デスノート
ついに再開かぁ~とドキドキしています。
早売り感想見ないぞ見ないぞ(言い聞かせる)

デスノの何が面白いって、
ジャンプで毎週続きを楽しみにしながら読むところ。
です自分的には。

単行本で読むといつも思うのですが、
雑誌の大きさで、短いページ数の中に凝縮されたストーリーをつぶさに読み、続きが気になって仕方ないヒキ方に一週間悶える。
というのが私にとってデスノの最大の魅力なのだろうと思います。

だから、単行本で読むときはただ内容を知っているからという理由だけではなく、私にとっての魅力は半減しています。
そうはいっても表紙の美麗さに買ってしまいますがね。

とにかく、きっとこれは私だけではないだろう。
その意味でデスノはまさに、週刊少年ジャンプの大黒柱だなぁ・・・と思う今日この頃。
明日が待ち遠しいです。
蒼穹のファフナー(ノベライズ版) 
2005.04.16.Sat [ 小説

十五歳、春・・・戦争の始まり。
俺たちは、ただ、そこにいた。


というわけで、今更ですが小説版のファフナー読みました。昨年深夜枠で放送されていたアニメ。

結論から言うと、とても面白かった。
純粋に小説として面白いのではないでしょうか。
ファフナーやフェストゥムの形状がイメージしにくいのが難点ですが。

アニメ何回か見たんだけど、イマイチわからなくてやめちゃった。という人にはむしろお勧めかもしれません。

私は、アニメ全部見たのですがイマイチわからない人だったので(笑)とても楽しめました。
やはり、文字で情報入ってくると理解度が全く違います。わけのわけらなかったカタカナが、やっと意味をなしました。

ストーリー自体は、アニメで言うとほんの序盤の部分と中盤(らしき)部分を上手く組み合わせて綺麗にまとめてある感じです。
それよりも、人物の内面描写に重きが置かれていてこれがなかなか秀逸。丁寧に感情が描かれています。
繰り返すようですが、人のこころを表すのに文字に勝るものはないなぁと思いました。

文章が、わかりやすいのですが詩的で、濁点の使い方が独特。個人的にはとても好きでした。

読みやすいので、興味がある人にはお勧めですよ♪
ファフナー好きな方はぜひ!(ってそんな人はとっくに読んでますよね・・・)

スウィング・ガールズ 
2005.04.15.Fri [ 映画
■スウィング・ガールズ
を借りてきて見ました。
ずっと気になっていたんですが、映画では観れなかったので。

結論から言うと、最初から最後まで大爆笑。素直に笑いながらすっきり見終えられる、テンポの良い映画でした。

失恋兄弟の歌やら、マツタケ狩りやら、本気で笑って気持ちよかった。やっぱり笑いには浄化作用がありますねぇ。

川を挟んでセッションやら、雪合戦で見つめ合い→フェイントなシーンは良かったですし。
しかし、感動よりは笑いに軍配が上がりますね完全に。

また、なまじジャズやら音楽全般に思い入れがあると、返って細かいところが気になるかもしれません。
ガールズが初めて楽器を持ってそれで遊ぶシーンは、そりゃないよちょっとと思いました正直。(反転)楽器でシャボン玉つくるか普通!?・・・演出にしても、ちょっとむかっときたことは事実。楽器を愛してる人はもっと腹立つでしょうね。

あとはやっぱり、後半突然上手くなりすぎだろう!!と思いました。そのおかげで、『音楽をつくる』観点での盛り上がりは薄味に感じます。
ほんとに吹いてるの?までは疑いたくないですが、私は裏話などは一切見ていないので、どれだけ努力してあれだけ吹けるようになったのかというのはわからない。
映画自体が完結した作品なわけですから、それ以外の部分で「でもあの子達これだけがんばってたのよ!!」と言われてもそれは別問題。
もちろん、がんばってるなー!と伝わってくるものはありますが、やはりラスト感動という意味では薄味だったように思います。

限られた時間の中でのことですから、楽しめるという点では文句なくオススメですよもちろん!!
借りて良かったなぁ~と心から思ってます♪
面白かったこそ、気になる点もあって惜しいと思いました。

からくりサーカス36巻 
2005.04.15.Fri [ コミック
■からくりサーカス36巻購入。
普通に出てるの忘れてました。
大好きなんですが。
誰になんと言われようと唯一買い続けてるサンデーコミックスなんですが。

私の中では、毎巻続きが楽しみで萌え~vというよりはむしろ、読みたいような読みたくないような・・・でも、読み始めると熱くてぐいぐい引き込まれてうぎゃーと叫びつつ、読み終えて脱力する漫画です。

以下少し内容。
勝の「大人になろうとする子供のほうが熱いのに」にはぐっとくると同時に無闇に謝りたくなりました。
アシハナさんとジョージの会話にえらい萌えました。(だって無精髭だし)
ギイとエレオノールにも親子萌えしました。
(弱いんだこういうのに!)
・・・って、完璧萌えとりますな。前言撤回(笑)
鳴海は・・・恐れていた方向に。 ここまでvsギイが前面に押し出されるとは思いませんでしたが。
この人の切ないところは、戦う理由が『他人のため』であるところだと思います。それが、自己犠牲的なものというより、『自分のため』になってしまうそのこと自体がどうしようもなく切ない。
鳴海ぃ~~!!!アンタって人はぁ!!!(吐血)
と毎巻叫ぶ今日この頃。
この愛しさと切なさとときめきはどこへ持って行けばいいんだー!!・・・というところで待て次巻。
あああ・・・このどうしようもない悶絶感・期待感を忘れるまでが辛い。(ばたり)


全国吹奏楽部の旅 
2005.04.14.Thu [ 日々の徒然。
「笑ってこらえて」見ようと思ってたのに見逃しました。19時台はきついなぁ・・・。


吹奏楽部の旅が見たかったんです。
「全国吹奏楽部の旅特集再放送」は、たまたま見て号泣してしまいました。
最近、涙腺ゆるいっす。
吹奏楽部ってほぼ体育会系ですよね・・・。
がしかし、一人一人は違う楽器・違う音を出しているのにそれがひとつになるのは気持ちいいです♪
がんばる若者を見て思わず涙なのでした。

■ついでにト○ビアも
すっごい久々に見てみました。バラエティだー!(←あまり見ないらしい)
バウリンガルによる一匹狼の叫び「僕は何をしたらいいの?」にはうっかり切なくなってしまいました。深い、深いよ!!うおーん。
ふんどし=クラシックパンツは、良い体拝ませてもらいました、ゴチ!!!としか・・・。(←ふんどしモデルショー)
ニャホハウスの笑わせようと必至な演出より、「ラジャラジャマ○ラジャ~♪」の歌が懐かしくてそっちに首ったけ!! しかし、今日「どんな歌詞だったっけ?」って聞いても知らない人が多かったんですが・・・。ジェネレーションギャップか(笑)
車の運転とバックラッシュ 
2005.04.12.Tue [ 日々の徒然。
運転が上手いって・・・

どういうことでしょうね。
普通に走るのは公道ですから、やっぱり「事故を起こさないこと」「安全運転」が一番の基準な気がします。
次が一緒に乗っている人の快適さ。
とりあえず「スピード」は項目ではないのは確かだ(笑)

それより上げたい項目はむしろ、
「ブレーキ」
「判断力」
「思いやり」
でしょうか。
「ブレーキ」は、本当に難しくて大切だなぁと。
アクセルは踏めるけどブレーキは本当に止まる時しか使わない人って多くないですか?
曲がる前にスピード落とさない、下り坂でブレーキ踏まない人の恐ろしさよ・・・(でもよくいる)
あと、スムーズにアクセル・ブレーキ踏んでくれる人だと車酔いしないですよね、やっぱり。
「判断力」はまあ、そのままなんですが。状況を素早く判断して、それに合うように車を動かせる。
これがないと『思いやり』がただの『迷惑な車』に・・・(自分もよくやります)
で、最後の「思いやり」なんですが、これって車社会で一番大事なことだと思います。
『譲り合い』って単なる標語じゃない。車というのは本当に強くて危険な道具。
それを扱うからには常にそれを自覚し、対車はもちろん・歩行者への思いやりを持つことが大事だと思います。

まぁ、なんでこんなこと言うかって、昨今の車のマナーの悪さに辟易するからなんですが。
腹立ちますよね。普通に信号青で歩いていると強引に曲がって来ようとする車。
ウインカーも出さずに無茶な割り込みしてくる車。
へんな所で右折しようとして後続を詰まらせている車。
どんな素敵な人でも、運転に思いやりがないと興ざめです。

■というわけでバックラッシュ
このゲーム、レーシングチームに読者リポーターとして取材するヒロインという設定です。
つまりしばらくすると、チームのメンバーが自分の車で送ってくれたりするわけです。
本職なので運転が上手いのはもちろん、性格も出ていてその描写が面白い。

加々見が峠を走っていた話などは、涼介(イニD)ファンにはたまらないんじゃないでしょうか。(というか狙ってますか)

鷹島は、おばあちゃんを除けて追い越すのがそんなに優しいことかどうかは疑問ですが、そういうサーキットを走るときと公道を走るときの違いがでてくるのは良いな。と思いました。

一番ツボだったのは岩戸さん!!
「荷物邪魔だよね?後ろに置こうか。」
「車酔いはする方?」

こんなこと車に乗る前に聞かれたりしたらもう!!

何気ない一言で百年の恋も一気に冷めることもありますが、こういう細かいところで女心をくすぐるリアルさがあるのが上手いゲームだなぁと思いました。

頭が痛いのです。 
2005.04.10.Sun [ 日々の徒然。
おかまバーにいたはずなのに、気がついたらベッドの上でした。(どんなお花見)

頭ががんがんするのですが、今日は非常に健全なお花見なので、バックラッシュのヒロインのごとく朝から色々つくってます。
ゲームでやるのは簡単だが実際ににやるのは辛い。

そして大きく違うのは、作ってる人が酒臭いことでしょうか・・・。今日は赤ちゃんもいるのに怒られそうだよこりゃ。


■種運命
フラガ兄さん~~!!!!
と叫びっぱなし。
気合いを入れて感想書きたいが、夜まで帰ってきませんよ・・・。

■ツバサクロニクル
そういえばこんな始まりでしたっけ・・・。
相変わらずよくわからん話だ。
でも、絵はすっごく綺麗かつ可愛いですねぇv
黒鋼=稲田徹が最高だ!!

買おうか迷う本 
2005.04.09.Sat [ 小説
■建築探偵第3部開幕!って・・・。
だそうです。
うーん。買おうか迷う。ずっと読んでいるシリーズなんですが、正直前作
もすでに惰性で読んだというか、モチーフになったという
の方が断然面白かったです。Edgeはホント、続刊が待ち遠しい!!
建築探偵は・・・様子見かなぁ。

■それよりも本当に買おうか迷っているのは、
ですね!!
ついに全巻出てしまったか・・・。
大好きなのでもちろん元のは大事にとってあるわけですよ。
ああ、ずるいなもう!!!
短編とか入っているらしいですよね。

■五條瑛熱急上昇中!!
そして再読中。というわけで、Bookに『プラチナ・ビーズ』とついでに『ブラック・ベルベット』の感想もアップしました。
最早なんとサイトだかわからない雑多さですね。

『恋刃』感想 
2005.04.08.Fri [ 小説
サーシャ様、あんたって人は!!!!!

魅惑の男サーシャ様が次々に男を陥落して同志を増やしていく物語です。
↑ああ、本当に冗談じゃないよ。

その他言動がいちいちエロいんですが。
なぜ亮司くんの家に勝手に上がり込んだうえ、後ろから片手で目隠し・片手で果実を食べさせる必要が・・・!?
思わず何度も読み返しながらベッドの上をごろごろ転がったじゃないか!!


・・・とまあ、その辺りの興奮は置いておいて。
今回も伏線ありまくり、解消されまくりで大変な展開でした。正直、解消された伏線があまりわからなくて、「ああもう、一巻から読み返さなきゃ!!」と半泣きです。
この緊張感、突然つながる伏線のすっきり感というよりは後味悪い・寒気のするかんじ。
何かに似ていると思ったら、浦沢直樹『MONSTER』でした。だいぶ違いますが立場的には『ヨハン=サーシャ』。
「あなたまで、ヨハン(サーシャ)の餌食に!!」と迸る叫び・・・。
そして、数巻に渡り計算されたストーリー構成が、続刊への期待を高めます。一年も待てない・・・がしかし、連載読むのもやっぱり嫌。ぐはあっ(葛藤)。

タイトルがまた、上手いんですよね!!
この方の本読み終わる度、「よくこんな絶妙なタイトル付けるなぁ・・・」と感動してしまいます。
今回もまた、「恋に狂う」がテーマだよね結構・・・と思いながらふと見た表紙が『恋刃』→そうだったー!やられた!!というかんじでした。
「この恋が俺を貫き、血まみれにするだろう」
・・・ってまさに『恋の刃』でした。


ここからネタバレなので反転。

プロローグの文章。てっきりサーシャ様に溺れたどこかの女かと思いきや、エナちゃんのパパなんですよね?たぶん。
そして、それで終わりかと思いきや、パイトゥーンと和田剛のつなぐ関係を握る文書でもあるんですよねたぶん。
ってことは、パイトゥーンの性癖ってめっちゃ重要事項??
通商の歴史ってなんなんだー!!二冊の本の意味って!?
ファービーについてもだんだん全貌が見えてきて目が離せません・・・。

とりあえず、「読み返さなきゃ!!」と強く思った革命シリーズ第4弾でした。

花見日和♪ 
2005.04.08.Fri [ アニメ雑感
昨日のお昼は、お弁当持ってお散歩がてらプチお花見をしました。
歩いて1分(というか同じ区画)にある事務所に同じ中学校の同級生がいるんですなぜか。なのでその子と。
もう、完全に咲いてますね。見事に八部咲き!! 天気も良くて暑いくらいでした。
今日からお花見ラッシュですよー!!

ではでは、時間がないので軽くアニメ雑感続きを↓

■NARUTO
イタチ兄さんのサスケloveっぷりを見ていると、高みがどうのこうのというより全てサスケのためにやってるんじゃないかという疑惑が・・・。
そしてサスケの可愛さに悶えている私にはショタ疑惑が・・・。(違う!違うんだ!!)

■BECK
良かった・・・。真帆とスライドを見ながら出てくるコメントが絶妙!コユキ大人になったな~とじんときました。ほんと完成度の高いアニメでした。
とりあえず、コミックでいいから続きみたいー!!
頼んだぞ弟よ。(他力本願)

■舞-hime
このアニメの終わりはこういう大団円で本当に良かった。そうであって欲しかったし、そうあるべきだったと思うので。
それぞれのキャラが大切な人を失った痛みはホンモノだったし、しっかり伝わってきたので御都合主義とは思いません。
すっきりとした後味の、最初から最後まで楽しめたアニメでした。ごちそうさまでした!!


というかんじです。
あと、昨日書いておいた『恋刃』感想も一緒にアップします。
これからも、はっきり違う話題は同じ日でも記事分けようと思います。
バックラッシュとか 
2005.04.07.Thu [ ゲーム雑記
■カフェリン

やっぱりアダルトなカップルはもうちょっとアダルトでした。

というか、普通にやっているのにちぃが『隙あらば男を誘う魔性の男』になるので困りました。

ついつい選びたくなるじゃないか誘う選択肢!!(笑)

ちぃの声にはかなり慣れてきました。すっごい研究されてるな!と。言い回しがそのままなので自然です。



■バックラッシュ

とても面白いです。
疾斗と航河終わりました。

このゲームで一番声とキャラが一体化しているのは疾斗@森久保さんだ!!
思うくらい台詞の言い回しがいちいちツボでした。

「お邪魔します。」
「お邪魔じゃないでーす。」

って!!!!!(机ばんばん叩く)

私はゲームに関しては、好きな声優さんの声ならあったほうが嬉しいな、くらいな気持ちなんですが。

こういう思いも寄らぬ相乗効果があるとゲームにボイスついてて良かったなぁ!!
と思います。

でも、嫉妬に狂った男は怖いっすね・・・。
疾斗はBADエンド二回も見てしまいました。


航河は意外と淡々と終えました。
修羅場かと思いきや、大人な態度で回避。
問題は仕事の面でだった、という展開が面白かったです。

アニメ雑感 
2005.04.07.Thu [ アニメ雑感
気を抜くとアニメがたまっていきます。つ、辛い・・・。忘れないうちに雑感を。

■エレメンタル・ジェレイド

リッド・ハーシェル(TOE)っぽい石田彰でした。

外見子供でも中身は超越者なナギ(舞hime)は萌えましたが、本当の子供には萌えられませんでしたさすがに。

むしろ、綺麗なお姉さんと合体する気弱な青年@ゆーじ・うえだのがグッときました。

あと、発言が男前ながっしりしたお頭とか。

音楽はけっこう好き!アイキャッチの音楽とかアイリッシュっぽいし!!
と思ってたら梶浦由記さんなんですね。
最近ひっぱりだこですな。

見るほどではないかなー、と思ってます。
できれば見るアニメ増やしたくない・・・。
原作とか面白いんですかね?



■ブリーチ

斑目の「どうやら馬鹿じゃないらしい・・・」に思い切り「え、馬鹿じゃん!!」とつっこんだ。

ほんとにルキア助けたいなら、額切ったり手傷ついたりする前に逃げなさい。

力の差があっても逃げ切れるっていうのはガンジュが証明したじゃないか(笑)

ガンジュvs弓親は面白かったです♪

まつげと眉毛からなんか生えてる気持ち悪いセイラン(cv.じゅんじゅん)に最高に笑いました。



■ジャぱん。

河内に馬乗りになるシスターに感謝の祈りを捧げたくなりました。
これ絶対、漫画よりキャラが生き生きしてると思います。シスター。



■アイシールド21

まも姉が可愛いなぁ・・・・!!

正直、タレントさんで話題をとろうとするのはわかるけれど、それでアニメの質が落ちたら本末転倒だと思いました。
演技悪いってほどではなく、かけ声とか叫びとか良いとは思うんですが。
やっぱりすごく良い役なので、ここに上手い人持ってきたらもっと面白くなるだろう、とは思ってしまいます。

アイシールドは話が面白いので見ますが。



とここまでしか見てないです。

文庫か単行本か!? 
2005.04.06.Wed [ 小説
私は断然文庫派です。あ、漫画文庫じゃないですよ。あれはあれで読みにくい。

ハードカバーももちろん、装丁とか綺麗だなー凝ってるなーと思う時はあるんですが。

とにかく高いし。なにより読みにくいし。

ちょっとした合間に読むのに持ち運べることが必須!という意味でも読みにくいし、
手に取った時のあの重さ、表紙が曲がらないためのページのめくりにくさも読みにくい。

ハードカバーって、机に置いて読むことを想定してますよね。今時、学術書でもない本を机に置いて明りを灯して読む人がいるのだろうか・・・。



というわけで、ハードカバーしか出ていないものは必然的に図書館のお世話になります。

で、本当に気に入ったものは文庫で買う。
もしくは最初から文庫になるまで待つ。
というのがスタンスだったんですが、最近微妙な変化が・・・。



なぜなら、うちの近くにある図書館が素晴らしく使えない。

考えてみると、学生時代って幸せだったと思います。

小・中・高なんて特に、生徒数も限られているうえその全員が本を読むわけじゃないから
借り放題の読み放題。


ところが、最近近くにできた県立図書館。新築で最先端設備ということで人が溢れ、読みたい本があった試しがない。

かといって予約しても予約待ち100件以上とかだと本気で萎えます。

人気があるものはどこもそうかもしれませんが、これなら!という本でも20件くらい予約があって数ヶ月音沙汰がなかったり。

それだけならまだしも、検索してやっと「在庫」になっていた本までその棚になかったり。

しかも、それを職員に言ったら、

「ああ、それじゃ他のところに紛れてるんだと思います。あった場所に返さない人もいますから。」

・・・・ってそんなことはわかってるわい!!!それを整理するのって、あなた達の仕事じゃないんですか!?

今すぐ渡せって言ってるわけでもないのに、「見つかったら連絡します。」の一言もないのか!?

と、かなり腹が立ち、

「ああそうですか。じゃあ、仕方ないから諦めろってことですか?」
と言ったら、
「そうですね。」
と言いながら去っていった。
・・・・こんな図書館二度と来るか!!!!!


どんなに外見綺麗で設備が整っていようと、本が探せない、読めない図書館に意味はありません。

多少遠くても古くても、昔からある市立図書館の方が親切でした。

あ、でもほんと図書館は大好きなんですよ。

よろしければこちらのエッセイとっても楽しいのでどうぞ。



というわけで、最近どうっしても我慢できないものはハードカバーでも買うようになりました。

もしくはたまにしか行けないけれど市立図書館で。



で、今回買ったのはこれ↓


五條瑛のR/EVOLUTIONシリーズ第4弾。

「革命を起こさないか・・・この国に。」

魅惑の男サーシャ様が次々に男を陥落して同志を増やしていく物語です。

というのは冗談です、と言いたいがあながちそうでもないくらいホモくさい。

ジャンルはハードボイルドでいいんでしょうか?・・・ハードボイルドがよくわからないのですがおそらくそんな雰囲気。

この本、ついハードカバーで買ってしまうのは、待ち遠しいのもあるんですが装丁にも理由があります。

一巻。断鎖<Escape>

二巻。紫嵐<Violet storm>

三巻。心洞<Open sesame>

四巻。恋刃<Lancet>

この英題の頭文字を上から読んでいくと・・・・そうなんです。

EVOLUTION+Lで全10巻で終わる予定とのこと。

この頭文字が背表紙の一番上に印刷されていて、横に並べていくとひとつの単語になってしまうわけです。

しかも、背表紙はある一枚の絵の一部分になっていてこれも10冊並べるとひとつの絵になると。

こういうの、弱いんですよね!!

連載だから大丈夫だと思いますが、最後まで完結して欲しい作品です。





も迷ったんですがこっちは保留。恩田陸好きなんですが、ベストセラーっぽくなると逆に読みたくない天の邪鬼さ。

もっと早く読んでおけば良かった・・・。いつかは読むと思います。面白そうなので。

『亡国のイージス』映画化 
2005.04.05.Tue [ 映画
『ローレライ』を見終わって、次は夏公開の「亡国のイージス」なわけですが・・・うーん。

正直、かなり怖いです(笑)



■映画化について。

『ローレライ』よりは視点を定めやすいと思うのですが、ちょっとただのアクション映画
になってしまいそうな予感があります。

私の「ホワイトアウト」の評価がまさにそれ。面白くないわけではないけれど、ただの「アクション映画」だと。

原作はとても評判良いようだったのに、結局読む気がしませんでした。



しかも、「亡国のイージス」が映画化されるなんて原作読んだときは思いもしませんでしたよ。

だって、できるわけないと思いましたから。

海上自衛隊全面協力って・・・・いいのか?

良いように利用されてるだけじゃという思いもなきにしもあらず。

って、この辺あまりつっこみたくはないですが。



それに加えて、イージスには如月行と仙石伍長という二大萌え惚れ込みキャラがいるので!!!

思い入れ強くて、見ながら「違うー!」と文句言うより、見ないほうがいいのかもしれません。

客観的に見られないというのはよくわかりましたし、映画楽しんでいる人に失礼ですしね。

ただ、やっぱり公開近づくと気になるんだろうな・・・。




■キャストについては

仙石役の真田さんは・・・格好良すぎ!!もっとこう、先任伍長はどたどたしてはぁはぁしてる(喘ぎじゃないですよ)感じなんですが。
でも、嫌なわけはないので文句は言えない。

宮津役の寺尾さんは・・・やばい、それだけでもう泣きそうな予感。

ヨンファ=貴一くん!!(くんですか)・・・どうなのそれとりあえず楽しみ!

渥美=佐藤浩一・・・・大好きだーー!!!

ちなみに出演者を聞いたとき浮かんだ配役は、仙石=佐藤さん・ヨンファ=真田さん・渥美=貴一くんでした。

・・・・一人として合ってないじゃないか!!(愕然)



あと、問題の如月行役の勝地君ですが、なかなか良さそうですね。

私の行のイメージは細いつり目、一重・さらっさら黒髪なんですが。

キル・ゾーン(須賀しのぶ)のシドーが一番近いイメージ(この説明で誰がわかるのか)。

これは個人的なイメージなので、勝地君の行も楽しみです。



・・・って、観る気満々ですな、結局(笑)




■せっかくだから少しイージス語りを・・・

と思ったんですがやっぱりネタばれすぎてあらすじ言えない。

ああでも、映画のサイトやっぱりネタばれしまくりですね(泣)

とりあえず、ローレライよりさらにはっきりとした現代日本社会へのメッセージ性がある作品。

舞台は現代。海上自衛隊の護衛艦『いそかぜ』を中心に起こされたある計画を核に、防衛庁・政府・さらには
国際社会を巻き込んで繰り広げられるかなりスケールの大きな物語。

緻密な心理描写、熱い文章とスピード感。福井作品の中でも完成度の高い読んで損はさせない一品。

とにかく面白いです。(またそれか)



ものっすごくキャラ萌えを語りたいんですが、同時にやおい注意報が出るので控えておきます。

この迸る熱い思い・・・ぶちまけたら大変なことになっちゃうのよ!!!

とりあえずやおい萌えなお嬢様・オヤジ萌えなお姉様方は、

上巻はさくっとスルーして下巻までたどり着くことをオススメします。

武器や機械の説明は読み飛ばしても無問題。話はつながります。

下巻はとにかくすごいんで。悶え死にそうになるんで。


最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。