ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年05月の記事一覧
≪04month
This 2005.05 Month All
06month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリポタ感想など 
2005.05.31.Tue [ 小説
「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」

といっても、もうすぐ原作で続刊出てしまいますが。

とりあえず思ったのは長いということ。どうして作家ってだんだん文章長くなるんだ・・・。さらに上手い人になると、また絞っていくと思うんですが。
あと、翻訳の勢いが衰えているかなぁと思いました。
もともと、原文はすごく力がある文章で読んだ時には驚いたのですが、今までは練り込んであって日本版には日本版の良さがあったと思うのです。しかし、今回はちょっと長いこともあってか訳しただけな印象を受けました。偉そうに言って申し訳ないがそう感じたので。

といっても、つまらなかったのか?と言われれば面白かったのですが。
1~3巻は、ファンタジー・学園モノ・ミステリ・冒険モノといった要素が上手く絡み合って単品で楽しめるものだったのですが、4巻からは作品全体の流れに入ってきたかんじです。
少しずつ謎が解き明かされてきているものまだ全ては見えない。そのもどかしさが面白い。

ここからはちょっとだけ内容に踏み込みます。
読む人はとっくに読んでいるでしょうが。

今回のハリーは思春期を表現するためか、やたら荒んでいてキレやすいので一人称にて感情移入するのは難しかった。
ロンとハーは本当に良い友達です。
ハーマイオニー可愛いvv

そして、魔法省が世知辛い。
なんで児童文学読んでて社会の嫌な面を追体験してるんだろう・・・(笑)
そんなやるせなさ現実で充分味わってます。

親世代描写が出てきたのは嬉しかった。
シリウスがハンサムだって・・・ハンサムだってはっきり何度も!!!!
しかも、『誰にも真似できない様子でハラリと前髪を垂らしていた』って・・・!!(←なんだか妙に色気を感じる描写)
シリウスおじさんのハリーへの親ばかっぷりにはいちいちときめきました。

そんな彼がハリーを残して逝ってしまうとは思いもしませんでしたが・・・。大ショック。

久々に来月出る6巻原書読みたい・・・と思ってしまいました(そんな時間ないだろう)


■それにしても最近は夜に弱い・・・

パソコンをベッドの上で打ったりしているので、最近力尽きてよく眠ってしまいます。

で、次の日ちょっと手を加えてアップしたり。

かといって、朝が早くなるわけでもないのが困りものです・・・・。早起きの才欲しいなー(他力本願かい)


■ロマサガ返ってきました。

クイックセーブから始めればいいのか、普通のセーブから始めればいいのか迷った。どこで何をすればいいのかしばらく彷徨った。

スポンサーサイト
NARUTO+アクエリ+エウレカ 
2005.05.30.Mon [ アニメ雑感
■NARUTO

うわー、オリジナルに入りましたよ!!
きっと三年間の空白を埋めるんだろうな・・・じゃないと本誌に追いついちゃうし。とは思っていましたが。

前回のオリジナルの悪夢が蘇ります。
サクラちゃんはあの時点で「このままじゃ駄目だ」と一人決意して、ナルトに見えないところで強くなってるのがいいんだと思ったり。
こんな子供から金を奪い取る自来也は絶対いやだ、つーか自来也さんこんな人じゃありませんからー!!へらへらしているけど頼りになるおっちゃんなとこが良いのにと思ったり。

どうせなら他班の任務とか見たいです。



■アクエリオン第8話『はじめてのがったい』

なんだかもう、ここまでやってくれるとあっぱれとしか言いようがないという。

『はじめてのがったい』と『いわゆる初体験』をちょっと匂わすどころか、完全に最初から最後までかぶせていってる状態。
それを完璧におもしろいと思ってしまった私は紛れもなくおかしな人だ。
麗花×つぐみとピエール×ジュンの勘違いした初体験レクチャーはテンポ良くて思わず笑ってしまいました。
敵を倒してその体液まみれになりつつ「しあわせ・・・」と呟くつぐみにはかなりひきつつも感心しました。よくぞそこまで・・・あんたは使命をまっとうしたね!!

とはいえ、『緊張により鼓動が速まると、周囲のものを爆発させる』つぐみの能力は以前から伏線が張ってあり、そのことが彼女にとって幼い頃からのトラウマだった・・・そして今回でそれを乗り越えた構成はすごくすっきりまとまってました。
不動指令が初めてかっこよく見えたし(笑)
ジュンの『君の力が必要なんだ・・・君じゃなきゃだめなんだ!!』という言葉や、麗花さんとの思い出(7話しかやってないのに盛りだくさん)は説得力あって納得の展開。

この笑いとシリアスが交互にくるかんじがけっこうツボです。
今週の不動指令締めの言葉は、
合体は、爆発だ!!!
でした・・・岡本○郎かい。


■エウレカ

ドッキリって見てると不快になる人です。
いわゆる融通が利かない真面目人間なので。
言葉遊び的な冗談の応酬とかは好きなんですが、純粋に信じた人を「冗談だって!信じたの~?」っていうのは自分がされるのも、人が言われてるのもカチンとくる。
実際、どこまでが洒落になるのか、その人を本当に傷つけて責任持てるのかオイ。と言いたくなるわけで。

というわけで、細かい言葉のやりとりは面白いんですがけっこうムカつくな~と思いながら見てた今回のエウレカです。
ま、レントンが精神的に強いのとそんなレントンを可愛がりたいメンバー達で流して楽しんで見られればいいのですが・・・。やりたいことはわかるが感情は別問題。

ヒルダさんが、唯一まとまな人なので癒されますね~!あの、腰からヒップにかけての見事なラインも素晴らしいと思います。

ムーンドギーも良いですね。だいぶイメージと違いましたが。東北弁とは思わなんだ。
いじられポジションをとられて嫉妬するって・・・どれだけ真性Mなんだ(違います)

あと、『はじめてのおつかい』に金糸篇サイドを並行させる構成は上手いと思いました。
『彼らは進化などしていない、なぜなら目ざめてもいないのだから・・・彼らコーラリアンは』
で言われたコーラリアン・・・どうやら本能で司令官を攻撃する危険な存在らしいのですが、
ここでちょっと、唯一目覚めているコーラリアンがエウレカだったりしてと思いました。
なんとなく、コーラリアンという響きからエウレカを連想したのですよね・・・って単なる勘ですかいっ!!

で、このまま終わるのかな~と思っていたら来ましたよーっ!!!最後に
レントンのビデオを見て『ダッセーな、オレ』と呟くホランド!!!!
や、やられた・・・ダイレクトに心臓を鷲掴みにされたよこの1シーンに(涙)
「ダサダサだ」と思っていたら「すごいね」と言われたレントン。そんなレントンにやはり心動かされて、自らの行動を省みている(だろう)ホランド・・・。
しかし、これだけで倒れそうなほど嬉しかった私は相当ホランドに参っているということがよくわかりました。

外部による客観的な認識によりその良さを把握する。 
2005.05.29.Sun [ 日々の徒然。
土日で時間をフル活用して、普段は行きもしない地元の観光をしてきました。

いやー、意外といいもんですね。馬鹿にしたもんじゃなかった!!
名産品とか、初めて食べたよ。
・・・あ、おいしいんだ。

そして空港へ友人たちを送って一番にしたこと、それは・・・
もちろんガンダムSEED DESTINYを見ることだったけどね私。

うわー、ステラー!!シンー!!
マリューさんー!!(←そこか)
ノイマンがAAクルーの中で確実に贔屓されてるー!!(大喜び)
▽Open more.
見逃したァっ・・・!!! 
2005.05.26.Thu [ アニメ雑感
■ばっちりと

BLEACHとジャぱんを見(とり)逃してしまいました・・・。

BLEACHは回的にまぁいいとして、
ジャぱんのピエロがぁ・・・・っっ!!!(血泣)

ちょっと聖矢に意識を取られすぎました(不覚)


■うえきの法則

コバセンで号泣のあとどうしようかと思いつつ、
次回予告で出てきたひげ具合がなかなかいい人が気になって見てみました。

あの、見えそうで見えないチラリズムが気になるってーー!!!

んで、今更見てみたところ・・・
この声・・・小西克幸!!??
・・・・やっぱりそうでした(視聴後)
私の低音ボイス期待の星がこんなところに・・・。

嬉しいな単純に!!!!

こんな中学生いてたまるか、むしろなぜ「ガキ」を連発!?と思いつつ、最早そんなことはどうでも良かったり。

私、おじいちゃんネタには本気で無条件に弱いのでやめてください・・・。
悪に渡らなければいいなら村おこしの才でもいいじゃん!!!(←かなり本気で肩入れ)


■聖矢

うわー。一気に4話も見ちゃった・・・・。
笑いと萌えのつぼが交互に来て必要以上に体力消耗する~!!!!

とりあえず、双子が素敵すぎてどちらか選べません。兄!!弟!!・・・どちらもでよろしく。

老師がヨーダです。でも、脱皮するらしいですね!!楽しみ~。

微妙に声のイメージが違う人がちらほら。

しかし、瞬間的に一番心を鷲づかみにされたのはアルデバランだった・・・・なんだあの兜とった戸惑い顔!!!!
なんで喋らないんだーーー(泣)!!!!


■突如

土日に東京から来客がある予定になったので、土日更新できなそうです。
って言ってもSEED感想くらいですが。
たまには~ゲームの~話を~♪ 
2005.05.26.Thu [ ゲーム雑記
■しようか~♪(←加藤登○子でどうぞ)

ということでゲーム話題です。
ちなみに、最近ロマサガの話題が出ないのは一週間の約束で弟に貸し出したからです。
本やらDVDやらたまっていたのでやらないだろうと思いまして。
ヤツなら一週間でクリアして返してきそうな気がする・・・(負けてます完全に)

では、主に新作ゲームについて。
買う気の度合いについて(笑)


■ドラッグオンドラグーン2

6/16ってけっこうすぐですねぇ・・・。
興味はあっていつかはやりたいけど保留したい気分。


■ジルオールインフィニット

6/23か・・・。とりあえず買います。やっぱりやりたい。


■うるるんクエスト

いや、密かにめっちゃ気になってるんですが。
中華で恋愛RPGですよ!?

彰目当てか?というとそうでもなく、注目株は『紅』cv.森久保祥太郎です。
あとは、主人公の耳の造型に惚れこんだ人もちょっと変態ぽくていいと思います。


■サモンナイト エクステーゼ

8/4発売。
買いますよー!!
ムービー見たら聖剣伝説っぽい動きですね。
が、がんばろう・・・。

彰はまた少年か・・・
どうせ、数百年生きてるとか普通の人間ではなさそうなことだけが救いです。
ライオンな若本規夫には正直ちょっとときめいたということを認めざるを得ない。(←はっきり言いなさい)
堀内さんは思い切りストライクだ。最近で言うと「ギャラリーフェイク」のトレジャーハンターみたいな、軽そうでダメそうなんだけどいざって時に頼りになる男。ってすっごいぴったりだと思います。
「泣かすぞ、てめえ。」でうっひゃー!!と照れまくりましたよ私(笑)
ぜひとも落としたいよこの人!!

って、そういうゲームですか?
そういうゲームです!!


■テイルズ・オブ・レジェンディア

8/25かぁ。
今のところ買う予定なしっ!!


■戦国BASARA

思い切り無双じゃないか。
っていうことでたぶん買わないとは思うのですが・・・。

いつの間にか登場人物増えてて、それもキャストがえらい力入ってるのですよね。
信長が若本規夫で、信玄が玄田哲章ってとこに気合を感じるよ!!!!
利家とまつのキャラ造形がけっこう好きかも・・・・ほのぼのカップル~vv
あと、頭がいっちゃってそうな銀髪長髪な明智光秀=速水奨とか、飄々とした猿飛佐助=子安武人も気になる~!!

だから、買わない・・・買わないって・・・。


■LaLa情報によると

遥か3のファンディスク(?)が出るとか。
知盛が落とせようと落とせまいと遥かだというだけで買いますが、そりゃあ落とせたら嬉しいよね・・・。



↓その他、ジャンプ折込より。


■FF12

主人公ヴァンが、上半身ほぼ裸なのに乳首がないのが気になります。なんか気持ち悪いよそれ!!
描かないなら隠そうよ~!!

■FFAC

綺麗や・・・・。買っちゃうでしょうね確実に。

■キングダムハーツ2

美女と野獣の世界再び!は嬉しい~vv
パイレーツカリビアンもか・・・なんでも使うなぁ。
でもそれって、ジョニ―にゲームで会えるってこと!??オッケーイ!!


思いつくところはこんなかんじでした。
小宇宙が燻ってた。 
2005.05.24.Tue [ アニメ雑感
■最近男性に言われてとってもひいた言葉。

「男は顔じゃない、中身だよね。」

・・・・・・・。

いや、全くその通りだと思いますが。女性同士話しているときにそういう話になるのはいいのですが。

それは心の中で思っていて欲しい。

そういう言葉って外見にこだわって卑屈になっているからこそ出てくるのだと思います。
だいたい、10代でもあるまいしジャ○ーズ見たいに女の子のごとく整った美形なんて求めてないわけです。
そして、男の人の外見って中身がつくっていくものだと思うわけです。
運良く整った造作に産んでもらった人だって、ヒモ生活してれば「だらしない顔だなぁ~」と思うし、
逆にどんな無骨な顔立ちの人だって、内面を反映して素敵だな・・・と思う顔立ちになっていく。
実際私は、この人仕事できる!しかも人格者!!という人で格好悪いと思った人なんて一人もいなかったですよ。

とりあえず、男も30代になったら自分の顔に責任を持て!!それはあんたが生きてきた証だ!!
と思いました。
ある意味、本当に「中身」だと思います。

女の人は、中身と外側を分けられる強かさがあると思うのでまた別問題ですが(笑)
今もやってるんですよね、たぶん。な『あいのり』とか、女の子は外見ほとんど変わらないのに、男の子はみるみるうちに顔つきが変わっていくのが面白かったです。

しかし、そういったことを言葉にしたらなんか良いように解釈された気がするんですが。
誉めてないんだ。けなしてるんだ。でも、通じないならもうそれでいい。

余談ですが、上記発言の人・・・着信を無視し続けているにも関わらず昼休みにまで電話してきてちょっと怖いです。
この一連の話の通じないっぷりもやばいですしね。
仕事関係の人なので、会社のメールしか教えていないのが救いか・・・。
あそこから、二度と仕事が来ないことを祈る!!(駄目な社員)


■聖闘士星矢

いまいち予備知識がないんですが、感想立ててみました。
だって厳窟王に続いて、続きが気になってもう止まらない~!!!!!

どうやら、小宇宙は私の中で燻り続けていたようです。

借りるとき友人に、
「あんまり覚えてないけど大丈夫かな・・・?」
と不安いっぱいで聞くと、
「大丈夫。パワーと勢いで面白いから」
と言われました。確かに面白い!!

そして、
「慟哭三人衆が素敵だから!!」
と言われました。
「ど、どうこく・・・・!?」
と戸惑っていた私ですが、次回予告が早速『慟哭の三人』だったし!!
楽しみすぎます。

極めつけに、
「子安さんと真綾ちゃんがセットで出てるから!!」
って、うわおvほんとにーー!!??
いいですねそれ!!
しかも、いつの間にか彼女が真綾ちゃんを認識してくれてるのが嬉しかった(笑)

ところで私は蟹座なのですが、蟹の出番はまさか1話だけなんてことはないでしょうね・・・(怖)

とりあえず今日はがっつり見たいと思います。



■ポッターも少しずつ読んでいるのですが・・・

なんだか荒んでますねハリー。

▽Open more.
アニメ雑感 
2005.05.23.Mon [ アニメ雑感
■見事、聖闘士星矢冥王ハーデス十二宮編をゲットしてご満悦。

昨日はついでに、おいしいドリンクバーがある個人経営なパスタ屋さんで、周りのカップルがどういう関係かを推察しながら
友人と楽しんだりしてました。

だって、単なる標準語ではなく生粋の関東語を喋る50代のおじさんが、こちらは地元な人だろう40前後の女性に、
プレゼントらしき袋を渡そうとするものの『奥さん』という言葉をちらちら出しながら牽制されてたりするんですよ!?

気になりますって!!!!
日曜の昼間からこれか・・・。

ここらでごつんとたまったアニメ感想をいきたいと思います。


■NARUTO

作画がえらい綺麗でびっくりしました。
とりあえず、気合いがみしみし感じられた。一部の締めですものね。
といっても、話は後日談+これからの指針ですが・・・。

自分の無力さに打ちひしがれるシカとばっさりそれを斬るテマリ(←かっこええ!)
極めつけは、オトナの魅力満載の奈良父の場面はヨカッタ!!!!

ネジのうめき声がエロかった。

ナルトはそこが良いところなんでしょうが、「んもうっ!!馬鹿っ!!」と思う気持ちもやはり止められん。
まだサスケを信じるか・・・・(涙)
しかし、自来也さんのオロチ丸と対峙する過去やら、自分の若かりし頃に似ているナルトを『同じ目には遭わせたくない』と苦悩してぐっと手を握りしめつつ、『それでもこいつなら儂のできんかったことを・・・』とばかりに覚悟を決める様が見られたので、ある意味グッジョブだよナルト!!


GHOST IN THE SHELLのほうが面白かったかな・・・と思うのは単に私が少佐好きだからか。


■アクエリオン

シルヴィア(セリアン)に目もくれず嬉しそうに戦い続けるアポロニアスとトーマ。
「良いのですか?太陽の翼は・・・」と尋ねると「それは願望か?それとも嫉妬か?」と返されるオトハさん。

このアニメの女性陣はなんだか可哀想だ。

ついでに、麗花はシリウスにどうやら本気らしいことに驚きましたがその時点で不幸だと思います。

嫉妬に狂ったまま、アクエリオンは合体。しかし、麗花の心の矢と不動指令の「嫉妬をエネルギーに変える」という言葉で必殺技炸裂!!
その名も『嫉妬変性剣』・・・そのまんまやん!!
笑いというより脱力と失笑なわけですが、もうそれでいいんだと思います。むしろそれが持ち味。

最後にトーマが「種はまいた。小さな種だが」と言うのが意味深。
『薔薇は破滅を孕む』とか言ってるし。
裏切るのか杉田!!??


■エウレカ

ひとつ気になるのは、軍側のLFOって人乗ってるんですかね?
かーなーり、大量殺人者な意味でのお尋ね者ですよね、だとしたら。
その辺はスルーするつもりなのか、あんまりそういう意味での追われ方に見えないから無人なのか・・・。

とまあ、ちょっとスッキリしないのは置いておいて。
レントンのお姉さんの彼氏はおそらくホランド。なのでホランドもタルホもレントンに複雑な気持ちを抱いてるのでしょう。
・・・・イイ感じv
ホランドはレントンのお姉さんに心を残しつつ、今はタルホのことを大切に思っていると思うのですよ。
一方タルホは、そうわかっていてもどうにももどかしくてレントンにちょっかい出したり。
この構図けっこう好き!!

しかしそれ以上に、金枝篇を読みつつニュースに飛び上がるホランドに萌えました。
すっごい細かいよここの動き・・・。
金枝篇って一体なんなの!?この怪しい人とレントン父とホランドの関係って??
というところは純粋に気になるというか楽しみ。
「王殺し・・・しかしその王は」ってけっこう不吉ですよね。

関係ないとこばっかりピックアップしてますが、今回は『ママをとられたくない子供達』と『子供を叱らなければいけない大人』がテーマです。
子供達がピンチに陥ってそれを助ける!!みたいなベタな展開かと思ったのですが、そうではなかったのはイイ意味で裏切られました。
そしてその理由を「大人だから?男だから?」と尋ねられて「レントン・サーストンだから」と答えるのがまた、ぐっときた。
大人だからとも男だからとも答えられない、中途半端な子供だってわかってる・・・けど、やっぱり俺が俺だからそうしちゃったんだ。
そんなためらいのこもったプライドにきゅーんですよ。

エウレカは当たり前のことを当たり前にしっかり描く。そんな爽やかさが魅力だと思うのですが、展開をベタなものにしても、こういう心理描写をありがちなものにとどめない丁寧さが好きです。

へたれなレントンが突然かっこよくなるのではなく、そのまま受け入れられる。
子供達も、突然心を開くわけではないが少しずつ譲歩していく。
そんな姿が微笑ましくて、営倉に並んでいる5人に胸が温かくなりました。


▽Open more.
ムーラン・ルージュ+イノセンス 
2005.05.22.Sun [ 映画
友人が聖闘士聖矢冥王ハーデス十二宮編を貸してくれるというので、行ってきます。そして、遊んできます。

うう、まだ今日掃除しかしてないのに・・・。
巌窟王も見てる途中だし、昨日『イノセンス』借りてきちゃったし、エウレカも見てないしSEED感想も書いてないのに!!(オタクな用事ばかりですね・・・)

でも、こんなおいしい誘惑に勝てるはずもないのでウキウキしながら出かけてきまっす!!!(わーい)


■『ムーラン・ルージュ』をレンタルで見ました。

またもやミュージカル。一回映画館で見たのですが、ふいにまた見たくなったのです。パリだしね・・・

ベタなラブストーリーなのですが、前半は特にテンポがよくてコミカルで楽しい!!
ちょっとディズニー映画を思い出します(笑)

ていうか、ニコール・キッドマンが綺麗でお茶目で可愛いです。美しい・・・・。

そして、ユアン・マクレガーは歌が上手すぎて本気で惚れ惚れします。

気軽に楽しめる映画だと思います。曲も、誰もが聞いたことのある曲をアレンジしてありますよーv


■『イノセンス』

今更見てみました。
テーマとして『他者と異なる自分という存在を形づくるものは何か』『魂とは何か』という哲学的で深い深~いものがあるので、一度流し見したくらいの私に何も言うことはできないかと。

本編の前にトグサ語りによる説明が入るのが嬉しいv

映像・音楽が一体となってすごい迫力です。映画館で観たら鳥肌立ちそう・・・。

でも正直、守護天使にそっとベストをかけてしまうバトーに死ぬほど悶えてごろごろ転がったのでそれだけで私は満足だ!!!
ばとーばとー!!!!
オタカラ。 
2005.05.21.Sat [ 日々の徒然。
■・・・と言っても決して地図の暗号を解いて探してみたりするやつではございません。

オタクなカラオケ・・・略してオタカラに行って参りました。
それも女二人で。

最初は、オレンジレンジとかポルノグラフィティとか楽しく歌ってたのですが・・・途中から怒涛のアニソンタイムに突入しましたよー!!

最近の曲にはアニソンでしかついていけませんから(きっぱり)
*アスタリスク*歌ってみたら辛かった~!!
やはりラップはもう無理なのか。(諦めるな)
私Hiphop系はよくわかりませんが、オレンジレンジだけは好きです。可愛いよあの子達!!

あと、友人が神が乗り移ったとしか思えない『ケロっと♪マーチ』を歌ってくれて笑い死ぬかと思いました。
確実に笑いで体脂肪率が減った!!

そして代わりに、私はキラ・ヤマト『今この瞬間がすべて』を歌う。
『理由があればなんでもいい・・・それが歪んだ気持ちでも』『生きる意味もわからないまま走り続けるのもいい』そんな感じの歌詞に、
「黒い!!キラ黒い~!!」
と爆笑してました。
・・・いや、そこ笑うとこじゃないから!でも、気持ちは良くわかる。

そして、どうしてもこれだけは譲れねぇ!!
ということで『剣聖のアクエリオン』を二回歌う私たち・・・。しかも、二回とも大盛り上がり。
きっと飲み物を持ってきた人はきっと痛々しい人たちだと思っていたと思う。

でもいいんだ・・・楽しいから!!そして今日は金曜日だから!!!


■巌窟王

我慢しきれず感想叫びをアップしてみました。もっと先まで見てるんですが、昨日はどうしても眠くてあれ以上書けなかったので中途半端に5話分。

ちょっと女性向ですかね・・・。
女性向と銘打っているわりに、版権モノは『ヒカルの碁』くらいしかやおい萌えしていない私ですが、今回は仕方ないです。それがオフィシャル設定なので。

そういえば、ツタヤにDVDないなぁーと思っていたら、3巻までしか出ていなかったのでした・・・(気付きなさい)

コミックス感想 
2005.05.21.Sat [ コミック
色々購入しました。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE 01
久織ちまきさんて、野望円舞曲 1の挿絵書いてた方ですよね。綺麗で好みな絵柄です。

関係ないですが、他のものは潔く諦めるのでアルスラーン戦記だけは死ぬまでに終わらせて欲しいです田中さん。
読み始めたときはアルスラーンより年下だったのに、ダリュ―ンやナルサスもこえちゃいますよこのままじゃ!!!
ノベルズ版もうっかり買ってしまっている私ですが、続きが出る気がしない・・・・。

えー、だいぶ話がそれたので戻ります。
登場人物が全て美形なので文句ナシ(それだけですか)
アスラン視点・・・とは言うものの、思ったよりずっとアニメに忠実でした。
むしろ、もっとアスランの感情とか入れて欲しいなぁ~vv
個人的には『その答えはきっとオーブに居てもみつからない』というくだりは嬉しかった!!決意が見えて。

議長との対決(対話)が早く見たいです♪
あ、ユウナがちゃんとキモかったので安心しました(笑)


からくりサーカス 37

だから、仮面で人間としての感情を捨ててまで戦うナルミが見てられないってば・・・!!!!
アシハナとジョージの伏線回収で期待通り萌えたのでそれでいい。と思いました。


フルーツバスケット 17

うわあああ!!あまりに衝撃的なことが多すぎて、うかつにネタバレできないかんじです。
一瞬BLになったかと思って驚きましたが、そんなの比じゃない驚きだった・・・(ドキドキ)

とりあえず夾×透は和む!!きゅんきゅんくる!!

そして紫呉さんは大人気ない人でした。でも萌えるけど。
ちなみに、アニメ(見てない)では置鮎声らしいぐれ兄ですが、私にはなぜか井上和彦の声でしか聞こえてきません。


プライド 4
一条ゆかりは買ってしまうんだどうしても!
絶対に出てくるタイプの違った女の対比が上手すぎなんだもの。一条ゆかりの見所は女同士の対決です。

神野さんが意外と可愛くて紛れもなくイイ男なので、四の五の言わずにとっとと結婚しちゃいな!!と思いました。

うわお!10000ヒット!! 
2005.05.20.Fri [ 日々の徒然。
行きましたねぇ~感慨深い・・・。
最初の頃とか、自分のカウント入っちゃってますが。
10000カウント超えたからって何もできませんが。

しかし、一度ならず訪れてくださった方々・・・。
ほんっとーうにありがとうございます。

自分の好き勝手しか言わないことは確かなのですが、見てくださる方がいるからこそ好きに言わせていただいちゃってるのもまた確かなのです。

なんていうかやっぱり、サイト開くからには共感してくれる人が一人でもいればいいなぁ~と思っているので。
と言っても、どうせ言いたいことしか言いませんが共感いただいたときは大喜びしてます。

えー、ひよっこですがマイペースで楽しんで行きたいと思いますので!! よろしくお願いします。


■きっかけは・・・

ついでに忘れないうちに書いておくと、このサイトを開いたきっかけは、たまたま出席した仕事関連の勉強会で詳しい方がいて根本的な説明をしてもらったから。

ビルダーとか使えばできるんだろうなーとは思っていたんですが、根本的な仕組みがわからないものに手を出したくないひねくれ者だったのでためらっていたのです。

しかし、「なんだーこういうシステムなのね!」とわかったら一気に趣味に結びつけるオタク根性は自分でもすごいと思いました。
分厚いマニュアルとか読むのも気にならなかったり。
夢中でHP支援サイト様を回ったり。
とにかく、知らないことを知っていくのは楽しくて仕方なかったです。

3ヶ月前には、タグのタの字も知らなかった自分がサイトを運営しているのはとても不思議な気分。
けど、おかげで他サイトさまの掲示板に書き込めるようになったり(今までできなかった・・・)、仕事にもちょっと役立ったりと、とても充実感のある日々を送っております。

睡眠時間はだいぶ削ったけれど、サイト開いて良かったなぁ~と思う今日この頃なのでした。

試写会『クローサー』 
2005.05.20.Fri [ 映画
えー、試写会当たったので行ってきました。

■『クローサー』です。
直訳すると『もっと近くに』みたいな感じでしょうか。
元は舞台らしいです。曖昧なタイトルにしたかったそうで・・・誰も悪者ではなく、観客にいろいろ感じて欲しいそうです。

一言で言うと、男女4人の恋愛模様。くっついたり離れたりもう大変~!しかしそれが、コメディ系ではなく、「あああ、こういうのあるよなー。」というリアルで生々しいかんじの映画。

といっても、やはり恋愛観というかフィーリングが違うな・・・と思うのでぴったり共感はしなかったです。

だって、出だしで彼女いるからって誘いを断った男が腹いせに出会い系チャットで自分のふりをして卑猥な言葉で男を誘い出したその相手の男と付き合っちゃうんですよ!?
「昨日はあんなホットな会話を交わしたじゃないか。すぐホテル行こう」といきなり声をかけてくる怪しい人と付き合ってしまうその感覚がよくわからない・・・。
とりあえず、セックスが恋愛のアイデンティティそのもの。という感覚があると思うので、その辺はわからん~と思ったり。
良い悪いの問題ではなく、それを表に現すかどうかってとこで文化的違いを感じます。

しかし、好きな人に一方的に振られたときの女性の反応が万国共通なのか!?と思うほどナタリー・ポートマンの演技には胸を打たれました。
この映画、何が素晴らしいってナタリー・ポートマンが本当に素晴らしかった!!!!
レオンでの女の子役が印象深い彼女ですが、本当に素晴らしい女優さんになってしまいました・・・。

今回は、自由奔放ながら一途に男を愛する個性的な女性の役を見事にこなしています。
もう、お嬢様っぽいイメージが良い意味でガラガラ崩れました・・・。元ストリッパーという設定で、実際にそういうシーンもあるんですが、すごく色っぽくて思わず息を呑む!!
それでいて、『一途に愛する姿』『一瞬にして愛の冷める瞬間』は思わず共感してしまうほど自然・・・。
ナタリーのために見る価値はあるかもしれない、と思う映画でした。

他、ジュリア・ロバーツは文句なく綺麗でかっこよいです。ジュード・ロウは時々渡辺謙に似てるなぁと思いました。昔はもっと身の凍りそうな切れた美青年でしたが・・・今は謙さんのが良い男だ(きっぱり)


■それより実は言いたいことが・・・

松竹だったのですこの映画。
つまり、予告で劇場版Zガンダムをやったのです・・・

ぐっはあ!!テレビCMでは見てたけど・・・でもやっぱり迫力が違う!!!!

「戦うしかないじゃないか!!!」と叫ぶカミーユとか、二の腕剥き出しなクワトロ兄さまとか・・・うわ~っ見たいよー!!!!
この赤い人は本当に女心を弄びすぎですよ!!!

ああああ、どうせならこの試写会に行かせてくださいっ!!と思わず頼みそうになりました・・・・ごめんナタリー。


■その他・・・・
NARUTOの美しすぎる作画に感動したり、アスラン主人公のSEEDデスティニーコミックスを買ったり、からくりサーカス最新刊を買ったりしたのですが・・・
極限的に眠いのでもう寝ます。
あー、明日は金曜日だーvv

BLEACH+じゃパン+厳窟王 
2005.05.18.Wed [ アニメ雑感
■ブリーチ

れーんーじー!!!!!!
丸一話が過去話だった今回・・・。

見所は、いちいちルキアの言動に頬を染める恋次と、ルキアの恋次の体格差だと思います。

んもう、どうでもいいからあなたはルキア命でいなさいよ!!!
そこの主人公!!なんでこんな切ない片思い男を倒すんだー!?(完璧に言いがかりです)

ああ、でもそんな負かされて血だらけの姿も愛おしい・・。
どうしちゃったの私!?もしかして恋次に落ちた・・・??

→ED
東仙はもうちょっと見せ方があると思うので、単にスタッフが力尽きましたか?と思ったり。
ていうか、なぜ雛森に頬を染めるんだ修兵よぉ~!!
(修兵のcvは小西克幸です)
雛森が余りにアイドルだと「はいはい、女の子はちっこくって細っこくってちょっとどじっこがいいんですかー?」と思うひねくれた私。
いや、雛森に罪はないですがね。藍染隊長は色んな意味で恨みを買いそうだ・・・。
もっと乱菊さんをプリーズ!!


■ジャぱん

ついにフランスへ!!パリですよパリパリパリ。
パリと言えば『岩窟王』しか思い出せない今日この頃です。

ソフィが可愛くてドキドキしました。パリっ娘は名前を呼び捨てなのがいいですな!!
「カイ!」とか「リョウ!」とか。
諏訪原がけっこう目立っていたような・・・?
女神の手はほんとに気持ち悪くて大爆笑!!
普通に笑えるので癒されますね~v

ああでも、OPとEDが変わってしまったよー(泣)
「ホウキ雲」は聞く度にじわ~っとくる良い曲だったのに・・・。
そして、アフロ軍曹EDのあのノリも大好きだったのに・・・。
新OP・EDは、どうでもいいかんじです。


そして、新刊出てたので買ってきました!!
のだめカンタービレ 12
うおー!!千秋先輩(私の先輩ではないが)が、のだめとラブラブですよいつのまにか。
なんだろう、この寂寥感。心にぽっかりと穴が空いたような・・・。
千秋にはずっとのだめをいたぶってて欲しかったよね!!(こらこら)

画家の絵に夜中なのに腹筋が痛くなるほど笑いました。

そしてこれまた舞台がパリなのですよ~!!!
なんだか最近、フランス語を聞くだけで萌えられるんだ私・・・・。
マダムムッシューボンソワ。
そのうち弟にフランス語教本を借り、NHKのフランス語講座を見始めそうです。

つまり、急激に脳内を厳窟王に浸食されているということで。


■しつこいようですが厳窟王

レンタルだと借りられなくて悶えることがあるので、ShowTimeを利用しながら2話ずつとか見ています。

伯爵伯爵言ってますが・・・
純粋すぎて愚かしいアルベールは愛おしくてたまらないし、
そんなアルベールを見守るフランツは不憫すぎてこれまた愛おしい。
ユージェニーはじめ女の子もみんな可愛く、友人’Sやおやじー’Sも良いキャラばかり。


最初はあの色彩に目が眩みそうでしたが、慣れるともうそこがまた魅力的~。

純粋無垢な子供とそれを利用し踏みにじる大人の構図がたまらないですね!!ストーリ展開にも毎回ハラハラし通しです。
腐女子スキルがあると、さらに楽しめる一品だと思われます(笑)

リアルタイムで見たかったなーという気持ちもありますが、一週間こんなに身悶えていたら、悶死しそうなのである意味これで良かったのかもしれません。

▽Open more.
ワンピース+うえき+厳窟王 
2005.05.17.Tue [ アニメ雑感
■ワンピースアニメにて

ルッチが関智一!!??
クルッポークルッポー言うの!?
いやー、何で見逃したの私!!!!

ずっと「やってないなー。」と思っていたら、いつの間にか7時からだった罠・・・。

そういえば、ジャぱんのピエロも関智さんらしいですね。あらびっくり。


■コバセンの法則


「うえき・・・お前の正義はホンモノだった。」
「オレはただ・・・コバセンみたいになりたかっただけなんだ。」
「だからこれはオレの正義じゃない。コバセンの正義なんだ!!」

って、なんだこの愛情尊敬無限ループは!!!!!

正義正義って出てくる割に鼻につかないのは、彼らにとっての共通認識があるからでしょうね。



■とはいいつつ・・・

今ガンダムよりアクエリオンよりエウレカよりどつぼにはまっているアニメは
厳窟王です確実に。

雨の中を歩くアルベールに、
「そんな顔をしたあなたを置いていくわけにはいきません・・・」
って、私も譲治に・・・・じゃないや伯爵に言われたい~っ!!!!


おおっと、昼休みが終わってしまうので(何やってるんですかあなたは)ここらで。
慌ててるので見直せません。
エリマキトカゲって・・・ 
2005.05.16.Mon [ アニメ雑感
いましたよね昔・・・(年齢がばれますよ)。
ジムにて太ももの内側を鍛えるマシンがあったので「こりゃあ良い!!」と思ってやってみたところ、見事に普段使わない微妙なところが筋肉痛。

足が開き気味で歩いてます。
・・・・思い出してみました。エリマキトカゲ。


■エウレカ

なんというか、勢いが落ちついて一段落。
閑話休題。ゲッコー号にて人間関係・日常風景見てみましょう!!
というかんじでしょうか。
出来がいいのでつまらないということはないですが。

トイレットペーパーをいかに安く手に入れるかに奔走する傍ら、シルバーリングをねだる人もいる・・・。
ゲッコーステイトの財政事情がよくわかりません。
ホランド=ゲッコーステイト??それともタルホがねだったのはホランド個人に??

その辺よくわからなかった以外は面白かったです。
なんというか、ホランドへのときめきが止まらないね・・・!!!!

タルホさんは、おいおいと思いつつここまでやるならそれもいっか。と思うのですが・・・正直ホランドに結局愛されてんじゃねーかよう!!と思うと悔しいさ。(←大人気ない)
自分がイイ女だと知っている・でも好きな相手にはかわいらしい所は羨ましい。

うーん、早くあの囚人っぽい渋い人が再登場して欲しい。名前忘れましたが。
それにしても、LFOはスケボーというより断然スノボーですね。個人的に滑る系には血が滾ります。


■透明な旅路と

読了。
面白いとは思うのですが、他のあさの作品ほど心にがつんと残るものはなかったかな。と。

情景描写がすごいです。山の中の闇の手触りが伝わってくるような描写。

ちょっと不思議なお話ですが、『ホラー』というほどでもないですかね。


やっと一冊消化したと思ったら、ずっと前に予約していた『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』が今ごろ来ました。
こんなに本溜まってどうするんだ私・・・・。

ターンAは予約待ちがなさそうなので後に回そうかなぁ・・・。
そういえば、ターンAちょっと読んだのですが、アニメ全く見たことないので全然普通の小説ですね。
メカよりファンタジー色が強いイメージでした。
SEED系お返事。 
2005.05.16.Mon [ アニメ雑感
『シャワーシーンはタリアさんだ』という怒濤のご指摘をいただきましたので追記しました。
私にはそう見えたということでそのままにしようかと思ったのですが・・・実際見てない方やこれから見ようとしている方に誤解させては申し訳ないですものね。

何度リピートしてもカガリ以外に浮かばなかったのですが、言われてみると確かにタリアさんでした!!
それならば、あの胸も妙に色っぽい動作も頷けます。

いやあ、しかし間違えるとこんなに指摘がくるってことは・・・普段はそんなにあからさまにつっこまれるところはないんでしょうか?
全然不快ではないので、誤りは指摘していただいてとてもありがたいです。


>アスランにコメントくれた方
怖いですね~白けますね~(泣)
早く自分の道を見つけて欲しいですアスラン。


>ディアッカについて

ディアッカは恋愛に関して、昔気質というかけっこう古風な気がします(苦笑) それに若さが相まって「好きな女の子は背中で守りたい」とか思いそうなイメージ!!(とっても個人的ですが)

一方ミリイは、恋人を戦闘で亡くすという体験を経て、「自分には何ができるのか?」を考える自立した女の子だと思うのです。
そのへんが、例え両思いでも微妙~にすれ違いそうですよね。

・・・って、思い切り妄想に走っていて、これで小説一本書けそうですねー(笑)

透明な旅路と 
2005.05.16.Mon [ 小説
■透明な旅路と

読了。
面白いとは思うのですが、他のあさの作品ほど心にがつんと残るものはなかったかな。と。

情景描写がすごいです。山の中の闇の手触りが伝わってくるような描写。

ちょっと不思議なお話ですが、『ホラー』というほどでもないですかね。


やっと一冊消化したと思ったら、ずっと前に予約していた『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』が今ごろ来ました。
こんなに本溜まってどうするんだ私・・・・。

ターンAは予約待ちがなさそうなので後に回そうかなぁ・・・。
そういえば、ターンAちょっと読んだのですが、アニメ全く見たことないので全然普通の小説ですね。
メカよりファンタジー色が強いイメージでした。
創世のアクエリオン 第6話 
2005.05.15.Sun [ 創世のアクエリオン
相変わらず・・・というよりむしろ、回を追うごとにイロモノ度が増しております。
私はどんびきを通り越して既に楽しんでますが。

この登場人物の言動を全て笑いに還元する感触・・・何かに似ていると思ったらマイネリーベですね!!
特にシリウス兄様は、オルフェとルーイを足して2で割ったかのように、美と笑いと電波を一手に担っていて面白いです。

イイ役ですね杉田智和!!
フランシスのためにやっぱりアンジェリークエトワールやりたくなったよ杉田智和!!

細かく笑いが練り込まれていてこだわりを感じました。
シリウスと麗花はいるだけでおかしい。
不動指令もおかしい。
もしかして一番まともなのはピエール!?
シルヴィアは合体にて声だけでなく顔もいっちゃってました。(ベルばら風)
無限拳っておいっ!!(笑)

堕天翅サイドは一応まともさを保ってます。
きゃートーマ出てきたよトーマ!!
「また太陽の翼のことを考えていたのですか?」
「君のことを思っていた・・・」
「嘘ばっかり」
女の勘は鋭いのです。
1万2千年も昔の男の婚約者のことを今も考えてるなんて!!むきーっなのです。
しかし、ここでオトハの顎を掴み妖精さんを食べさせる・・・そんなうっとり色仕掛けでうやむやにするとは
やはりトーマの方が一枚上手でした。

ちょっとここでまともな考察を入れますと、
アポロニアスが『太陽』なのに対しトーマは『月』そのもの。
追いつ追われつ、つかず離れずではあるけれども、決して同じ世界にはいられない共存できない存在。
しかし、月は太陽の光を受けて輝くモノ・・・どうしたってその存在に惹かれずにはいられない。
いやーん、素敵vv
(↑いつのまにかまともな考察からズレてますよ)

ケルビム兵に与えた『麗しき月の力』・・・このケルビム兵の背後には常に月がある。そして、『時空を超えて届かせる』って・・・アポロの心の矢がトーマのハートを射抜いちゃうのかと思ってドキドキしました(笑)

・・・でもまぁ、ある意味届いてましたね。月面パンチが。こんな描写、確かに最近のアニメで見ないよね。と感心しました。
しっかりオチもついてて、笑っちゃうんですなやっぱり。

アクエリオンは笑えるかどうかがポイントなアニメだと思うのですが、どうもこのノリでずっと引っ張っていきながら後半でがらりとシリアスになりそうな気もします。

色んな意味で続きが楽しみだわ~。
待て。しかして希望せよ。 
2005.05.15.Sun [ 日々の徒然。
■TSUTAYAに行ったものの

厳窟王がなかったため、危うくマイネリーベを借りそうになりました。
ちょうど1巻なかったのでやめましたが。

厳窟王は耽美だなぁ・・・と思いますが、マイネリーベは耽美を夢想してますからね・・・。

>伯爵の魅力にメロメロな方へ
私もついアルベールと一緒になってメロメロしてます。
伯爵にすがりつくアルに腐女子としては萌えるべきなのにむしろ嫉妬の炎を燃やしたりしてます(笑)


■昨日は

またもや温泉に行って、午後は違う子とジムに行ってました。
それ、汗流す順番違うよね・・・

とりあえず、無駄なあがきの結果今日筋肉痛になっただけましでしょうか・・・
これが、2・3日経ってから出るようになったらやばいっす。


■デザートラブ
一生懸命花屋さんをおとそうとしてたのに、特別仕様版じゃないと駄目だって気付くのにしばらくかかりました・・・・・・・・。
うわー、それじゃ一条さんおとしたときにオフィスラブの波にのって感想書けば良かったよー!!!!

半額以下で買ったので文句は言えません。
時間できたら煩悩にまみれた感想を書きたいと思います。
システムは何の変哲もないゲームですので。


■ガンダム
感想アップして、他サイト見て気付いたんですが・・・
どうやら私がカガリのシャワーシーンだと思ったのはタリアさんなんでしょうか?
どちらにせよ無意味なシーンですが。

いやあ、どうりでカガリにしては胸がでかすぎると思いましたよ!!(笑顔)


ボンソワ!! 
2005.05.13.Fri [ アニメ雑感
■今更ですが、厳窟王面白いですねv

ちょっと見始めたら止まらない。
おかげでゲームが進まない。

なんなのーあの中田譲治!!!
ヘッドフォンで見て(聞いて)いると死にそうになりました・・・。

かなり昼メロな展開・・・。
フランツの片思いっぷりには和希(←学園ヘヴン)に似通ったものを感じます。


■NARUTO

基本的にこのアニメ、やおい萌えしないのですが・・・。

本誌で読んでいたときは、サスケは果たしてとどめを刺すのか!?(刺したら終わっちゃいますが)でドキドキしていたのに、
アニメではサスケはこの後チューしてから去ったのか!?が気になりました。

・・・・近づきすぎ!!

前半回想だけであれだけひっぱるのもすごいですね。
どうせなら、闇に向かって進んでいくサスケをもっと丁寧に描いて欲しかったなーと。
原作のあの場面はぞくっとしました。



■また本が来ちゃったよ・・・

図書館で予約した本が来てしまって、「今、読む本いっぱいなのに。」と損した気分。すっごく読みたかったやつですが。

一冊目はこれ。
『透明な旅路と』

あさのあつこ著。
バッテリーは文庫にもなって最近よく本屋でみかけますね。私はバッテリーから入ったんですが、もうこの方の話には夢中です!!
ついでにNo.6 #1も大好き!!
心を射抜かれるような、言葉の数々。魅力的なキャラクター。
児童書だから読みやすいうえ、児童書だからといって侮れません。

この本は、初のモダン・ミステリーということで楽しみです。ちょっと立ち読みしたところ、さすが!!と唸るような印象的な冒頭でした。


『ブルータワー』

どんな話か知らないのですが、とりあえず石田衣良なので借りてみました。
ウエストゲートパークは、ドラマ見てないのですが友人が「面白いよ!」と貸してくれたら確かに面白かった。
一気に既刊著書読んで熱は冷めたのですが、一応読もうと思う作家さん。


鼻から牛乳~♪ 
2005.05.12.Thu [ アニメ雑感
・・・ではなく、鼻から勢いよくお茶を吹き出しました。
いやあ、普段出るはずもないところから液体が逆流すると、ものすっごい痛いものですね。

改革は痛みを伴う・・・そんな、『あんたは爪のかけらほども痛み感じてないでしょ』という思いと共に葬り去った言葉が思わず脳裏に浮かびました・・・・。

会社でなく家だったことが救いです。
下がカーペットでなくフローリングだったのが救いです。
拭いてるときとても虚しかったですが。

ちなみに、思わず吹き出すほど面白いことがあったわけでは決してなく、ただ単にむせただけです。


■そして今日は・・・
仕事帰りに友達とご飯食べに行ってオタク話に花を咲かせました。

どうやら先週アクエリオンを見たらしく、「話はわかんないけど、音楽はいい!!」と言われて嬉しかった・・・vvOPをMDにおとして渡すことを固く約束。
そして来週はカラオケに行こうということになりました。おっしゃ、歌うぞー!!

そして何も言ってないのに、PS2「聖闘士聖矢」の話を持ち出されました。・・・いや、あなたゲーマーじゃないじゃん!!なんのハードも持ってないじゃん!!
しかし彼女は、どうやら感想サイトをめぐっているらしく、「神奈さんは、なかなか役にはまってきて上達してた・・・って書いてあったけど、もとから上手いよねぇ!?」とご立腹でした。
そうですね、私も大好きですよガッツ。確か、弟子がマザコンな報われない師匠ですよね。
そして続く言葉が、
「私はねぇ・・・やっぱり年中組が好き!!」
「え、それって中堅組ですか?(『空気の底』様的知識)」
「いやだから、年中組だって!!」
「(年中って・・・幼稚園!?)誰が入るの?そのカテゴリー」
「えっと、デスマスクとか・・・アフロディーテとか・・・そのへん。」
「(曖昧だなぁ・・・ていうかデスマスクか言いたいのは)じゃあ、なんか面白いサイト見つけたら教えて!!」
「ラジャ!」
早く彼女の知ってる聖矢サイトさまが知りたい今日この頃です。
というか、そろそろ私はOVAを見ないと彼女についていけないんじゃ・・・。

■ジャぱん

見ました。
パロっていうよりガン○ムそのものなのでそこは笑いどころじゃないよね・・・。セーラームーンまで一緒になっていたのにしばらく気づかなかったし。
でも、あっさり騙されて男泣き・パン食べただけで真相がわかって男泣き・ついでに退職するときに部屋に落書きをしていくピュア(?)な黒い三連星のおっさん達は可愛いなぁ・・・vvと思いました。

ケロロ軍曹しばらく見てないなぁ・・・と思い出していたら、上記の友人に怒られました。
「先週すごい面白かったのにー!!」
と。
左手は添えるだけ→左手は添えさせん!!→でも、添えるだけでいいから、左手いらないんだよね・・・
っていう展開だったらしいですね!
・・・聞いただけで爆笑。
いやあ、やっぱりパロねたはケロロに敵うものなし。ですね。
ひまわりの祝祭 
2005.05.12.Thu [ 小説
ひまわりの祝祭

昨日は弟が仕事休みだったらしく一緒に飲みに行ったのですが、帰ってお風呂入って本読んでたら何時の間にか爆睡してました・・・。

電気もつけっぱなしって・・・そんなの参考書読んでる時以来だ。

おかげで朝起きるのは早かったので、ついでに本読み終えて感想も書いちゃいましたvv

『ひまわりの祝祭』・・・・面白かったー!!んもう、原田さん萌えで!!! (比較的)まともな感想は上のリンクからどうぞ(笑)

この原田さんがねぇ・・・本物のゲイなんですが、物腰柔らか・ですます調・IQ170の切れる男・格闘する姿も優美・・・とほんっとに素敵なんですよ~vv
惚・れ・た!!!

話のなかで、怪しい描写とかは全くないのでその点はご安心ください。なんですが・・・・なにげない動作にやられます。
私が好きなのは、主人公が原田に「意外と子供っぽい面がありますね。」と言われて、火のついたタバコを原田の水玉のネクタイに押し付ける・・・というところ!!原田が相手だとエロい~~(笑)
その割りに、主人公に対して
「私は性的な趣味は偏っていますが、それとは無関係に好意をいだくことももちろんあるんですよ。」
と、かっきり『友情』な厚意を抱くのも良い。
こんな普通のハードボイルドミステリで本当にBLやられると退きますから!

それでいて、主眼なのは『夫婦愛』なので、その辺りじーんときます。
藤原伊織は今のところ全く外れがないので残りの読んでないのも読みたいです・・・。最近新刊出してなさそうですが。

踊った後は・・・ 
2005.05.11.Wed [ アニメ雑感
ビールが美味い!!(こらこら)
やせようと思って運動を始めたら、なんだかその後のご飯とお酒がおいしくて気づいたら太っていた。
そんな体験、ありませんか・・・?
私はあります。

それにしても、なんで医療系の方ってあんなに肌ピカピカで若々しくてタフなんでしょう?
だって、夜勤とかもあってめっちゃ生活不規則なはずなのに・・・。
「これから夜勤なのー♪」って言いながら踊りまくり、「夜勤明けで30分しか寝てないのv」と言いながら元気ハツラツ。
そんな彼女達が私より年上とは・・・すごい!!
まぁ、夜中にネットやらゲームやらをしている私は不健全に決まってますが。


■デザートラブ
デフォルトヒーローな上司を攻略。
いやあ、いいっすね!!オフィスラブ!!!
縁のない世界なので思い切り楽しみました。
また、優遇されていて細かくツボをついてくる上手いシナリオなんですよねv
あの声にときめいた自分が悔しい・・・。

残るは花屋さんですが・・・この人、普通に攻略できるの?ていうかHシーンはあるの!?(正直者)
なんでだか、声が萌えないのです。井上さんですが。

■ブリーチ
理不尽でも「お前のせいでルキアが・・・っ」と言わずにいられないほどルキア一途な恋次萌え。
あれだけ押しててそりゃないよ!!と完璧に恋次目線で見てました私。

へたれでもいい・・・逞しく生きて欲しい。

なんつーか、恋次のアイデンティティってルキアですよね。うっかり百哉兄様の副長だってことを忘れそうになります。

浦原の解説を聞いていて、上記『デザートラブ』の花屋さんは三木眞が良かったなぁと思いました。(関係ないし)
ちょっと軽めで、口調もおふざけ気味。だが、実は裏があって真剣になると怖い。そんな男をやると天下一品です三木眞一郎。

ED→だからネタバレだって!!!・・・っていうのは置いておいて、ちょっとお笑い系?
だんだんあっさりしてきましたねぇ(笑)
涙をこらえる砕蜂は良いカットでした。ゴチ。

ボトルキープって・・・ 
2005.05.09.Mon [ アニメ雑感
女五人でする所業じゃないですよ、あなた達。
(しかも、そのうち一人は飲めない人で)
焼酎とかではなくウイスキーですよちなみに。
その前に、ワインも一本空けてましたよ。

いやあ、怖いですねぇ・・・いい年頃の女が集まって。

お酒が残る体質じゃないのだけが救いです。
寝て起きると普通の朝。


■そんなブルーマンデー

あっさり早く帰れた私。何をしたかと言えば、『うえきの法則』を見ました。
・・・・・・。

だって、『コバセンが萌える』って目にしてしまったんだもの!!
コバセンってあの、眼鏡と無精髭の人でしょ?見なきゃ!!

あと、友人に「先週は石田さんいた?」と聞いたら「いたよ!とりあえず出てくるまで見なよ。」と言われました。そっか、そうなのか・・・。

で、見てみました。

結果。
なんじゃぁこりゃ~!!!!
うわあ。びっくりした。すごい回に当たっちゃった!!

ビルの上から飄々とした様子でうえきの戦いを見守るコバセン。(しかも口元がエロい
一方ビルどころじゃない高さの空中からまっさかさま!このままでは確実に死んでしまう大ピンチなうえき。
しかし、ここでうえきを助けたらコバセンはルール違反で地獄に落ちてしまう。
こりゃうえきは自力で助かるのかー?と思った瞬間・・・。

両腕でしっかりとうえきを受け止めるコバセン!!

・・・・くぅっ!!お前ってやつは~・・・!!熱い!!熱すぎる!!!

このとき私は冗談じゃなくかぁっと体が熱くなるのを感じました。(いや、Hな意味じゃないっすよ!)
なんつーかこう、そう!!カプサイシンを一気に摂取したかんじ!!
いやほんと、毛穴からなんか出て、体温一度くらい上昇してたってば!!!
燃え滾ってるのよ身体がぁ~~!!!(←ほんと危険人物)
まさか萌えでダイエットができる時代がくるとは・・・。
みなさん、時代はコバセンダイエットですよ!!(無理)

しかもうえきとの最初の出会いとシンクロさせてるというのも良いですね。
森あいが、この感動の場面の後であっさりコバセンをなかったことにしようとしたときにはブラウン管を越えて奥歯ガタガタ言わそうかと思いましたが。

この回がたまたま大興奮だったのだと思うのですが、まだコバセンが出そう&ふと気づくとまだ石田彰に会っていない(焦らしプレイですか?)ので、来週は見ると思います。

いや、この回見れてほんと良かった!!!ありがとうございますー!!!


■エウレカ

宣言どおり、ほんとにずっとパンツ一丁で過ごしているホランドに惚れ惚れしました。


■ロマサガのボイス

正直言って「街の人に声はいらない」「イベント時にとばせないのは辛い」とは思うんですが・・・

千葉一伸のグレイが「グレイだ・・・」と仲間に自己紹介するたびに悶えまくっている私としては、それだけのために予約までして買ってよかったぜ。と大満足中です。

千葉一伸好きな皆さん(そんな誰か見てるのでしょうかこの日記)・・・素晴らしい、私が出会ってきたなかでも最高な一伸さんがここにいますよ・・・vv

私は幸せさ。それだけが言いたかった。


あと、どう聞いてもラファエルがほっしーなんですが。なぜ!?
同じ脇役なら、ナイトハルト様をもっと渋くて良い声にして欲しかったの・・・。
ナイトハルトと聞くとミュラー@銀英伝しか思い浮かばない(←大好き)から・・・では決してありませんよ!!
人気あると思うんですがねぇ・・・ナイトハルト。

SEED系お返事。 
2005.05.09.Mon [ アニメ雑感
>Sさま。
いつもお世話になります。
お忙しい中、コンテンツまで見て下さってありがとうございました。
嬉しくて言葉がでなかったのは久しぶりです。


>Tさま(でいいのでしょうか?)
初めまして。心眼ですか(笑)
楽しんでいただければ幸いです。


>Rさま
カガリはナチュラルです、確か。
あの辺り曖昧でわからないんですが、おそらくそのまま生まれればナチュラルの双子だったところを受精卵状態で取り出され、遺伝子操作を加えられたうえ人工子宮に入れられたのがキラではないかと。

私はほとんど、アニメ本編からしか情報を得ていないので『実はこういう設定です』と言われても「はぁ・・・そうですか」というしかない状態です。
作品本編以外で補完されてもね・・・(ふっ)

あ、でも知らない情報聞くのは面白いです!!知らないより知ってるほうがいい(笑)
ディアッカの父親は研究畑の人間なんですか!?
うわーうわー、出てきて欲しいなvv

ジブリール・・・確かに感想書いてて、あまり出てこない文字列ですね(←ひどい言いぐさだ)
悪役にすらなりきれていない薄さです・・・。


ハリウッド版Shall we danceが・・・ 
2005.05.08.Sun [ 創世のアクエリオン
元で、日本版がリメイクだと思っていた喫茶店で隣に座ってた男の子にショックを受けました。

そんな馬鹿な!!??
でも、彼はきっとそのころ小学生だったのでしょう・・・。
ちゃんと訂正したうえ、ハリウッド版の主役はリチャード・ギアだと思い出してくれた連れの男の子に拍手。
ふぅ、口出したくてうずうずしちゃったぜ。

喫茶店に一人で行って、本読みながら周りの人間ドラマをつい聞くのがけっこう好きです。(全然ついじゃないよ)


■アクエリオン 第五話『地下迷宮の王』

すっごい期待してたのに、トーマが出てこなかったさ。
アポロ→バロンでした。

シリウスのキモさが笑いのつぼにはまります。
「悠久の時を経て尚、その輝きを失わないローマコイン。コインチョコと間違えた代償は大きいと思い給え。」
って!!(爆笑)
美しさに重きを置くこの人を見ると張コウ(三國無双)を思い出します・・・。
あと、罠にはまりまくり
「私と一緒にいると不幸になるわよ・・・」
という麗花に、
「誰かと一緒にいれば、不幸も半分になる」
「でも僕はいつまでも、君と不幸を分かち合いたいと思うよ」
と、キモく笑うシリウスですが・・・麗花と一緒にいたのは単なる罠除けのためだったのには笑った。


■ロマサガ

最近ちょっとゲームできていないんですが・・・。
はっきりいってプレイ日記つければ良かったと後悔するほど面白い。
ややこしいと思ったシステムも、やりこまない人はノータッチでいいのだと気付くと楽。
戦闘も、難しいというよりもむしろ運。
勝てない~と苦しんだ相手に、閃いた技ひとつで勝ってしまうこともあります。
期待しまくっててがっくりきたことはよくありますが、期待しないで面白かったのは久々。

ジルオールが面白かった人はきっと面白いと思います。
相当長くやりこめるゲームだと思いました。


■今日はこれから

中学校の同級生達と遊んできます。
そのまま飲みでしょう。
明日仕事なのに恐ろしい・・・。

GETしたブツ達 
2005.05.07.Sat [ 小説
■ここ最近でGETしたブツ達。

ひまわりの祝祭
藤原伊織は、ベタながら乱歩賞&直木賞W受賞のテロリストのパラソルから入りました。ミステリーというよりハードボイルド?ハードボイルド色の強いミステリ・・・?どちらでしょう。
とりあえず近年のエンタテインメント小説はミステリの範囲に収まらないが敢えて言えばミステリ。というジャンルが一番面白いように思います。
なんというか、主人公がいいかんじに男くさい。けど子供っぽい。登場人物が魅力的で、地文は平易なのに綺麗。会話が洒脱。
次に読んだのは雪が降るという短編集なのですが、こちらもそんな筆者の良さが存分に発揮されていて面白い。
雰囲気があって、個人的に女性にはこちらのがオススメ!!

『ひまわりの祝祭』は、ずっと見当たらなかったのですがたまたま見つけたのでGET!!
ちらっと読んでもう引き込まれてます。


女王陛下の薔薇 1~4
三浦真奈美著。
当時気になっていたうえ、古本屋で一冊95円だったので思わず買ってしまいました。
かわいそうに・・・私がしっかり読むので成仏してくれい!!
余談ですが、私はその古本屋で『デザートラブ』を購入したのですが・・・そのときは確かになかった『星の王女3』が増えてましたよ!!!!
さすがにこれ以上ゲームが増えても困るので買いませんが・・・・。
誰ですか、18禁乙女ゲームを買っては売っているあなた!!(同一人物と信じて疑わない)・・・ぜひお友達に(笑)

月に繭地には果実
図書館にて借りました。
期限があるから、これを先に読まなきゃ・・・。
福井晴敏の、ターンAガンダム小説版。
設定だけ同じでほとんどオリジナルらしいです。
ずっと読みたかったんですが、いざ手元にくると長そうで読むのに勇気が要ります。

■QED鬼の城伝説

読了。
うーん、地元住民としてはとても面白かったですが、客観的に見てどうなのかよくわかりません。
元々、日本の歴史文学とか好きでないと面白くないだろうなぁ~というシリーズですが。
とにかく、読み方を間違えて覚えていた地名などあって恥ずかしながら勉強になりました(笑)

なんて言いながら、この間仕事で古墳の近くにいて「この辺りに埴輪見られる博物館あるって聞いたんですが・・・」って尋ねられて完璧に固まりましたが。
ごめんなさい、カメラ持ってますが観光客でもなんでもないんです。全く知りません。
くうっ、観光に来てくださった貴重な方のお役に立てなかった・・・(がっくり)


■ところでガンダムは・・・

すごく嬉しい展開だった!!
思い切り楽しみました・・・vv
池田さんで良かったと初めて思った議長でした。
世界の始まりの日 
2005.05.07.Sat [ 創世のアクエリオン
『生命の樹の下で、くじら達の声の遠い残響を二人で聞いた・・・。』

・・・って、「剣聖のアクエリオン」のオープニングなんですが。
もう、頭の中をエンドレスリピートです。
ちゃりんこに乗っているとつい口ずさむので危険です。
(すれ違うときけっこう聞こえると思う。)

歌詞をまんま書くと法に触れるので難しいですね・・・。
微妙にニュアンス伝わるようにチャレンジ。

サビが印象に残るこの曲ですが、全部いいですよ。かなり好き。

出だしが上記の歌詞なわけなんですが、まさにつかみはオッケイ。静かに始まっておいてうわぁくるぞくるぞ!というとこでドンと盛り上がって『どこに彷徨い行くの?』で、メインメロディにつながるのですよ!!ぐわぁ、鳥肌もの。

んで、メインの歌詞がまた思わず考え込む深さ。
『答えが潜む琥珀の太陽』ってアポロニアスですよねどう考えても。
それに『出会わなければ殺戮の天使でいられたのに』って、やっぱりトーマに思える。堕天シ族だもんなー。
それが、『この(愛しているという)気持ちを知るために生まれてきた』って・・・!!

いやー切ないー!!(大喜びですか・・・)

そして例のサビで否が応にも盛り上がったところを、
『君と出会ったその日から、僕の地獄に音楽は絶えない』で締める・・・・この完璧な構成、最高っす!!!

菅野さん大好きv

なんかもうね。君と出会って『愛』というものを知ってそれは例えようもなく甘美ではあるんだけれども、それと同時に永劫の苦しみも始まってしまっているという。
そのどうしようもなさが『僕の地獄に音楽は絶えない』というフレーズに凝縮されていて、たまらなく悶える!!!うおー!!!


こんなに歌と設定で萌えて、本編で萌えられなかったらどうしましょうかね・・・?(笑)

とりあえず私は、自分が森川智之大好きだということをそろそろ認めた方がいいと思いました・・・(認めてなかったのか)

Shall we dance? 
2005.05.07.Sat [ 映画
帰宅したらちょうど10時くらいで、ちょっと見るつもりがテレビから離れられなくなりました。

やっぱり何度見ても面白い。何度みても同じところで笑って感動する。

しかし自分も変化しているんですねきっと。今回、夫婦を娘が庭へ連れ出して手を握らせ、二人がぎこちなく踊りだすところでほろっと泣いてしまいました。(最近ほんと涙腺ゆるいです。一日一泣きだよこれじゃ。)

最初見たときは、そんなにぐっとくるとこじゃなかったはずなんですが・・・って当たり前か。この映画10年近く前ですよねたぶん。確か高校生だった覚えが。

そんなに時間が経ったんだなーと感慨深いとともに、10年たっても色あせない脚本・演技の素晴らしさには感動しました。


■で、ハリウッド版。

みーたーいー!!!!

インファナル・アフェアといい、最近は地上波をかぶせてくるのずるいっす!!
すごく見たくなるじゃないですか・・・。

正直、今回もう一度見ていて日本版には敵うまいと思うものの、なんといってもリチャード・ギアですよ!!

ギアといえば『シカゴ』で披露した、歌って踊れるお茶目なおじさまの役が忘れられません。

なんで向こうの人ってあんな歌上手いの~!ダンスが色気ムンムンなの~!?

しかも、映画館に行くといる等身大リチャード・ギア・・・・あの腰沈めてきゅっとひねった状態を後ろからみたくて仕方ないってば!!(かといってホントに後ろにまわっても何もありませんよ。紙ですよ)

見たいけどなー。行く暇あるかな・・・。


■おすすめダンス映画。

・・・をついでに少々。
自分が踊るの大好きなので。
わかりますよあの、ホームやら信号待ちで思わずステップ踏む気持ち。

上でもちょっと触れました『シカゴ』。ちょっと前にアカデミー賞で話題になってたミュージカル映画です。
レニー・ゼルウィガ-がブリジット・ジョーンズと同一人物とは思えないスタイルで登場。ダンスでスターを目指していた彼女は騙された男を射殺してしまって留置所へ。
そして、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるダンススターがこれまた妹殺しで留置所にいるわけです。
そこへやってくるヤリ手の弁護士がリチャード・ギア。
ストーリー自体も基本がサクセス・ストーリーながらエゴと駆け引き満載でいかにもアメリカなドキドキ感有り。
そこへ歌と踊りが、時にコミカルに、時に官能的に入り込んで、ミュージカルの面白さが存分に盛り込まれています。
ミュージカル嫌いじゃなければオススメです。



で、もうひとつ。
ほんとにほんとに大好きな映画が『リトル・ダンサー』
何度見ても号泣。公式サイト行っただけでじわりとくる。

11歳の少年ビリーは、ボクシングの練習に通っていたところ、同じフロアで練習しているクラシックバレエに飛び入り参加し、興味を持つ。

踊ることの喜びと解放感に夢中になるビリー。彼の生活はすべてダンスが中心となり、お風呂に入るときも学校へ行くときもステップを踏むようになる。
しかし、父にそれが見つかりビリーはバレエをやめるよに言われ・・・。

とにかく、ビリーの心をそのまま表すようなダンスが素晴らしい!!
見ているだけでこちらもウキウキしたり、切なくなったり。

そして、もうひとつの見所が家族の絆。
詳しくは言えませんが、頑固親父そのものの父親がビリーの夢のために動くところは何度見ても泣ける!!

ラストにアダム・クーパーも出てきます。

隠れた(でもないのかな?)名作。
これは特にダンス好きとかではなくても、心からお薦めします。
アニメ雑感 
2005.05.05.Thu [ アニメ雑感
GWってすごい・・・普段、寺と神社と古墳とまばらな人しか見かけない地域に家族連れが溢れていることに驚愕しました、水瀬 涼です。

三連休というか、内勤・外勤・内勤の三連戦だったのですが、基本デスクワークなので正直昨日は一日外というだけで嬉しかったです。(太陽がまぶしいっ!!)

たまたま調査地が観光地・名所に近い地域だったので、そりゃもう自然が素晴らしく綺麗で!!
一面のシロツメクサやれんげ畑に懐かしくなったり、山に鮮やかな紫のヤマフジに見ほれたり、ふっさふさのわっさわさに黄色いミモザを見て感動したり。(ミモザなんてサラダしか知らなかったよ・・・)
お天気も良くて、これで渋滞さえしてなければ仕事ということすら忘れるほど楽しかっただろうなぁ、と思います。

GWに遊びに行くって、ほんとに気合なんですね!!
全国の家族奉仕・恋人奉仕した皆さん、お疲れ様です。
楽しまれた皆さん、良かったですね!!

でも私はもしかして、仕事でなくてもGWに遊びに出たくないかもしれません・・・・。


■さて、そういうわけで。

仕事が忙しくなると、ゲームをやる時間は減るものの、たまっていくアニメは脅迫観念にかられたように見る。ネットの日参サイト様は死にそうに眠くてもとりあえずクリックしてしまう毎日です。

というわけで、以下アニメ一言雑感。

■とりあえずエウレカ。

ご指摘いただいたのでまとめますと・・・
GyaOでは、無料で1話・2話のみ視聴可能。
ShowTimeでは、月会費は必要ですが、1話・2話は当面の間視聴無料、3話以降は放送後一週間の間視聴無料ということです。

どちらも、個人情報の登録が必要。
このへんの兼ね合いは各自のご判断でどうぞ。
こういうのもあるよーという単なる紹介ですので。

もちろん、見たよ~!つか、そんなこと言われんでも見てるよ~!!というご報告いただけたら嬉しいですv


■ブリーチ

基本的に一護って人間界にいたときの方が好きなので、一護vs恋次だと恋次を応援してしまいます。

よりルキアへの想いの深いほう、というと恋次だと思ってしまうし。

でもまぁ「5分の1の力しか出してなかった」とか言い出したら負けでしょう(笑)
ということで。
がんばれがんばって欲しい恋次!!

『何倍』ってそれ、ドラゴンボールですか!?というつっこみを吸収するかのような次回予告はけっこう笑いましたv

えっと、ブリーチ漫画について一言。

私が人間界編近辺しか単行本で持っていないからかもしれませんが、正直ソウルソサエティ行く前のそれぞれキャラ立っていて生き生きしている時のほうが漫画では断然好き。勢いがすごかった。
「兄貴っての後に生まれる奴守るために先に生まれる」とか、「ひとつのものをまもる。一護」っていう一護は熱かったし、変な絵を書いて大ボケかますルキアは可愛かった。

しかし、すっかり買うのをやめたソウルソサエティ編。
死神さん達とEDの魅力でここまで(個人的に)盛り上がれようとは!!!!

ありがたく感謝しつつ私はブリーチアニメを楽しみにしております。

EDはやっぱちょっと薄いですね。
卯の花さんの髪型がリアルに怖かったのと、花ちゃんがいいようにアクセントに使われているのが印象的(笑)
副長さんたちはよくわかりません。

毎週変わるのは楽しみですが、これからどんどん大変ですね。どんどん話も進めていかないと!!


■ジャぱん

あの河内のぼうず私もこねくりまわしてみたくて仕方ないね!!!!

んもう、だから可愛すぎですよあなた達!!!

ジャぱんは私の中で無条件に楽しめる癒しの存在です・・・。キャラ萌え?・・・してるねほぼ全員に!!

冠くんの声質もやっぱり好き。
ほんとにデビューしたてだそうな若いお嬢さんだったんですが、すごいですねー!

とりあえずモナコカップはものすごいイロモノだった覚えがおぼろながらあるのでその辺怖かったり楽しみだったり。


■NARUTO

(そんな回じゃないのに)爆笑!!

動きがすごくて圧倒される回だったのですが、(いちおう)美少年なはずのサスケの顔をここまで崩すとは・・・。

グッジョブ(笑顔)!!

サスケはこの後そうっとうラストまで敵方であると思われるので、この決別の場面を『静→動』でがっつり見せてきたのにあっさりはまってあっという間に30分経ってました。

ナルトの不死身さとか、むしろホラーですよね。
すっごい怖かったもの。サスケじゃなくてもおびえるよあれ!!
漫画ってこんなでしたっけ??

次回予告見ると、あと2回くらいで1部終わりそう。
展開知ってるのに思わず夢中で見てしまいます。


■アイシールド21

普通に楽しんでます。試合がテンポいいから?30分が短く感じる。

かといってキャラ萌えはないかな・・・。
ジャンプ読んでたときと同じく、ときめくのは栗田さんくらいです。
あの弾力に跳ね返されたい!!と思った。


■アクエリオン

主題歌購入(笑)

あーでもまだ一回しか聞いてない!!

しかしそこで判明したことが一点。
『○万年と2千年前から愛してる~』
はてっきりシルヴィア→アポロニアスだと思っていたのですが、
一人称『僕』その他歌詞の流れからトーマ→アポロニアスな気がしてきましたよこの歌!!

ふっ、引き裂かれた運命の恋人同士が1万年の時空を超えていまや敵同士ですか・・・

いいじゃなーい!!

俄然そういう眼で見て楽しむよ私は!!


■MONSTER

結局見てるじゃん・・・。(でも半分きれてたよ野球のおかげで)
私が見る回は『人情話』なことが多いのでじーんときます。
これ、風景が空気を感じるようなまったくもってドイツですね。(変な日本語だ)
『うわードイツだ!』と思う丁寧な描写に感動しました。空が湖が夕日が綺麗ですホント!!

■ついでに・・・

実は日記で書いててレジェンズ最終回が見たくなって、よりにもよって朝時間があまった時に見てみたり。

くそう、お化粧落ちないようにそっとティッシュで抑えるのが大変だったじゃないか!!!

一回見たのに、じわっときたら止まらなくて最後別れできっちりそれぞれじわじわきて、最後「シロンーー!!!」で号泣。

いやほんと、眼赤くしてる場合じゃないから(真剣に)

今やってるゲームの花屋さんの百倍は萌えるなぁ・・・とティッシュをとりながらとしみじみ思った井上さんでした。




最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。