ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年11月の記事一覧
≪10month
This 2006.11 Month All
12month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごーん。 
2006.11.30.Thu [ 日々の徒然。
ついに、記憶を失って起きたら朝だった・・・ので朝ネサフしてみる。

昨日はでも、天ぷら食べに連れてってもらって美味しかったです。
しかしその後スナックにも連れて行かれて思わぬ方に会い「あーどんな関係なんだろうなこの女性」と思わざるを得なかったので微妙な空気。
地方って世界が狭くてやーね。

そしてひとつ叫ばせていただけば、

道路工事多すぎ!!!!

で萎えます。何でもないところで渋滞。年末ってかんじですねー。

愚痴ばかりですみません。

じゃあ明るい話題をヾ(〃^∇^)ノ

HEY×3に水樹奈々ちゃんが!!←見たのよ丁度。
すごいフラメンコぽい振り付けと衣装で気になった。
赤だけ重ねる衣装可愛いなー!

そしてジャポニカロゴスで何故かカスタネットが!!←見たのよこれまた。つながりがわからないんですが。
私も良いカスタ欲しいなぁと思いました。
3万までは行かずとも、1万台くらいで綺麗な音がするのが欲しい。
冬のご褒美PSPと迷いますね!すごく個人的に。

あ、・・・話題明るくなかったですか!?_| ̄|○
大丈夫。そろそろ日が昇るから・・・!!(お前の手柄ではない)
スポンサーサイト
loveless(7) 
2006.11.29.Wed [ コミック
LOVELESS (7) LOVELESS (7)
高河ゆん (2006/11/25)
一迅社

この商品の詳細を見る


ちから尽きる・・・目が霞む。睡魔って絶対美形だよなぁあまりにも甘すぎる。

読みましたー!

清明さんっ・・・!!!!←その一言に尽きる。

高河さんは、全部読んでるわけじゃないけれど、当たり外れあるなーと思う作家さんです実は。
なので、最近読んでなかったのですよねさっぱり。

でもさすが!話題になるだけのことはあるよなぁ。
私は、がつっと「当たり」でしたこの一作。
ちゃんと連載続いて終わりそうだし(笑)

猫耳に惑わされちゃ駄目!
めっさ面白いです。
言葉を使っての「戦闘」がひたすら美麗で大好きですわ。
時折、魂抜かれるような美しいカットが現れるんですよ。
すごいなホント。見惚れます。

感想が上記「清明さんっ・・・!!」の一言なのはどうかと思いますが、溶け落ちそうなので寝ますね。
あー何書いたかわかんない。
テーマ:LOVELESS - ジャンル:アニメ・コミック
コードギアス #8「黒の騎士団」 
2006.11.29.Wed [ コードギアス
面白いですね、これ。
正直最初はトラウマ的なものが働いてそれほど期待していなかったのですが(えー!)、蓋を開けてみると、2番目に楽しみ。
(*一番は「いろはにほへと」です今のとこ!!)

組織力を欲するルルーシュ。
地道に身固めから!ということで、カレン始めレジスタンスに「黒の騎士団」を名乗らせます。

って、正義の味方ってーー!!!(ぶふぉぉ)

そうくるとは思わなかったよ。
でも、主人公ルルーシュの冷静沈着非道そうに見えて激しく青いところが嫌いじゃないです。
危ういところで、ライトでもなければシンちゃんでもないという。
そのバランスが絶妙で、突き放しもできず感情移入もできない距離感が(自分が)安心して見られて楽だわー。

コーネリアを「情を捨てきれない」と評したルルーシュですが、『どちらに転んでも良い』の裏側に「人質を助けたい」がありありと隠されているのが良いなぁと。お前もじゃん!と愛しくつっこんだ。

対して、個人主義か全体主義かという部分がやけに「守れなかった」ところに関係していそうなスザク・・・今回は、組織に従ったけれどその枠の中では救いきれなかったというのが現れちゃいましたね。
冒頭の描写ではルルーシュvsスザクの構図が示唆されていたけど、その為にはスザクが内部で力を得ることが前提。
でも、今のスザクではまだまだそこには至らないと思うのでスザクサイドでの飛躍というか大きく認められるエピソードもあるんじゃない?と予想されて楽しみですvv
その際には、ぜひともジェレミア卿(+キューレルさん)の活躍をよろしく!!ヾ(〃^∇^)ノ

細かいところですが、会長や眼鏡っ子やシャーリーやリヴァルは台詞のひとつひとつでキャラが立っているというか「ああ、こういう子なんだろうなぁ・・・」というのがわかっていいなと思います。
対して、レジスタンスはいつまで経っても同じに見える。
カレンも学生のときは可愛いのに、レジスタンス時はめっきり影が薄くて残念。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
僕の歩く道 その後 
2006.11.29.Wed [ 日々の徒然。
毎回なんとか間に合って見ています。

実はこのドラマ、私の周りの男性陣に評判があまり良くない。
良くない・・・と単純にいうより、「見ると辛くなるから見たくない」とか、「実際はもっと思い症状の人がいるからなんだか嫌だ」といった風によく聞く。
それも、聞いていてすごくわかる。私もそうだったし。
でもやっぱり、虚構だから素直に受け止められる部分もあると思うのですよね。

今回見ていて感じたのは、シンプルに、人はそこに存在するというだけで周りに影響を与えるんだなということでした。

自閉症というテーマを扱いつつも、やっぱり描こうとしているのは「人間」なのだなぁと。
私は、すごく心寄り添わせて見られるものになりそうです。

それにしてもこのドラマ、間の取り方が本当に上手い!!
どうということのない場面を映した「空白」の時間に泣かされてしまいます。

ふっと視聴者に委ねられる時間があると、色々思いが巡ってしまう・・・ので自分でも思いも寄らないところでぐっと来る。

どこでと言うと、思い切り自分を丸裸にするようで言えないくらい(笑)
のだめカンタービレ #7 
2006.11.28.Tue [ 日々の徒然。
のだめの担当教授が谷岡先生から、ハリセンに!!!
逃げ回るのだめ。追いかけるハリセン(笑)

ちょこっと以前にも触れたのですが、ハリセン役の豊原さんがリアルに好み(ブラウン菅の前できゃっきゃ言うというより、合コンでこういう人いたら前に座るぜ!的な好み)なので嬉しかったです。

おなら体操ーーーーーー!!!!!!

私も覚えたい(真剣に)


一方、千秋を中心に結成したオケは『R(ライジング)☆S(スター)オーケストラ』と名前も決まって順調順調。

黒木くん、いいなーO(≧▽≦)O

武士でいぶし銀のオーボエかぁ。
どうしても、オーボエって可憐で繊細なイメージです。
なんかこう、妖精がぴゅいーっと草笛吹いてるような音じゃないすか?(ものすごく頭悪そうな表現だ)

でも確かに、黒木くんが持つと真面目一徹ですよね。

そんないぶし銀モーツァルトも、恋の花が咲くと一気にピンク色に(笑)
嬉しそうな清良が可愛い~~vv

峰くんの瑛太も、すごく格好良いですよね。
最後が切なくて早く続きが見たくなった。漫画読んでるのにね!

千秋役の玉木さん、ちょっとお疲れ気味?なんて思いました今回。
大変だよなぁそりゃ。
少女マンガの王道!!!!
両手と壁でがっつり囲われる
にはもちろんぎゃひーってなりましたよーんヾ(〃^∇^)ノ
幕末機関説いろはにほへと 第8話「仇討本懐なる」 
2006.11.28.Tue [ 幕末機関説 いろはにほへと
「ええじゃないか」踊りに紛れて屋敷に忍び込む一座に仇討ち本懐を遂げさせつつ、西郷vs勝を見事にダシにして、ちゃっかり首を手にする蒼鉄せんせぇ。

ズルイー!でも格好良いー!!
かくして「悪い人」全開だった中居屋さんに代わり、理想は同じだが方法が違う系になりそうな先生が耀次郎の当面のお相手になりました。

それにしても、蒼鉄先生なに炊いてたんですか!?

やっぱりマタタビ?(ラメント効以下略)

大人しく吸い込まれていく首になんとなく切なさ感じました(笑)

で、やっぱり見所は・・・

耀次郎vs左京之介ですよねーー!!

銃と剣。
飛び道具(って言うのかな?)の銃を寸ででかわし、懐に入り込む耀次郎。
これで耀次郎有利か!!??と思いきや、巧みに銃身で受け止め体術に持ち込む左京之介。
息もつかせぬ攻防が、ハラハラドキドキ見応えありでした~vv

あの間合いの違いっつーんでしょうか。面白いですねめっちゃ!!
こういう動きでひたすら魅せてくれるのは嬉しい限りです。
壁を利用して跳んでくるんだろうな・・・とわかっているけど、それがまた格好良いの!!

あー。見てて本当に楽しい♪

で、ちゃんとがっしり両手を掴み(合い)つつ、頭突きという萌えポイントも押さえてあるので完璧でした。
ふぅ、溜息洩れちゃうね。

そういえば、中居屋さんて本当に死んだと思えないなぁ。
あの受け止め方、絶対人間じゃない身体で出てきそう。

最後は、西郷と勝てんてーで締め。
『本性みたり』
と言われた二人ですが、例えそういった部分があったとしても、微塵も見せずに厚っい皮かぶって動けちゃうところが格好良いと思うですよ。

欲望なんて誰しも持っているものだと思うけれど、私もどろんどろんありますけど、それが『犯罪』と一般的に呼ばれる域にまで達してしまうのは・・・どうしようもない弱さなのだなと思う。
生活がかかっているというより、性的なものの方がこんな田舎でも溢れていて悲しいの一言です。どんより。
女性は、どんなに気をつけても自意識過剰ということはないと思うので「自分は大丈夫」と思わず気をつけて欲しいなぁと思います。

・・・なんでこんな話になったんだろう(笑)
どうも周りにそういう話を聞かせてくれる人が多いもので←どういう環境だよ。

次は新撰組か!!
美味しいですねぇ幕末v

1・2話見逃しているのですが、龍馬は「覇王の首」を跳ね除けた人物ということなのでしょうか。
また出てこないかな~龍馬!!
アニメ雑感 
2006.11.27.Mon [ アニメ雑感
■マ王

ちょ、なんだか久々にリアルタイムで見たらなんだか最終決戦な雰囲気ーーーー!!!!

眞王=眞一郎

であることになんとなく納得。

元が小説媒体って、漢字がわからないと意味不明な時多いですよね。
わたし、「しんおう」って「真王」だと思ってたし、「そうしゅ」って「宗主」だと思ってたし、「けつめい城」ってケツメイシっぽいなーと思ってました(笑)

彩雲国なんて、あんなに漢字ばかりでどうしているんだろう・・・
漢字を見たらなんとなく解る官位なんかも、全くわからなくなりそうですね。


■リボーン

ディーノさーん!!!!!!!

やーん、すっごい可愛くてきゅんきゅんきましたーvv
見てて良かった♪

どれだけ他が崩れても、新キャラだけは美形に描こうとする気合を感じた!!
いやほんと、他は酷かったですけど!!(笑顔)


■妖奇士

馬がうえだゆうじ声で喋った上に、「お前、よく喋るようになったな・・・」としみじみ言われるのに爆笑。

この展開で、宰蔵が自分で倒すのではなく漢神で解決なのは寂しいなぁ。
例え、宰蔵から引き出されるのが「罪」ではなくもっと違う意味の漢神だったとしても。
宰蔵は自分が女として生まれてきたこと自体が罪だった、だから父親は「罪」という意味を持った名を付けたと思っているようですが・・・きっと漢神によって本当に込められた想いが明らかになるのじゃないかなーと予想。
アビの名前に意味も明らかになって、『名前』が鍵になる回でした。

自分の名前の意味って、小学生の時に調べさせられたりしましたねそういえば(^^;)

最近は、すっごい凝った名前の子が多いですね。
友人のお見舞いに行ったら貼ってあった写真に書いてある新生児の名前の8割が読めないという事態に驚きました。
のだめキャスト!!! 
2006.11.27.Mon [ アニメ雑感
ぎゃぼー!!

千秋様に智一!?

うわーん。
つっこむ姿は恐ろしいくらい鮮明に思い浮かぶけど、なんか違ーうよ!
私はもっと、手垢のついてない地味な良い声の人か、良く聴く耳に心地よい声なのに誰だかは思い出せないような印象の人がいい。
(どんなイメージなんだ)
普段つっこみそうにもないクールさなのに、あら乱れちゃったvみたいなかんじがいいのーーーー!!!!

と言いつつ、実際聞いたらきゃっきゃ言ってたらごめんなさい。
だって好きだもーん。

ハリセン=中井和哉の文字に動悸が激しく・・・!!
豊原功補さんの顔が超好みなので、ドラマでもどっきどきなんですよね。次回楽しみ。

ドラマの黒木&菊池も配役ぴったり過ぎて笑ってしまったのですが(←笑うとこではない)、菊池=諏訪部さんもなんだか悶えるほどハマりそうです。

でもまぁ、うちの辺りでは放映されるかどうかわかりません(結論)
うーむ。 
2006.11.26.Sun [ 日々の徒然。
普段はほとんど暦どおりに仕事なのですが、つか、公的機関での調べ物が多いのでそうじゃないと仕事進まないのですが・・・

やっぱり、年末に向けては更新厳しそうです。
と改めてご報告。
特にジャンプ感想なんか、微妙。できる気、しない!(いつも遅いけど)

久々に、土日とも仕事で潰れそうなのでこりゃ無理だー!と。
これから毎週こんなかんじな気がする。
一昨日の祝日も、夕方ちょっと呼び出されたしなぁ。
この絶え間なく仕事が続く感じ、久々の緊迫感だわ・・・。
いつも忙しくされてる方には鼻で笑われそうですがσ(^_^;)

12月もなんですが、2月3月も怖いんですよね。1月も微妙だなー。
8月なんて、死ぬほど暇だったのに。
むしろ出勤して冷房をかける時点で地球環境に悪いから休みにすれば?と思ったくらいなのに。

ゲームは待ってくれるけど(=積まれる)アニメはたまっていくとHDDの容量が迫ってくるのであせります。
金色のコルダ #8「こころ紡ぐカノン」+ゲーム続編 
2006.11.25.Sat [ 金色のコルダ
うわーーーいvv

祝・金色のコルダ、続編発売決定!!

LaLa発売したから良いですかね言っても。
日野ちゃん主人公続投で、新キャラに転校生と最年少理事らしいです。
理事の血筋って、コンクールに深く関わっているので納得。

でも私は、主人公が2年くらい下で志水くんが先輩になってるのも良かったなー(笑)
前主人公は憧れの先輩かつライバルなかんじで。
総入れ替えでないのなら、キャラ偏るよりは新キャラ投入の方が不満も少ないのかもしれないですねσ(^_^;)

しかし、続投は続投で王崎先輩と金やん先生が薄くならないかが心・配・です・・・!!

それにしてもコー○ーさんは売りどころを逃しませんね。
PS2版Bestは随分前でしたが、しっかりPSP版のBestまで出てやがる・・・!!
くっそう。やはりクリスマスにはPSPか(*自分へのご褒美という名の罠)

のだめ効果もあって、クラシックまだまだ盛り上がりそうですしいいんじゃないでしょうか。

実際、男を落とすよりも曲集めて上手く演奏するのに燃えるゲームかもしれませんし(笑)

ゲームでのラブ度がほのかなだけに、漫画&アニメのべったべたな少女マンガ的展開が余計にたまらない!!んですよねー♪

月森の普段はあれだけツンケンしておきながら時折恥らう様子はめろっときましたよ。

頬を染めた上、ジャケットかけたーーー!!!(←乙女系)

私はゲームではわかりやすく大人な土浦やじわじわと攻めてくる王崎先輩が好きだったのですが、漫画&アニメを見ていると、俄然月森も火原も良いですよね~!!

特に火原っちの可愛さには、ゲーム後に初めて開眼しました。
いやー、いいねこの底抜けの明るさ・素直さ・可愛らしさ!!

若いっていいねーーーー!!!!

主人公・香穂子の性格がはっきりしているのも見やすい要因のひとつかなと思います。
つっこみのひとつも入れてくれないと、辛い時もある(笑)

そこらへんの匙加減も上手くて、毎回楽しんでます。
原作付きは安心して見られていいなー♪

願わくば、王崎先輩と金やん先生にオリジナルな出番をプリーズ。←しつこく言う。

CRESCENDO(初回生産限定盤)(DVD付) CRESCENDO(初回生産限定盤)(DVD付)
ステラ・クインテット (2006/11/29)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


金色のコルダ 4 (4) 金色のコルダ 4 (4)
呉 由姫 (2005/08/05)
白泉社

この商品の詳細を見る

↑今、この辺。柚木先輩エピソードがガツっと飛ばされているのですが。まとめてくるのか、白いままなのか(・・・)
テーマ:金色のコルダ - ジャンル:アニメ・コミック
鋼の錬金術師(15) 
2006.11.23.Thu [ コミック
うぉ、重いーーーー!!!!
(大きく息を吐きながら)
思わず息を詰めながら読んでしまいますね、これ。

鋼の錬金術師 15 (15) 鋼の錬金術師 15 (15)
荒川 弘 (2006/11/22)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る


というわけで鋼の錬金術師最新刊です。
一冊まるっと、イシュヴァール内乱。

避けられない部分をここまで真っ向から描かれると、読むほうとしてはもう痛みを覚えつつそのままに受け取るしかないなぁという感じでした。

命を賭けて人を生かすこと、自分の命を守る為に人を殺すこと。
そのいずれが尊いとも間違っているとも、安全圏から何も言うことはできない。
戦争という圧倒的な力の前ではどんな価値観も無力なんだと思わされる。

ロイがリザがスカーが通り抜けてきた過去。
今は亡き人達の思い。
これから兄弟が対峙するであろう、キンブリーの冷めた狂気。

今巻では現在の時間軸はほとんど進んでいないのですが、これから物語の終盤に向けてなくてはならない一冊なんだろうと思います。
一人ひとりに向ける認識がガラリと変わった(深まった)気がする。

特にロイリザの深い関係には「うおー!!そうだったのか・・・!!!!」と叫んだ叫んだ。

背中・・・背中、見たのかー大佐!←ものすごくささやかなほくそ笑みどころ。

「その夢、背中を託していいですか?」
「背中を任せるということは、いつでも後ろから撃てるということだ」

お互い背中を預けあっちゃったYO!!
二人の絆は、燃え・・・というよりはやっぱり痛いので、なんかもう切ねぇなぁ!!

個人的には、バスク・グランも「終わらせたい」一人だったというエピソードもぐっときました。

***

『この国の錬金術は何かがおかしい』
スカー兄の言葉は一体何を意味するのか・・・?

ってすっごい続きが気になるーーー!!!!
そこが等価交換じゃなかったら、どうすんだよ・・・!!

次巻が楽しみ・・・というより、気になってお腹の中がふつふつします。←意味がわからない。
テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック
ジャンプ51号感想 
2006.11.23.Thu [ ジャンプ感想
サモンナイト4にルヴァイドとイオスが登場!?

なんだその露骨に女性層を狙ったラインナップはーー!!(笑)

敢えて2から持ってくるところがわかっているなと思いました。
▽Open more.
テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌
ジャンプ50号感想 
2006.11.23.Thu [ ジャンプ感想
タイトル打つときに、間違えて「じゃんぴゅ」って打っちゃったんですが。
か、可愛い・・・なんか可愛い・・・!!(最近ツボがおかしい)

前号の感想なので、展開わかった後に色々つっこみが入ってます。
▽Open more.
テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌
D.Gray-man#8 黒の教団壊滅事件 
2006.11.23.Thu [ アニメ雑感
なんかもう、キャストがすっごい豪華だ!!!!!←第一声がそれか。

その予算をもう少し、作画の方へ回して欲しい(・・・)
普通に、喋るときのかったいパクパク具合なんかが気になって仕方ないー!

リーバーの置鮎さんとか、コムイの小西さんとか、BLEACHのように二役に違いないと思ったのに結局そういうわけでもないのかな?
コムイはまだまだ良い所を持って行くけど、リーバーはそう出番があるわけではないと思うので勿体ない~。
今回のリーバーは良い味出してましたv

もうさー、クロウリー=置鮎さんでいいじゃん!(真剣)

・・・と、ふと気付くと内容一切触れていない・・・。

科学班の負担を軽減する為に、コムイが万能ロボット(その名もコムリン2)を発明するが、コーヒーを飲んでしまって大暴走。

というギャグテイストな回でした。

コムイ役の小西さんのはじけっぷりが素晴らしく、堪能させていただきましたーv
こういう所も、好きだよ私。

リナリーのダーク・ブーツは、アニメだと動きが映えて良いですね~!!
綺麗でした♪

***

で、最後にちょろっとノアの一族の皆さんが。

もも、森川さん・・・!!

じゃないやティッキー!!

原作だと、初登場ではそうでもないのに突然美形になって再登場するティキですが、アニメでは最初から美形だった。

***

次は、ミランダさん登場でしょうか?
また暗い話になりますね(笑)

ラビ登場も、近い!!

INNOCENT SORROW INNOCENT SORROW
abingdon boys school (2006/12/06)
ERJ

この商品の詳細を見る

D.Gray-man 01 D.Gray-man 01
星野桂、 他 (2007/02/07)
アニプレックス

この商品の詳細を見る

D.Gray-man (3)    ジャンプコミックス D.Gray-man (3) ジャンプコミックス
星野 桂 (2005/03/04)
集英社

この商品の詳細を見る

↑今、この辺。
テーマ:D.Gray-man - ジャンル:アニメ・コミック
コードギアス #7『コーネリア を 撃て』 
2006.11.23.Thu [ コードギアス
冒頭は、母親の死について皇帝である父に詰め寄るルルーシュ。

クロヴィスが死ぬ時に、母親の暗殺の糸をひいていたのは第二皇子と第二皇女コーネリアとか言ってたじゃないですか。
それ聞いた時、でもそれをさらに命じたのは父親だったりしてー。
と思ったんですが、それって穿ちすぎ??
コーネリアが自分から・・・ってあり得ない気がする。彼女を見ると。

もしくは、皇帝実はものすごくルルーシュの母を愛していたと最後に弱さを見せるとかありそうありそう。

いずれにせよ、最後は「父越え」・・・いやむしろ若本越えなんだろうなと思うとわかりやすく結末が迎えられそうな気がします(良い意味で)

ナナリーの視力はやはり精神的なものということで、ここぞという時に澄んだ瞳で兄を止めそうな予感(笑)

***

さてさて。前回とは打って変わってハードな展開です。
人も撃たれる。

今回は、コーネリアの方が格が上。
挑発に乗ったルルーシュは窮地に陥り、もう駄目だー!というところでC.C.に助けられる。

知謀だけではどうにもならない、自分の手足となって動く者達=『組織力』が必要だと思い知るルルーシュなのでした。

うわお!国を手に入れる算段を巡らすんでしょうか?
アッシュフォード家がなんなのか、いまいちわからないんですが気になる。

とりあえずはカレン達なのか。
でも、仮面を外さない指導者なんて誰も信頼しないですよね。
ここぞというところで出生を利用してばばんと旗印になるとか?

それにしても、コーネリアには信奉者的部下(騎士かよ!)がたくさんいそうで羨ましい限りです。
眼鏡の人は普段よりもナイトメアフレームに乗っている時の方が短髪っぽく見えて好きです。

***

一方、学園サイドではルルーシュを巡って恋の鞘当てが(笑)

鼻歌を歌いながらじゃらしを揺らすスザクの図にノックアウト。

だってじゃらしですよ!?

猫をじゃらす道具ですよーーーー!!!!??←知ってる。

やっばい。この動悸の速さはラメント効果だな。

ルルーシュに電話をかけて「君のことどう思ってるかも聞いてあげる。大丈夫、上手くやるって」というスザクが天然小悪魔にしか見えません。
何その自信!どっからくるのーー(笑)

***

以下、ちょっぴり女性向け注意。

ルルーシュ×スザクとスザク×ルルーシュはどちらが多いのかなぁと思ってサーチさんで見てみると・・・おお!スザルルのが倍くらい多いーーー!!!

腐女子の嗅覚は確かだと納得しました。
キャストのせい・・・もありますか?(笑)

それにしても、早速ジェレミア×キューレル(って名前なのね純血派の短髪の人)があるのは驚きつつも何となくわかるのですが・・・

ランスロット×ルルーシュの文字には思わず目を疑った。

え、え、ランスロットって・・・

スザクが乗ってるナイトメアフレームですよねー!?Σ( ̄ロ ̄||

すげぇ・・・!これは見てみたい!!!!
と思ったものの、登録サイトは0。

非常にがっかりしました。

COLORS COLORS
FLOW (2006/11/08)
KRE

この商品の詳細を見る

勇侠青春謳 勇侠青春謳
ALI PROJECT (2006/10/25)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 コードギアス 反逆のルルーシュ 1
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/01/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
トリブラッジオ!リターンズ 
2006.11.22.Wed [ webラジオ
ちょっと、忘れてましたよこれ。

これだけは言わなきゃ!

東地宏樹と中井和哉のトリブラッジオ!リターンズ

あの伝説の!!!!

おやじ二人のぐだぐだトークがー!!!!

戻ってきたよ!?(←何故か疑問系)

私ほんと、このちょっと無理してるけどあくまでも素なかんじの二人が好感度高すぎて大好き。

毎回悶えながら聞いてたわ。

もっと前に聞いたのに記事にするのはギリギリ・・・なのはいつものこと。
23日までなので、興味のある方はお急ぎで!!(無理矢理プッシュ)

この二人、お互いに誉め殺しで面白い。

改めて聞くと、本当に東地さんのおやじギャグっぷりにきゅんと来る。

そうそう、テ○朝のフィギュアのナレーション東地さんですよねv>かれんさん♪

千秋様ー!とかルルーシュー!?とかコムイさんー!とか妖奇士はがっくり来てもう駄目かもしれない・・・とか色々話題がたまってるんですが、お休みにどかっと楽しんで書きたいと思いまっす。
インドアに一日過ごす気、満々。
テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック
うわお。 
2006.11.21.Tue [ 日々の徒然。
帰って爆睡してましたーーー!!!
ベッドにたどり着いて即、記憶が途切れそうになる間際でのだめを録画した自分を誉めたい。

でも頭がずきずき痛いので再び寝ます。
痛い、痛いぞ。左側だけ痛い。

拍手やメールお返事遅れてすみません~!
拝見しておりますv

今週は木曜が休みだから、何とかなるよね(←暦どおりに休みです)
カップヌードル 
2006.11.20.Mon [ 日々の徒然。
「FREEDOM1」
の先行配信、月曜午前中までだったので慌てて記事にしてみる(遅!)

タケルが浪川しゃんだなんて、知らなかったわ私!!
でも私は、カズマの方が好みです(笑)←聞いてない。

CMの見せ方って、面白いですね。
「それぞれの自由篇」は確かに気になる展開だった。

でも、実は最近見たカップヌードルみそ/雨に濡れて篇』がすっごいインパクトでかなり好きなんですが!!

「嘘」が「みそ」に変わってるだけなのに、なんでこんなに面白くも切ないんだー(笑)!!
爆笑しつつも、ほんの少しの切なさが残ったよ・・・

「みそじゃない!信じてくれ!!・・・ただのみそじゃないんだ」
「じゃあどんなみそ?!みそはみそでしょー!!」

・・・確かに。
フィギュアスケート/フランス大会についてちょこっと 
2006.11.20.Mon [ 日々の徒然。
見終わったので、フランス大会についてちょろっと。

安藤、すっごく良かったですね!
特にSPは完璧でした。
何よりあの表情が!!!!自信に満ちていてはっとさせられました。

フリーも、もちろん良かったですよ。
ジャンプに失敗しても乱れがなくて、本当に精神面で強くなったんだなぁと感動しました。
あれだけ滑れたら、4回転なんて飛ばなくていいと思うな私は(笑)

ただひとつ、前々から気になっていたことを言わせてもらえば。
もう一つ上の表現力を得るのに足りないのは、上半身の柔らかさだと思う。
フィギュアのことはよくわからないけれど、安藤のあの首から肩にかけての筋肉のつきかたは絶対に「腕で手を上げて」る。
ちょっと腕を上げてみるとわかると思うんですが、手を真上に上げるってかなりの重労働。それを腕の力だけで上げようとすると限界がある。
んじゃ、どこで上げるのかと言えば・・・肩甲骨から背中、さらには脇への筋肉全てを使って上げなきゃいけないんですよね。

そうすることによって、ほっそい筋肉のひとつもついてなさそうな腕でもバシバシと鋭く使える・・・んだと思うたぶん。

安藤に関して言えば、例えば着地時したときの腕のポジション・スパイラルで広げる手にしても、肩の反りが足りない。どう言えばいいんだろう、肩の骨のぐりぐりっとした部分をもう一段階後ろにぐっと引きつける感じが足りない。悪く言えば、猫背気味(もちろんそこまでではないですが)に感じる。

そこが気になって気になって、私はもどかしい。
身体が硬い選手ではないので、意識の問題だと思うのにー。
そして、それが自然に身につけばもっと楽に滑れるんじゃないかと(勝手に)思うのにー。

でも本当に、完璧だったと思うので次の段階を目指して欲しいと思うのです。GF楽しみですねv

しかし、キム・ヨナ(ユナ・キム)選手は恐ろしいほどに凄かったです。
天才って、怖い・・・。
去年の真央ちゃんのように。と言われてましたが、確かに。
あの表現力は恐ろしいほど。
ジャンプ自体も綺麗ですが、スピンが変わった形だったりジャンプへの入り方が難しかったりとプログラムの細かい見せ方が上手くて見惚れました。

でも、スピン自体の質は安藤のが上だなと思いましたよ(点数はわからないですが)

相変わらず、自己満に叫んでてすいません。
本当に、熱いと思うんですよ今!
素晴らしいの一言なレベルの高さですもん♪

安藤はこれでファイナル出場決定だそうですが、
(*グランプリシリーズは、一人2試合しか出ることが出来ず、順位に点数が割り振られていて上位6人のみがグランプリファイナルに出場できます。残りはロシア大会とNHK杯/日本のみ)
1試合目を2位・3位で終えている浅田真央・村主・中野が勢ぞろいするNHK杯は見ごたえありだと思います。
というかもう、誰を応援していいかわからないよ・・・_| ̄|○
見られるのが、幸せだわー!!

BSちゃんと入れてれば、もっと色々見られたのになぁ。
やっぱりそれぐらいは、やるべきだろうか・・・
NHKのアニメも見られるし。
と思いつつ、動かない私(笑)
帰ってきました。 
2006.11.19.Sun [ 日々の徒然。
途中から雨でしたがー!!寒かったです。
でも死ぬほど綺麗だった紅葉。
あの赤は何だろうね一体。
マイナーなところを選んで行ったつもりなのに、ちょうど見ごろだったせいかどこも混んでました。

そして、どうもダルいなーと思ったら熱出てたし!
喉痛いとか咳が出るとかではないのですが、常に7度台で強行突破した2日間だった(・・・)

帰ってきたら男子バレーが白熱の試合展開で燃えました。
すげー!!やったー!!
山本格好良いーー!!←顔の良い人にはあくまでも甘く。

フィギュアは、さっき見始めたとこです。見終えて寝ます。
今のところフランスの、18歳のナデージュさん(?)が綺麗だったー!
好きだわ。
フィギュアって、ジャンプ失敗しちゃうとどうしても点数出ないので難しいですね。
それにしても、海外の18歳って大人っぽい!

ミキティは、2位だったらしいですね。
早く出てこないかしら(録画ですが)
金色のコルダ #7「秘めやかなデュエット」  
2006.11.18.Sat [ 金色のコルダ
この副題のセンスが、やっぱり大好きだ・・・!
「秘めやか」という言葉は本来の日本語にはないと思うのですが、なんつーか、少女小説語の中には自然に息づいてますよね。
そんなナチュラルな乙女感が、大好きさ!! O(≧▽≦)O

普通に出来る良い男だ土浦。←私なら土浦を選ぶ。
可愛すぎる火原っち。
追い上げる月森。

散々ツンツンしておいて、照れ顔は反則だ(笑)
しかもシャワーシーンありですぜ?!

そっかーれんれんプッシュ期間だったか・・・この辺り。
これが終わったらきっと、柚木せんぱいの出番ですね!!

志水くんはともかく、原作がしっかりあって全員に見せ場があるのは安心できますv
願わくば、王崎さんにもっと出番を・・・っ!!!

1秒ーごーとーにーキミがー愛しいー♪

って、なんだか耳を離れない・・・
京都 
2006.11.18.Sat [ 未分類
20061118154233
来てます。
寒い~!
アニメ雑感 
2006.11.18.Sat [ アニメ雑感
■スパロボOG #6 「蒼い魔神」

なんだこの豪華すぎるキャストは・・・!!Σ(゜口゜;

しかもGW率が高くて(*ゴールデンウィークではない)驚きました。

緑川vs子安は、無条件で燃えてしまうよ。←遠い星を見上げながら。

キャスト+かっちり系のキャラデザもさることながら、いかにもSLGなところがけっこう好きなんだーということに気付きました。

このCG感、フロントミッションに通ずるところがあるわー!

次回予告で「キャラ多すぎじゃね?」というところで笑いましたヾ(〃^∇^)ノ
確かにー!オリジナルキャラだけ取り出してこれなんですよね・・・?
すごいなぁ。


■武装錬金 #6 「黒死の蝶」

死んだ後どうなったって知らないという蝶野だけれど、
あっさり「死んだ後どう思われるか」を語るカズキはさらりと深いですよね。
ただの熱血バカじゃない格好良さが、魅力だと思う主人公です。
斗貴子さとの絡みも良いなぁv
JJ良い役掴んだ!!

でもやっぱり・・・

パピヨンのインパクトは凄すぎる。

だって、今までの展開でこう来るとは思わないよ・・!(笑)
でも、こんななのに、哀しいなぁ・・・愛されるのも解る。
名前を呼ばれるの、切ないです。

パピヨンはTバッグというよりソングだね!(そんな締め…)


■金色のコルダ #7「秘めやかなデュエット」

この副題のセンスが、やっぱり大好きだ・・・!
「秘めやか」という言葉は本来の日本語にはないと思うのですが、なんつーか、少女小説語の中には自然に息づいてますよね。
そんなナチュラルな乙女感が、大好きさ!!

普通に出来る良い男だ土浦。←私なら土浦を選ぶ。
可愛すぎる火原っち。
追い上げる月森。

散々ツンツンしておいて、照れ顔は反則だ(笑)
しかもシャワーシーンありですぜ?!

そっかーれんれんプッシュ期間だったか・・・この辺り。
これが終わったらきっと、柚木せんぱいの出番ですね!!

志水くんはともかく、原作がしっかりあって全員に見せ場があるのは安心できますv
願わくば、王崎さんにもっと出番を・・・っ!!!

1秒ーごーとーにーキミがー愛しいー♪

って、なんだか耳を離れない・・・

***

なんとかアニメを消化して、明日(今日)は旅行に行ってきますー!
のでコメント・TB返し等は日曜以降になります<(_ _)>

起きられるかね・・・。
幕末機関説いろはにほへと 第7話「蒼鉄動く」 
2006.11.18.Sat [ 幕末機関説 いろはにほへと
んもーう!!何がなんだか!!!

蒼鉄先生が「どんな素性の何者か」というのはわからないのですが、「何をしてきた・どういう人か」が語られた回。

覇者の首への切り札となる『壺』を執拗に注文をつけて焼かせる蒼鉄。
中居屋と何やら密談を交わす蒼鉄。

怪しすぎて、一座を裏切って覇者の首だけを狙っているのか、はたまた中居屋を騙して一網打尽にしようとしているのかは最後まで判別つかずσ(^_^;)

とりあえず、西郷も勝も邪魔なんだろうなぁとは思う蒼鉄なのですが・・・蒼鉄が救った不知火に案山子のエピソード、そして一座の皆が蒼鉄に向ける信頼を思うと「裏切り」ではあって欲しくないところです。

次回のタイトルが「仇討ち本懐なる」なので大丈夫かな??(笑)

耀次郎とぶつかるだろうことは予想されるものの、やっぱり義は通して欲しい蒼鉄先生でした。

それにしても、耀次郎と赫乃丈の意味深なシーン・・・まま、まさか兄妹だったりしないですよねーー!?
それだと赫乃丈が養子じゃないといけないのよね。
でも、歌がひっかかるし、OPで赫乃丈が月涙刀っぽいのを持って耀次郎と対峙してるのも気になるーーー!!

左京乃介はすっかり中居屋の言う通りだわ、勝と西郷は切り合ってるわ続きが気になります・・・_| ̄|○

耀次郎、喋らなかったなぁ(笑)
1ヶ月経っているのに、一座に入り浸りっぽいところにきゅんv
次回は活躍に期待!!

幕末機関説 いろはにほへと 1 幕末機関説 いろはにほへと 1
コザキユースケ、宮下隼一 他 (2007/01/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

荒野流転 荒野流転
FictionJunction YUUKA (2006/11/22)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

NANA #31 
2006.11.18.Sat [ アニメ雑感
1話目を見て「漫画にものすごく忠実=知ってるからいいやー」と思っていたのですが、最近地味に見始めてます。

公式サイト

友人が「タクミの森川さんが格好良いんだから、見て!!」と強調していたので。なぜならば。

でも、私の中では「タクミ=子安」のイメージが定着。
見ていても違和感があったくらいなのに・・・なのにーーーー!!

ハチの妊娠を知って、「俺は産みたいなら認知するつもりだけど」という森川タクミに

撃・沈・・・!!

一番、タクミのぐはっと来るカッコイイとこなんだよここー!!
それだけの威力がある一言。

しかもLamento -BEYOND THE VOID-の白猫ライで森川声にやられていた所だったので、もう駄目でした。
部屋に入れるところからめろめろ。

今週は、見逃さなくて良かった♪

ちなみに、先月髪を切りに言った美容院のお兄さん(といっても年下だが)はNANAが大好きだったみたいで非常に話が盛り上がりました。
NANAのアニメがある日は、夜更かしするらしい!!

でもやっぱり美容院は、黙々仕事をしてくれる人がいいな・・・どんなに話が合おうとも手つきが不安になるのでσ(^_^;)

カラーリング待ち中にも離れていかない(ちょっと一人にして欲しかった)ほど喋ってた彼ですが・・・他の仕事はいいんですか!?(笑)
テーマ:NANA - ジャンル:アニメ・コミック
VOICEきゃらびぃがすごい!! 
2006.11.18.Sat [ webラジオ
ご飯食べながら録画した番組見たり、化粧しながらゲームをしているのですが・・・これらを欲張って3つ一度にしようとすると結局全てをやり直すはめになりますね。
3兎追うものは一兎も得ずでした・・・_| ̄|○

で、定番はやっぱり。
ネットしてる時は音楽もしくはwebラジオ聴きながらv
これですよ。

あんまり追いつけていないのですが。
これだけは今週ツボに入ったので叫びたい!!

子安武人のVOICEきゃらびぃ

渋谷店店長・道玄坂登也こと子安武人がアシスタント『りらりっち』と送るアニメ情報番組・・・なのですが、子安氏の倦怠感と、子安氏の為に送られてくるフツオタの数々が絶妙なマッチングで、時折ものすごい爆発力のある番組です。

油断していると面白くてごふっと来る。

今回は、lamento情報、loveless宣伝とタイムリーな話題が続いてワタクシ大興奮ですよ!!

『BL』という単語に「え?またぁ!?勘弁してよー」と言わんばかりにやる気のない子安さん。
当然と言えば当然なのに、りらりっちの「えー!BL嫌いなんですかー店長ー!!」というテンションの高さがあからさまに腐女子との間にある深い溝と温度差を感じさせてくれてとても楽しい。
りらりっちのメンバーも、テンプレ的に天然な子や本格的オタっ娘まで揃っていて可愛いですv

やる気のない子安氏も、作品内容については大抵真剣トークなのでファンとしては嬉しいよ(笑)

で、今週のきゃらテン。

『恋人になったら束縛されそうなキャラ』

いつもはジェイドが1位をさらっていくことが多いのですが・・・

今回だけは、レザード・ヴァレスだったーーー!!!

そりゃそうだ(笑)
時を超えたストーカーって、みんな思ってるんだね!(感動)

PNにも気合の入った推薦コメントばかりで、爆笑でした。
愛されてるなぁ、レザード・・・!!!

しかし、やっぱりレザードの台詞は「あなたの存在、そのものが・・・」で止めてしまう店長、もとい子安めーーーーーー!!!!

いーやーーー!!それだけは聞きたかった!!!!

でも、「レザードは降りてこないと無理だから」と照れる様も萌えるので、まぁいっか。
充分腰砕けました♪
テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記
沙羅は和子の名を呼ぶ/加納朋子 
2006.11.17.Fri [ 小説
沙羅は和子の名を呼ぶ 沙羅は和子の名を呼ぶ
加納 朋子 (2002/09)
集英社

この商品の詳細を見る

もしもあの時、別の選択をしていれば、全く違う人生を歩んでいたのだろうか…。平凡な会社員・元城一樹のふとした夢想が、すべての始まりだった。一人娘の和子の前に姿をあらわした不思議な少女沙羅。その名前が甦らせる、消し去ったはずの過去。やがて、今ある世界と、あり得たはずの世界とが交錯しはじめて―。表題作を含む、全10編を収録。珠玉のミステリ短編集。



日常ミステリと言えばこの方!
御本人、北村薫さんの影響を受けたとおっしゃっていますが、
北村さんとは違ったベクトルでふんわり優しい、けれど油断していると時折柔らかい所に突き刺さるような作風が大好き。
本当に、加納さん作品は外れがない。

中編と言って良い長さのものから、数ページの短編までバラエティ豊かにちょっとした「不思議」のあるお話が集められています。
テーマをひとつ挙げるなら「隣り合った別の世界・その住人」でしょうか。

「幽霊」かと思わせておいて実はあっと驚く現状。というのがいつもの手法なら、今回は「不思議」がそのまま不思議としてするりと日常に滑り込んできます。その意味では純然たる『ミステリ』とは言えないですね。

ただ、それに慣れているとやっぱり仕掛けがあって騙されたりもするのが気持ち良い。
正に珠玉の短編集だなぁと思いました。
きっとひとつは心を打つお気に入りの作品があるのじゃないかと。
はー、疲れたなぁという時に読むと染み渡りました。
テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
『鍵』『窓』/乃南アサ 
2006.11.17.Fri [ 小説
鍵
乃南 アサ (1996/12)
講談社

この商品の詳細を見る

窓
乃南 アサ (1999/07)
講談社

この商品の詳細を見る

高校2年生の麻里子のカバンに、知らぬ間に1つの鍵が押しこめられた──。
近所で連続して起きる通り魔事件は、ついに殺人にまでエスカレート。
父も母もいなくなった障害を持つ女子高生と、その面倒を見なければいけなくなった兄や姉との心の通い合いをも見事に描いた、新直木賞作家の泣ける名作ミステリー。



某チャットでお勧めされたこの作品・・・実家にあった!!
ということでちょっと前に読んだのですが、とても面白かった。

10年以上も前の作品だとはとても思えないほど鮮やかに、現在にも通ずる家族・社会の問題が浮き彫りにされています。

かと言ってそれが前面に出て重苦しく描かれるのではなく、ミステリ要素が絡みながらも要所要所でぐさっと言葉が突き刺さり、ページをめくる手が止まらぬままラストは爽やかな読後感で締めくくられます。
作家というのは、すごい人達だなぁ・・・!

ポケベルに公衆電話が出てくる部分や、今だったら「引きこもり」と当てられるだろう言葉に「閉じこもり」と出てくるところに時代を感じるのですが、逆に言うとそんなシーンが出てこないと昔の作品だとは気付けない。
時代を「読む」力に思わず唸りました。

うちの母親が、「このシリーズはもう一冊続きがあるはず!!」と言い張るのですが見つからない・・・題名すらもわからないのに無理だよー!!
ほ、本当にあるんでしょうか??>私信

そして「お兄ちゃんがカッコイイのよ!」(←この言い方に非常に血縁関係を感じる)と言っていた母、確かに気持ちはわかるけどお兄ちゃん1作目ではいわゆるひとつのニートなんですよいいの?
私はお兄ちゃんの友人、川村さんのが骨太そうで好きでした(笑)
テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌
『星々の舟』/村山 由佳 
2006.11.17.Fri [ 小説
星々の舟 星々の舟
村山 由佳 (2003/03)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

禁断の恋に悩む兄妹、他人の男ばかり好きになる末っ子、居場所を探す団塊世代の長兄、そして父は戦争の傷痕を抱いて―――
愛とは、家族とはなにか。
別々に瞬きながらも見えない線で繋がる星座のように、家族は「家」という舟に乗って無限の海を渡っていく。



直木賞受賞作。
村山さんは叙情的な文章を書かれる作家さん。というイメージがあるのですが、この一冊はもう少し重めに淡々と書かれている気がします。

オムニバス形式で家族それぞれの視点から物語が描かれるのですが、どれも「すっきり」何かが解決して終わるというよりは、ひとつの区切りがなんとなくついたところで余韻を残して終わる印象。
丁寧に心情が綴られ、人物が多角的に描かれるところにはっとしました。

絶賛(・・・)不倫中の友人から「すっごい良いよ!」と勧められた意味がわかりました。
読書というのはある意味疑似体験であり、そこに自己を投影できるか否かによって訴えかけてくるものは大きく違うのだろうなと思います。

一番ぐっときたのは、筆者のあとがきにかえた文章だったりします。
幸せとは何なのだろうか。
自由であることは、孤独に耐えうるということ。

どの言葉も、染みいるものがあったのですが・・・それが本文から直接的に伝わってきたかというと私はそうでもなかった。

一人でも重ね合わせられる人物がいたら、印象が違ったかもしれないと思った作品でした。

私は村山さんの作品の中でも天使の卵―エンジェルス・エッグキスまでの距離―おいしいコーヒーのいれ方シリーズは苦手σ(^_^;)
青のフェルマータBAD KIDS翼―cry for the moonみたいな透明感ある、どちらかというと恋愛要素少なめの話の方が好きなので(というとロマンチストさがバレバレでしょうが)、この作品は好きな部類には入りませんでした。

家族ものなら、その後に読んだ西兄妹シリーズのが好きでした♪
テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌
ボジョレー解禁!(追記あり) 
2006.11.16.Thu [ 日々の徒然。
20061116221306
だったのねー!
酒好きとしては、避けられぬイベントでした(>_<。)
買った、そして飲んだ(笑)

***

追記:
試飲もさせてもらったのですが、「お車じゃないですか?」としっかり聞かれました。違うよー!

しかし本当に、飲んだら乗るな。飲むなら乗るなというのは当然だと思うのですがどうしているんだろうなぁ・・・。

地方だと交通手段が限られるので大変っちゃ大変でしょうが、ほんと飲まなきゃいいだけなので。

最近、おっそろしい運転する人が前に来ることが多くて何度か怖い思いをしました。
飲んでいるのか眠いのかわからないのですが、蛇行運転にしか見えないんですよね。対向車線にふらっとハミだしたり。

とりあえず車間距離は空けたものの、通報すべきかどうか非常に迷った。
結局できなかったところが、ああ、ヘタレやなぁと思うんですが_| ̄|○

うちの辺りだと、ウインカー出さない(のがカッコイイのだとたぶん思ってる)やんちゃな人もざらにいるので運転していると腹が立つことが多いです。
車は便利な道具だけど、本来は道路を「走らせてもらってる」側なのになぁ。
無茶な運転で、事故の被害に遭われる方がいなくなることを祈ります。
そうさせる社会的な空気がないといけないと思う。

***

最近、別件で生まれて始めて携帯にて110番通報をしたのですが・・・ものっすごい一瞬でとられて「すげー!」と感動しました。

今度から、夜道は110番にセットした携帯を持って歩こうと思った(笑)←間違えて押したら洒落にならないけど!
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。