ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2007年07月の記事一覧
≪06month
This 2007.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おおお海猿ーーーー!! 
2007.07.28.Sat [ 日々の徒然。
7時くらいからやっていた、海上保安隊の訓練生密着ドキュメントを見ながらずびずび泣いてしまいました・・・。

きょ、教官ーーーーーー!!!!!←そっちか。

大体において、ドキュメンタリに弱くてうっかり泣きっぱなしになりがちなので気をつけていたのに。やられてしまったわ・・・

安全確認を怠った生徒をぼっかんすっかん殴った後で出てきた「やらんと、お前が死ぬやろうが!」にだーーーーっと涙が。
誰よりも、その身を心配するからこそ出てくるその言葉の重さ。
言われた彼も、何年かしてからまた再度身に染みるんだろうなぁ。

あと、奥さんが「きつく叱った子のことを帰ってきて心配している」と言ったら「全然心配なんかしとらん」って・・・ええええツンデレーー!!??
大喜びで萌えてしまったですよ(笑)

しかし、水中に3分近く潜らないといけない訓練では、頭を空っぽにしなきゃいけないのに思わずバディの子の手を握ってしまう姿に正直言うとちょっと萌えましたごめんなさい。

本当に申し訳ないと思っている・・・けれど、やっぱり頬は緩んでしまうこの身が憎い。
ああ、どうしてこんな精神構造になってしまったのか(/_<。)
嘆かわしい!けれど抜け出せない!!!(笑)

・・・あれ、なんだか話が逸れた?

本当に、ひとつの仕事、特に生命に関わる仕事に関わるというのは大変なことですね。
網膜に水張りながら見てしまいました。
スポンサーサイト
『図書館戦争』漫画化と『塩の街』感想ちょこっと 
2007.07.25.Wed [ 小説
いつものごとく(笑)すずさん宅で情報拝見して叫びました。

『図書館戦争』漫画化!?まじっすかーーーーーー!!!!

しかも掲載紙LaLaだよーーーーーー。
どうしよう、この際ジャンプから鞍替えしてしまおうかしら。

粒ぞろいなんですよね、LaLaの連載。
ジャンプはほんと、もて王が終わってしまったのが痛い・・・(そこかよ)

それにしても、完結巻も11月に発売だそうですし、タイムリーに波に乗れて待つ時間が短いのは嬉しいことです(//∇//(//∇//(//∇//)

どんな漫画家さんなのか、気になるなぁ。
概ね、絵柄の評判が良いようなので期待しております♪

***

で、『塩の街』の文庫版を読んだのでちょこっと感想をば。

突如上空から飛来した、巨大な塩の結晶が東京湾に突き刺さる。
その日から、世界は一変した。
身体を蝕む『塩害』の恐怖と、塩に飲み込まれ荒廃していく街。
そんな崩壊寸前の東京で静かに暮らす男と少女の前に、ひとつの運命が現れる。
「世界とか、救ってみたいと思わない?」
その言葉が、二人の関係を変えようとしていた。


***

有川さんのデビュー作だそうですので、読んでいて甘さが目立つ部分が多かったです(*ラブ甘~という意味の甘さではなく、ありゃ?その展開は無理がないか?という甘さ)

とはいえ、「塩に侵される世界」の情景が浮かぶような描写も素晴らしいし、『愛する人か世界か』という究極の二者択一やそれに対する真奈の叫びも「それでこそ乙女ーーー!!!!」と思わず膝を打つツボが押さえてあってさすがだなぁと思いました。

ハッキリ言えば、入江の言動が話の展開に都合の良い方向にイッちゃってしまっているのが残念。
『敵を欺くにはまず味方から』なのか?と思うにも、いまいち行動に説得力がないというか。

1章・2章が短編のようなつくりになっているのですが(*全体としては必要なエピソードとしてつながっていますが)個人的には、最初の話が世界観に驚かされると同時に恋物語としても綺麗で切なくて好きでした。

次は、拍手でお勧めいただいた「海の底」読んでみたいと思います♪

塩の街―wish on my precious 塩の街―wish on my precious
有川 浩 (2004/02)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
ひゃっほう! 
2007.07.24.Tue [ 日々の徒然。
いきなりアニメなんかを見出したのでばればれかと思いますが、5月くらいから続けていたでかい案件が片付きまして仕事がひと段落~♪
今週一杯かかるかと思いきや、意外と余裕を持って終わりました。

はぁ嬉しい。肩の荷がおりました。

しばらくは後処理+次の準備で比較的のんびりできそうです。
つか、8月はむしろ暇かもです。
暇なのに仕事場いなきゃいけないのも、それはそれで嫌なんですが(贅沢)

慌しくしている間にアニメ視聴も絞られたので、ウキウキ乙女ゲーを始めようと思います。

ジャンプも読もうっと。
ルフィの麦わら帽子がきらきらで眩しい今週号。
録画アニメ見終わった! 
2007.07.24.Tue [ 日々の徒然。
ちょ。

なんじゃこりゃーーー!!!

グレンラガン第2部→3部の流れが凄すぎて思わず叫びました。

熱い。ふつふつ何か湧き上がってきそうにワクワクする。
でも切ないよ・・・

3部はロシウ編ですか!?

OP、1代目が良いと次でガックリ来るのが最近の常ですが・・・

「空色デイズ」の後半持ってきたーーー。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。←最高!

その背中だけ追いかけて ここまで来たんだ
探していた 僕だけに出来ること


って、聞くたび泣けるんですが。
大事に作られた歌詞なんだなぁと思うと、これまた熱いですねv

***

DTB 黒の契約者 の方も良かった。

銀のエピソードは会心の出来で、雰囲気に呑まれつつもうるうる来てしまった。
イン可愛いよイン・・・

そして、MI6再登場・流星のカケラの行方判明・謎の少女アンバー(C.C.にしか見えない/笑)にオッドアイの少年マキも登場してこちらも急展開。

派手さはないいですが、じわじわと面白いですこちらも。
最初はよく掴めなかったのですが、淡々とした描写の積み重ねの中で伝わってくるものがあるというか。
音楽もイイ♪

でも、謎解きする気は一切ないよ(笑)

こちらは、OPが微妙な曲になってしまってショックです。絵は燃え(萌え)るんですけど!!
本編でもですが、車とピザをフィーチャーしすぎじゃね?(笑)

EDも、曲は綺麗なんだけどハモりが微妙だよ~~。

典型的な劣化パターンかと思われます。

***

とりあえずこんな叫びで。

どちらもすごく面白かった。ほくほく。
最初は見る気なかったのが、残っている罠。
ホタルノヒカリ(9) 
2007.07.23.Mon [ コミック
ホタルノヒカリ 9―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (9) (講談社コミックスキス) ホタルノヒカリ 9―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (9) (講談社コミックスキス)
ひうら さとる (2007/07/13)
講談社

この商品の詳細を見る


失恋て、ツライよなぁ・・・・

もらった物を見ては泣き、二人で聞いた曲を聴いては泣き、止まらない涙で目を腫らしてみたり。
友人に電話して4時間語ったり(いい迷惑)、もしくは飲んでカラオケ行ってハイテンションになったり(友達って良いものだ)

ふざけんなてめぇ絶対今以上イイ女になって見返してやる良い恋してやる後になって吠え面かくなよーーー!!とやるのはとりあえずダイエットだったり。
かと思えばいいよもうこんなに傷つくならしばらく恋なんていらないよとやけ食いしてみたり。

(*上記たぶん実話)

そんな振り子の両極端を行ったりきたり。
今となってはこっ恥ずかしい行動の数々を、「ああでも、その頃は精一杯だったし、無駄じゃなかったよなぁ」と思い返しながら、蛍に共感してしまう9巻でした。

それにしても、何で蛍にはこうぴったりと共感して読んでしまうのか。
やっぱり、1巻から悪戦苦闘で頑張る姿を見ているから・・・?
「干物女」ぶりにぶはっと笑わされながらも、恋愛には戸惑いばかりで手探りで進んでいく姿には自然と入れ込んでしまいます。

送り返されてきた荷物を取り出して「まだこんなに好きなのに」と泣き出すシーンでは、思わず泣きそうになってしまった。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

落ち込みながらも、周囲の人の温かさに触れ、自分を省みて立ち直っていく姿は、ベタと言えばベタなんだけれど読んでいて元気になれるなぁ。
私も頑張ろう!と思えるというか。

「薬になるのは『時間』だけ」
山田さんの至言も光りますv

それにしても、やっぱり高野部長はいい!!!!

今までのひうらさんパターンだと、絶対に高野部長が最後の相手だと思っていたのですが・・・どうなるんだろう?
マコトくんもリベンジしてくるだろうし、吹っ切った蛍がその時どう感じるかも気になるところ。
ドラマも視聴率良いみたいですし、続刊楽しみです♪

そのドラマの方。
一回も見てないんですが、部長は藤木直人さんなんですね!!!
密かにそうだといいなと思っていたので嬉しいv
マコトくんは誰なんだろう・・・見なきゃなと思うのに、毎回見逃す(^◇^;)

***

この間、本屋で

ねえ、honey知らないの? (KCデラックス)

の新装版みつけました。

おお~懐かしいvv

男子高校生×女教師(26歳)でしかも甘甘(笑)
乙女ゲっぽい設定だわ。
こちらも面白いので、お勧めです。
テーマ:ホタルノヒカリ - ジャンル:テレビ・ラジオ
「西の魔女が死んだ」感想+映画化について 
2007.07.23.Mon [ 小説
西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ
梨木 香歩 (2001/07)
新潮社

この商品の詳細を見る


ふと読み直したくなって、手にとってみました。

***

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女・まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。

「西の魔女」とは、まいの祖母のこと。
祖母のいう魔女とは、代々草木についての知識を受け継ぎ、物事の先を見通す不思議な能力を持つ人のことだと知ったまいは、自分も魔女になりたいと願い、「魔女修行」を始める。

この「魔女修行」とは、意志の力を強くし、何事も自分で決めること。
そのための第一歩は規則正しい生活をするといった地味なものだった。

野苺を摘んでジャムをつくったり、ハーブで草木の虫を除いたりと、身近な自然を感じながらの心地よい生活が始まり、次第にまいの心は癒されていくが・・・

***

「もう学校へは行かない。あそこは私にとって、苦痛を与える場でしかないの」
そうはっきりと言うまいに、ママは困りながらもおあばあちゃんの家で過ごすことを提案する。
『まいがそこまで言うからにはよっぽどのことなのだろう』と。

この流れ、改めて読むと新鮮でした。
だって中学一年生でしょう?
こんなに大人びていたかな・・・と思わず考えてしまった。

母親との信頼関係があるのも、なかなかに凄い。

けれど、読んでいる内に身に覚えがある文章がたくさん出てきて、「ああ、そうだったなぁ」と引き戻される感覚がありました。

女の子同士の派閥が、なんだか面倒で浅ましく思えてしまったり。
粗野な雰囲気の隣に住む男性に恐怖を抱いたり。
父親の「死んだら最後で何もない」という言葉や、鶏の死骸にショックを受けたり。

こちらがドキっとするくらいに鋭くて大人びているかと思ったら、何気ない言葉や行動で傷つく潔癖さや繊細さを持っている。
それが、この年頃の少女なんだな・・・というより、自分もそうだったなぁとほんのり照れくさいような気持ちと共に思い返されました。

夜ベッドの中で、「死んでしまったらどうなるんだろう?」と考えたら怖くて眠れなかったあの頃の気持ち。
絶対忘れない、きっと一生この怖さはなくならないと思っていたのに、いつの間にか忘れてしまっているものですね。

淡々と描かれる、おばあちゃんとまいの生活と交わされる会話。
そのひとつひとつに、今尚はっとさせられた。
確か最初に読んだのは高校生の時だったと思うのですが、また違った感慨がありました。

目の前がぱぁっと明るくなるようなラストは、何度読んでも泣いてしまいます。
自分に娘がいたら、勧めたいなと思う一冊。
きっと自分だったら、勇気づけられただろうと思うので。

***

そして、びっくり!!

映画化されるのですねーーーー!!

→梨木香歩原作、映画『西の魔女が死んだ』クランクイン!

母親役のりょうさん、イメージぴったりかも。
思いも寄らず、タイムリーな話題になってしまいました(笑)
テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学
のだめカンタービレ*アニメ版の最終回 
2007.07.23.Mon [ アニメ雑感
これまた今更ですが、まとめて見たので。

くっはーーーーーー!!!(//∇//(//∇//(//∇//)

甘ーーーーーーーぁいっ!!!

漫画でもドラマでも楽しんだのでもういいやと思っていたのですが、見るとやっぱり面白かった。
漫画と違ってタイムリーに音楽が流れる上、実写でない分演奏とのラグも感じないのも良いですね。

そして、漫画で読むより数段甘い。千秋・・・のだめの(ピアノの)こと大好きだな!!!!

千秋の関智さんがまた、たまらないのよ。

こんなにスタンダードに格好良い役、久々じゃないだろうか・・・?
王子様だー素敵だーーvv
シャウト系より、こっちのが好きですよ私は(笑)

最終回はやっぱり、じーんと来てしまいました。

***

あと、DTBと彩雲国とグレンラガン見なきゃ!
他のは諦めました・・・_| ̄|○
『地球へ…』一括視聴&ガンダムダブルオーとか 
2007.07.22.Sun [ アニメ雑感
『地球へ…』を3話まとめて視聴。

おおおOP変わってる!?

「ガラス 越しに 見てた 幼い 未来 きらきらしてた」

ってびっくりした!

『卒業写真』にあんまり似ててびっくりした!!!!

「悲しい ことが あると 開く 皮の 表紙」

に聴こえる♪

OPは明るいなりに歌詞なんかはイメージ合っていてまぁ良いとして、EDはなんか違くね?って早送りしたらどうやらケミストリーだったみたい。

・・・なぜケミストリー?←大人の事情です。

***

さて、本編。

キースの精神が崩壊するとしてもテラの情報を得るべきだとする長老達。
情報などいらない、早急に処置すべきだとする若者達。
その前に、キースと話し合うことで何かを得られないかとあがくジョミー。

しかし、キースの心を開こうと連れてきたトォニィには不穏な動きが。

***

フィシスとキースのつながり、なんとなくはわかるものの明らかにはなりません。
おかげで、この二人の接触がなんかえろいんですけどーー!!!

つか、キースに色気がありすぎるのがいかんのか??

わざわざキースの為だけに戻ってきたマツカへの仕打ちもひどいぜキース(笑)

***

トォニィには一体何が起こったわけなんでしょ?

結局トォニィは一命を取りとめていたが故、カリナの最期があんまりで泣けました(/_<。)
愛する人を次々と失う苦しみを思うと、胸が痛むわ・・・

この辺り、長老や若者達の板ばさみになりつつなんとか和解したいと願ったジョミーが、カリナの死に責任を感じるのも辛い。
それぞれの想いがわかるように描かれているだけに、どの角度から見ても痛いんですけどーーーー!!!!(笑)←笑えない。

***

しかも、キースがフィリスを人質にとって脱出しようとしたところで、ソルジャーブルーが覚醒!!!!

ぎゃーーーーーーー!!!!!(//∇//(//∇//(//∇//)

ブルー→フィシスなの?!
しらなんだ・・・しかも年の差萌えーーーーーー(萌え言うな)

やばいです。
なんだかすっごく、ソルジャー・ブルーが好きみたい。

ただいま。ぼくの女神ってーーーー!?

あああ、この破壊力はすごいよ!!!!

***

ナスカに最終兵器が投入されて決戦っぽい。

ってその前に、ブルーの死亡フラグが立ちすぎていて痛いぜ。

すぐ戻るよとか、言っちゃだめーーー(笑)←だから笑えない。

最後まで見たら、漫画買おう。

***

最後にガンダムダブルオーの予告入っててびっくりしました。

今更ですが、期待のほどをちょこっと。

初回もちろん見るよ~!
とりあえずそれなりに楽しみにしてるよ~!!!(あんまり期待過ぎるとショックがでかいかもしれないのでそれなりに留める)
所詮自分は機械ものに弱いと自覚済みなので。

高河ゆんキャラデザのガンダムって、すごいですね。
そんな日が来ようとは思いもしなかったよ・・・

なんかこう、戦隊モノぽいっつーかイメージとしては「ガンダムW」が思い浮かぶ設定。
普通に面白いと良いね。

ちなみに私、Wが腐女子向けだとはあんまり思わないんですが。
カップリング萌え皆無。
なんだかこう、もっとぶっ飛んだ世界にいるよなぁ・・・
なので、ダブルオーも予想の斜め上を行く展開を期待してます(笑)

MSのスタイルがやけに良くなっているのに驚き!!
すげぇ等身増えてません・・・??
膝下ながっ!お尻ちっちゃ!!

でもまぁ、世代の移り変わりを感じるというか。
最近の子は、やたら足長いもんな~。

5歳上の先輩達はどっしり型なのに、5歳下だとジャニーズ体型になってるんですよー何故か。

MSのデザインも、そんな世相を現しているのかなぁ・・・としみじみ思いました。

でもやっぱり!!
人間、中身だから!!!

中に乗る人に期待してますー。
一人、年齢不詳なのが怖いですね。
テーマ:地球へ… - ジャンル:アニメ・コミック
さらにコードギアスで図書館戦争。 
2007.07.21.Sat [ 小説
ニコニコ動画で試しに「図書館戦争」を検索してみたら・・・

あったーーーーーー!!!
しかも、コードギアスの藤堂+四聖剣で「図書館戦争」(笑)

藤堂=堂上さんは、背がネックだけどイメージは合ってるかも!
千葉=郁はちょっとキリっとしすぎだけど、ビジュアルはイメージ通り~vv
朝比奈=手塚もイメージ通りだ。スゴイ。

小牧さんが可哀想ですが(笑)

いっそこんな感じでアニメ化もいいな♪
アカウント持っている方は↓下に貼ってありますのでよろしければ。

図書館シリーズ制覇!でキャスティングとか。 
2007.07.21.Sat [ 小説
夢中になると止まらない、この身が憎い。
一気に読んでしまいました『図書館シリーズ』


図書館戦争
有川 浩
4840233616




図書館内乱
有川 浩
4840235627




図書館危機
有川 浩
4840237743



えーと簡単に言いますと。

公序良俗を乱す表現を取り締まる「メディア良化法」が成立・施行された世界(現代日本ですが)のお話です。
放送電波での表現に規制が加わるのはもちろん、印刷物は「メディア良化委員会」により検閲・押収されてしまう。

この辺り、現実にもないとは言い切れないリアリティがありますし、実際微妙な問題なので色々考えさせられます。

「ちびくろさんぼ」の廃刊はショックだったなぁ・・・
自分が大好きだった本の言葉が「差別」に当たると解されるだなんて。
つくづく、人を分け隔てるのは人の意識なのだと思い知らされました。
子どもは残酷(というよりストレートなだけですが)と言いますが、それも親の意識を反映するだけなんですよね。自分の付き合う友人に対してなど、余計な知識を入れられなかったことに対しては親に感謝してます。

で。まぁ、ここからがどーんと飛躍してすごい設定。
「メディア良化委員会」に唯一対抗できる組織が図書館であり、武力で制することを辞さない委員会に対し、武力による防衛を行うべく『図書隊』が設立されているのです。
あくまで専守防衛なので、やっぱり自衛隊意識して書かれているんだろうな。

そりゃねーよーーー!
だって守るの『本』でしょ?武力抗争ってどうなの!!
と突っ込むのは野暮というもの。

だってエンタメだからーー!!(力強く)

しかも読んでいると、不思議と引き込まれてそんな設定も馴染んでくるので、無問題。

また、通して読んでいて感じたのですが・・・図書隊は「本を愛しているから、本を守る為に命を賭ける」というよりはきっと、「自由」を守る為に賭けているんですよね。

読みたい本を、自分で選ぶ自由。
自分のしたいことを、自分の意志で選ぶ自由。

そこが重ね合わされているように感じたなぁ。

現代軍隊モノよりはマイルドに。
近未来SFロボットモノよりはリアルに。

守るべきものを投げかけている作品だなと思いました。
・・・大げさに言うとですが(笑)

実際読んでみると、さりげなく国家権力(警察含め)やメディア全般への風刺も入っていながら、文章はライトノベル風に(ライトノベルの定義は曖昧ですが)勢いがあって読みやすくて、息をつく暇もなく読んでしまいます。

とにかくキャラが立っていて、会話がテンポ良くて死ぬほど楽しい!!(*/∇\*)

でもってラブコメ万歳。←突然の方向転換。

本を守ってくれた王子様の背中を追って、女性初の図書特殊部隊員となった主人公・郁。
そして、そんな郁を厳しくも温かく(ってベタな表現ですいません/笑)見守る上官・堂上。

この二人の恋愛がもう、乙女全開で、悶え転がりっぱなしなんですよ本当にーーーーーーーO(≧▽≦)O
何度ベッドの上で「キャーーーーーーーー」と叫びながら悶え転がったことか(反応しすぎ)

胸キュンすぎて心臓が持たない~~。

ああそうさ大好きさ!!!!←開き直り。

漫画よりも活字でベタ甘で痒くてこっ恥ずかしいのが私はたまらなく好きさーーーーーー!!!!!(夕陽に向かって叫ぶ勢いで)

・・・というわけで、ミリタリ好きな乙女回路をお持ちの女性方にスライディング土下座で差し出したい程にお勧めです。
人気あるシリーズのようなので、今更かもしれませんが。


***

で、月9風ということでやっぱり、キャスティングするとしたら・・・・?

とか、考えちゃいますよね!考えちゃいますよこれは。

以下、長くなったので下から続きます。
▽Open more.
映画『舞妓Haaan!!!』 
2007.07.18.Wed [ 映画
今更なんですが、舞妓Haaan!!!を観てきました。ギリギリだった・・・(公開が)

***

舞妓しか愛せない熱狂的舞妓ファン、鬼塚(阿部サダヲ)が京都支社に転勤に。
あっさりとOLの彼女・富士子(柴咲コウ)を捨てて京都へ向かうが、「一見さんお断り」の壁にはね返されて・・・


***

阿部サダヲが凄すぎて、何をやっても面白いハイテンションムービーでした。

もうこれ、ストーリーがどうこうじゃないよ(笑)

とにかく阿部サダヲ演じる鬼塚が舞妓「オタク」を通り越して舞妓「狂」。
舞妓しか愛せず、舞妓の為になら何でもする彼の姿には笑いを越えて清々しささえ感じるのでした。

お茶屋に入る為に、ヒット商品を開発。
旦那になる為に、プロ野球球団を設立・・・かと思いきや自分も選手に!?

息をつく暇もない展開に、笑いっぱなし。
後半は割と心情ベースの展開になるのですが、最後まで楽しめました。

***

ちょっと内容に触れます。

お茶屋で「一見さんお断り」とはねつけられて、何故か突然ミュージカル風になるのは、なんだか浮いてたな。
その後もそういう演出で来るのかと思ったらそうでもないし。

前述の通り、阿部サダヲの絶妙な演技だけで面白いのでそこまですることはなかったかなと思ったり。
真矢さんがいるから使ってみたかったのか!?(笑)

個人的に一番笑えて死ぬかと思ったのは、

「ななはーーーーーーーん!!」

とただ叫ぶとこでした。

序盤だったこともあるのかなー?
腹筋震えるほど笑えて周りの人に恥ずかしかった(笑)
会場全体、笑うムードだったので良かったですが(^◇^;)

***

舞妓さん、綺麗ですねぇv
京都弁と花街言葉はまた違うそうですが、あの口調がまたたまらなくて鬼塚ならずともふにゃーんとなってしまうのがわかる気がしました。

ただ、きっと皆さん感じたことでしょうが、舞妓さんは柴咲さんや京野さんみたいにハッキリした現代風美人よりも目や口が小作りな方のが似合いますね。
駒子ちゃんや豆福さん(酒井若菜とは気付かなかった!)のが綺麗だったわ~。

柴咲さん演じる富士子は、舞妓修行を経て普通の化粧に戻った時のが綺麗だった。
けど、終始一途に鬼塚を追いかける姿が気持ちよかったですねv
鬼塚自身はあまり変わっていないので、今後とも苦労しそうですが(笑)

鬼塚のライバル、堤さん演じる貴一郎は「金があったら何をしてもええんじゃ~」と下品な遊び方をするプロ野球選手なのですが・・・

うあああ、エロい。なんかもう「いっそ遊ばれたい」フェロモン垂れ流し!!(笑)

駒子との関係が、切ない恋物語と思いきや意外な方向へ転がって行くのも、個人的には良い落としどころだと思った。恋愛関係のが面白かった気もするけど、オチをつけるのが大変そう。

***

後半が心情ベースの割に、鬼塚はやはり掴み所がなかったり、貴一郎が派手な遊び方をする理由としては微妙に納得しがたかったり、ちょっと詰めが甘いなぁと感じるところはあったかも。

そこは、鬼塚vs貴一郎のプライド合戦でテンションを上げて乗り切っているかんじでした。
つか、舞妓狂の鬼塚がそこまで貴一郎にこだわるのって何で!?むしろ好きなんですか?とか一人思ってた(笑)

一緒に見ていた人は、後半でちょっと飽きちゃったみたいです。何度か落ちたと言ってました。
あと、もっと舞妓さんハウツー映画かと思ってたらそうでもなかったと。

あと、隣に座っていた小学校低学年の男の子が「おかーさん、『しせいじ』ってなに?」と聞いていたのが非常にいたたまれなかった・・・・そうだよね、わからないよね、うん。

***

脇もゴージャスで、何も考えずに楽しめるコメディで面白かったです。
ちょこちょこ出てくる人のインパクトが強いし、笑える。
特に、医師役の北村一輝は凄かったよ・・・どこのおかまちゃんだろうと思って見てたら振り返った時、思わず叫んだ(笑)
テーマ:映画 - ジャンル:映画
図書館戦争 
2007.07.16.Mon [ 未分類
図書館戦争、読んでみたらイメージしてたのと違った!!本当に戦闘するんだー!?

それよりなにより…

ラブ過ぎて死にそう。°・(>_<)・°。

これはホントに、キュン死しそうだったよ。悶えた…!!

この王子&鬼コーチぶりは男性が書いたとは思えない。と感動してたら、作者さん女性なのですね!!

あら勘違い。そして納得(^o^)/

めちゃめちゃ面白かったです。早く続きが読みたくてうずうず。
でもこれ以上荷物が増えるのは避けたいので我慢~!

つか、モノレールってなんでこんな揺れるの?!
今メール打ってるだけで気持ち悪いさ…

台風で帰れなかったらどうしようかと思ってたので、飛行機飛びそうでよかったです♪
連休 
2007.07.13.Fri [ 日々の徒然。
遠出&宿泊になります。
コメント・拍手へのお返事等が携帯からの返信・もしくは月曜以降になりますのでよろしくお願い致します<(_ _)>

つか、台風が心配なんですがね!
帰りの飛行機飛ぶのか・・・?

ううう行きたくないなぁ。雨だし。
家でまったりしてたい3日間。←どんだけインドア好き。

文庫本で読むのがないので、気合いでハードカバー本を持って行きますよー!

あと、ついにDSLite(黒)を買ってしまったので、それも持って行こうっと。ホテルで一人まったりする時間がきっと至福の時間・・・(笑)
普通のDSは売ろうと思います。売れるといいな。
ここ2・3ヶ月で読んだ漫画 
2007.07.13.Fri [ コミック
長い!スパン長いよ!!(いつ出たものやら)
溜まりすぎたので一言紹介で。

***

フラワー・オブ・ライフ 4 (4) (WINGS COMICS) フラワー・オブ・ライフ 4 (4) (WINGS COMICS)
よしなが ふみ (2007/05)
新書館

この商品の詳細を見る


正直言って、1巻読んだ時は面白いんだか面白くないんだかわからないな~いや、面白いけど。みたいな印象でした。

その後も、「まぁ、よしながさんだから」と思って買っていたのですが・・・
うーん、やられた!

タイトルの意味が胸に迫るクライマックスはさすがでした。
1巻から読み直すと、周到に配置されたエピソードに瞠目するばかり。

1年前より「大人っぽく」なって、桜の下を歩く二人の姿にじんわりくるラストでした。
この読後感、なんとも言えない・・・読んでみてとしか言えないのが悔しいなぁ。

***

辺境警備 1 (1) / 紫堂 恭子

「癒しの葉」で大ハマリした紫堂さんですが、「辺境警備」は未読でした。
文庫版が出たのでこれを機に購入。

いやー、面白かったです!

都から離れたのどかな辺境に飛ばされた「隊長さん」、女性と見紛う美しさの「神官さん」、軍役よりも農作業の得意な「兵隊さん」達。

とにかくもう、兵隊さんの強く優しくたくましいことったら。
辺境の村で起こる様々な事件を通して、神官さんのみならず読んでいるこちらもほのぼの癒されました。
隊長さんは顔のせいだけじゃなく女にモテだろうなそりゃ!格好良いもん。

紫堂さんの漫画を読むと、自分の周りにある大切なものは何だったろう?とひとつひとつ手で触って確認したくなる。

***

のだめカンタービレ #18 (18) のだめカンタービレ #18 (18)
二ノ宮 知子 (2007/06/13)
講談社

この商品の詳細を見る


音楽に向き合うことで、なんだかすれ違ってしまう千秋とのだめ。
のだめより師匠選ぶのね・・・酷い男だわ。でもそこがたまらん。
でもまぁ、電話とかラブラブそうだけどな!!←嫉妬?

ルイの母親や音楽に対する葛藤は読み応えありました密かに。千秋への想いの芽生え(?)も気になるところ。

つか、扉絵が!!!!!

おにぎり作るのだめと千秋、鏡の前で着替えるのだめ、スーツ脱ぎかけ(笑)の千秋・・・などなど、一目で「ぐっひゃー!」とツボに入る扉絵が多かったのです今回。

動きを切り取るのが、上手いなぁ。
悶えました(//∇//(//∇//(//∇//)

***

邪眼は月輪に飛ぶ 邪眼は月輪に飛ぶ
藤田 和日郎 (2007/04/27)
小学館

この商品の詳細を見る


とても面白かったです。
久々に、「あああそうだ!漫画ってこういうもんだよなーーー!!」と熱いものが込み上げてきた。

これぞ藤田節、なメッセージ性が叩きつけんばかりに強くあるにも関わらず、エンタメとしてもがっちり外さない。

一冊でがーーっと引き込まれてきっちり終わってふぅと息をつきながら充実感と共に本を閉じる。
これぞ至福の時!!ですよ・・・うーん、読んで良かったvv

物語としては、その眼で見られたものはすべて死んでしまうというフクロウ「ミネルヴァ」が東京上空に現れ、それに立ち向かうというシンプルなもの。

なのですが、13年前にミネルヴァを撃ち損ねた鵜平とその娘・輪。米国からやってきたケビンとマイクがそれぞれに何かを抱えながら最凶の存在に向かっていく様にいつの間にか引き込まれてました。

トーンいらないと言われたという(笑)クライマックスシーンには思わず鳥肌。
孤独のままに月へと向かっていくミネルヴァの姿が切なかった。

「うしおととら」も「からくりサーカス」も長くて読む気しねぇ!という方にもお勧めしたい一冊です。

***

eensy-weensyモンスター 1 (1) (花とゆめCOMICS) eensy-weensyモンスター 1 (1) (花とゆめCOMICS)
津田 雅美 (2007/07/05)
白泉社

この商品の詳細を見る


うーむ、買ってしまった。
予想以上に軽やかで読みやすくて面白かったです。
少女マンガだーーーー!!←当たり前。

ごく平凡な主人公に、きらびやかな幼馴染と兄達。
ありがちな設定なのに、どうしてこうも「上手い!」と唸る面白さなのか(笑)

普段温厚な主人公が、女の子にモテモテ・きらっきらの「王子」にだけは悪意が噴出してしまうというお話なのですが・・・

その「王子」、うわーー嫌だーーーー!そりゃ一言いいたくもなるわ。という嫌味っぷりを見せておいて、次に実はこうなんです。という素直で素敵な面を見せられちゃうわけですよ。

そのギャップにすとーんとやられた。
主人公・なのはも彼と実際話して知っていくうちに認識を改めていく、その過程に思い切りシンクロしてしまっているのねつまりは。

そして、基本的に「本当に嫌な人」がいない(今のところは)話なのがいいなぁ!
ふわ~っと明るく気楽に読めて、良かったんです。なんだか。

***

新世紀エヴァンゲリオン (11) 新世紀エヴァンゲリオン (11)
貞本 義行、GAINAX 他 (2007/06/18)
角川書店

この商品の詳細を見る


アニメよりもずっと、カヲルくんに人としての肌触りがあるのね。
むしろ熱いぜ・・・・!!

でも読んでいて気付いてしまった。
たぶん10巻を買っていないことに・・・(/_<。)

きっと漫画の方がわかりやすいと思うので、きっちり買って読み直そうと思った今日この頃でした。
だってもう、劇場版なところまでストーリー進んでる!!すごい!!

連載始まったとき、「これ、いつか終わるのかな・・?」と思った覚えが・・・それを思うと感慨深い。
最近のジャンプ感想 
2007.07.13.Fri [ ジャンプ感想
うおおお!
やっと4週間分くらい溜めていたジャンプを読みましたよ~~!!!←溜めすぎ。

さらーーっと読んだので、読む気するのやらしないのやら、話がわからんのやらスッキリ笑えるのやら、はっきりしてしまったかも。

ちょっぴり感想です。


■ワンピース

毎回楽しくて、かつ続きが楽しみ。
元々ネガティブすぎてネガティブホロウズが効かないウソップにすごい笑ったーーー!!!そうきたか(笑)

ネガティヴホロウズは本当に最強、かつリアクションが面白くていいなぁ。
「みなさんと同じ大地を歩いてすいません」
って!!(爆笑)


■NARUTO

さらーーーっと読んでたらよくわからんうちにサスケが勝った。
説明されても「ふーん、そう・・・だった・・・かな?」ってなるのよすいません。

To loveるみたいに、単行本になったらサスケに乳首がついてたりしないんでしょーか。←気になる。


■アイシールド21

4週一気読みしたので、疾走感溢れててすごい面白かった。

負けたら3年生は終わりなのは、王城も同じ。
涙を流す高見の姿に、思わずじーんときてしまったよ!

うあああ・・・。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

そして、どんなに勝ち続けてもチームが同じ形で続くことはないんだよなぁとしみじみ思ったり。
なんとなく、この作品はきっちり最終回を迎えるんじゃないかなと、その姿が見えた気がした。
そこまでしっかり続いて欲しいな、これだけは。


■銀魂

育毛CMオチひでぇーーーーーーーー!!!!(笑)
あり得ない、あり得ないよそれ!!!!

今週の銀魂は、神楽が可愛くて無声映画っぽい演出も好きでした。
あ、新しいじゃないの!

可愛い傘持って嬉しそうな辺り、アニメのEDでエリザベスが傘くるくるしてた曲が思わず脳内に流れた♪


■リボーン

うわおう!!

すっごいすっごい山獄ですねーーーー!!!!

今のジャンプで一番女性向なのって、リボーンだと思う個人的には。
内容が狙っているわけではないんだけど、男性陣から色気が放出されすぎだと思うのね。

絵柄が綺麗で可愛くて、でも独特の色気があるのがとても好きだ。

とりあえず共闘燃え(萌え)。


■To loveる

幽霊ネタはどうでもよかったんだけど、天条院さん→ザスティンはすごく可愛い(そして可哀想)と思った。


■クレイモア

テレサさん・・・・・!!!!!
↑喜んでます。


■サムライうさぎ

しゃちほこる二人が可愛い(//∇//(//∇//(//∇//)

弟くんが良い子すぎて、思わず感情移入してしまったですよ。


■エムゼロ

ううう。タイムパラドックスネタはよくわからなーーい!

けど、毎回「読もう」と思えるし面白いですよ。
To loveるのザスティンのごとく、先生がもてるとなんだか嬉しいのはなぜ?

ついでに言うと、あんまり進んでなさそうだしぱらっと読めばいっか~と思って読んだらよくわからん。というラインナップは、

NARUTO、BLEACH、D-Gray-man、ムヒョ、ラルΩグラド

あたりでした。
・・・看板ばっかり?

でも、連載浅い方が緊張感あってまだ読む気するんだよなぁ。

と思っていたら、終わっちゃったねラルΩグラド・・・


■瞳のカトブレパス

が、頑張ってる・・・!頑張ってるよね!!
なんかこう、一生懸命さが伝わってくるような。

でも、ツボを押さえたキャラが次々投入されていて嫌いじゃないですよ~。巨乳さん可愛いー!
そうじゃないと続けられないのかなぁ、と思うと一抹の寂しさがありますが。

お兄さんが敵なのね!!
わかりやすいうちは兄弟か・・・
って思いました(喜んでます)


■P2!

たぶん、一番普通に続きを楽しみにしてます。
展開としては乗り切って勝ってくれると読めるんだけど、そのカタルシスを味わいたいなぁと素直に思える。


■ネウロ

怖い・・・・今週、怖すぎる。

こんなことされたら生きていけないって、一体何されたんだ・・・?
でもって、弥子ちゃんは一体どうなってるんだ・・・!?

続き、読みたいようなでも読みたくないような、この緊張感は一体何事。

なんだか不気味でぞくぞくしますよ。
サイの正体を知る鍵は弥子にあるのでは、というアイの迷いが土壇場できいてくる・・・んだと良いなぁ(希望的観測)
テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌
黒バラ~ 
2007.07.09.Mon [ 日々の徒然。
最近、土日も仕事に出ているのでへろんへろんであります。
つーかーれーたー!

いやいや、普段は週休二日なんでいつも忙しい方にはグーで殴られそうなわけですが。休む日がないって辛いねぇ。
主婦になったら毎日仕事なわけで大変だよなとしみじみ思います。

でもバーゲンは行ってます!滑り込んでる。
色々買ってしまったよ・・・「次は来れないかも」「今買わないとなくなる」・・・この心理をものすごく利用されているわ。
しかし、あまりにも殺気だった人混みには思わず萎えたり。
ここは東京か!?と思わず叫びました。あーびっくり。

で、タイトルですねタイトル。

はぁもう疲れたなんにもしたくなーい!
って、テレビつけてぼんやり見ながらコンビニで買ってきたから○げクンと一緒にチューハイ飲んでたわけですよ(不健康ですいません。でも、朝は青汁ミルク飲んでるこの矛盾)

したらば、ブラックバラエティに土田晃之が!!←なんか好きなんだ。
思わず釘付けだったよー!

ガソダムについては置いておいて、あの絶妙な切り返しもさることながら、全体的な雰囲気が好きだ。むしろ、顔も好きかもしれない・・・あの顎とパーツが中に寄った感じがたまらないわぁ。つか、なんか最近色気出てないか!?

付き合ってくれって言われたらものすごい勢いで付き合うなぁ(どんな仮定だ)

しかし、ここでひとつ問題が。

私、子安氏見る度に土田晃之に似てると思うんだよな~。

あああ・・・子安を許容する為につっちーも好きになったのか私はもしかして!?どちらが先なのかは余り考えないようにしよう。
どっちも昔からいるしね。

とりあえず、黒バラ見てときめいて癒された~風呂も入ったしよーし寝るか。という話でした。

ああっ、新ドラマも全然見れてないー!
最近バラエティとニュースしか見てない気がする(しかもぼんやりと)
アニメ雑感 
2007.07.07.Sat [ アニメ雑感
・・・と言っても、あまり見られていません。
さっき月曜日だったのに、もう金曜日だ。あああ・・・

一昨日は「お?これは貯水量回復?」みたいな大降りだったのに、どうしても仕事で高速に乗らなくてはいけなくてスッゴイ疲れましたよー。
怖いんでギリギリ80キロくらいで走ってたんですが、隣をトラックが抜かしていくとばっしゃああああって水しぶきかぶって本気で視界ゼロになるんですよ!!死ぬかと思った・・・(/TДT)/

しかも一緒に乗ってたのが若い男のくせにものっそいペーパードライバー・・・つ。使えない、使えないよ君!!!それで仕事出来ると思ってんのか!?

そしてガンソとロミジュリという大好きだったアニメが視聴中座してるーーーー!!!のでした。

はぁぁ・・・やっぱりPCで見るのには気力がいるんだなぁ。
立ち上げたらとりあえずサイトチェックをして力尽きてしまうんだよ。

しかーも、さっさか消したいのと見たくてたまらないのから見ていたら中途半端な印象のヤツをなかなか見ないという結果に陥ってます。

ごちゃごちゃ言ってると止まらないので、感想いきまーす!(愚痴だらけだー)
いつにも増して、支離滅裂なのはご容赦ください。


■地球へ…

ちょ!キースはなんであの美青年からあの眉毛になるの?(笑)
きっとサムとも離れて心の癒しが足りなかったんだねっ・・・

でも、脱いだらスゴイんですよキースは!!
んまー良い身体になっちゃってv
すらっと青年体型から軍人さんぽくなった。

おかげでマツカとの絡みが怪しいあやしい(笑)

サムはすんごい可哀想なことに。
そして今更ながらに気付いたのですが・・・
私、どうもジョミーに感情移入できないみたいです。
>えー!

ついに対峙するジョミーvsキースの場面でも、思わずキース寄りv

それにしてもまさか、フィシスとキースがつながるとは思わず。
全く同じ存在・・・?にしては似てないな。
意図されるものとしては、「地球への指向性」と感じるけれど。
マザーもちらっと言ってた覚えがあるけれど、フィシスもキースも地球へと帰る鍵となる存在ということは間違いなさそう。


■銀魂

紅桜編終了~!!
めちゃめちゃ格好良くて、燃えました。永久保存ー!!

銀さんvs似蔵は「おっ!?」と思う程に動きが良かったし。

桂と高杉の対話なんて、うおおおってそれだけで大興奮でしたし。

ちび銀さん達も可愛かったし。

銀さん&桂の共闘も良いよねーー!!
「共闘」の二文字に弱いッス。

熱い一話だった。そっと取っておくよ・・・

でも、一転して笑いに徹した今週も好きだ。
山崎の声の人、浪川さんぽくて可愛いんですが誰ですか?
カバディカバディ。


■DTB 「壁の中、なくしたものを取り戻すとき」

や、やばーーーーい!!
あんましわからない。

基本的に、お化粧してるときか掃除してるときか御飯食べてるときしかアニメ見てないのよ最近。お風呂の中で見られればいいのに・・・

それでも充分に筋がわかって楽しめる銀魂と彩雲国は偉大だと思いました(いや、原作知ってるし)

えーと、ちびっこ黒兄妹が可愛かったですよ。
ヘイは美貌で男性も女性も惑わし過ぎだと思います。くぅーーータマランね!!!

いかにも胡散臭い中原茂声のニックが黒に傾くのはバッチコイなのに、インド美人系女性(名前くらい調べなよ)が面白いくらいに黒に傾くのは「ハイハイ好きにしてー・・・どうせ無駄だけど!!」と思う自分が本当に酷いと思いました。

いやもう、伏線とかホントわかってないっス。
ニックどこへ行ったのー?壁なんなのー!?


■キスダム

余りのつまらなさにびっくりしてるんですが、どうしましょう。
それなのに、どうして私はこれを消化しているのか。


■彩雲国第1シリーズ

「黄金の約束」があっさり終わったー!
こうやって見ると、ものすごく端折られてるのね。
・・・って、私が見てないんでしょうか何か見逃してるんでしょうか。

筋としてはわからなくはないんだけど、やっぱり感動としては薄いかなぁ。秀麗に感情移入まではしにくいというか。
最後に苗を送ってくれる下りなんて、綺麗な落としどころだと思ったんだけどサラっと終わってた(笑)

梅干の一文字すら出てこないのね。
あれ・・・?盗賊兄弟、出てきたか・・・?

奇人さん居眠り&雷コンボは良かったなぁ!

声が艶つや。お肌も髪もしっとりツヤツヤ。
文章だとそんなディティールにニヤニヤできるのが良いけれど、声と動きがあるのも素直に良いと思う。
むしろこういう所を重点的に見せて欲しいものですどうせなら。

とりあえず、男同士の絡みはいらんですよー。時間が勿体無いからー!

***

あと、ヒロイック・エイジと鋼鉄三国志が溜まっていってます・・・微妙なポジショニングなのね。

のだめは漫画も持ってるしドラマも見てるし、もういいや。と思ってたけど、やっぱりアニメも面白い。
彰まで出てきたーーーーーーー!!!!!!
そして、関智さんが普通に格好良いのです。叫んでないのも良いね。
脳内メーカー 
2007.07.03.Tue [ 日々の徒然。
巷で噂の「脳内メーカー」面白そうなのでやってみました。

わくわく。

・・・・・・・


うそこメーカー
水瀬 涼の脳内イメージ

ひでぇな、オイ!!!

一片足りとも他の要素がないよ・・・!?

ちなみに本名だと「愛」「嘘」「遊」「食」で埋め尽くされてました。
やたらと赤とピンクで明るいったら。

どう転んでもそういう結果が出るらしい。
7バトン 
2007.07.03.Tue [ 日々の徒然。
フル☆マルコさんから『7バトン』をいただきましたー!!う、嬉しい・・・v
非常に遅くなってしまい恐縮なのですが、レッツトライ。

1.まずは自己紹介を7項目にまとめて
2・自分の性格を簡単に7つあげて
3.好きな曲を7曲あげて
4.好きな芸能人・有名人・スポーツ選手を7人あげて
5.このバトンを7人に回して


わーいヽ(*⌒∇⌒)ノ::・'゜
全力投球で、行かせていただきますっ。
▽Open more.
| BLOG TOP |
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。