ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年06月の記事一覧
≪05month
This 2008.06 Month All
07month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況とか 
2008.06.28.Sat [ 日々の徒然。
今週でやっとフラメンコの方にひと段落つきました~!
趣味なんですが、死ぬほど一生懸命にやってしまったですよ。
なんつーか、生きてるーー!!ってかんじしました。大変だったけど楽しかった。

私はそこまで仕事が忙しい時期ではなかったんですが、周りの人が散々踊ったあとに「これから夜勤~!」とか言っていると私なんてまだまだ。独り身だし気楽なもんだと活を入れてみたり。

色んなお仕事、色んな世代、色んな個性の人たちが集まっているのになんだか一緒に頑張れちゃうという意味で、ただ単に「好きなこと」というのはものすごい求心力があることだなとしみじみ思いました。

同人活動も、こんなかんじだろうか。
なんでこんなに頑張っちゃってるんだろう(他が圧迫されるしね)・・・でも、これがあるから活力湧いてくるのよー!っていう(笑)

明日はひっさびさに、丸一日なにもなくてフリーなんですよー!
ものっそい嬉しい。何しよう。わくわく。
人と会う予定があるのもいいけど、やっぱり一人きりな時間も大好きだv

とりあえず、今夜はがつがつ遥か4やってます。

映画の「クライマーズ・ハイ」は映像も迫力あったし何より俳優陣の演技がすごくて圧倒されたんですが、それだけに細かい描写でよくわからないところがたくさんあって小説ではどうなのか気になりました。
原作買ってきたので、それも読めたらいいな。感想はそれから書きたい。
とりあえず、脇を固める俳優さんまで個性豊かで「あれ、誰だ!?」と思わず調べてしまうお上手さでした。
あと、ネタばれとは違うんですが内容触れるので反転<スクープを目の前にしてそれを山に例えた新人記者(女性)が「今、足が震えています」と告白すると、県警キャップ狭山@堺雅人さんが「俺とお前はザイルでつながっている」と言って現場に踏み込んで行くシーンで>めっちゃときめきました。ふおおおお格好良ぇーーーーー!!!!

来月は仕事が忙しくなるので戦々恐々ですが、連休遊ぶ為に頑張らないと(と自分に言い聞かせる)
早め早めに期日を持って行けばなんとかなるはずだ。なんとかせねばならん。
スポンサーサイト
ペルソナ トリニティ・ソウル#24「贖罪の楔」 
2008.06.24.Tue [ ペルソナ
ペルソナ、最近は毎回泣いている気がする。
前回は、最後の雪のシーンでわーっときたのですが、今回は終わった後でじわじわ切なさが込み上げてきた。

だって、あんまりじゃないか・・・・!!
どれだけ一人で抱え込んできたんだよ諒兄さん。

早く弟たちに真実を教えてあげれば良いのに。と最初は思っていたわけですが、そりゃ言えないよな。
単に危険から遠ざける為だけではなく、洵と慎の笑顔を守る為に諒は独り戦ってたんですね。

あんなに兄バカだったのに、表情さえ凍らせて。
映子さんも、あれは切ないよ・・・・

あと2回なのですが、次回は「あり得たかもしれない現在」のお話みたい。(*1週遅れで見てます)

うわぁ・・・どうなっちゃうんだ最終回!!!!
ものすごく容赦なく悲しいことばかり起こっているんですが、最後には救いがありますように。

それにしても・・・

幼い洵&結祈と慎は破壊的に可愛かった。

あまりの可愛さにそのまま悶死するかと思いました。それで悔いはない。
テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック
ラスト・フレンズ最終回 
2008.06.24.Tue [ 日々の徒然。
ドラマあまり見ないのですが、今期は「ラスト・フレンズ」見てました。

重いし暗いんだけど、なんだかぐっさりきて目が離せなかった。
ああ、こういうのわかるなぁという瞬間があって。

シェアハウスでの友人同士の空間は、懐かしいようなきゅんとした気持ちになって癒された。

恋愛を越えて、一人の人間同士としての関わりや絆がテーマだったんですよね。
綺麗すぎる終わり方かな~とも思ったんですが、そこまでが重かっただけに、これぐらい理想的に終わってくれた方が後味良くて良かったな。

トラックが近づいてきたときには「ひーーー!!!!そんな惨い終わり方はやめてーーー!!!」と叫びましたもん(笑)

やっぱり最後には、救いがなきゃ。

樹里ちゃん&瑛太はよく考えるとのだめコンビなのに全く別人で(当たり前だが)、さすが俳優さんだなぁと思いました。
映画「クライマーズ・ハイ」 
2008.06.24.Tue [ 映画
試写会が当たってしまったのですが、行けるかなぁとドキドキしてます。
今のところそんなに忙しくないので、このまま何も入りませんように。

堤さんも好きなんですが、堺雅人さんも大っ好きなんですよね。
堺さんと佐々木蔵之助さんがすごく好きだと言うと「えーーー?」と言われることが多いんだが何故だろう。
めっちゃ素敵やん。出てくると色めきたつ。

全員に共通するのは、声も好きだということだ。
アニメ・webラジオ雑感 
2008.06.18.Wed [ アニメ雑感
■銀魂

脱獄の回。

おおおおーーーー!
山崎潜入に続いて獄門島と、桂@あっきーら続きでただでさえテンション上がっているのに・・・

ちょ、ゲストに小西さんかーーーーい!!ゴージャス。

しかし、冒頭では「なんだか妙に上手い人だなぁ・・・ベテランさん?」と思いながらぽやーっと見てました。すぐに気づかないなんて不覚ーー!!タイトル入る寸前で「ああああーー!!」と叫んだ。

いやいや、気づかずとも上手いなぁと思うというところで愛を再確認ですよむしろ。
引きこもり息子の回では、狛犬役の人が微妙~な演技で萎えました。


■ペルソナ ~トリニティ・ソウル~

ああああ、まさかそんなーーーーーー!!!!!
叶鳴の上に、静かに降り積もる雪に号泣ですよ。ずびっ。
EDへの流れがまた、美しくて泣ける。

めぐみの「行かないで」の切実さ、拓朗の男前さ、慎の優しさ、全部にうるうるきてしまった・・・
本当に、良アニメですよこれは!!
最終回まで見たら、おもむろにP3始める予定。それまでに遙か4が終われば良いのですが。

それにしても、ラジオとのギャップがすごすぎる(笑)
毎回、子安大☆暴☆走で腹筋が痛い。


■コードギアス R2

天子さまかっわいいーーvv
小指の約束にニヤニヤ→ゼロうざーーーーーっ!!となるのはデフォルトだと思いますw

その悪役登場ぶりと高笑いのコンボは、思わず吹くってば!

というか、普通に星刻は交渉メインで仲間に取り込んだ方が良かったんじゃなかろうか。仮に天子さまの身柄を奪還したとしても、彼らも進退極まりそうですし。
天子さま、利用するには星刻いたら邪魔っつーことでしょうか。

と思っていたら「認めよう星刻、先にお前を落とすべきだった!」で終わった今回。
なんとなく、爽快でした(笑)
さすが星刻、時間のない男・・・格好良い。

100万人のゼロの回は、予想外かつ綺麗に伏線回収されて面白かったな。

ジェレミア卿復活も、嬉しい。あの衣装のゴージャスさ、普通に萌える。

るるくるステーションも聞いています。
基本的に福山さんってとっても絡みづらいと思うのですが(私だけか?)上手く返す櫻井さんとの相乗効果でとっても面白い。


■関東図書基地 広報課

別冊の台詞をきっちり抜き出してきたたっつん偉い!偉すぎる!!
有川先生も、大喜びです(笑)

私はアニメは見ていないのですが、原作者さんとの関係が良好なのは大切にメディア化されているからだろうなぁと感じるとなんだか嬉しいですね。
全ての作品が、それぞれのメディアで楽しめると本当に喜ばしいのですが。

にしても、やっぱり男子寮はフリーダムww
下ネタに走る度にきゃっきゃしている様子に、なんだか和みます。

女子寮も可愛いんですよーーー!
井上さんの「頭ぽんとされるときゅぅーんとくる」にニコニコしたり、みゆきちの「私のあきら(*もちろん石田彰である)への想いはそんな世俗的なものじゃないのよっ!!」に爆笑したり。

もうゲストは来ないのかなー?
そういえば、手塚兄の声はよっちんだそうで。
全くイメージと違うので驚いたのですが、彼が男子寮ゲストにきたらものすごく面白いだろうなと思います(笑)
テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック
運を使い果たしたか・・・「DIVE!!」試写会感想 
2008.06.13.Fri [ 映画
「DIVE!!」試写会行ってきました。

そこでなんと、会場で1人にしか当たらない主役3人サイン入りパンフレットをもらってしまいましたよーー!!!
はーびっくりした。こんなことがあるとは・・・
しかし、どれが誰のサインだかさっぱりわかりません。

本編感想をば。

ぴっちぴちでした、確かに。

なんかこう、眩しくて直視できないわー(笑)

話の流れは、知季が主軸なのかなやはり。飛沫や要一の葛藤も少し。
いずれにせよ、内面描写は原作に優るものはないと思いますのでそれ以外の感想をば。

飛び込みって、こんな雰囲気で練習したり試合したりするのねーー!
とわくわく出来たのが、何より良かった。

「おお!」と思ったのは、セームタオル(でいいのかな?絞ると吸水性戻るやつ)の使い方。
上で飛び込む前にぴしゃっと下に落として、飛び込んだ後に拾って戻るんですね。
その拾い方にも個性が出ていて、細かい!

飛び込みのシーンはかなり多くて、迫力あり。
高さや水に入る感覚が伝わってきて、気持ち良かった。
個人的に水(に入るの)が好きなこともあるかもしれませんが、夏にこういうのを見るのは良いですねv

「コンクリートドラゴン」のイメージにぴったりくる飛び込み台、随分年期が入っているな~と思ったら「日本で一番古い飛び込み台」だそうで納得。
最後の試合のシーンでは、飛び込み台の後ろに海が広がっていてこれまたすごく綺麗・・・と感動していたら実は地元でした。

主役陣3人とも、良かったですよー!
実は知季と要一の配役、逆のが良くないか?とか思っていたのですが観たらそんなことなかった。

要一くん役の子、どこかで見たことある気がするんですが、どこでだろう。演技派だったので、内面の繊細さを考えるとこの配役がベストだろうなと。
知季役の林くんは、とにかく可愛かった。これだけ美形で「普通の子」ってどうなの(笑)とも思ったんですが、ちょっと天然ぽくてまっすぐな所は上手くはまっていたんじゃないかな。
飛沫は、原作で抱いていたイメージとは違ったんですが、なんだか一番ハマっていたような。

終わってみて、原作のイメージは別としてどの人物も愛しいなぁと好印象でした。
3人で断崖から飛び込むシーンとか、萌えた~!じゃないや良かった~!!←繕えていない。

知季の「何かきゅうくつ。枠を超えたい」という感情、文章で読むと「なんだかわかるな・・・」という切実な感覚だと思うんですが、映画だとそこまでぐっと迫ってくるかんじではありません。要一や飛沫の葛藤についてもそう。

ただ、そこを越えて「その先にある何かが見たい」という明るさや熱さはぱっと感覚的に伝わってくる。
夏にぴったりの、爽やか~な一作でした。

珍しくペア鑑賞券だったので友人と行ったのですが、「原作読んでなかったら、素直に楽しめそう」という感想でした。
「要一くんの内面の捉え方が(脚本的に)なんだか違う気がする」とも言ってましたが。
それもわかる気がするけど、これはこれでありだなー私は。
個人的には、「バッテリー」よりこちらの方が素直に楽しめた。


DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)
(2006/05/25)
森 絵都

商品詳細を見る
DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)
(2006/05/25)
森 絵都

商品詳細を見る
テーマ:邦画 - ジャンル:映画
鎖骨と体質とダイエット 
2008.06.11.Wed [ 日々の徒然。
体質別ダイエット

このコラム、目から鱗でした。

まず直感的に、自分の発達しているところときて「骨・筋肉」だなぁと思って、鎖骨を見て「おおおV字になっている!」と思って、洋ナシ型で「ふおおお、正にそのとおりーーー!!」と叫んだ。

ありゃー、性格からむくみやすいところまで当たっている。
デトックス&リラックスを心がけよう~。

自分についてもなんですが、周りの「ほっそくて鎖骨すらーっで羨ましいな」という子が胃腸弱かったりするのも思い当たる節が。

皆さんどうでしょう、当たってる?
「ネオアンジェリーク Abyss Second Ag」・・・!? 
2008.06.10.Tue [ アニメ雑感
ああっ!!忘れていた・・・これだけは叫ぼうと思っていたことを!!!

「ネオアンジェリーク Abyss」が、7月から「ネオアンジェリーク Abyss Second Ag」となって放送されるそうでv

まーじでーーーー!!!???(大喜び)

なんかこう、あたい間違ってなかった!的な。嬉しさが。

アンジェの絶対無敵な可愛さのおかげだと信じてますが、実は上半身裸&よくわからんシャワーシーンサービスのせいだったらどうしよう。まぁそれはそれで、良いか。

とりあえず叫び満足して、寝ます。
やはり寝てしまったわけですが。 
2008.06.10.Tue [ 日々の徒然。
うとうとと、寝たり起きたりしながら頭に浮かんできたこと。

ここにある毎日の小さな幸福感や今周りにいる人への感謝を忘れないようにしたいなと思うのは、自分が本当に恵まれているからなんだろうな、と。
せめて自分が余裕がある時には、与えてもらっている分を返していきたいなと思う今日この頃。
まぁ、あんまりないんですが>余裕ある時。
短気だし、教え下手だしなー。
切羽詰まっていても、丁寧で気遣い出来る人を見るたびに「すげぇぇぇぇ」と思います。

でも結構、そこで落ち込むというよりは、自分に出来ることしか出来ないしなぁと開き直ってきたのは年の強さか。
出来ないことより、出来ることを数えたいなと。

とりあえず、ぶちっとキレそうになるまえに3呼吸するのが目下の目標です(笑)←低い。

なんてツラツラ考えてしまうのは、やはりぼーっとしているからだろうな。
夢うつつで、ネッ友さん達とおしゃべりしてたりしました。お会いしたことなくても、なんとなく雰囲気があったり~。面白いですね。

凄惨な事件が続くのは、やはりやりきれない。
そんな想いも、夢うつつの中にちょこっと関係しているのかなと思う。

寝起きで脈絡ないですが、なんだか色々考えてしまう日だった。
でもきっと、もう少ししたらまた寝ます。
うーん、お日様を浴びた布団ってほんとに気持ちよくていくらでも寝られる。それだけで、しあわせだ。
DIVE試写会当たったー! 
2008.06.09.Mon [ 日々の徒然。
今日は午後から外回りでずーーっと車乗っていたのですが、なんだかイマイチ集中力がない。
おっかしいなぁと思っていたら・・・アレだ、月いちの。
フリスクを手に気合い入れながら、なんとか予定を消化。

こんな状態じゃ仕事も進まん。ということで、さっくり時間で帰ってきました。
前回温かいコメントもいただき、何かあるときに我慢して頑張っちゃえ!というよりは一旦停止しなきゃなと思うようになったかも。

とはいえ、あーだるいなぁ嫌だなぁと思いながら帰って来たところ・・・

おおお!ポストの中に試写会のハガキがーーー!!!!

一挙にテンション上がりましたよーーー♪

昨日はきっちり掃除もできたし、ゆっくりご飯つくってのんびりしよう。
そしてネットしたりゲームしたり本読んだりするんだーーーー!

と言いつつ、寝ている可能性大ですが。

DIVE!!ダイブ 公式サイト
氷室冴子さん訃報 
2008.06.08.Sun [ 日々の徒然。
昨夜知りました。

「ざ・ちぇんじ」に「なんて素敵にジャパネスク」は、本当にわくわくしたし大好きだったなぁ。
鷹男の帝が大っすきでねぇ・・・当時は吉野君派と言葉を尽くして争ったものです。
それでいて、どっしりとお相手としてヘタレ(だがたまにいい所で締める)高彬がいるのがまた新鮮で。
当時から、報われぬ片思いモノが大好きだったのでした。

平安時代にも、これで興味持ったよなーと。
「あさきゆめみし」も読んでいれば、古典だって楽しく勉強できたさ。

上記ふたつは漫画版も大好きだったのですが、どっぷりコバルト文庫にはまることになったきっかけはもっと古い作品だったと思う。
「なぎさボーイ」に「多恵子ガール」・・・で、なんといっても「シンデレラ迷宮」!!
たぶん読んだのが小学校高学年だったので、ぐっさぐっさきましたよ。男の子と分化し始めて色々ある、複雑なお年頃なのよ。

「銀の海金の大地」は、調べたところどうも私が中2の時が初版。

今思うと、なかなかにエグいところもあるのに夢中で読んだ。
ずっと続きを待ち続けていて(無理だとわかっていても諦めきれないのがファン心理)実家にもしっかり全巻残っているのですが、もう続きを読むことはできないのですね。
どんな世界が氷室さんの中では広がっていたのか、垣間見ることもできないのがとても切ないです。

せめてもう一度、今の自分が読んだらどう思うのか読み返してみたいな。

思い出し始めたら言葉が止まらないほどに、たくさんの想いをくれた作品ばかりでした。
心よりご冥福お祈り致します。
アニメ雑感 
2008.06.05.Thu [ アニメ雑感
まとめて視聴したので追いついてきました♪
アニメって、枠が30分なので良いよね(何が)

今期は久々に連ドラ「ラスト・フレンズ」を見ていて、ものっそいぐっとくるというか面白かったのですが(暗重いけれども)最近見ていない。今日は忘れず見てみよう。


■精霊の守り人

実は、ラジオドラマであらすじ知ってしまいました。
思っていた以上に、後半タンダが男前というか重要な役割果たしていたので「おっしゃーー!!」と拳を握った。これからが楽しみ♪

ちなみに「これじゃ武人の妻だ」の前の回で叫んだ台詞は、「たまには俺を頼れよ」でした。
言われてみたいねこりゃ。


■ペルソナ トリニティ・ソウル

感想を上げそびれているんですが、見てます。
正直、ここまでツボに入るのは珍しい(久々)だなぁと。
アニメとしての出来如何よりも前に、とにかく「こういうの好きだ」という感想が先に来る。
こういう好きさは、「ノエイン」以来。
サントラ買おうかなーと思ってまっす。

あと数話なのですが、きっちり佳境に入っていて安心して最後まで見ることができそう。
2期は兄さんの出番が少ないのが寂しいのですが、存在感は保ったまま。最後の登場を待ってます。
マレビト側の描写で、うるっときてしまいました。


■ネオアンジェリーク

癒し担当ーーーーー!!何の気負いもなく和みながら見られることの嬉しさよ。

ロシュと「ローマの休日」な回、かなり好きでした。
正直うざいなコイツ、ベルナール出せやと思っていたカメラ小僧でしたが、今回はいいところ持っていった!むしろ誰よりも評価上がった!!(笑)

特別扱いしないどころか、痛いところも突いてみたり。いつもお嬢様口調なアンジェがタメぐちだったり。こういうの、女王候補制(じゃないや卵でした)としてはたまらんですよね!
コレットでのアリオスポジションだよなぁこういうのは、と思うとぐっとくるのよアンジェリーカーとしては。
デート風景とか、ベタすぎてにこにこしてしまいましたよ。

でもって、「早く女王になる」とアンジェが言い切ると、ちょっと切なそうにしてみたり。
おおお、いいじゃなーーいv

どうせゲームをプレイするなら、新キャラ入ったやつがいいなと思いました。ロシュ落としたいぜ!
・・・・勿論、出すつもりでしょKOEIさん。そういう部分で勝機は逃さないと信じている。

で、いつになったら無双乙女ゲは出るんでしょうか(真顔)


■ヴァンパイア騎士

えっろーーーい!とにやにやしながら毎回見てる。
弟に上記ネオアンジェリークを見せようとして見事挫折したのですが、勧めてもいないのに「今期のアニメで一番面白いのはたぶん原作が少女漫画っぽい吸血鬼のヤツ」と言いきったのでマジで一歩引きました。さすが、オトメン。


■絶対可憐チルドレン

これまた気楽に楽しんでます。
大人に見えてどっきどき☆の回はベタながらに面白かった。


■コードギアス

いつもジャンル→アニメで見て検索予約しているので、見事先週は見逃しました。
ま、いっか。


■マクロスF

ミハエルメインの回でにっこにこ。
クラン・クラン大尉が可愛いんだよ・・・・・!!!!!!

相変わらず、メイン3人の恋模様に全く食指が動かないのをどうすればいいのか。
むしろ、兄貴・キャサリン・杉田声の変な髪型の人の微妙なトライアングラーの方が気になるぜ。

娘フロ。は密かに欲しい。もってっけぇーーー!!

いやでも、サントラとしてはPtsの方が欲しいのよね。向こうはまだ発売していないことを思うと、買ってしまうべきかどうか。迷う。

マクロスフロンティアO.S.T.「娘フロ。」マクロスフロンティアO.S.T.「娘フロ。」
(2008/06/04)
菅野よう子中島愛

商品詳細を見る


***

「RD潜脳調査室」が落ちてしまいました。
動画で見るのって、個人的にはものすごくパワーがいるんですよね。いつの間にか、次の回になっている・・・
ペルソナだけは、見逃さないように気をつけているんですが。
はーべっくらした。 
2008.06.04.Wed [ 日々の徒然。
無事、試写会に行ってきたわけですが・・・
何か悪いものでも食べたのか!?
突然、激しい腹痛と吐き気に襲われて苦しんでました。

トイレにずっといて、だんだん貧血になってくるのがわかるのですよね。
下がってる・・・下がってるよ血が!頭下にしてみても昇らないよ!!
しかし、下からも出しているのに吐き気もする。
で、吐きたいんだが、喉に手を突っ込むので手を洗いたい。←この辺がA型(笑)

というわけで、ひと段落したところですぐそこの流しに手を洗いに行こうとする。
ところがそこで、がくりと膝をついてしまい・・・動けない(!?)

ひーーー。どうしようどうしよう。これは救急車なのか?いやまさか!!とあせりました。
本当にやばいときって、きっと電話も出来ないんだろうなぁ。
こんなとき、一人だと怖いですね本当に。溜息が出ます。

どうしようもないままに床に這いつくばっていると、徐々に血が巡るかんじが戻ってきました。
おおお・・・生きているって素晴らしい。

だが血が巡ってくると、なぜか左胸が痛む。動悸が激しい。
やはりヤバイのかーーー!?
とさらにじっとしていると、なんだか今までの痛みが嘘だったかのように平静に戻りました。
ああでも、もうこんな時間・・・結構苦しんでいたのね。

結局、悪いものが出きったということでしょうか。それにしても、痛かったぞ。

「西の魔女が死んだ」映画は、とっても丁寧に繊細に描かれてました。

音楽も映像も本当に綺麗で、原作の台詞や間が大事にされているなぁと感じた。
原作を読んでいても「イメージ崩された!!」ということは、ほぼないのではないでしょうか。
ただ、その分地味な作品ではあるかと。
思わず、間に背中をもぞっとさせてしまうような(笑)
と言いつつ、自分も泣いてしまったし、たまたまかもしれませんが両隣のOLさん・女子高生どちらも涙ぐむ気配を感じて妙に一体感湧きました。

とりあえず、こんなかんじで。
落ち着いているうちに、おとなしく寝ます。
| BLOG TOP |
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。