ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2009年02月の記事一覧
≪01month
This 2009.02 Month All
03month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「花咲ける」クインザが・・・・!!! 
2009.02.27.Fri [ 日々の徒然。
まさかの子安さん・・・・・!!!!ご本人ブログで知って思わず叫んだ。
ひいいい、合ってるけど。楽しみだけど。敢えて考えてもなかったわ・・・ああもう、見るしかないな!!

もいっこ驚きのこと。
若木さんの「GLASS HEART」シリーズ完結編が2/27日発売て!!
まさか完結するなんて思いもしなかったので、思わずのけぞった。
買っちゃうなこりゃ。

ちなみにコバルトじゃなくて新書(バーズノベルス)ですって。一体どういう経緯・・・?
しかも、イラスト藤田貴美さん!なんだか嬉しい。

イデアマスター (バーズノベルスGLASS HEART)
スポンサーサイト
がんだむだぶるおー! 
2009.02.24.Tue [ アニメ雑感
気合のないタイトルですいまそん。
アニュー(?)・リターン!な回で。

ふおおおおおお、三木さんの演技すばらしすぎる!!!!
と泣きそうになったので、ひらがな多めでとりあえずほとばしる思いを書き留めておこうと(*つまり今現在とても眠い)

ライルとアニューが良い感じなのはわかっていたものの、そこまでの仲になってるとは!ちょっと急じゃない?もっとその過程が見たかったわーーー!!

・・・という残念感は多少あったものの、この回で帳消しになるぐらいに引き込まれたんだぜ。
なんだかちょっと古臭いくらいのライルの言動に「ぎゃああ、格好良いーー!」と思わず口走り、三木さんの苦悶&涙演技に思わずもらい泣き。
ガンダムのお約束なのか・・・?生まれたままの姿で語り合う二人に、一瞬「!?」となるものの、「おおお。やっぱ格好良いー!アニューも頑張った!!」と思わず拍手。刹那もな!!

人は分かり合うことができる。けれど、分かり合えていたはず二人も強い力の介入によって簡単に引き裂かれてしまう。
その虚しさ。理不尽さ。
対話による理解と、それを打ち砕く力。
沙慈とルイスは、刹那とマリナはそこを乗り越えてくれるのかな?
切なさと同時に、素直に希望のある展開を求めてしまう。ぐっとくる回でした。

あと、ひとつ気づいた!
この回の戦闘にめちゃ心躍った自分。
ファンネルが好きなんだよね・・・・!!!
たぶん00では違う名前なんだが、ひゅんひゅん飛ぶちっさいやつ。「アサルトモード!」と集束して迎撃するとことかすんごいときめいた。かっこいい!キュベレイ大好きだったのよーv

そういえば、友人が今年結婚することになったんですが、年明けに遊びに行ったらいつの間にか部屋にキュベレイのプラモが飾ってあってねぇ・・・思わず叫んだよ!!
「どうしたのこのキュベレイ!!」
って。
どうやら結婚相手がガンダム大好きらしく、彼女も最初から全部見てハマリ中らしい。くっ、記憶の薄い私よりよっぽど詳しくなってやがる!
「ハマーン様には自然と『様』をつけてしまう・・・」
という彼氏わかってらっしゃる・・・!!ということで一緒にカラオケ行ったらめちゃ楽しかったです。昔懐かしのアニソン・特撮歌を楽しそうに掛け合う二人・・・良かったね結婚おめでとう!!会うべくして会ったね!!!と心から祝った。そして私に良い人を紹介してくれ!!とガッチリ言っておいた(ふぅ)

あれ?話がいつの間にかそれてますね(いつものことです)。
さらっと要点絞ってあったり、論理的に終結している記事読むとすごいなぁと思う。
言いたかったことはつまり、三木さん、神!!とかそんなことだったはずなんですが。
いやもうほんと、基本的に美麗な作画もこういう時に活きるよねぇ・・・!!
そしてEDへの入り方もすごく良かったのでした。
OPはおいといて、ED好きだわ。絵がまた泣ける。
つか、00はEDはずっと好きだな。OP、前回のはすっごく好きだったんだけど、他は印象なし。あれは例外だったのか・・・・
自分の左足で右足の親指を踏んだ 
2009.02.20.Fri [ 日々の徒然。
正に悶絶する痛み。
しかも普通の状態ではない・・・フラメンコシューズをはいた状態だっ!!

フラメンコシューズの裏がどうなっているかと言いますとね。
つま先とかかとに無数の釘が打ち付けてあるのですよ実は・・・(ごくり)

画像あったので拝借して入れてみます(笑)

plantaclavos.gif

こんなかんじー!
これでガツガツと床を打ち付けると良い音がするのでしたv

その威力たるや、金槌がわりにして椅子を直したりできちゃうんだぜ!!(*実話)

これで思い切り!自分の足の親指踏んでしまったのでした。
昨日のことなのにまだ痛い。ほんのり赤いのがだんだん紫に・・・そして黒くなっていくんでしょうね・・・・。久々に爪がぽろっと剥がれちゃうかもーー!いーーやーーー!!

剥がれたらその時は、ぜひ記念撮影をばしてみたいと思います。
アニメ雑感 
2009.02.19.Thu [ アニメ雑感
久々に、アニメ雑感。ナチュラルにネタばれしているので注意です。
逆に言うと、見ていないと意味がわからない説明省略雑感です。


■ガンダム00

ふおおおおおおおお、大佐ーーーーーーーー!!!???
こんのマザコンロリコン(に見える)馬鹿息子がぁあああっっ!!!!
と、00にしては珍しく感情を昂ぶらせてしまいました。
それはない・・・それはないよ・・・・
そしてアンドレイの白鳥さんは、何度聞いてもロイドさん@ギアスの顔が浮かんでしまっていかん。
リヴァイアスの時にも特徴的な声だなぁとその後他役で聞くたびに気になったが、ロイドは強烈にハマリ役すぎて今後も引っ張りそうです。

それにしても良く出来てるよなぁ・・・!と何だか惚れぼれしてしまう00。
連邦内部からのクーデターからまさかの軌道エレベーター崩壊へ→敵味方団結しての地上防衛。という展開はめちゃめちゃ熱かったし、変わり始めた刹那・沙慈中心に交錯する想いからも目が離せない。今週の沙慈とルイスの対話は良かった・・・この二人がこんな関係になってしまうなんて、1stシーズンには思いも寄らなかったことよ。
絵柄や主にミスターブシドー中心に(笑)女性向な部分もあるけれど、中身はものっそい硬派だと思う00でした。なので、個人的には余りキャラ萌えはしていない。ティエリア以外には。


■スキップ・ビート!

しつこく言うようですが思った以上に面白く、何のかんので毎週楽しみにしている。
これぞ少女マンガの醍醐味よーー!なニヤニヤ感が良いのです。
お約束な展開も、主人公の強くたくましいキャラのせいか乙女度よりも面白さが優って高感度大。
井上麻里奈さん可愛いよ~~~vv
特に、女優さんモードに入ってからの「この難局をどう演じて乗り切るか!?」というのには弱くてたまらない。ガラ仮面にはいつまでも弱い。
プラス、正統派イイ男@小西さんにクラクラ。電話なんて・・・電話なんて・・・なんだか久々に幸せな気持ちになってしまった。ああ、電話越しに聞こえて来る声がこれだったらどんなに毎日癒されることかーーーー!!!!(妄想終)


■黒執事

逆に、どうしてもそこまで面白いと思えないわーという心の声に従って見ていなかったのだが、久々に見たらすごいことになっていた。
アンジェラ@矢島晶子さんが血+を思い出すかわゆい声でひどい天使。たまらん!
あと、杉山さん声の眼鏡死神も好きですv

しかし、やはり主人公ズに入れ込めないのよね。なぜだろう・・・・
悲惨な過去もどうでも良いと思ってしまうというか。
伯爵カインシリーズは大・大好きだったので歳をとってしまったということでしょうか。
ベタな少女漫画はいくつになっても好きなんですけどね(笑)


■夏目友人帳

なぜか、夏目の録画の時だけHDDレコーダーの調子が悪い・・・・時間帯?なんなの??
まともに再生もできないのですよ・・・どういうこと。

というわけで騙し騙し見てます。あまりに映りの悪かったオリストは諦めて消した。
うさぎさんの次はチビ竜・・・可愛かったぜ!!!
そして多軌ちゃん登場。
なんというか、原作よりきっちり美少女に見えるわ(*これは夏目もだが)・・・!!そっかそっか。そういえばそういう設定だった。か・わ・い・い・・・!!
クラスメイト二人や、藤原夫妻が良い味を出していてほのぼのするところも大好きですアニメ版v
2話続くらしいので今途中。早くが続きが見たい。
原作でもこの話は長めでしたね。夏目に斑が見えなくなってしまうというのが、なんとも切なかった。


■銀魂

そういえば、吉原炎上編の途中でジャンプを読むのをやめたんだった・・・!
ということで毎週楽しみに観ている銀魂です。
アニメの迂回ルート話に爆笑した。シリアス真っ只中だったはずなのに、一週飛ばしたかと思っちゃったよ(笑)

銀魂って結局笑いでもシリアスでもストレートだなぁと思うのでそこが好き。
万丈さんさすがだよーーー!存在感抜群だったよーーー!!
銀さんはやっぱり格好良いしね。このポジションって、うちらの世代だと冴羽獠なのよね。(←突然懐かしんでみる。大好きだったわシティハンター・・・)
あと、いつの間にか登場しているドSキャラ・神楽兄も美味しいですね。人気出るだろこれ!

そういえば、ブリーチも本編戻ったみたいなので久々に見てみました。
あれ、でも過去編ってこんな展開だったっけ・・・?即マユリ様とか出てきてた覚えがあるんですが。


■とらドラ!

おおおおおおおううふ、痛い、痛いよ・・・・・!!!
なんかこう、みんな良い子なんですが余計に見てられない。
大河には今頃気づくんかい、リスク負わずに縋りすぎだろーーー!って思うし、みのりんにはばかぁ!なんでそこで遠慮するかーーーーどうにもならんだろそこは!って思うし、亜美にはわかっている傍観者の振りして結局自分は傷つかないとこから言うだけかい!って思うし、だがしかし皆気持ちはわかるのでなんともなぁ。
そして竜児はイイ奴過ぎる。良すぎて罪な男。結局こいつ次第かぁ・・・ってラブコメの定番じゃないのーーー!!どう落ち着いてもわだかまる気がしますよ(自分の気持ちが)

ちなみに、一番自分に近いなぁと共感するのは実は亜美ちゃんです。途中から。ぐるぐるしてるとこから(笑)
ズルイのはわかるが、つい理性で感情を抑えてしまう。んで、素直な子がほんっとうに羨ましくてつい女の子側についちゃう。ってコレ、みのりんも入ってるか?いやでも、言う事キツいのはキツいのでやっぱり亜美で。
たぶん私は一生、大河みたいな子には嫉妬しつつも惹かれて傍にいちゃうタイプだなぁ。人間、ないものに惹かれるというのは本当だ。

つか、こんなリアルなことを思春期の色々思い出しつつ見てしまうのが体力+精神力使うんですよねつまり。いつでも二次元に全力投球です自分。でもたぶん、最後まで見ちゃうんだろうな・・・!

そうそう、春田が結構好きだ(笑)
あと、ごめん一番共感するのはユリちゃん先生だった!(全力で訂正)
「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの凱旋」 
2009.02.17.Tue [ 小説
4796661611チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)
海堂 尊
宝島社 2007-11-10

by G-Tools


4796663584ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
海堂尊
宝島社 2008-09-03

by G-Tools

4796667679ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)
海堂尊
宝島社 2009-01-08

by G-Tools


映画予告での「ジェネラル・ルージュの凱旋」・・・・な、なんなのこの怪しい魅力の堺雅人さんは!!
と、どっきどき。
購入はしていたものの読んでいなかった「チーム・バチスタの栄光」上下巻を掘り起こして、出張のお供に持っていきました。
読み始めたら止まらなくて、向こうで「田口&白鳥シリーズ」の文庫で出ている分を買足し買足し、全部読んでしまいましたよ。帰りの荷物が重かった・・・!(阿呆すぎる)
そして気付いた。インターネットとゲームがあるが故に、普段本を読まなくなってしまったのだなと。

***

思っていた以上に登場人物のキャラが個性的(笑)で、どんどん読めてしまいますね。あらすじを読んで「硬そう・・・」と思っていたら良い意味で裏切られました。
作者が現役の医師ということで、働く現場の描写がリアルなのも読みやすい一因でしょうか。
軽妙な会話中心にさくさくと進んでいくのですが、現在の日本の医療の問題点にもすっぱり切り込んでいて思わず考えさせられる。
全く知らないでいるよりは、エンタメからでも知識の下地があった方が、次に何か見る時に違う目線で見られるかもしれないよなぁ、と。
面白かったです。最後まで夢中で読み進めてしまった(そして何度か駅を乗り過ごした)。


■チーム・バチスタの栄光

これで新人て!と驚く面白さ。
田口先生のキャラがありそうでない、絶妙さで良い。説明しがたいけど。
飄々としていて出世に興味なし、かといって無気力ではなく患者さんに真摯。内に秘めた熱さがある。面白いですねー!そして素敵。
そしてもう一人の主人公、白鳥のキャラがもう濃すぎて濃すぎてなんと言っていいかわからないわコレ・・・読んでみないと伝わらないと思う。
脇を固める高階病院長・藤原看護師がまた良いキャラで。あ、黒崎教授も意外と好き(ジェネラル・ルージュではきゅんときたぜ)。うん、充分キャラ読みできる一冊です(笑)

前半での一人ひとりへの調書も面白いし、後半白鳥が出てきて「うえええーー!?」と驚きながら引っ張り回される展開も良い。ラストは若干あっけなくも感じたのだけれど、そこまでに読ませどころが盛沢山だったからなぁ・・・あのくらいの余韻で良いのかもしれない。


■ナイチンゲールの沈黙

個人的にはもの足りなさを感じた一作。期待のせいもあったのでしょうか・・・
SF的な設定は、エンタメと思えば「あり」。どうこう言うつもりはないのですが、主人公が田口というよりはむしろ看護師の小夜なのでもう少しそちらの心情描写に切り込んで欲しかった。
もちろん「読み取れる」ものはあるのですが、この題材・この展開ではもちっと繊細な描写があって感情移入出来た方がぐっときただろうなと思います。殺人トリック云々はどうでも良い、むしろ「どうしてそうしたのか?」がもっと読みたい話だったなと。
逆に言えば、同じ女性ながら小夜には感情移入できなかった。

前作では良い方向に出ていたさっぱりとした文体に、(歌の描写なども多かったせいか)もうちょっと足りない。もうひと押し欲しい!と思ってしまいました。


■ジェネラル・ルージュの凱旋

と、少々辛口になっておいてアレですが面白かったです3作目。
「ナイチンゲール」と全く同じ時間軸で展開していくので、表裏一体・2つで一作と思えば手放しで面白かった!と言ってしまう。

今回は救命救急センターが舞台ということで、スピード感・迫力が違うなぁとまず引きつけられました。
有体に言えば、映像化したら面白そうだなと。映画化、納得。
『殺人事件』がなかったのも、無理がなくて逆に読みやすかった。ミステリではなく社会派サスペンスで充分。面白ければ何でも。
映画では自殺→殺人?疑惑が出てくるらしいですが。うーん、微妙だわ。

とにかく速水さんの格好良さに惚れぼれ。チュッパチャップスにときめき。すいません、邪道で。
いやもう、これを堺さんが演じると思っただけで「似合い過ぎる~!!」とじたじた悶えてました。はぁ、たまらんーーー!・・・・いや、すいませんてホント(笑)

後半、ある意味『静』的な会議のシーン(中身は白熱してますが)から、過去の再現のように現場の『動』のシーンへと移っていく怒涛の展開は圧巻。伏線があるので読めてはいたんですが、やっぱり盛り上がりました。すごい!

***

それにしても、原作読んでみるとドラマや映画の配役はびっくりですね。
ちょ!白鳥が阿部ちゃんや仲村トオルさんって・・・!!!!(爆笑)←イケメンすぎる意味で。
怪演できそうな人。という意味では納得なんですが・・・あああ、白鳥さんに惚れそうになったら不覚!!って思いそう(笑)
あのキャラの強さ・面白みは読んでみないことには伝わらないだろうなぁと思いますが、敢えて配役考えるなら阿部サダヲさんしか思いつかないっす私。
田口先生もぴったりの人はなかなか思いつかないですね。難しいから、敢えて年齢も性格も変えちゃったのかな?堤真一さんで!と言ったら贅沢すぎでしょうかv
それにしても女性というのは抵抗があるなぁ・・・!映画的には仕方ないのかしらー。

しかし、贔屓目かもしれないが本当に速水=堺雅人さんの配役はぴったり過ぎてドキドキします。
もう、それだけの為に映画観に行きたいもんね・・・!かなり内容は違いそうですが。ああどうしよう。
テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
映画「マンマ・ミーア!」 
2009.02.17.Tue [ 映画
マンマ・ミーア!

なんというか、とにかく濃くて激しくて若干引き気味で観終わってしまった・・・!
劇中ならまだしも、ラストのアンコールには思わず目眩が・・・・あ。エンドクレジットの歌は素敵でしたv

拍手コメで「メリル・ストリープ頑張りすぎw」といただいた理由が良くわかりました(笑)
楽しかったですけど!ABBA良いですね・・・!!
その日一日「ダンシン~クィーン~♪」と口ずさんでましたv

舞台はエーゲ海の小島。父親を知らずに育ったソフィの夢は「結婚式でパパと一緒にヴァージン・ロードを歩くこと」・・・挙式を間近に控えた彼女は、父親の可能性がある3人に招待状を送るが・・・

***

とにかくギリシャの風景が素晴らしいv
青い海・青い空・白い雲に真白な建物・降り注ぐ太陽・・・はー!行きたい!!泳ぎたい!!なんで日本ではお正月公開?これ、絶対夏に見るべきだよ・・・!!

ギリシャ、一昨年行ったのですがめっちゃ良いところでした。
人は明るく(*あんなにテンションは高くない)ゆったりしていて、とっても親切。歩いていて目が合うとすぐに「寄って行きなよー!」と声掛けられるんだけど、「趣味に合わないので、特に買うものないわ」と言うとしつこく勧められることもなく「また遊びにきて~!」とにっこり。観光客慣れしているので居心地良い。ずっと太陽の光を浴びていると、あんなかんじになるんだなぁ~という爽やかさです。

海はいつまで見ていても飽きない美しさ。青というよりは、なんとも言えない碧色。
水着のままで船に乗り込み、小島にいくつか寄りながら海に入ったり街を歩いたり高台に登ったり。
遺跡も見どころ満載だし、猫天国(どこを歩いていても猫がいる。遺跡の柱跡にも狛犬のように座ってたりする。)だし、ほんと楽しかった。思わず新婚旅行にも大プッシュした最近。

そんな地中海の魅力はバッチリ出てましたね~♪
タイルも可愛い・・・古さを感じる小さなホテルがまた良いかんじ。

***

ABBAの曲は、全部とは言いませんが聞き覚えのある曲ばかり。
歌詞を見ながら「こんな歌だったんだ・・・!」と新鮮だったり(『チキチータ』にきゅんときた)、思わず踊りだしたくなるような(足は動いてたね)ナンバーが続いたりと楽しかったvv
これは絶対にCD聴かねば!と思ったら、あっさり弟に「俺持ってるけど?」と言われた。貸してー!

それだけに「ここはもうちょっと歌唱力欲しい!」というシーンが多かったのは残念。
ピアース・ブロスナン・・・・歌えない人だったんだね・・・・(笑)
メリル・ストリープは頑張っていましたが、歌いあげるのをずっと聞いていたい程ではないのでシリアスな場面ではもうひと押し欲しかった。
しかし父親候補のおじさま3人衆かわいいっすね!何気にコリン・ファース(ブリジット・ジョーンズに出てた)いるし!!←結構好きだ。

ちなみに、来ている方はやはり年配の方が多かったです。かなり直接的な下ネタが連発されていたんですが、大丈夫なのかな・・・?それよりも曲の懐かしさ、魅力の方が勝るでしょうか。

とにかく曲のパワー・魅力は弾けているので、そこで楽しめることは請けあい。
問題は、初っ端からテンションの高すぎるオバサマ方についていけるかどうかだよなぁ・・・
元気な中年!という爽やかさよりは、さすがアメリカ。セクシーさを前面に押し出しながら踊り狂うんだぜ・・・!
そこで「いやぁ頑張ってるな楽しい!」とにこにこ出来るかが、楽しめるかどうかの分かれ目だと思います。

個人的には、奔放な性格で20歳の娘がいるんだったら母親世代は40代~50そこそこの女優さんで良かったんじゃないかと思いました。いかにも友達母娘だし、それなら若者誘惑しても不自然じゃないし(*母親の友人の一人が、孫のような年の男の子を手玉にとりながら歌いあげる)
メリル・ストリープがあれだけやれば話題にはなるだろうけど、ちょっと痛々しさの方が強かったなぁ私は。
あ、でも同世代の共感を呼ぶ為に敢えてその設定なのかな・・・?タイムリーにABBAを聴いていた方なら、きっと問答無用で許せちゃうんだと思います。

とにかく細かいところは気にせず楽しんだ者勝ち!な映画でした。
ミュージカル映画としては、俄然「ヘアスプレー」の方が良かったので同席した人にはそっちを勧めておいた。
テーマ:ミュージカル映画 - ジャンル:映画
映画「K-20 怪人二十面相・伝」 
2009.02.17.Tue [ 映画
K-20 怪人二十面相・伝

舞台は、1949年―――「第二次世界大戦が起こらなかったら」という仮定の元に生まれた架空都市『帝都』。
華族制度が続く、貧富の差の激しい格差社会。その中で、鮮やかに富裕層から美術品・骨董品を盗み続ける怪人二十面相の正体は!?


冒頭にどーんと出てくる『帝都』のビジュアルが良い!
見知った風景が混ざりながらも、明らかにパラレルワールドなんだなぁとわかるどこか異質な世界観。
おかげでぐっと引き込まれて、安心してどんな設定も楽しめました(笑)
アンティークな調度品や洋服も素敵・・・v
アクションあり、くすりと笑う場面あり、気負わず楽しめる冒険活劇。娯楽映画として二重丸でしたよ文句なくー!楽しかった。

二十面相に陥れられる主人公・平吉役には金城武さん。ヘタレ可愛かった。どう見ても「平吉」という名前にはそぐわないのでハーフ設定でも良かったんじゃなかと思うが、何故か純朴さはだだ漏れで結局役としてはぴったりだった気もする。

明智役には仲村トオルさん。ぎゃーー!格好良いーーー!!カッチリしたスーツでぴっちりしてるところがたまんないよね!(貧困な語彙で申し訳ないが正にそんなかんじなのである)
個人的には、途中<反転明智の中身が、変装した平吉>という状況でのヘタレ演技がめちゃ可愛くてきゅんきゅんきました。ありだわ!!最後も格好良いし。

明智の婚約者・財閥の令嬢役に松たか子さん。これまた、クラシカルなドレスが素敵。破天荒なお嬢様・・・というよりは、真っ直ぐな気性に世間知らずさが相まって思いも寄らぬことをやってくれちゃうかんじでしょうか。嫌みがなく可愛らしく、何度も笑わせていただきました。

鑑賞後、私がひたすら「あの時のトオルくんにきゅんきゅんきたーー!」と呟いているのに対し、友人は「いやーそれにしても松さん可愛かったなぁ!」と呟いていた。そっちが目当てだったか・・・!

原作だと小林少年vs怪人二十面相で第2弾があるそうで。
続きあっても良いかも、とも思いますがそうなると小林くんが弱い気もするなぁ・・・

とにかく2時間、気を張らずに楽しめて大満足。
「スパイダーマン」とかも好きなんですよね実は。ヒロインの可愛らしさとか、恋愛要素(薄め。ほんのり。)は俄然こちらの方が日本人好みかと思われます。
テーマ:邦画 - ジャンル:映画
きりさん・すずさん・ノノさん・ペンタさん・もえこさんへ 
2009.02.17.Tue [ バトン
【題名に名前が出た人がビックリして受け取るバトン】

ひっさびさにバトンいただきました。
かれんさん、ありがとうございますーーー!

そして遅くなってしまい申し訳ない・・・というより、ブログ更新したのが何日ぶり?という事態。
わさわさしていたら、あっという間に2月中旬じゃないっすか!!なんということ。
ひっそり東京遊びに行ったり、再び風邪ひいたり、それなのに週末は元気に遊びまわってバッタリぐったりしながら週が明けたりするうちにこんなことに。
ああ、時が経つのは早いことよ。こうして今年も始まったと思ったら終わっていくのねー!

と世を儚むのはここまでにして、バトンの回答をば。

≪ルール≫
①回ってきた5文字の言葉を携帯の記憶している変換機能で1文字づつ変換
②その変換機能で出る上位5文字を惜しげもなく載せる

だそう。あわわ、絶対つまんない回答だぞー(笑)!

***

■お題 『 こやすだけ 』

想像したら、可愛いような怖いような(笑)


こ:怖い こんばんは こんにちは 五 五分

や:大和路 山下 やります 安い やはり

す:すいません すみません 過ぎ 杉 少し

だ:段階 大丈夫 だけど だよ だな

け:結局 下旬 件 結婚 結婚式

やはりつまらん。そしてあまりツッコミどころがない(笑)
携帯メールでは用件のみ!なことが多いので・・・と言い訳。
大和路ってwとか、結婚話題多いわねー。とかそんくらいでしょうか。
杉は杉田の杉ではありません(おそらく)


■次に回す5文字

連ドラを継続視聴できない私がかかさず毎週見ているもの・・・それは「大河」だ!!

ということで「てんちじん」でお願いします。

ジムのサウナで聴き耳を立てていると、熟女の皆さんはやはり「妻夫木かわええなぁ!」とそこでもちきり。確かにわんこな兼継も可愛いが、不器用な殿の可愛さも半端じゃないと思うんだぜ・・・!母と妹が館から出て行く時の寂しげな表情とか、義父に言葉少なに進言するとことかさぁ!!(熱弁)


■回してくれた人の印象をどうぞ

かれんさんは、いつも明るくて可愛くて覗いていると(ほぼ読んでばかりですみませんのこと)癒されます~!元気になる。

これからもよろしくお願いしますー!!


■次に回す大好きな5人

とりあえずのタッチということで、私信を添えて置いてみます。五十音順(笑)


きりさん

ごぶさたしてますー!見事に私もネト落ちしてました・・・やっと書く気になってきたので一挙書き。
ゲームメーターやってみたい気持ちと、挫折しそうな予感が半々(笑)


すずさん

携帯は使っていないんでしたよね確か。もしよろしければPC変換でv
お忙しい中、いつも素敵な話題をありがとうございます~!


ノノさん

おおおお、とらドラ!についてガッチリ話したい気持ちがむきむきと。OPEDが変わったのはそのせい?というくらいに痛くて見てられねぇっす・・・!なんかこう、そのリアルさわかる部分もあるしなーと。しかし、毎週ウキウキ見られるものではなくなっちまいましたね。


ペンタさん

毎日プレイ記&日記更新されてることに、尊敬の念を隠せません(真顔)
最近、アビスのドラマCDを聴き始めましたよ~!アニメともまた違って、面白いですねv


もえこさん

体調いかがですか?お元気ですか~?ネトラジ聴けてますか~~!?
春みたいに暖かいと思ったら、今日は雪・・・体調崩しやすい時期ですがお気をつけてお過ごしくださいませ。萌えを糧に(笑)またお会いできるの楽しみにしてますー!


***

そのままスルーしていただいて、全く問題なし!ですので。
お暇があればどうぞv

しばらくネット落ちしていたので、良いきっかけにさせていただきました~!
かれんさん、ありがとうございます♪
| BLOG TOP |
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。