ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2009年10月の記事一覧
≪09month
This 2009.10 Month All
11month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声優・一問一答バトン その1 
2009.10.30.Fri [ バトン
続きまして、ペンタさん宅から拾わせていただきました。

「声優・一問一答バトン」

この人といえばどの役?という、シンプルな質問。
正直、膨らませすぎた。←聞かれてないことにまで答える。

なんとこのバトン、その3まであるんですよーーー!
そして回す人はラストに書くんですが・・・

ここに予告します。かれんさんにこのバトンを渡すことを・・・!!!
そしてかれんさんの嗜好を熟知してみせる(笑)
▽Open more.
スポンサーサイト
お菓子バトン 
2009.10.29.Thu [ バトン
最近の更新率の低さに危機感を抱いてます水瀬です。
今週は思い切って!バトンを拾っちゃうぞーーーー!!

まずは「What A Wonderful World」すずさんの所から拾わせていただきました、「お菓子バトン」です。
書いてたら、食べたくなってきてしまいましたよ~!

しかし昔は、一日一個はメロンパン食べないと気がすまない!ひと箱はチョコ食べないと気が済まない!などなど恐ろしいことをしていたのに、最近はあまり甘いものに惹かれなくなってきてしまいました。

どちらかというと辛党なんですね今。
「酒の肴バトン」とか見かけたら、拾ってみようと思います(真顔)
▽Open more.
かれんさんちにお泊りレポ&初ネズミーシー体験(前編) 
2009.10.27.Tue [ 日々の徒然。
10月下旬、いつもお世話になってます!な「はちみつ水。」のかれんさん宅にお邪魔し、さらには一緒にネズミーシーに行って参りました♪

かれんさんとは、ブログを通してのお付き合いは勿論なのですが、テイルズフェスに誘っていただいて初めてお会いしました。

私よりかーなーり年下のお嬢さんなのでドキドキしていたのですが、お会いしてみると思っていた以上に芯が強くて、おっとり優しい中にもしっかりした部分がある方だったので安心しましたv

さらに、あまり積極的ではない(笑)私を色々と誘ってくださって・・・感無量。
今回も、まるで自宅にいるようなくつろぎっぷりで和んでしまいました。そりゃあもう図々しいくらいのノリ具合でしたよ私といったら。いやー、楽しかった。

そんな楽しい思い出が風化する前に、出来るだけメモっとこうと思います。以下、たたむ。
▽Open more.
近況 
2009.10.27.Tue [ 日々の徒然。
こんばんは。東京から帰ってきたと思ったら、あっという間に次の週に入ってしまいました・・・早いものだ。

帰る間際、「またくるねー!」と言ったら祖母に言われた言葉は

「色々と励んでください」

でした。・・・・・・・ごご、ごめんなさい!!(*色んなことに思いを馳せながら)

間近なことへの記憶は薄くなっているのに、昔の記憶だとか、周りへの気遣いとか、意外とぴしゃっと厳しいこと言うのはそのまんまなんだよなぁ(笑)

今思うとものっすごーーーく恥ずかしいんですが、実は成人式に何故か当時の彼氏を祖父母の所に連れて行ったことがありました。あの頃はおじいちゃんも元気だったんだそういえば。

振袖着たので元々見せには行くつもりだったのですが、そこで「ちょっと付いてきてよ」と。よく来たもんだ相手もそれで。
特に結婚しようと思っていたからというような展望があったわけでもなく、単に祖父母を喜ばせたい(安心させたい)気持ちだったんですよねおそらく。
いやー、子どもっぽくて恥ずかしい。正直、顔から火が出そうな若気の至りだ。
しかし、「サマーウォーズ」のナツキちゃんの気持ちがよくわかる。


そんなこんなで長かった東京訪問も終わり。
かれんさんともゆっくり遊べたし(だが弾丸のように早く感じた)、目当ての公演も素晴らしかったし、一日母と滞在が被ったので久々に一緒に映画を観に行ったりもしたし(本当はミュージカル観たかったんですが、時間的に無理だった・・・)盛りだくさんで本当に楽しかった。

そして、いざ日常へ・・・・!

と思いきや、今週末はまたもやフラメンコのミニライブをやるのでした。忘れてた。
同じ演目で慣れてきたとはいえ、歌詞など微妙に忘れている。早速練習を始めたら、やはり帰るの0時前くらいになるので疲れてバッタリです。

あああ、フィギュアスケートも見なきゃいかんのに・・・!!
あとあと、聖おにいさんの5巻も買わなきゃなのに・・・・!!(←友人が持っているのを見て思い出した。「読む?」と言われたが「・・・買う!!」と拒否してしまった。)

火曜日はスタジオがベリーダンスのレッスンで埋まっているので小休止。
整体行きたいなぁ。

しかし、今日中にかれんさんちへのお泊りレポ&ネズミーシー楽しかったレポを書く心づもり。
帰ってきました。 
2009.10.22.Thu [ 日々の徒然。
今日は休みの予定だったのですが、一昨日電話があって直で職場に行くことに。
どうしても今日出さないといかん書類があったらしく・・・あれだけ行くまでに言ってくれと聞いたのに・・・!!

ま、なんとか17時までに間に合ったので良かったです。
ついでにPCでブログ更新しようとするのもどうかと思うがね自分。

最近はどうしても踊る方に精力を傾けすぎ、0時前に帰ってきて寝落ちパターンが多かったのですが、今回は家から離れて連休ということで思いの外インドア活動が盛んにできました!(あれ・・・何だか矛盾してる?)

感想書きたいことをめもめも。

■かれんさんちにお泊りレポ

すごい楽しかった!睡眠時間を削って、カラオケ行ったりDSいじったりDVD見たり喋りまくったりしてました・・・!!

覚えているうちに出来るだけ書きたいよー。


サマーウォーズ観た

これ、本当に良かった。
夏に観ればよかったなぁということだけが、ちょっぴり悔やまれる。

映画としてすごく良い出来だったのですが、萌え要素も多分にあったのでそこをがっつり語りたいわけで。
侘助おじさん(字調べた)にカズマくんには普通に萌えましたが、自衛官のおじさんが地味に好みです。か、かっこいい・・・!


■今さらですがエヴァンゲリオン:破も観た

ままま、真綾ちゃんが・・・!すごいインパクトだった。続きが気になる気になる。
全体的にわかりやすくなっていて、「みんな今からでも見るといいよ!」と宣伝したくなった。
なんだか爽やかだわー。びっくり。いや、えぐいとこはえぐいんですが、精神的にね。楽になったかんじ。

「はじめまして、おとうさん」にはひいいいい!!!!と悶え転がったわけですが、それよりも加持さんのフェロモンが5割増しで直視できなかった。やめて山寺さんその声反則!!!

今回かれんさんに「水瀬さんてもしかして、ちょっと不精ひげとか生えてるの好きですか?」と聞かれて「ええええええそんなこと!!!・・・・・・なんでわかったの?(*丸わかりです)」と本気で動揺する場面があったのですが、なんだかこのときめきのルーツは加持さんな気がするなぁ。本当に好きだったわー高校時代。


■そして「あなたは私の婿になる」を観た

これは母と。それにしても、3本も一気に映画観たのか!びっくり。

面白かったです。ラブストーリーは見る気しないんですが、ラブコメは大好きなのです何故か。
古くは「ブリジット・ジョーンズの日記」とか「プラダを着た悪魔」とか好きな方なら、たぶん楽しめるかと。
最近観た中だと「幸せになるための27のドレス」より、こっちの方が好みでした個人的には。

肉食系キャリア上司女と草食系ヘタレ部下男子の恋みたいな売り方であまり見る気がしなかったのですが、実際見てみると男性にヘタレ感は全くないですね。目的があってやりたいこともあってストレスに耐えながらやっている仕事の上司がたまたま女だったというだけという印象。また、オフィスからはすぐに飛び出して、なんと男性の方の実家アラスカ(!)に舞台が移るので、オフィスラブというよりは家族の絆を見せるのがメインに思えました。

笑うところでは思い切り笑え、泣けるとこでは泣け、終わった後には気分爽快。
これぞ映画の醍醐味よーーーー!!!とにこにこしました。楽しかった♪


■五條さんの「ROMES06」読んだ

ROMES06 (徳間文庫)ROMES06 (徳間文庫)
(2009/09/04)
五條 瑛

商品詳細を見る


久々に読んだら面白くて、五條さんブーム再燃中。
今回は、たまたま平積みしてあったので文庫本買ってしまいました。ドラマ化する(した?)らしいですね。

世界最先端の施設警備システムROMESに守られた空港に、複数のテロ予告状が届いて・・・というサスペンスもの。
舞台があからさまに関空で、成田闘争なども出てくるのでとてもタイムリー。そこまで見通してドラマ化したかはわからないですが、小説が出版されたのは2006年なのでさすが!と思いました。目のつけどころが面白い。敢えて警備システムをメインにしているところも含め、興味深さもあってページをめくる手が止まりませんでした。

主人公が一風変わっていて、その主人公+ROMESに夢中な部下がいるところにニヤニヤ。犯人グループの動機の切なさや、最後にわかる「月が昇る場所」の意味など五條さんらしくてぐっときました。
ただ、テロリスト「チーム」側の心情が「エース」「ファースト」など記号化された名前で描かれるのは、手法としては有効なのでしょうが、読みにくくもあり寄り添い辛くもあった。おかげで、読み直したくはなりましたけど。

その他の部分は、思わず男性が書いているのかな?と思ってしまう迫力・緊迫感があって男女問わずお勧めです。

まだ東京 
2009.10.21.Wed [ 日々の徒然。
今回は長い。まぁ遅い夏休みというか、いつもは海外行く替わりの連休なので!

ちなみに毎年一緒に海外に行っていた友人は「ごめん、私もう行けない…(費用対効果的に)」と言ったら、一人でパリに旅立っていきました(笑)


今は祖母の家にいます。しかしこれがまた複雑でねぇ…
兄弟の末っ子である叔父家族が同居しているんですが、中途半端に分離しているんですよね。元々お嫁さんが家事をあまりしない人だったので、これ以上甘えられたら困ると小さな炊事場にしてお風呂もつけなかったら、結局何もしないので不便なだけだったという(>_<)


こういうのを見ると、もし仮に同居するならきっちり二世帯にすべきだよなぁと思いますね。どちらの為にも。


というわけで、今は他の兄弟姉妹がうちの母含め入れ替わりで祖母の様子を見に来ているのでした。

と言っても、齢95歳にしてほぼ全て自分で出来る人なので、食事作ってお茶入れてお薬飲む時に一緒にいてお喋りするくらいしかすることないんですけど。
ただ、一人でずっといたら寂しいよね…

本当にしっかりした頭の良い人なので、話していても楽しかったんですが、最近はやはり会う度に弱くなっている気がして悲しい。



そして、家族がいたらご飯作るなんて普通のことだろうに、と私は思ってしまうので、それすらしない人にやはり良い感情は持てないな…まぁ、あの人は自分の夫にも子どもにもしてないからある意味平等か。
愚痴になってしまいすみません。

目下のところ、私はお風呂に入れないのが辛いのですよ…

かれんさんにも相談して(笑)従兄弟の子ども達にネズミー土産も持ってきたのに!!
その後「お風呂いかがですか…?」と言ってもらえないこの切なさよ。


今日は母が来る予定なので(珍しく滞在時期が被った)その後銭湯でも行くかー!と思ってます。


あ。目当ての公演は素晴らしかったです。例のごとくフラメンコなのですが、凄過ぎて涙が出た。
なんかこう、単にダンスではなくかといって芸術というより…人生そのものがそこにあった。

美しいものも醜いものも、喜びも悲しみも受け入れて、残っていたのは慈愛と静けさだったよ…!フラメンコなのに(>_<)

私が最近涙もろいせいか…いやでも、隣の人も泣いてたし!とにかく良かったです。終わった後、放心状態でした。


サマーウォーズも良かった~!

あんな良いおうちじゃないけど、田舎の雰囲気って正にああいう感じでその匂いまで伝わってきそうな手触りにまず感動。

色々思い出されて切なくもあったのですが…とりあえずは、
わびすけ叔父さん萌えで。
←字わからず。

そしてカズマくんを半ばまで少女だと信じていたので、かなりショックを受けました…!!うわーん、女の子だったらスッゴい萌えたのに!男の子でもかわいかったけど!!
お別れ 
2009.10.20.Tue [ 日々の徒然。
朝にかれんさんと新宿にてお別れしました~!

いやーほんと、何から何まで楽しかった…
心に壁をつくりがちな私にしては(真顔)珍しいほどに自然体で過ごさせてもらいました♪むしろ引かれてないだろうか…
かれんさんありがとうございました!
詳しくはまた帰宅後に。

今日は1日新宿をうろうろしまーす!目的の公演は渋谷にてなのですが、やっぱり私は池袋か新宿が落ち着くんだよなぁ…

10時になってもどこも開いてない~(>_<)と思ったら、伊○丹は開いてたよ!さすが!!
後はやはり、紀伊國屋でうろうろ。
あ。来月新宿にH&Mできるんですね!知らなかった…入ってみたかったなぁ人凄そうですが。


ヴェスペリアとめっちゃ迷ったのですが、これからサマーウォーズ観ます♪…結局映画って。
しかし地元では、たぶんどちらもやってなかったので貴重貴重。
初シー 
2009.10.19.Mon [ 日々の徒然。
20091019111531
来てます。平日でも人多いのね~!

どこに行っても森川さん声が聞こえてきたので、めっちゃテンション上がった(*^o^)乂(^-^*)

そしてネズミ-マスターかれんさんの行動力が、とても頼もしいです♪

チュロスもぐもぐしながら並び中。
今月2回目の 
2009.10.17.Sat [ 日々の徒然。
東京にきております!

いつも結婚式だイベントだと慌ただしく帰っているのですが…今回は完全に遊ぶ為!!

携帯からなのでリンクできないのですが、「はちみつ水」のかれんさん宅にお邪魔して、ゲームしたりDVD見たりひたすら語ったり、さらにはカラオケ行って娘々サービスメドレー歌ったりする予定です(*^o^)乂(^-^*)

その後は平日にネズミーシーに行っちゃったり…するんだぜ(ごくり)


はー楽しみ!

ご存知の通り、わたくし交友関係においては常に受け身な上にマメさが欠如しておりまして。

友人関係大切にしたいと言いつつ、大抵は向こうが「そろそろ会わない?」と全てセッティングしてくれた所にのこのこ出ていく体たらく。

こう…どうしても相手が忙しいないかなぁと気になるうえに、自分一人の趣味で突き進んでいるうちに月日が経ってるんですよねぇ。

←インドア派のくせに一人で動く分にはアクティブ。


なので、色々お誘いいただくとめっちゃ嬉しいのです!
それこそ尻尾を振って出て行く勢いで(真顔)


今回も、色々と手配をかれんさんに頼んでしまった…!
すいません、身体で返しますんで(*^-^)b
←えええ。

***

関係ないんですが、朝出てくる前に銀魂見たら、シリアス系で服部@藤原さんが出ててめっちゃテンション上がりました!!
ふおおお、しかも月読に師匠が絡んで銀さんが格好良いよ!

ああ…なんでここ何週か見逃したんだ~!原作沿いなのかしら。
いろいろ雑感。 
2009.10.14.Wed [ 日々の徒然。
最近ちょっと、話題が日常話に寄っている気がする。
すぱっとアニメ見てなかったからなぁ・・・ゲームはしてたけど。
そして漫画の新刊は変わらず読んでいるのですが。あと、図書館通いが微妙に復活してたまに小説も読んでますー!

そんなわけで、ちょこっと雑感を。

■新アニメとか

たぶん「テガミバチ」は見ると思う。
ジャンプを毎週買っていた頃、一度読み切りで登場してたんだよね。
面白かったんだけど、結局原作は読んでいないので楽しみですーー!

そして、何の予備知識もないままに見たら・・・

あれぇ?この主役、福山じゅんじゅんかーーー!!??
おおお。
最近、濃いキャラばかり聞いていてあまり思わなかったのですが・・・こういう役を聞くと、上手くなってるよなぁ。
としみじみ思ったり。

そして少年声の沢城さん・・・鉄板すぎる!ゲストキャラかと思いきや、レギュラーキャラなのか?!
開始15分の沢城さんの泣きで一緒にうるっときてしまう自分の涙腺は相変わらず緩い。

*2話目見て>OP・・・もしかしてこれ、沢城さんな少年が真の主人公ーーー!!??
まだわからないんですがそんな予感。少年つーよりは幼子すぎたので、2話最後で成長して少しほっとしました(笑)
いやー。公式情報0だと面白いっすね!!
それにしてもゴーシュ@JJとラグ@沢城さんが似すぎていて気になる。ループじゃないよねまさか。妹いるし。

***

DTBは、見たかったんだけど地上波で放送しないんですよーうちの地域。
ネットで見ようとするといつも挫折するので、諦めます。
なんで夜中に行っちゃったんだー!勿体ない。

***

あとは、すっかり録画もしていなかった銀魂にぶりーちを録り始めようと思います。

だって、斬魄刀がいつのまにか擬人化とかしてて、中の人も豪華なんですよ!!←遅い。
自分が割と擬人化萌えだということに気付いたので、楽しみに見たいと思います。
「大神」では十二支は勿論のこと疾飛丸の擬人化にも萌えた。
ただし、話の流れ全く見えてないけどね・・・!!!

銀魂は、ひっさびさに見たら総集編代わりのCDTV(笑)でした。
やっぱり王子オチ。しかし、「ヅラじゃない桂だ」のエンドレスリピートがものすごく楽しかったので大満足。


■こんなところに・・・!

ちょっと話題は外れて、先日「トップラ○ナー」を見ていたらナレーションに『前野智昭』の文字が。
うわあああ、ぜんっぜんわかんなかったーーーー!!ちょこちょこ見てたのにーーー!
中井さんとか郷里さんとか立木さんとか、おおおと思いつつ落ち着いて聞いてられるんですが、まえぬにはなんだかそわそわした。

『情熱○陸』とか『トップラ○ナー』とか、見よう!と思うわけでなくても見始めるとついつい止まらないよなぁ。特にN○Kのドキュメントは地味なものまで面白くて、さすが予算があると違うぜ!!と思う。


■漫画・小説

読んでるんですけど・・・・!下書きエントリが埋もれたまま出てこない。
「風が強く吹いている」、今さら読んだんですがめっちゃ面白かった・・・・!!映画そろそろ公開でしょうか。

「獣の奏者」続編やら、有川さんの「植物図鑑」は予約中です。

最近読んだ中でちょっと面白かったのは

天神のとなり天神のとなり
(2008/09/20)
五條瑛

商品詳細を見る


久々に五條さん。
元大学准教授・現在わけありでヤクザの使いっぱしりな主人公が、揉め事・厄介事の解決を頼まれたり巻き込まれたり・・・端的に言えば、「何でも屋」「探偵」モノかな。
ミステリ連作と言っても良いかも。

地味目ですが、面白かった。下町が舞台で、さらにアンダーグラウンドな世界に焦点を当てているのがちょっと変わり種で。
雰囲気としては、最近読んだので三浦しをんさんの「まほろ」を思い出した。

頭はキレるんだが、まじめで情に厚くて不器用で・・・なオヤジと、元ホストなイケメンだがこまめで女性に興味ない(笑)好青年な組み合わせに当り前のようにニヤニヤした。すまん。

漫画は・・・色々面白かったんですが、やはりインパクト強かったのは

大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)

でしょうか。
少女時代の吉宗につながったところでは、震えがきた。

そして私は、よしながさんの「間」の取り方がとても好きだなぁ。
きっと他の方も感じているでしょうが、台詞のないところでの目線・仕草・表情・・・言葉以上に物語るそれらにぐっと引き込まれます。

あ!インパクトと言えば・・・

ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)

も凄かったですけど。最早、漫画じゃない域にまで入っている気がする。
圧倒されつつワケがわからん。

実は私、某猫耳BLゲ「Lamento」でこういう展開を期待してました。
・・・さすがにこういうゲームじゃ無理かーとちょっと残念だったのですが(*しかし名作・・・というか好きだ)
ベルセルクでは、音も動きもないのに、見事に『世界が裏返り』ましたね。紙の上の表現なのに凄すぎる。
ZED素晴らしかった! 
2009.10.08.Thu [ 日々の徒然。
帰りに微妙に時間が余ったので、気になっていた「ZED」を観に行ってきました。
ぎりっぎりだった・・・(飛行機が)

しかし、行った甲斐がありました・・・・・!!!!!
本当に素晴らしいの一言。
最初の場面転換では、思わず涙がつーっと零れてびっくりした(自分で)
最後のフィナーレもまた涙。

人間にこんなことができるなんて!と思わず息を呑む驚きと感動の連続でした。
人間が・・・・というよりは生命がそこに在り躍動することの純粋な美しさ。
逆に、欲を伴った怪しさやどろどろとした混沌を見せつけられて、目を背けたくなったり(*でも見る)。
そしてそれらの魅力を最大限に引き出す、大掛かりな装置や、舞台演出の素晴らしさ。

全て、言葉では言い尽くせないほどの感動。一瞬たりとも飽きることなく引き付けられました。
これ、映像で見てもその魅力の10分の1も伝わらないんじゃないかな。

実際、私はラスベガスでシルクドソレイユのショーを2つ見たのですが・・・あまり良い席がとれなかったんですよね。
有名なオーやカーは、劇場自体もかなり大きいので、遠くからだと迫力が伝わりません。
S席はなかったのでその次のランクだったのですが、かなり後方の席になってしまいました(*当日になると、ホテル側がVIP用に確保していた良い席が放出されたりするそう)

しかし、今回行ったZEDは東京ディズニーリゾートにある専用の劇場で、ランク的には3番目の席だったのにも関わらずとても良い席でした・・・!!真正面かつ、そのブロックの席では2列目。
会場自体がそれほど大きくないので、これなら一番ランクが下の席でも楽しめるんじゃないでしょうか。

劇場の仕掛け自体はオー(水の舞台)やカー(舞台自体が直角の壁のようになる)の方が凝った・大掛かりなものでしょうが、私は今回の「ZED」の方が感動しました!

何より、ラスベガスまで行かなくていいわけですから(笑)
関東近辺にいらっしゃる方なら、行かない手はない!!と思いました。ほんと、誰彼かまわず勧めたいくらい。
これで9500円のチケットだなんて、安すぎる。と真剣に上乗せしたくなるくらいでした。素晴らしかったな本当に。

***

基本的にシルクドソレイユのショーは、言葉がいらない。ストーリーがあるようでないもの(*カーはストーリー性が強めだった)なのですが、今回も案の定事前知識は不要でした。
むしろ、新鮮な気持ちで見られて良かったなと思いましたよ!>特に最初の舞台変換。

後で公式サイト等を見たのですが「そうだっけ・・・?」と逆に首を傾げたり。

「天と地」

を旅するというのには納得でしたが。

とりあえず私個人の感想としては、筋立てとしては「本の中に入っていって不思議な体験をする」というものしかないんじゃないかと。

そこから何を感じるかは自分次第。
正に絵画を見るような、『芸術』そのものでした。

とにかくもう、色彩と音楽の素晴らしさと、空間を上から舞台の下まで使ったあっと驚く演出。
生命の躍動と混沌。
その全てを「体感」して欲しい!
と言うしかない。

はぁ・・・いい体験をしたなぁv
魔法にかかったみたい。

特に、歌や楽器演奏者も一体となって舞台に絡んでくる構成は(シルクドソレイユのショーの中で)初めて見たので感動しました。
規模は小さめかもしれませんが、丁寧に作り込まれていて本当に良かった。

実は、コルテオのチケットは良い席が全くとれなくて諦めてしまい、ZEDは簡単にとれたので期待していなかったのですよね(笑)
やはり常設なだけに「いつでも行ける」という思いが働いて人気が低めなのでしょうか?勿体ない。
演目に専用の劇場があるというのはやはり素晴らしいです。


ちなみに、わたくし10年ぶりくらいにTDRに行きました。
びっくり!すごい変わってるーーーー!!!!
今月はもう一度東京に行って、その時はシーに行く予定なのです。めっちゃ楽しみ!!!
結婚式ラッシュ終了。 
2009.10.08.Thu [ 日々の徒然。
憂いがなくなったので、にこにこと更新。

先週末は結婚式に呼ばれて東京へ。
今回は旅費&ホテル代共に向こう持ちで準備していただきました。
いやー!嬉しいものですね♪
しかも、ホテルが京王プ○ザホテルでね。すっごい綺麗~!!そして居心地が良くて、よく眠れた実際。

リッチやな!
と思いつつ、本人はいつもノーメイク・ジーパン・スニーカーで走り回っていて
「この日会える?」
「たぶん大丈夫ー!」
と言われて会ってみると、48時間寝ていないうえに2週間くらい家に帰っていないことが発覚するほど『仕事命』で頑張っていること知っているので、ちょっと申し訳ない。

・・・申し訳ないが、おかげでお金に余裕がある上に惜しまない人なのも知っているので甘えておく(笑)

私も学生時代にお世話になったお母様、当時は高校生だった妹さんがとても嬉しそうで感慨もひとしおというか、今回はご家族の気持ちになって感情移入してしまいました。
頑張ってきたことが報われて、良い相手とめぐり会えて本当に良かったなぁと(しみじみ)

相手の方はあまり形式ばったことはしたくない人だったみたいなのですが、最後に「押し切られたと思ったけど、やって良かった」とぽつり言っていたのが印象的でした。
わたしも自分はそういうこと(盛大に披露宴などすること)に興味ないと思っていたのですが、やはり良いものだなと出席するたびに思います。
自分たちを祝福してくれる人がこんなにいるんだって思うこと、色んな人と関わって生きているんだなと思うこと。どちらも新しい門出を迎える二人には大切で嬉しいことだろうと思うので。

友人内では早めに結婚した同期(男)が、
「ご両親が大切に育ててきた娘さんをかっ攫うんだから、安心できるように形式を整えるのは当然のこと。これからずっと付き合っていくんだから、親族の方にも友人関係・職場での自分を含め知ってもらって『よろしくお願いします』とお披露目するのって大事なことだよね」
と言っていて「おおおおお」と思いました。20代前半の自分、まったくそんなこと考えてなかったよ!!!

今年3件目の結婚式が終了。これで今年中にはないはず。
私にとっては多いなと思う件数なのですが、一緒に参列していた友人はまだまだ今月来月再来月と続くよ・・・・と若干うなだれてました(笑)
職場関係もあると、多くなりそうですよね確かに。
わたしは純粋に友人にしか呼ばれてないので、お祝いするのも(今のところ)本当に嬉しい人ばかりなのですが。

5歳上の先輩に「早く結婚しないと、自分がお祝いあげた人呼べなくなって(*付き合いがなくなったりで)元が取れなくなるよ」と真顔で言われましたよそういえば。確かにな・・・!
一生に一度のこと(*たぶん)だし、お祝いする気持ちがあればなんとも思わないですが、「え。なんでこの人に呼ばれるの・・・?」みたいな式だったら後々気になりそうです(笑)・・・その前に、出席するかどうかで迷うのか。

そして「りょうちゃんは絶対来てよね・・・・!」と怖い笑顔で釘を刺された。
わかりましたから、いい人紹介してください。
と言ったら「そんなのいたら絶対自分が行くわ!!」と返ってくるのはわかりきっているので、心に留めておく。
財布を失くした・・・と思ったら出てきた!! 
2009.10.08.Thu [ 日々の徒然。
東京から帰ってきたその夜に財布を紛失しまして、落ち込む→その後諸手続きに追われる→とりあえず近辺を探してみるとやっている内に数日が過ぎてしまいました。

免許証も入っていたので運転すらできず。
クレジット・キャッシュカード類は止めたので、通帳で現金を下して小銭入れで過ごす日々の心もとなさよ・・・!

まぁ、結局部屋の中から出てきたわけですが。

なんでそこ?というところから出てきた。
鏡の後ろとかさ・・・なんでだ・・・!?妖精さんがいるとしか思えない。

衣替えする勢いでクローゼットの中や、ベッドの裏まで調べたのにーーー!!!

もう諦めて、違うもの探しているときにふと見つけました。
・・・そういうもんだよね。不思議だ。

それにしても、良かったーーーーー!!!!
特に免許は、ないと本当に困ると思い知った。警察署で再発行頼むと2週間はかかるということだったので、半休とって免許センター行こうかと思ってたんですよ。

クレジットカードがないということはネットで買い物もできないということだなと思うと、ちょっと不便。
次に東京行く時には間に合わなそうだなー。

ちなみに、落ち込んで何もしたくない・・・・もう部屋のすみずみまで調べた・・・
とうなだれていた時も、ドラクエ9だけはやってました(笑)
ほんっと、この瞬間だけは嫌なこと忘れられるわぁ!RPG万歳!!と思ったね。
空の旅 
2009.10.03.Sat [ 日々の徒然。
羽田着きました~!
この時間の便に乗るの、ちょっと珍しい。金曜夜だと最終便なので。

離陸後、下に見える雲の海に夕焼けの赤い色がグラデーションに映ってとても綺麗だった。
着陸前、ふと横を見ると真横にぽっかり丸い月。
そうだ明日満月じゃないか!惜しい…
これまた不思議な美しさだった。


昔は新幹線で下手すると四時間半くらいかかっていて子どもにはなかなか辛かったのですが、飛行機だと乗っているのは1時間ちょっと。
なんだかんだでのぞみで行くのと変わらなくなってしまうんですが、やっぱり楽なのでここ十年ほどは専ら飛行機です。
いずれにせよ早くなったもんだなぁ。


飛行機、私はANAなのですが、密かに楽しみなのが「翼の王国」という機内誌。
世界各地の、日本国内の色んな場所が写真と共に紹介されていたり、水族館や美術館を巡ってみたり、誰かのお弁当を覗いてみたり、旅モチーフのエッセイがあったりと見ていて飽きない。

この間までは吉田修一さんのちょっとドキッとするような短編が載っていたのですが、今月からは吉田さん本人の旅について書かれたエッセイになってた!

思わずニヤリとするような等身大の旅の記録。小説もいいけど、短い空の旅には気軽に読めるものが嬉しいなぁ(*^_^*)
| BLOG TOP |
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。