ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画『舞妓Haaan!!!』 
2007.07.18.Wed [ 映画
今更なんですが、舞妓Haaan!!!を観てきました。ギリギリだった・・・(公開が)

***

舞妓しか愛せない熱狂的舞妓ファン、鬼塚(阿部サダヲ)が京都支社に転勤に。
あっさりとOLの彼女・富士子(柴咲コウ)を捨てて京都へ向かうが、「一見さんお断り」の壁にはね返されて・・・


***

阿部サダヲが凄すぎて、何をやっても面白いハイテンションムービーでした。

もうこれ、ストーリーがどうこうじゃないよ(笑)

とにかく阿部サダヲ演じる鬼塚が舞妓「オタク」を通り越して舞妓「狂」。
舞妓しか愛せず、舞妓の為になら何でもする彼の姿には笑いを越えて清々しささえ感じるのでした。

お茶屋に入る為に、ヒット商品を開発。
旦那になる為に、プロ野球球団を設立・・・かと思いきや自分も選手に!?

息をつく暇もない展開に、笑いっぱなし。
後半は割と心情ベースの展開になるのですが、最後まで楽しめました。

***

ちょっと内容に触れます。

お茶屋で「一見さんお断り」とはねつけられて、何故か突然ミュージカル風になるのは、なんだか浮いてたな。
その後もそういう演出で来るのかと思ったらそうでもないし。

前述の通り、阿部サダヲの絶妙な演技だけで面白いのでそこまですることはなかったかなと思ったり。
真矢さんがいるから使ってみたかったのか!?(笑)

個人的に一番笑えて死ぬかと思ったのは、

「ななはーーーーーーーん!!」

とただ叫ぶとこでした。

序盤だったこともあるのかなー?
腹筋震えるほど笑えて周りの人に恥ずかしかった(笑)
会場全体、笑うムードだったので良かったですが(^◇^;)

***

舞妓さん、綺麗ですねぇv
京都弁と花街言葉はまた違うそうですが、あの口調がまたたまらなくて鬼塚ならずともふにゃーんとなってしまうのがわかる気がしました。

ただ、きっと皆さん感じたことでしょうが、舞妓さんは柴咲さんや京野さんみたいにハッキリした現代風美人よりも目や口が小作りな方のが似合いますね。
駒子ちゃんや豆福さん(酒井若菜とは気付かなかった!)のが綺麗だったわ~。

柴咲さん演じる富士子は、舞妓修行を経て普通の化粧に戻った時のが綺麗だった。
けど、終始一途に鬼塚を追いかける姿が気持ちよかったですねv
鬼塚自身はあまり変わっていないので、今後とも苦労しそうですが(笑)

鬼塚のライバル、堤さん演じる貴一郎は「金があったら何をしてもええんじゃ~」と下品な遊び方をするプロ野球選手なのですが・・・

うあああ、エロい。なんかもう「いっそ遊ばれたい」フェロモン垂れ流し!!(笑)

駒子との関係が、切ない恋物語と思いきや意外な方向へ転がって行くのも、個人的には良い落としどころだと思った。恋愛関係のが面白かった気もするけど、オチをつけるのが大変そう。

***

後半が心情ベースの割に、鬼塚はやはり掴み所がなかったり、貴一郎が派手な遊び方をする理由としては微妙に納得しがたかったり、ちょっと詰めが甘いなぁと感じるところはあったかも。

そこは、鬼塚vs貴一郎のプライド合戦でテンションを上げて乗り切っているかんじでした。
つか、舞妓狂の鬼塚がそこまで貴一郎にこだわるのって何で!?むしろ好きなんですか?とか一人思ってた(笑)

一緒に見ていた人は、後半でちょっと飽きちゃったみたいです。何度か落ちたと言ってました。
あと、もっと舞妓さんハウツー映画かと思ってたらそうでもなかったと。

あと、隣に座っていた小学校低学年の男の子が「おかーさん、『しせいじ』ってなに?」と聞いていたのが非常にいたたまれなかった・・・・そうだよね、わからないよね、うん。

***

脇もゴージャスで、何も考えずに楽しめるコメディで面白かったです。
ちょこちょこ出てくる人のインパクトが強いし、笑える。
特に、医師役の北村一輝は凄かったよ・・・どこのおかまちゃんだろうと思って見てたら振り返った時、思わず叫んだ(笑)
テーマ:映画 - ジャンル:映画
スポンサーサイト映画『舞妓Haaan!!!』へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト映画『舞妓Haaan!!!』へのトラックバック
スポンサーサイト映画『舞妓Haaan!!!』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。