ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス #24&25 
2007.08.21.Tue [ コードギアス
これまた発掘。
今更ですが、書き掛けていたものをアップ。

最近、竹宮恵子氏の「ファラオの墓」を読んだのですが、その後でこの記事書き加えているうちに「なんだか状況似てる?」と思えてきました。

・元皇子(王子)
・現体制に反旗を翻し、象徴としてその下に多くの人間が集っている
・妹が弱点

受ける印象は全く違うわけですが!!
うーん・・・根本の動機が違うから?だけでもないんだろうけど。

ゼロに
「私が死んでも、黒の騎士団は滅びぬ!」
と言われてもたぶん笑っちゃうもんなぁ。

仲間の偶像足りうるべく身を削っていた者と、駒とまでは言わずとも利用する存在として捉えていた者の違いでしょうか。

なんかこう、ゼロは巧みに策謀を巡らし事態を操ってみせたけれど、そこにゼロがいなくても組織が機能するだけの信念を根付かすことは出来なかったんだなと思いました。

というわけで、主役陣には厳しめな感想ですのでご不快に感じる方はご注意下さい。
つっても、別段キャラが嫌いなわけじゃないんですが。
感じたことを理由付けて言葉にするって、難しいですね。
うぇえええええ、それ終わってないしーーーーーーー!!!!!(第一声)

とりあえずは、日本が独立宣言。ゼロがそのトップに着いて他国を巻き込んでブリタニアに対抗。スザクは今までのルルーシュのごとく下から巻き返す立場になって2期に突入するのかなぁ・・・と思っていたのですが。

全く違った。

むしろ、掴みかけていたものを手放してナナリーをその手の中に守ろうとしたら、ガラガラと他のものは崩れていってしまって何も残らなそうな。
あ、タイトル「ゼロ」って、そういう意味か・・・(書いてて今更気付いてみた)

以下、気になる人達を抜粋。


■ジェレミアことオレンジ氏

・・・げ、言語能力がーーーーー!!!!あまりにイってしまっていて切なくなってしまった。美味しいよ、確かにおいしいけどさーーーー!!!!
なんだか知らないが一番作画に気合い入ってるんじゃないかと疑うくらいに美形かつ色気が漂っていて、今更ながらに好きになってしまった。


■ギルフォードとダールトン

むしろ本望とばかりに命を賭してコーネリアを守る姿、間違いなくこの2話の中で一番萌えた(笑)

なんでそんなに嬉しそうなの、ギルフォーーードーーーーー!!!!

コーネリア様が絡むシーンはどれも熱くて燃えました。
親衛隊の活躍vsそれに押される藤堂とか。
スペックでは圧倒しているのにコーネリアにやられっぱなしのガウェインとか(笑ったw)
スザクに騎士位を授けるシーンとか。

ダールトン卿にかけられたギアスは「ゼロに姫様を差し出す」でした。
あんまりな最後に思わず涙が・・・(/TДT)/
EDの飲み交わすギルフォードとダールトン一枚絵にも思わず涙が・・・


■ヴィレッタと扇

記憶を取り戻したヴィレッタ、扇を撃って逃走(・・・・)
ああ、うん、まぁそうなるだろうとは思ってたけれどもっ!!

扇、死亡ということはなさそうなので、この二人の行く末も次に持ち越し・・・てくれるといいなぁ。

重傷を負いながらも、カレンに「ゼロを追え」と指示する扇にちょっと惚れそうでした。
ちょ、ヴィレッタ戻ってきた方が良いよー!勿体ないよコレー!!


■ロイドとセシル

おおおパイロットスーツの下は全裸!!!!!
とちょっと興奮(笑)

天の邪鬼ながらもスザクを心配するロイド、スザクに誰を重ねているのか気になるセシル。共に、良いコンビネーションでスザクの為に動いていて、彼は幸せ者だと思いました。
家族愛に似たものを感じるなぁ。

ロイドとラクシャータの科学者対決、もっと見たかった。


■ルルーシュ

ここから少々、重めです。

母親の死の謎の解明と父への復讐と妹ナナリーの幸福。
ルルーシュが世界を変えたいと渇望する原動力は、非常に個人的なもの。

それ自体にどうこう言うつもりはないですが、その過程として大勢の人間を巻き込みそして切り捨ててきたからには、仮にも組織のトップに立ったからには、最後に自己を優先するのは許されないよな、と。

「理想だけでは世界は動かない」と犠牲を強いた自身が、「でもやっぱり自分これだけは無理です」と土壇場で言ってしまったらそりゃみんな怒るぜ(笑)

その結果として当然のごとく全てが崩壊に向かってしまうわけで、納得と言えば納得の展開なのですが。

「君は最後の最後に世界を裏切り、世界に裏切られた」

には、おお!上手いこと言うなぁと思いましたよ。

元々の動機がどうであれ、起こした行動には責任持ってもらわないと。

「結果的に日本は解放される。文句はないだろう」
ってアナタ、どんだけ身も蓋もない(笑)
そう言うなら、石にかじり付いても結果だけは出してみろやーーー!!
と思ったのでした>認識甘いよルルーシュ。

個人的には、あの場面で終わるということよりもその後のC.C.のモノローグにあまり共感できなかったのが釈然としなかったな。

行動の根源が人として当たり前の願いだから、全て許されるわけじゃあるまい。
『世界の意志』がどうこうって、なんだか違くないか?それとも、今後皇帝関係でそういう面がクローズアップされるのか?ともやんもやんしてしまった。

まぁ、何だかんだ言いつつルルーシュの詰めの甘さとか身内への甘さとか過剰な演出効果を受けての弁舌とか嫌いじゃないのですが。
C.C.との『魔女と魔王』へのなぞらえも萌えました。全然、魔王なりきれてないけどな!!(笑)

当初、『王の孤独』と聞いて抱いていたイメージとは違った方向性で終わった1部でした>銀英伝のラインハルト的イメージだったよ。


■スザク

今回は、戦っている場面が多かったですね。
どれも動きがあって魅せてくれたなぁ、という印象。

ユーフェミアの死によって、激情に揺さぶられるスザク。
メーターが反対に振り切った感のある彼ですが、「正義」に囚われて作られたイメージのある以前より好感が持てるかも。
これが、本来のスザクの姿なんでしょうね。

スザクが『正義』を基準にするのは、感情的で個人主義(おそらく、自分と周囲の人間を一番に考えるという意味での個人主義)だった自分のアイデンティティが、父親の死をきっかけに揺らいでしまったからだと思われます。
強烈な自己否定により、外へ基準を求めた結果が今の彼なんだろうなぁと。

とはいえ、『以前の彼に戻った=自分を許せた』のかと言うと微妙なわけで。

「お前も父親を殺しているだろう!懺悔など、後でいくらでもできる!」
と言うルルーシュに対し、
「いや、君には無理だ!」
と答えるのも、『自分には出来る』という肯定よりも「俺にも無理だがお前も一緒だ」というような否定的ニュアンスを感じました。

ルルーシュがゼロであると知り、怒りに震えたのは勿論でしょうが・・・それと同時に、多くの血に汚れていると知ったことで『自分と同じ、むしろそれより下まで堕ちてきた』愉悦を抱いているようにも見えたんですよね、あのイっちゃってる表情に。(見方が穿ってる??)

「お前の存在が間違っていたんだ!
 お前は世界から弾き出されたんだ!」

というのも、ルルーシュにだけ向けたものではなく、ずっと自分に対して抱いていた感情なのかなと思えました。

その後で「ナナリーは俺が!」と思わず言っちゃうところが、なんだかスザクらしくて笑えましたが(笑うトコじゃない)

結論としては、スザクも真っ直ぐそうに見えてかーなーり歪んだ子だったのだなぁということで。

***

共感や感動を呼ぶというよりも、怒濤の展開を外側から見守って楽しむ作品だったなぁという気がします。

登場人物が個性的で(つか、変な人ばっか!)作画も高水準、戦闘シーンも迫力があって、話の見せ方もとても上手く、毎回間違いなく楽しませていただきました。
30分が、ものっそい短く感じたよ!!

どうなるか全く読めませんが、2部も楽しみにしたいと思います♪
そういえば、いかにも中華な新キャラ他にもいたよな!!(期待に満ちた目で)
スポンサーサイトコードギアス #24&25へのコメント
--こちらにも失礼します--

続編は来年の春予定と聞きました。その時までに熱が冷めてなきゃいいですけど(汗

24&25ではスザクの暴走が印象的でした。2期に出るんだとしても復讐者は高確率でお亡くなりになるのでどうなるのやら。

とりあえずルルとスザクよりもC.C.とオレンジ郷の命の方が気になるんですが(笑
C.C.は本名や正体など明かされていないので存命は確実でしょう。オレンジもこのまま死ぬにはあまりにも勿体ないキャラなので(笑)こちらも可能性は高いと思います

最後の場面でカレンがいたということは彼女がなんらかのギミックになるのではないのでしょうか。ルルには2期で是非とも眼帯を装備して欲しいと思っているので生きていてほしいですわー。

長文失礼しました。ギアスは久々に熱くなれたアニメなので中途半端にはやってほしくないです。
2期も1期の面白さを同じかそれ以上にして盛り上がってほしいところです。

- from 望月 -

-->望月さん--

うーん、春ですかぁ・・・
その頃は何やってるんだろう、私(笑)

2期ではスザクが主役っぽいのが楽しみですが、今回弾けていたのでどういうスタンスで始まるのか気になりますね。
たぶん、黒の騎士団は崩壊するでしょうがルルーシュ死亡もありえなそう・・・混沌状態と見るのが無難でしょうか?

スザクは本来の彼の良さも取り戻しつつ頑張って欲しいですー!
今回みたいに復讐者としてだけじゃ痛いっすよね(^^;)

>C.C.とオレンジ郷の命の方が気になるんですが
確かにーーーーヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゜☆。.::・'゜★。.::・'゜☆
C.C.は元々不死身なこともあり、死んでる気がしないですよね(笑)
オレンジ卿にはぜひとも生き残っていていただきたくっ!!

カレンは、「ゼロに裏切られた」というよりも「ルルーシュに裏切られた」気持ちが強いように見えました。
この二人のこれからの関係も気になりますねぇ!

>是非とも眼帯を装備
おおおおおGJ!!!!!!
そうですよね何らかの対処が必要ですよね(笑)
期待してますーーーーー(//∇//(//∇//(//∇//)

本当に、毎回ハイクオリティで息をつく暇もなく楽しませてくれる作品でしたね。情報量も、多い!!
24&25話はEDが「colors」だったのも嬉しかったですvv
2期も楽しみにしてます♪

- from 水瀬 涼 -

----

(´・ω・`)お初にお目にかけます。実は昨日24と25を初めて見た夜城といいます。
壮絶なラストでした、。ルルーシュもスザクも何だかんだでまだまだ若いと思えるようなラストでした。
しかし、未熟とはいえ一度多くの人間の命を預かった以上はそれに対する責務というものがあるでしょうに。
あ、TBさせていただきましたヽ(´ー`)ノ

- from 夜城 -

-->夜城さん--

私も見るのが遅くなってしまったのですが、思わず叫んでしまう壮絶なラストでしたね。

どうなるんやーーーー!?って(笑)

>ルルーシュもスザクも何だかんだでまだまだ若い

本当ですね!
「こうあるべきだったのに」ととやかく言わず、続きを楽しみに待ちたいと思います。

>未熟とはいえ一度多くの人間の命を預かった以上はそれに対する責務というものがあるでしょうに

そう、そこは気になるのですが・・・これまた続き待ちで(笑)

TB&コメントありがとうございました!

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトコードギアス #24&25へのトラックバック
スポンサーサイトコードギアス #24&25のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

品質評価 20 / 萌え評価 15 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 47 / お色気評価 19 / 総合評価 22レビュー数 1099 件 24話『崩落 の ステージ』一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。その
2007.08.30.Thu .No748 / ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン / PAGE TOP△

前回に引き続き、再びコードギアス反逆のルルーシュの事をカキカキいたしませう。これまでリアルタイムで観ていなくて皆さんより遅れておりましたが。ついに24話「崩壊のステージ」と25話「ゼロ」を観ました。あの
2007.09.01.Sat .No750 / 赤い月下の不夜城 / PAGE TOP△

前回に引き続きコードギアスの感想。25話「ゼロ」を書きます。まだ観てない方はネタバレ満載なのでみない事をオススメいたします。
2007.09.01.Sat .No751 / 赤い月下の不夜城 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。