ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買った漫画とか読んだ漫画とか 
2007.08.12.Sun [ 日々の徒然。
おっかしいなぁ・・・
8月暇な予定で、実際暇でゲームにかまけていたわけですが、先週半ばから忙しくてなかなか時間が空きません。
土日返上で仕事したのは久々だった。

というわけで、たくさん漫画を買ったのですが、かなり積んでおります。
ちょっと並べてみよう。

あ。「海の底」は読みました。最高に面白い怪獣小説でした(笑)最後でぎゃーーーー!!!って叫んだ。あああ、感想書けない自分が憎い。

***

今回、BLが普通に混ざってますのでご注意ください。

***

読んだ漫画本

吉祥天女 (1) (小学館文庫) 吉祥天女 (1) (小学館文庫)
吉田 秋生 (1995/02)
小学館

この商品の詳細を見る

今更ですが、初読。文庫って偉大だ~。
全くもって、時代を感じさせない・・・というより、今もむしろ新しい。これ、20年以上前の作品なんですよね?凄い。

名作は、時代を超越して面白いものなんだなぁとしみじみ思いました。


鋼の錬金術師 17 (ガンガンコミックス) 鋼の錬金術師 17 (ガンガンコミックス)
荒川 弘 (2007/08/11)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る


建国へと遡り、錬金術の謎に迫る巻。
とにかく大きいものを見るとうおおおーー!!と畏怖や感動を抱くのは人間の性だと思うのですが、漫画でも今までの世界をくるりと広げられるとぞくぞくしますね。快感。
エルリック家の在りし日の日常に、泣けてしまいました。

***

買ったけれど未読な漫画本

夏目友人帳 4 (4) (花とゆめCOMICS) 夏目友人帳 4 (4) (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき (2007/08/04)
白泉社

この商品の詳細を見る

龍の花わずらい 4 (4) (花とゆめCOMICS) 龍の花わずらい 4 (4) (花とゆめCOMICS)
草川 為 (2007/08/04)
白泉社

この商品の詳細を見る

本日ようやく買えました。
読むの楽しみー!!


ファラオの墓 1 (Gファンタジーコミックススーパー) ファラオの墓 1 (Gファンタジーコミックススーパー)
竹宮 惠子 (2007/07/06)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る

4巻まで。とりあえず、これから行ってみます♪

***

読んだBL漫画本

窮鼠はチーズの夢を見る    ジュディーコミックス 窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス
水城 せとな (2006/01/26)
小学館クリエイティブ

この商品の詳細を見る


これはスゴイ!!!!レディコミ連載だったらしいですね。それがまたすごい(笑)
主人公の流され具合が妙にリアルで、どろどろなのに、真摯な恋心には思わず共感して切なくなるこの不可思議さ。
上手くは言えないですが、少女マンガではなかなか出ない実際の恋愛の生々しさがあると思いました。

文句なくお勧め。
エチシーンがあるからなぁ、それが大丈夫なら。


恋する暴君 恋する暴君
高永 ひなこ (2005/02/10)
海王社

この商品の詳細を見る


こちらは上↑とは違って軽く楽しめるシリーズでした。
暴君受けで、へたれ年下攻め。
とにかく絵が綺麗で、先輩が格好良くも可愛く、後輩が可愛くも格好良い。
暴君先輩の行動が自分に被りました。外見じゃないですが!!
わかるよー、その言動。

こっちは、一般の人には特にお勧めしないです。BL好きな方へ。

***

買ったけれど未読なBL漫画本

天使のうた 1 (1) (ディアプラスコミックス) 天使のうた 1 (1) (ディアプラスコミックス)
西田 東 (2007/07/30)
新書館

この商品の詳細を見る

確か、三浦しをんさんの日記でちらっと出てきた気がしたので買ってみました。未読。
スポンサーサイト買った漫画とか読んだ漫画とかへのコメント
--暑いですねぇ…--

こんばんは~。
いつも唐突カキコですみません(^。^;)

「恋する暴君」CDドラマ持ってますよんv
(確か先日、2も出たんだったかな?)
暴君が緑川さんで、ヘタレ年下が鳥海さんです。
……まあ、だから所持してるワケですが(笑)
某ゲームの逆パで満足♪ってところです。
内容もそれなりに良かったしね。

失礼いたしました~。

- from テオ -

-->テオさん--

こんばんは~!
いえいえ、お話できて嬉しいですーーーvv
って、その割にいつも遅レスすみません_| ̄|○

おおおお年下攻めくんが鳥海さん~~!!!
ぴったりですね、ちょっぴりへたれさがまた♪(笑)

言われてみれば逆カップリング・・・ですねーーー!!
シキティの緑川さんは違和感ないのですが、どうも可愛らしいのが多いイメージなので暴君=緑川さんにちょっとビビりました。

とっても綺麗な絵柄で、ツボを押さえてあるので気軽に楽しめる一品でしたねv
脇キャラも美形なので気になりました・・・って、こっちがスピンオフ作品なんだっけ??

BLもきっちりチェックしてるのですが、記事は久々に書いたところ反応していただけて密かに嬉しいですっヾ(〃^∇^)ノ

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト買った漫画とか読んだ漫画とかへのトラックバック
スポンサーサイト買った漫画とか読んだ漫画とかのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花とゆめ「花とゆめ」(はなとゆめ)は、白泉社発行の少女漫画漫画雑誌|雑誌。1974年5月創刊。掲載作品は、誌名をとった「花とゆめコミックス」に収録され刊行されている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article
2007.09.05.Wed .No756 / 雑誌辞典 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。