ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメネウロ 
2007.10.06.Sat [ アニメ雑感
見る気満々だったのですが、調べてみたらこちらでは放映しなかった罠(笑)

継続して見るかは別として、とりあえずオンライン上で1話は見させていただきました。ゴチっす!

いやー!!
弥子ちゃん可愛いっすね!!!

そりゃ、この高校生探偵は話題にもなるよなぁという可愛さでした。
すげーよアニメ!!(笑)
きっちり「可愛い女子高生」であることが話の中でも定着している印象。

ネウロも美人さんでした。そして紛れもなく子安でした。
ああ。らしいなぁ・・・と思いながら聞いていたのですが、「ごちそうさま」でやられた!やられた!!
きっちり仕事するなぁ。

あと、笹塚が無駄に美形かつ色気のある遊佐声で悶絶しました。あれはヤバい本当に・・・

***

話題のドーピングコンソメスープが1話だったわけですが、こういう回で掴んでおいて過去を回想していくという流れは上手いかもしれないですね。とても入りやすかった。

というか、私がリアルタイムでネウロを読んでいた当初のこの回、「なんだこの漫画。怖い。変。面白いのかこれ??」って思っていたのですが(なのでドーピングコンソメスープにそれほど思い入れはない)、こうやって見てみると一応話になっているのですねー。
ちゃんと流れがあるし推理モノと言えば推理ものっぽい・・・かもしれない(笑)

とにかく、変でわけわからなくて死ぬ程インパクトが強いだけだと思っていたのにいつのまにか引き込まれていたというのがこの作品でした。

その時の衝撃に比べると、ソフトでわかりやすい流れだったなぁと思います。あのページをめくった時の衝撃は筆舌に尽くしがたい。

キャラの魅力もあるので、アニメにすると意外と『普通』に面白いのかもしれないですね。

大塚さんの声変化は、画像以上の効果があったように思います(笑)
スポンサーサイトアニメネウロへのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトアニメネウロへのトラックバック
スポンサーサイトアニメネウロのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。