ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダム00#9「大国の威信」 
2007.12.04.Tue [ アニメ雑感
ひとつ下で微妙な感想を書きつつ、今回は面白かったのでした。
・・・うん、もう文句は言うまい。

***

なんと言っても、ソレスタルビーングが初めての大ピンチ!に陥っているという状況がやはり緊迫感があって盛り上がる。

でもって、そこへ追い込んだの人革連セルゲイ中佐ってのがまた良い。←イチオシです。

タイトル通り『大国の威信』を賭け、ソレスタルビーングへ攻勢をかける人革連。
この辺りの世界情勢、毎回難しくはあるのだけれど、丁寧に登場人物が説明してくれるので眠いときに見たりしなければ大丈夫かと(笑)

今回はですね。

ガンダムの放出する特殊粒子が通信機器を妨害することを逆手にとり、小型探査装置機を大量にばらまいて「通信不能」なエリアを特定。
その居場所を割り出すという物量作戦を実行するらしい・・・おお、なるほどねー!!

そしてガンダム2機の陽動に対して、空の輸送艦をぶつけて足止め。
トレミー(主人公サイドの母艦?)には無人艦による特攻。
でもって本当の狙いは、足止めしたガンダム2機の鹵獲という3段構え。

「ロシアの荒熊」の異名を取りつつ、こーんな大胆かつ繊細な作戦を実行するなんて、格好良いじゃないの中佐ーーーー!!!

主人公の出番が少ない時に限って面白い気がするのはたぶん気のせいです。

***

そして、いきなりアバンでひー!!アナタまで双子なの?と驚かせてくれたロックオン。

フェルトと心を交わすシーンで、本名やら出身地が明らかになったり。
さらには、ソレスタルビーングに若い子が多いのには引き抜いてくるのもあるんだろうけど「世襲制」的なものもあるのねーと驚いたり。←フェルトの両親(しかも両親とも?)がガンダムマイスターって!!

なかなか見応えありました。

つか、ロックオンの兄貴ぶりに普通に萌えました。

「君は強い、強い女の子だ。
生き残れよ!!」

を受けて、

最後にクルーが窮地に揺らぐ場面で

「全員生き残るの!!」

とフェルトが言い切る流れはぐっときたよ。

***

鹵獲の標的になっているのは、キュリオスとヴァーチェ。

人革連ということで、ソーマ登場。
なので当然のごとく、アレルヤにも異変がありそう。

さらには、ヴァーチェの「隠された能力」と予告されていているのも気になるところ。
中から、スリムな機体が出てきたら笑う。

うーん、この引きはわくわくする!!
次回がとても、楽しみですv

***

癒し担当、沙慈とルイスはルイスの母親登場で暗雲立ち込めてます。
なかなか10代の身で、引き止めるのも難しいよねぇ。

沙慈のお姉さんが「ソレスタルビーングの本当の目的」を探るべく調査する模様。
急接近の可能性もあるのかな・・・嫌なフラグじゃないですよねまさか。
沙慈が一般人代表で終わるのか、なんらかの形で巻き込まれていくのか、ちょっと怖くなってきました。

***

あ!
松本保典声の人(ウェーヴの人)が国連関係の人だったのに驚きました・・・前からわかっていたのかもしれないですが、この人怪しげだけど一体何者だろうでもとりあえず声は松本保典。としか思ってなかったですよ(えー!)
スポンサーサイトガンダム00#9「大国の威信」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトガンダム00#9「大国の威信」へのトラックバック
スポンサーサイトガンダム00#9「大国の威信」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

誰かミリィを…ミリアリア・ハウを呼んで来て!!!(ノД`)だって、母艦の子達が戦闘に慣れてなさすぎなんですもの!イライラ!と、いうことで、珍しく(!)面白かった今回。むしろ、初感想の回が面白かったので助かります。(切実)さて、そんなこんなで初めて....
2007.12.05.Wed .No822 /  はちみつ水。 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。