FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
戦国自衛隊1549 
2005.07.14.Thu [ 映画
『戦国自衛隊1549』観に行ってきました。
福井晴敏原作ということで、福井ファン友達と行ってきたのですが・・・

んー、微妙?(正直者)

ストーリーは、実験中のミスで自衛隊の一部分が戦国時代へとタイプスリップ。彼らを救い、消失しつつある『現在』を救うためもう一度意図的に部隊をその時代へと送り込む。というもの。

話の展開に主眼がおかれる為、メインの二人の対立が弱い気がしました。
なぜ変えたいのか?なぜ守りたいのか?
二人の行動原理が切り込んで表現されないので、『浅く』感じてしまった。
台詞の内容に頷ける重みがないというか・・・。
江口さんは文句なくかっこいい!!
鹿賀さんの演技も素晴らしい!!のですが。

逆に面白かった、心に響いたのが戦国時代に生きる方の人々。
現代に飛ばされ、再び戻ってくる七兵衛(北村一輝)の存在感は凄かった。
道三・濃姫・はしっこい少年藤介。
その時代を生きる人間としての言葉、そして彼らとの交流はぐっとくるものがありました。

でも、終わったあと隣に座る友人と顔を見合わせてにやり。
「・・・微妙?」
(最初に戻る)

二人とも活字好きなのもいけないかもしれないですね(笑)
文章で緻密に書かれる心理描写を読んでしまうと、どうも味気なく感じる・・・ってそれなら映画観るなー!!というのはごもっとも。すみません。

でも、亡国のイージスも懲りずに観に行きます。


余談ですが、帰ってジェダイの復讐を見てたら、エピソード3観たくて悶えました~!!
戦国自衛隊1549へのコメント
   非公開コメント  
戦国自衛隊1549へのトラックバック
戦国自衛隊1549のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.