ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説雑感(ラノベに偏ってます) 
2008.01.09.Wed [ 小説
宮廷神官物語―選ばれし瞳の少年
The MANZAI 4
図書館革命
流血女神伝 喪の女王 8
七姫幻想
煌夜祭

の感想です。

***

宮廷神官物語―選ばれし瞳の少年 (角川ビーンズ文庫 39-4)宮廷神官物語―選ばれし瞳の少年 (角川ビーンズ文庫 39-4)
(2007/10/01)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る


榎田さんのファンタジーは、「神話」シリーズが大当たりだったのでこちらも購入。

秘められた力を持った少年が、国の大事の為に担ぎ出されてさぁ大変。という王道モノ。
中華風で宮廷や貴族が出てくることもあってか、なんとなく彩雲国シリーズを連想してしまいました。

主人公が元気いっぱい、生意気な野生児なので雰囲気は全く違いますが(笑)
脇を固める二人の青年も含め、とにかくキャラが良くて会話の掛け合いが楽しい。

軽く楽しめる中にも、国政を中心としたストーリーの骨子はしっかりとしていて面白かったです。
続刊が2月発売ということで、楽しみv

欲を言うなら、これいっそのことBLファンタジーでも良かったよ私は。
脇二人にくっついて欲しくて仕方ない(笑)

***

The MANZAI 4 (4) (ピュアフル文庫 あ 1-7)The MANZAI 4 (4) (ピュアフル文庫 あ 1-7)
(2007/11)
あさの あつこ

商品詳細を見る


まさかここまで続くとは!
MANZAIシリーズ4巻目です。

男に告白された!・・・と思ったら『漫才コンビ』を組もうという申し出だったという微妙な設定なわけですが(笑)読んでみると、するする引き込まれるのはさすがあさのさん。

軽妙な会話の中にも、「あ、わかる!」と思わず中学生時代を振り返ってしまう鋭い視点が入っています。

辛いときには逃げて良い。でも、譲っちゃいけないこともある。

「NO.6」や「バッテリー」よりも柔らかな印象で、ぜひとも現役小学生・中学生に読んで楽な気持ちになって欲しいなと思うシリーズです。

***

図書館革命図書館革命
(2007/11)
有川 浩

商品詳細を見る


ぐはーーーーーー!!!

甘いっ!甘すぎて耐えられず何度も本を閉じてしまいました(笑)

んもう、どんだけ~!!!(と叫ばずにいられないべったべたな甘さだということで語彙の貧困さを許してください)

とまぁ、ラブコメ部分は置いておいて。
上手い落としどころで完結しており、とても楽しめました。

敢えてワンサイドに寄った視点を貫いた。というような後書きがあったのですが、個人的には逆の視点を示唆する部分もさりげなく入っていて、考えさせられる部分が多かったように思います。満足。

と言いつつ郁の「キャラ読み」に諸手を挙げて賛同しているわけですが。
歴史物推理物ハードボイルドとほとんどをキャラ読みで楽しんでますので(笑)このシリーズに至っては完全にキャラ萌えさせていただきました。

今回は手塚兄弟にやられた・・・!!
手塚兄の声は、森川さんが良いなぁv(頬を染めながら)

***

流血女神伝喪の女王 8 (8) (コバルト文庫 す 5-63)流血女神伝喪の女王 8 (8) (コバルト文庫 す 5-63)
(2007/11/01)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る


もしかして感想を書いていないだろうか・・・と気付いたのですが、今更言うとしたら「とにかく面白かった」の一言が全てになってしまうかと。

本当に終わるんだろうか、と思っていたら終わってしまった。
これでもかというほどの怒濤の展開に、ついて行くのが精一杯で振り回されて最後には「終わってしまったんだなぁ」と深い感動の溜息が出ました。

神と人との物語であり、「国」を描いたスケールの大きな歴史物でもあり、生き生きとしたキャラの個性もやはり魅力であり。

ラノベだからと手を出さないのは勿体ない。ファンタジーが苦手な方でも大丈夫。
長いシリーズですが、興味があれば「帝国の娘(前編) 〈後編〉」はこれだけでも綺麗にまとまって楽しめる序章のような巻なのでお勧めです。

***

七姫幻想七姫幻想
(2006/02)
森谷 明子

商品詳細を見る


これも、感想書いたかどうだか忘れてしまった・・・ペンタさんにお勧めいただいて、随分前に読んだ一作。

織女伝説をモチーフに、和歌を絡めながら描かれる七編の連作ミステリーです。
短編連作ものにも古典ものにも弱いので、面白かった。

当初抱いていた印象より女の愛憎・執念渦巻くぞわりとした話が多くて、それがまた水や織物のイメージとマッチしてました。

でもやっぱり、不器用な二人の恋愛に乙女心を刺激される「朝顔斎王」が一番好みだったv

***

煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)
(2006/07)
多崎 礼

商品詳細を見る


これまた短編連作のファンタジー。
各所で話題になっていたのですが、今更読みました。

長くなってしまったので別記事にしています。
スポンサーサイト小説雑感(ラノベに偏ってます)へのコメント
--さくさく読めるお話は・・・ラクですよね(笑)--

 私もようやく「The MANZAI 4」を図書館で借りて読みました。でも、これってラノベだったんですね(笑)ジュブナイルに入るのかな~と思っていたんですが、よくみたら「カラフル文庫」って書いてありました。ほんとはもっとみっしりぶ厚く書いて欲しいと思うんですが、そのへんがラノベなのかな?それと漫画版も好いですよ~、お勧めです。

- from すず -

-->すずさん--

はいはい!
最近さくさく読める話もしくは漫画しか読んでません(笑)

あ。「The MANZAI」はジュブナイルだと思います私は。
もしくは最近だと、児童文学と文学の間の辺りを「ヤングアダルト」とも言うらしいです。

「ライトノベル」というくくり自体が曖昧なので、なかなか使い方が難しいですね。
ライトノベル=ジュブナイルな感覚の方もいるでしょうし、私も個人的な感覚で言ってますもん今。

ちなみに、恩田陸さんの学生主人公な作品も「ジュブナイル」だと感じますi-229

レーベルとしてはライトノベルでも読み応えのある文章のものもありますし、なかなか文章で区別はつけにくいですよね。厚さも、厚いのはめっちゃぶ厚いし(笑)

すずさんも以前記事書いてらしたと思いますが、自分の感覚を突き詰めていくとなかなか面白いかもしれないですね。

とりあえず、自分が面白いと思う小説は多分に「ラノベ的」要素が強い気がします(笑)

- from 水瀬 涼 -

--まとめてこちらで--

こんばんは。

>甘いっ!甘すぎて耐えられず
という「図書館革命」、早く私も読んでみたいです。
まだ予約の順番が回ってこないようです。

そして、「朝顔斎王」がお気に召したようで良かったです。
紹介した手前、「つまらなかったと思われたらどうしよう」と気をもんでいました。。
「オーディンスフィア」と言い、こういうベタな展開ってやぱり萌えてしまいます。

そして、子安ペルソナ!!
ご覧になったのですね。
久し振りに普通に格好いい子安声を聞いた気がします。
そして、激しいトキメキが訪れました。
新年早々、良いものに巡り会えました。
しばらくはこれを楽しみに生きていこうと思います。

>ファンダムは<ジェイド編>がある
まだ本編をやっていませんけど、買ってこようかしら?
すっかり、大佐に心奪われています。

- from ペンタ -

-->ペンタさん--

こんばんは~!!

図書館戦争、甘かったですよーーーっvv
私も同じく予約していたのですが、思っていたよりも早く回ってきて嬉しかったです♪

七姫幻想、古典な雰囲気たっぷりで面白かったです。
でもやっぱり好みが似ているのか、「朝顔斎王」が一番でしたv
年下の源氏の君に、恋愛事には疎いけれど純粋な斎王という組み合わせにニマっとしちゃいますね。


で。
子安ペルソナ、最っ高でしたーーーー!!!

ペンタさんに教えていただかなかったら、しばらく見逃していたかも。ありがとうございます♪

子安声に激しくときめき、話も面白くて大当たりでした。
うん。私も、久々にどきどきした・・・子安め・・・!

続きが楽しみですーーvv


>ジェイド編

おお!大佐に心奪われているならまず間違いないと思います。

私は、アビスでは珍しく
ルーク=アッシュ>ガイ>ジェイド
の順で贔屓しているのですが、それでもやっぱり萌えましたv

ジェイドも勿論好きですが、他の人もそれ以上に好き過ぎて困ります。
ミニゲームをやらないとあっさり終わるボリュームですので、安くなっていたら(笑)ぜひ!お勧めです!!

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト小説雑感(ラノベに偏ってます)へのトラックバック
スポンサーサイト小説雑感(ラノベに偏ってます)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。