ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERSONA -trinity soul- #7「私という他者」 
2008.02.21.Thu [ ペルソナ
一日署長のお礼としてもらった宿泊券で、慎・洵・めぐみ・カナル・拓郎といういつもの5人+引率者役の戌井・めぐみの先輩の田坂さんで温泉旅行に行くことになりました。

今回もほのぼの話かと思いきや・・・!!!

今までも気になっていためぐみの過去がうっすら明らかに。
ペルソナを抜かれかけた田坂先輩の異変も気になる、シリアス急展開でした。

それにしても、戌井さんって何者?(*そして勝手に乾さんだと思っていたことに気づいた今回)

***

■出かけようとしたら、兄さんが心配してくれました。

「気をつけていってこい。」

ふおぉ、だんだんデレが漏れて来ていますが大丈夫ですか兄さん!?
前回の反動か、今回の諒兄の出番は少なめです。

ここでしっかり萌えておくべし(笑)

***

■めぐみの過去

影抜きを嫌うめぐみ。きっとペルソナにまつわる何かが過去にあるのだろうとはわかっていたわけですが・・・

洵の脳裏をよぎった映像から見ると、どうやら交通事故に遭ったよう。

「飲酒運転は犯罪です!」
「10年前の同時多発事故・同時多発災害で家族や友人を失った人が大勢いると思います!!」


実は、一日署長時の力強い台詞、気になっていたんですよね。
このアニメ、丁寧なつくりなのでこれも伏線=めぐみ自身の過去の体験からきているんじゃないかと。

しかし、飲酒運転の事故に巻き込まれただけではペルソナにはつながらず。
飲酒運転ではなく、ペルソナが関わっていた可能性もあるということ?

・・・と思っていたら、どうやら危険を感じためぐみがペルソナを発動したことによって、おそらく弟を傷つけてしまった模様。

「かえって誰かを傷つけたら?」
「だってあの時、私があれを上手く使えていたら・・・」

せ、切ないなぁ・・・
そんな過去を負っているとは思えない、明るい子なので余計にくる。

ペルソナの存在を、それが何かはわからずとも感じ、それが「影抜き」に関連するものだとわかっていたので必死で止めていたわけですね。

***

■田坂先輩とめぐみ

そんなめぐみを立ち直らせたのが田坂先輩。
そして、二人がダンスの合宿をした思い出の場所が今回泊まる民宿なのでした。

うーむ、この二人にそんな絆があったとはー!

どこか危うい雰囲気の漂う田坂先輩を力づけようと、めぐみはわざわざ泊まる場所を選んだんでしょうか。

「もう自殺しようなんて思ってない」
って、やっぱり目が離せない気がする先輩・・・

しかし、先輩の方は逆に
「また、目を逸らそうとしてない?」
とめぐみを心配していたり。

「頑張っても、できなかったことなら諦めてもいいですか?」
って、これまた切ないなぁ・・・頑張りすぎなくていいよ。

とりあえず拓朗はめぐみが気になるなら、うっかり女湯に入ったり夜中にペルソナ修行をする前にやることがあると思う(笑)

人間、対話が大切ですからー!!もっと話を聞いてあげてください。
あ、これ、諒兄さんにも言いたいですが。

***

■消える人々と白い羽根

一方、署内では映子さんがここ10年間の海難事故の資料の閲覧許可を求めていました。

その中には、慎たちの泊まっている民宿のご主人の名前も。
なんで表札がズームされるの?と思っていたらこういうわけか・・・こういう部分、とても細かく、でもわかりやすく作られていると思う。

同じ場所、同じ時間にいて消えてしまった人と残った人の違いは何なのか?

その謎はまだ解けないものの、事故の共通点がひとつ。

「白い羽根のようなものが舞うのを見た」と記録されていること。

って、えええーーーーー!!??

今回、何度も田坂先輩が白い羽根を見てるんですがーーーー!!!!

と、見ているこっちは嫌でも緊張感が高まりますよっ。

***

■ペルソナ、発動。

夜中、抜け出した拓朗を追っていくとペルソナ出す練習してました(笑)
なんだろう、なぜか笑える・・・(*一応ここからシリアスシーンです)

いつまた戦うことになるかわからないと言う拓朗。
ペルソナを出すのはやめて欲しいめぐみ。

平行線の争いを続ける二人を止めたのは、慎でした。

田坂先輩がペルソナを奪われかけたことがあること。
ペルソナを奪ってまわっているやつがいること。
警察は頼れないこと。


諒は大事な人を危険から遠ざけようと、何も知らせないことを選びましたが。
慎は、信頼して真実を話すことを選ぶのね。
なかなか、格好良いシーンでしたよここは!!

この真っ直ぐさが、兄弟の現状も打破することを望みます(笑)

***

しかしここで、田坂先輩も部屋を抜け出していることが判明。
めぐみは能力を発動したのか、遠く灯台の上にいる先輩を発見して駆け出します。

そこには、白い羽とともに、あの赤い服の少女の姿が・・・!!

拓朗はペルソナを発動するも上手く使えず。
慎は、発動したところを赤い服の少女に阻止されてしまう。

田坂先輩の身体が海へとゆっくりと落ちていくその時、めぐみのペルソナが発動しました。
おおお。

過去、発動してしまったペルソナが人を傷つけてしまっためぐみ。
今回は、助けられたのですね。

・・・と、思いたいのですがー!!

今にも、田坂先輩が消えてしまうのではないかと最後までヒヤヒヤしましたよ。

しかも、「傷ついてる・・・心が、壊れて、もう・・・」と涙を流す洵は、誰の心を見ているの・・!?
田坂先輩だとしたら、まだまだ安心は出来なそうです。

戌井さんは、ペルソナ発動の模様を撮影しているし、どうなってしまうんだかー!!
続きが気になります。

それにしても、めぐみ&田坂先輩は百合っぽかったな~。
色んなジャンルに対応しているペルソナです(*そんな締めか)

ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】
(2008/04/23)
岡本信彦、子安武人 他

商品詳細を見る
テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック
スポンサーサイトPERSONA -trinity soul- #7「私という他者」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトPERSONA -trinity soul- #7「私という他者」へのトラックバック
スポンサーサイトPERSONA -trinity soul- #7「私という他者」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

洵は今日もラブリーじゃのぉ。 んで、何やら叶鳴を気にしている感じですが・・・ もしかして恋?(笑) 多分違うんだろうけど、年上の女性萌えな私としては「女子高生の恋人を持つ男子中学生」という状況を期待したいところなのであります。 「気をつけて行って...
2008.02.22.Fri .No858 / シバッチの世間話 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。