ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルソナ#12「救済者」 
2008.04.07.Mon [ ペルソナ
んんん?
先週の風船はなんだったんだーーーー??

というのは、予測していたので置いておいて(笑)

急展開・・・というか急激に立っていく諒兄さん死亡フラグに目眩がしそうでした。
ああ・・・・・

今回長くなったので、たたみます。
映子さんによると、統馬から検出された薬物は未申請の新薬だそう。
一方、諒にはずっと飲んでいた薬の副作用が・・・?
い、いやだーーーーこの展開!!

慎は洵の検診へ付き添いに。
洵の脳移植手術をしたのは「小松原」という医師だそうです。
こんな手術できるの、尋常じゃないっすよね。怪しい。
亡くなったそうですが、本当のところはどうなんだろう?
お子さんを探して、綾凪市を訪れていたというのも気になる。

病院で、田坂先輩のお見舞いにきていためぐみ達と遭遇。
この辺の会話、和むな~v

「どうして最近、僕の言うことがおかしいって言わないの?」
「だってお前、もとから変じゃん?」

でにこっとする洵がかわいい!

そこへ、諒兄さんが登場。田坂さんのお見舞い・・・というよりは、状況確認っぽい?

戌井さんは、事情を知っている味方側だろうな~とは思っていたのですが、緑川声の人(まだ名前出てこないのかー!!)が送り込んだエージェントだったそうで。なるほど、だから録画してたのねー!

その映像から、「彼女の傷ついた心と壊れたペルソナにつけこんだ何かがいる」と緑川ボイスが指摘。
あの、赤い少女のことでしょーか。

戌井の任務は、ペルソナ能力を持つものを探すことだったみたい。
めぐみ、拓朗、カナル、慎、そして洵・・・豊作すぎるぜあの学園(笑)
さすが富山・・・・!!
しかも、存在を諦めていた特A潜在だそう。

弟がペルソナ能力を持っていることに気づきながら、巻き込むまいと黙っていた諒。
結局はどんどん巻き込まれちゃったわけですが、切ないよー!

ここでまたまた、さりげなく色んな情報出てきました。

・DSIは純然たる精神医療機関だった。設立当初はあの開発を引き継いだ痕跡があるものの、5年前小松原が事故死して以来はシロ。
・稀人が有していたのは、複合ペルソナ。
・どこかに小松原の意思を継ぐものがいる。

複合ぺルソナというのは、他のペルソナをはがして取り込んだものでしょうか。
それを当初研究していたのが小松原で、彼は死亡したもののそれを受け継いで稀人を率いている人がいる。みたいなかんじ?

また、諒は怪しげな男から例の薬を受取っています。つか、遊佐さんじゃないすかこの声??他の役で出ていたのかこれから重要人物になるのか、気になるじゃないか。

長期に渡る服用が命にかかわるって、いやーーーーーーー!!!!
命を縮めるとわかっていても、ペルソナを発動するために薬を飲み続けていたのですね・・・

諒を張っていた伊藤達、追おうとしたところを映子に邪魔されます。これ、意図的よね。
そして、またフリルエプロンきたーーーーー!!今度は慎で。毎度毎度ありがとう(笑)
エプロンは、映子さんが諒にあげたものだったらしいです。
慎くん・・・ついに初恋に、決着をつけるのか・・・・?
「変なの慎兄ちゃん。諒お兄ちゃんと映子お姉ちゃん、両方に焼き餅やいてたね。」
そーかそーか、どっちにも焼いてたのかー(にこにこ)

ここで再び電話中の諒兄さん。うーん、場面が交錯するのでややこしい。

DSIがシロだったことで、稀人が使用しているだろう薬を製造している製薬会社から辿るしかなくなったということですね。
しかし、その薬は諒がペルソナを出す為にずっと使用してきたもので・・・
「その究明と引き換えに、俺は今の立場を失うかもしれん」
って。ど、どうすんだよーーー。

しかし、ここで思わぬ展開に!!

突然、橋の上が異空間のようになって、車椅子の男が諒の前に現れました。こ、怖い。

カギになりそうだった医師「小松原」が、稀人のリーダー「九条」・・・!?
うわー、なんて急展開。
前半の疑問解決しちゃいました。意思を継ぐ者どころか、本人だったよ(笑)

九条の発言がまた、わっけわからんですよ。

「あの計画の中止は、お互いに無念だった。
ペルソナにも、抗えない摂理があったということだ。所詮は人の心が生み出すもの。
だが、私には摂理を覆えす術があり、その究極的存在の創造は、現実になりつつある。
10年の時を経て、全ての奇跡が私の意思の元に結実しようとしている。
正に大いなる意識に望まれた必然。」


うわーん、また意味がわからないー!
死んだはずの人物が、なぜ?というのはずっとつきまとっている問題なので置いておいて。
どうやら九条にはペルソナを絡めてのなんらかの野望があるらしく、諒の力を欲しております。

「まず私が欲しいのは君だ。」

それだけはよくわかった!!!!
誰がやるものかー(笑)

それにしても、「雪原で待つ」と言われて、次回のタイトルが

「朱に染まる雪原」

って、どういうことだよーーーーっ!!!!(涙)

しかも、最後の九条の発言によると、再び稀人達はペルソナを奪おうと動き出すみたい・・・?

「しかる後、心の海を統べる存在となり、我々は・・・すべての無意識を救済する・・・!」 

なんなんだ一体。人類補完計画かもしくはエウレカの絶望病を思い出した私。
テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック
スポンサーサイトペルソナ#12「救済者」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトペルソナ#12「救済者」へのトラックバック
スポンサーサイトペルソナ#12「救済者」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。