ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルソナ #13「朱に染まる雪原」 
2008.04.07.Mon [ ペルソナ
今回で、1クール目が終了。
喜多さんOPが終わっちゃうと思うと、寂しさが募ります。
もしかして諒兄さんが・・・・と思うと不安でどきどきします。

冒頭は、ほのぼの神郷家の朝から。
洵くんがごみ箱を2階から落として、ごみ回収中。
受け損なった慎は、捨てられていた洵の授業参観のお知らせを見つけます。
誰も来れないだろうからって捨てていると思うと泣ける・・・!!

しかし諒が来るって・・・うーむ、恐ろしい勢いで来れなくなるとしか思えない。

署に行くと、映子さんが車に乗り込んできて、さりげなくGPSを座席の間に押し込んでいきました。
伊藤達と組んで、諒の隠している情報を掴もうとしているわけですね。
でもそれも、諒のことが心配だから。伊藤にまで「ありゃあ本気で惚れてるな」と見抜かれてます。

「傍に置きたがるくせに、肝心なことは何も。
中途半端に甘えられても、何もしてあげられないんだから」

ああああ、辛いよねぇそれは!!!なんだか初めて映子さんに感情移入できたような。
罪な男だ諒兄さん。

一方、前回出てきて色々喋っていった九条は、誰かと電話中。

納入を打ち切るというのは、例の薬のことですね。
製薬会社側の人、声が賢雄さん!!誘拐された子たちのお父さんかーーー!!
こんなところに繋がってくるとは・・・・じゃあ、社長なんだ。
何らかの圧力を受け、また彼の判断で制御剤の製造を停止、そのデータも全て処分したらしいです。
出資していた組織も別にあるらしく、ますますややこしくなっていきますね(^_^;)

そして、諒はこれでもかって程に覚悟を決めている様子。

副署長と、コーヒーで一服。兄弟話をしてみたり。
机の書類が綺麗に片づいてたり、署内を目に焼き付けるようにじっくり見たり、伊藤さんに敬礼したり・・・どれだけフラグ立てていくんだーーーーー!!
うう。心臓に悪い・・・・。

所変わって授業参観。
うきうきしている洵の様子に心が痛みます。

案の定、慎のところに電話が。
諒にお墓に呼び出された慎は、怒りをぶつけますが・・・
「ひとつぐらい、やり残しておこうと思ってな。行こう。次の機会には、必ず。」って。
ちょ、兄さん・・・・・・!!

GPSを渡すのも目的のひとつだったんだと思うんですが、やはり最後に何かを言い残したかったのかなぁと思える兄弟の会話でした。

「洵を頼むぞ、慎。」
この一言に、全ての思いが込められているような。

急いで学校に戻る慎ですが、そこには仲間たちの姿が。
うわー、なんかほっとする。笑っている洵に。

しかし、その間にも諒は指定された雪原に向かっています。
そこを、映子さんが追いかけていく・・・。って、なんで場所わかるんだろう??またもや羽が舞っているのが関係しているのでしょうか。
というか、うわー!肝心な時に映子さんが枷になりそうだよ。やめてーー!!

雪原で対峙する、諒と九条。
聞いていないのに説明口調で長々喋ってくれる九条の言葉を、前回に続いて聞き取ってみました。

「全ての人間を管理し、隷従させんとする者がいる。
彼らは長きに渡り、影なる存在としてあらゆるシステムのいたる所に配され、世の混沌と閉塞の為に尽力してきた。
君の上にも彼らはいる。
彼らは人が接する凡そ全ての物を操作し、全ての人の心の力を少しずつ、そして確実に奪い続けている。
その成果が今、ペルソナの著しい減少という形で現れているのだ。
それは、彼らによって人が己の精神を放棄させられつつある事を意味している。
そしてそれは人が未来を放棄していることに等しい。
私は、他ならぬ彼らの財力を利用することにした。
今一度・・・全ての無意識を繋ぎ、再び人に心の力を取り戻させる為に!」


ふぅ、頑張った割に、やっぱりわからないよねー。
『財力』があるってことは、制御剤開発に出資していた者たちなのでしょうか。
システム管理によって人の精神が放棄させられている=ペルソナが減少している、か。
『全ての無意識を繋ぎ、再び人に心の力を取り戻させる』が意味不明なのよね。ペルソナ複合してったらいいのか?リバースされたり、無気力症になったりしてばっかりなのに??

わからないことだらけなんですが、諒は詭弁だときっぱり否定。
戦闘に突入です。

しかし、九条の操るペルソナの力は圧倒的。諒のペルソナが貫かれて・・・・
うわーん、本人にも突き刺さってるーーー!!

「慎と・・・洵は・・・渡さない・・・・」

身体に穴を空けながら、それでも思うのは弟たちを守ることなのね。
ごめん、泣けてきたよここ。

なんとかペルソナを動かし、九条を撃破。
しかし、そこで力尽きた諒のペルソナは暴走してしまう。

そこへ、映子さんが・・・えええええ、まさか、まさかそんな・・・・!!

「来るな・・・」

撃ち抜かれ、倒れる映子さん。

そ、そうきたのか・・・・私はてっきり、映子さんを庇うことで諒が死ぬのかと。
もっと悲惨な展開でした。

子安さんの叫びが凄くて鳥肌立っちゃいましたよ。
ああ、諒兄さんが壊れちゃうーーーーー!!

ちなみに、最後の叫びはTAKE3させられたそうです@ペルソナラジオ。
テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック
スポンサーサイトペルソナ #13「朱に染まる雪原」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトペルソナ #13「朱に染まる雪原」へのトラックバック
スポンサーサイトペルソナ #13「朱に染まる雪原」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。