ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルソナ#14「狭間の彷徨」 
2008.04.09.Wed [ ペルソナ
兄貴は一体どうなってしまったのか?
そして、新OP・EDの出来は・・・!?

妙な緊張感と共に視聴した2クールめ、わけわからんのは相変わらずなのですが面白い。
もう、最後までついていくよ!

完全にストーリーを追ったネタばれとなってますので、以下ご注意ください。

OP、格好良い!!!
FLOWの曲も普通に良いんですが、絵の合わせ方がすごく好みです。

さて、どうやら寮に入った様子の慎と洵。
半袖で、かき氷で、寮に人がいないってことは夏休みでしょうか。
冬から夏へ、一気に半年ほど経過したようです。

伊藤さんに会いに行く慎ですが、居留守を使われてしまう・・・
って、ラーメンの出前持って入り込んでるー(笑)
いや、こういうとこ、好きですよ。

『牛丼ラーメン汗だく』とか細かく笑った。
婦警さんが持っていくってことは、格好良い人かー。新署長とか?

兄は、行方不明のようですね。
しかし、冒頭闘っている夢からすると、敵サイドで出てきそうだ。

そして、洵とめぐみ達の会話からすると、映子さんは死亡確定ーーーー!?
「好きだったんだ、映子姉ちゃんのこと」
うわああ・・・両方に焼き餅やいてた慎、行方不明の兄を案じる気持ちと、映子さんを殺したのが諒かもしれないという疑念の間でまた苦しむわけですね。

慎は、半年前の事件以来、情報を求めて何度も伊藤さんに会いに来ているみたい。
伊藤さんが「慎!」と呼び捨てにするのに驚きましたが、何度も接触するうちに親密度上がったのかな。両親を亡くして保護者代わりの兄が行方不明ときたら、伊藤さんも情が移りそうだ確かに。

伊藤さんとの会話で、あの日に二度目の連続リバース事件が起きていたことが判明。
稀人達が街で動いていたヤツですね。
1日で、新たなリストに載っていた全員からはがしてしまったんでしょうか?さらっと語られてるけど、怖いですね。

結局、新たな情報を得ることは出来ずエレベータで下に降りる慎・・・・

って、あーーーー!!!!

緑川きたーーーーーーーー!!!!!O(≧▽≦)O

ついについに!!声だけだった緑川ボイスの謎の男=真田が登場。
銀髪格好良いっすねv
さっきの牛丼ラーメン、この人か。

一方、洵が自宅に向かうと、そこにはカナルの姿が。
「諒兄ちゃんが帰ってきているかもしれないから、一日一度は」
様子を見に来る、洵が健気や・・・

カナルは、慎が寮にいなかったのでこちらに来てみたらしい。
電話で済むんじゃ?という問いに口ごもるカナル。

おお!!結局慎の顔が見たかったわけですね~!!
ほのぼのきゅーんですよこれは。

というわけで洵とカナルがアルバムを開いているその頃。
慎の元には前髪ぺったり・・・もとい、えーと(調べている)・・・壮太郎が!!

ファミレスにて、とーこりんの引退や首相の発言についてなど、世間話を始める壮太郎。
ふざけた様子に慎は怒るも、「大事な話だ」と真剣な表情に。
これって、だんだん人間が無気力になっていってるよー。ということ?
しかし、それを防ぐ為に大量殺人っていうのもどうかと思うわけで。

壮太郎がリバース事件は自分たちがやったと認めると、慎はそれを伊藤達に通報するのでした。
いやいや、正しい判断ですよね。警察も一応動いてるわけですから。

壮太郎が敢えて慎に接触してきたのは、薬の入手経路を知る為だったよう。
あの製薬会社が撤退して、稀人サイドも困っているんですね。おそらくは。

ただ、会社としては正しい判断だった模様。
諒と入れ替わるように署に配属された真田は、捜索の手を伸ばしたものの無駄足に終わったようです。

その真田、戌井と2ショットで会話中。
「もう何が起きてもおかしくない時期に入っている。その時を迎えるしかなさそうだ。」
「僕らの上にもいるんですね。ペルソナの捻じれた開発転用に噛んでる人間が。」

うーん、意味深な会話。
どうあっても、過去話は出てくるんだろうな~。
ペルソナ3をプレイしていないことが悔やまれます!!

さて、ここで急展開。

薬を飲み続ける中毒者みたいな、ヤバイ状態の人・・・これ、マレビトの双子の片割れじゃないかーーーー!!!

これは、ペルソナが暴走・・・?
というより、抑えきれなくなって中から何か出てこようとしているような。
取り込んだ複合ペルソナでしょうか。
あああ、ぐろいぞーーーー。

街の電気は消え、伸びた触手に触れた人たちは倒れていく。
阿鼻叫喚の大パニックですよーーー!

丁度そこに居合わせた、洵・めぐみ・拓朗。
そこにも触手が伸びたところで、現れた剣がそれを遮る。

おおっ!!
格好良いです、慎vv

雰囲気も大人びてきましたし、3兄弟の家族の絆と共に、友情や彼自身の成長も大きなテーマなんだろうなと感じますね。

そしてこのまま慎が対峙するのかと思ったその時!!
暴走していたペルソナを一筋の光が貫き、双子片割れ諸共消し去ってしまいましたーーー!!

ええええ何事!!!??
と思ったのもつかの間。

そ、そんな・・・まさか・・・・・

あ、あにきーーーーーーー!!!!!

高層ビルの上に立つ人影。舞い散る羽根。
その姿はまさしく、諒兄さんではありませんかーーー(ノ◇≦。)

いやー。もっと遅い再登場だと思ってました。
赤い少女と同じく、現実と向こうの世界の狭間で彷徨う存在になっちゃったんじゃないかな?とタイトルから予想。

いずれにせよ、面白い展開になってきました。

最後ED、面白いけどもっと人物いる一枚絵だと嬉しかったな。
さぼてんさぼてんv
諒だけが向こう側にいるのが切ない・・・
ちょっとBLOOD+っぽいなぁと思いました。「語り継ぐこと」の時のやつ。
テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック
スポンサーサイトペルソナ#14「狭間の彷徨」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトペルソナ#14「狭間の彷徨」へのトラックバック
スポンサーサイトペルソナ#14「狭間の彷徨」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PERSONA -trinity soul- 第14話 「狭間の彷徨」 評価: ── 兄貴・・・ 脚本 むとうやすゆき 絵コンテ ...
2008.04.11.Fri .No870 / いーじすの前途洋洋。 / PAGE TOP△

『諒の失踪と《リバース》事件の周知を受け、綾凪署へ赴任していた参事官・真田明彦が、慎のもとを訪れる。拓朗、めぐみと共に『ペルソナ使...
2008.04.14.Mon .No876 / Spare Time / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。