ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ雑感 
2008.04.30.Wed [ アニメ雑感
■視聴決定なもの

「ペルソナ」「コードギアスR2」「精霊の守り人」「ネオアンジェリークabyss」「ヴァンパイア騎士」

「ペルソナ」は本当に面白い。
謎だらけ伏線張りまくりで進んでいくのですが、不思議と気にならないんだなぁ。
綺麗に伏線回収されるからというのもあるけれど、その他の人間描写が良い。
言われたくないだろうことは深く追求せず、でも何かあったときには一緒にいる友人関係とか、思いやるが故にすれ違う家族関係とか、なんだか優しくて癒されるんですよねー。
あと、兄ちゃんに萌える。普通に。

「コードギアスR2」は、怒涛の展開で見ていて飽きないですね。

「精霊の守り人」は面白いうえに、やはりタンダに萌えた(予想通り)。

「ネオアンジェリーク」「ヴァンパイア騎士」はにやにや楽しんでます。
血吸っちゃったーーーーー!1話からわかっていた展開なのですが、やはりそのお約束ぶりが良い。安心できる。


■今のところ食らいついていっているが、忙しくなったら落ちてしまいそうなもの

「RD潜脳調査室」「絶対可憐チルドレン」「マクロスF」

「潜脳調査室」は地味に面白いうえに、台詞が格好良い!のですが。メタルについて(ちょこちょこ説明はされていても)どうも感覚的に掴めないので疲れる。gyao視聴なこともあって、いつの間にか見るの忘れていそうです。

「絶対可憐チルドレン」も毎回さらっと楽しめるのですが、どうなるかなー。
歌が!!あの歌が頭から離れなくなるのが怖い・・・・(笑)!!!!

「マクロスF」は、女の子じゃなくてアルトに萌えればいいんだと気づいた。


■あれ、いつの間にか落ちちゃった・・・なもの

「ドルアーガの塔」「隠の王」「ソウルイーター」

だって多いんだもん本数が。
「ソウルイーター」はデス・ザ・キッドがやっぱり良いキャラだった!がしかし録画し忘れたのをきっかけにやめようと思う。
スポンサーサイトアニメ雑感へのコメント
--ショックでした。--

 あ~、もしかしてと思ってお邪魔したんですが、アニメ「秘密」は、すっかりアウトでしたね(苦笑)

実は、アニメ「秘密」の第四話をご覧になった方の感想に、

>孫に自分の部屋がいつ出来るかと問われ、おじいちゃんが死んだらと答える母。「いつ死ぬの?」

という場面があった、と書かれていたんです。これとまったく同じセリフと設定が、CLAMPさんの漫画「東京BABYLON」に出てきます。既読の方なら、あの作品の中でも、すごく重いお話なので、きっとすぐに判るはずです。スタッフが本当に知らないのか、無意識で使ってしまっているのか判りませんが、まんまパクリというのは、ちょっとショックですね

- from すず -

-->すずさん--

こんばんはー!
「秘密」は、まぁアウトというのもあるのですが(直視できない意味で)動画探して見るのが辛いので、初回だけ頑張ってその後は諦めてましたv

つか、2話で大統領話になったと思ったらまた4話でオリストなのですね。

「東京BABYLON」は、私も思春期に読んだ漫画なので印象深いです。同じようなモチーフは繰り返されるのでしょうか。
知らないと気にならないでしょうが、「ああ!」とわかると気になりますね。

そういえば、私にとっては「櫻の木の下には死体が埋まっている」は梶井基次郎ではなくて、CLAMPだったなぁと思い出しました(笑)
「東京BABYLON」はたぶん中学生で読んだので、あとで小説読んで、「これかぁーーーーー!!!」って叫んだんですよね。

なんだかしみじみ、思い出されます。Xは途中で挫折した・・・・しかし、完結したのは夢中で読んでましたよー♪

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトアニメ雑感へのトラックバック
スポンサーサイトアニメ雑感のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。