ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
氷室冴子さん訃報 
2008.06.08.Sun [ 日々の徒然。
昨夜知りました。

「ざ・ちぇんじ」に「なんて素敵にジャパネスク」は、本当にわくわくしたし大好きだったなぁ。
鷹男の帝が大っすきでねぇ・・・当時は吉野君派と言葉を尽くして争ったものです。
それでいて、どっしりとお相手としてヘタレ(だがたまにいい所で締める)高彬がいるのがまた新鮮で。
当時から、報われぬ片思いモノが大好きだったのでした。

平安時代にも、これで興味持ったよなーと。
「あさきゆめみし」も読んでいれば、古典だって楽しく勉強できたさ。

上記ふたつは漫画版も大好きだったのですが、どっぷりコバルト文庫にはまることになったきっかけはもっと古い作品だったと思う。
「なぎさボーイ」に「多恵子ガール」・・・で、なんといっても「シンデレラ迷宮」!!
たぶん読んだのが小学校高学年だったので、ぐっさぐっさきましたよ。男の子と分化し始めて色々ある、複雑なお年頃なのよ。

「銀の海金の大地」は、調べたところどうも私が中2の時が初版。

今思うと、なかなかにエグいところもあるのに夢中で読んだ。
ずっと続きを待ち続けていて(無理だとわかっていても諦めきれないのがファン心理)実家にもしっかり全巻残っているのですが、もう続きを読むことはできないのですね。
どんな世界が氷室さんの中では広がっていたのか、垣間見ることもできないのがとても切ないです。

せめてもう一度、今の自分が読んだらどう思うのか読み返してみたいな。

思い出し始めたら言葉が止まらないほどに、たくさんの想いをくれた作品ばかりでした。
心よりご冥福お祈り致します。
スポンサーサイト氷室冴子さん訃報へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト氷室冴子さん訃報へのトラックバック
スポンサーサイト氷室冴子さん訃報のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なぎさボーイ に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
2008.06.08.Sun .No961 / 気になるキーワードでブログ検索! / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。