ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運を使い果たしたか・・・「DIVE!!」試写会感想 
2008.06.13.Fri [ 映画
「DIVE!!」試写会行ってきました。

そこでなんと、会場で1人にしか当たらない主役3人サイン入りパンフレットをもらってしまいましたよーー!!!
はーびっくりした。こんなことがあるとは・・・
しかし、どれが誰のサインだかさっぱりわかりません。

本編感想をば。

ぴっちぴちでした、確かに。

なんかこう、眩しくて直視できないわー(笑)

話の流れは、知季が主軸なのかなやはり。飛沫や要一の葛藤も少し。
いずれにせよ、内面描写は原作に優るものはないと思いますのでそれ以外の感想をば。

飛び込みって、こんな雰囲気で練習したり試合したりするのねーー!
とわくわく出来たのが、何より良かった。

「おお!」と思ったのは、セームタオル(でいいのかな?絞ると吸水性戻るやつ)の使い方。
上で飛び込む前にぴしゃっと下に落として、飛び込んだ後に拾って戻るんですね。
その拾い方にも個性が出ていて、細かい!

飛び込みのシーンはかなり多くて、迫力あり。
高さや水に入る感覚が伝わってきて、気持ち良かった。
個人的に水(に入るの)が好きなこともあるかもしれませんが、夏にこういうのを見るのは良いですねv

「コンクリートドラゴン」のイメージにぴったりくる飛び込み台、随分年期が入っているな~と思ったら「日本で一番古い飛び込み台」だそうで納得。
最後の試合のシーンでは、飛び込み台の後ろに海が広がっていてこれまたすごく綺麗・・・と感動していたら実は地元でした。

主役陣3人とも、良かったですよー!
実は知季と要一の配役、逆のが良くないか?とか思っていたのですが観たらそんなことなかった。

要一くん役の子、どこかで見たことある気がするんですが、どこでだろう。演技派だったので、内面の繊細さを考えるとこの配役がベストだろうなと。
知季役の林くんは、とにかく可愛かった。これだけ美形で「普通の子」ってどうなの(笑)とも思ったんですが、ちょっと天然ぽくてまっすぐな所は上手くはまっていたんじゃないかな。
飛沫は、原作で抱いていたイメージとは違ったんですが、なんだか一番ハマっていたような。

終わってみて、原作のイメージは別としてどの人物も愛しいなぁと好印象でした。
3人で断崖から飛び込むシーンとか、萌えた~!じゃないや良かった~!!←繕えていない。

知季の「何かきゅうくつ。枠を超えたい」という感情、文章で読むと「なんだかわかるな・・・」という切実な感覚だと思うんですが、映画だとそこまでぐっと迫ってくるかんじではありません。要一や飛沫の葛藤についてもそう。

ただ、そこを越えて「その先にある何かが見たい」という明るさや熱さはぱっと感覚的に伝わってくる。
夏にぴったりの、爽やか~な一作でした。

珍しくペア鑑賞券だったので友人と行ったのですが、「原作読んでなかったら、素直に楽しめそう」という感想でした。
「要一くんの内面の捉え方が(脚本的に)なんだか違う気がする」とも言ってましたが。
それもわかる気がするけど、これはこれでありだなー私は。
個人的には、「バッテリー」よりこちらの方が素直に楽しめた。


DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)
(2006/05/25)
森 絵都

商品詳細を見る
DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)
(2006/05/25)
森 絵都

商品詳細を見る
テーマ:邦画 - ジャンル:映画
スポンサーサイト運を使い果たしたか・・・「DIVE!!」試写会感想へのコメント
----

こんにちは!
ダイブ、今日から公開ですね
サイン入りパンフレットすごいですね!むしろ、ツイてるじゃないですか!!

私も、セームタオルの「ピシャッ」という音にはぞくっとします。水瀬さんの感性に、ドキドキしながら
ブログ拝見して、ますます楽しみになりました。
ダイブの撮影にも関わっておられる
アスリートのみなさんからもお話をいろいろ伺い、一瞬にかける思いの強さを感じていただきたくて
ブログでご紹介させていただきました。
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

- from 勝利の女神 -

--有難うございました!--

 わーい、映画感想楽しみにしていたので、嬉しいです。

ほら、ぴっちぴちだったでしょう?(大笑)

ま、それはともかく、映画ならではの構成がありますから、うん、原作どうりを期待しちゃうと違和感はあるでしょうね。この間、NHKで放映していた「バッテリー」の最終回をちら観したんですが、耐え切れませんでした(笑)やっぱり文章は、”自分のイメージ”の部分が大きいから、映像がきちゃうと辛いなぁと実感しました。やっぱり「別物として愉しめる人」になるしかないですね。

- from すず -

-->勝利の女神さん--

コメント&TBありがとうございます!
お返事等遅くなって申し訳ありませんが、記事拝見しました。

ゴールが決まっているから、迷わない。
なんだかすごく潔くて、格好良いですね。
あの映像を見ると、思わず納得してしまいます。
取り返しのつかない一瞬にかける熱さ、伝わってきました。

サインは、つきすぎてしまってちょっと怖かったです(笑)
この運、他のところにも良く働くと良いな~♪

- from 水瀬 涼 -

-->すずさん--

お元気そうで、良かったです~!
土曜日は朝から突然仕事が入って外に出ていたのですが、私もニュースを聞いたときには「すずさん・・・!」と真っ先に思い浮かんでしまいました。

帰ったらもう記事を挙げられていたので安心しましたが。って、早速コメありがとうございましたv
そして相変わらず返信遅くてすみません(苦笑)

映画、ぴっちぴちで目の保養でしたよ♪

ドラマのバッテリーは配役で「それは違いすぎるだろう」と見る気がせず、映画では「巧は絶対そんなこと言わないって!」と脚本が気になってしまいました。

やはり媒体が違いますので、「まったく同じ印象」というよりは「別モノとしても楽しめる」もので良いと思うのですが、それでも『ここだけは譲れない!』という本質や根底にあるものは共通していて欲しいですね。

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト運を使い果たしたか・・・「DIVE!!」試写会感想へのトラックバック
スポンサーサイト運を使い果たしたか・・・「DIVE!!」試写会感想のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダイブ この一瞬にすべてをかける あいつらと一緒に「夢」を飛び越えろ さあ、いよいよ公開です DIVE! 主演の林 遣都さん  は、「バッテリー」で 第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した実力 ハリウッド映画「ラストサムライ」にも出...
2008.06.14.Sat .No962 / 勝利の女神 ほほえみ日記 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。