ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィギュアスケートのシーズンがやってきたよ! 
2008.10.29.Wed [ 日々の徒然。
おおお、めっちゃ楽しみにしてましたよーーーー!!
また今年も、このフィギュアの季節がやって来たv

始まる前にエントリ書きたかったのに、何も書けないままにグランプリシリーズ開幕してしまいました。

オフシーズンにちょこちょこ観て(もしくは情報を得て)、楽しみだったり落ち込んだりしたことを箇条書き。

・真央ちゃんの進化ぶりはすごい!EXのタンゴもジャズナンバーも良かった。
・安藤さんはジャンプ好調みたいで、なんだかほっとした~v
・ゆかりんの今年のFPが「ジゼル」・・・!!可憐な雰囲気がぴったり。楽しみすぎる。
ランビエールとジェフが引退ってーーーーーー!!???大ショックです。一度でいいから、生で観たかった・・・・選手としては応援できなくなってしまいましたが、今後の活動を楽しみにしてます。

ということで、以下はスケートアメリカについての感想をば。
当然のごとく素人目ですので、ご了承お願い致します。
こ、小塚君が優勝ってーーーーー!!!!!!

おめでとう!!すごい~~!!

正直、ライサチェックとウィアーがいるエントリを見て「頑張って3位に入ってくれたら嬉しいけれども」くらいにしか思ってなかったよ。

それが、(4回転は3人とも挑戦→失敗でしたが)大きな失敗もなく力を出し切った末に実力で勝ち取っての優勝ですよ!!

ほぅ・・・熱かった。格好良かった。

ウィアーは相変わらず美しかった。彼は私の中ではアメリカというよりはフランスのイメージなのですが(ヴィトン好きなイメージのせいもあるのかも/笑)、曲が『ノートルダム・ド・パリ』だったので「おお、ぴったりやん!」と思ってしまった。

ライサチェックは、『ラプソディ・イン・ブルー』。
これまた、良かったし盛り上がった!!!ダイナミックで好きですよエヴァン~vv
しかし、衣装の蝶ネクタイはまだしも(そういう雰囲気の曲なので)ふくらんだ袖がどうしても微妙に見えるわ!もっと格好良いのにしてーー!!(笑)

小塚くんは映画版の『ロミオとジュリエット』・・・ランビエールがやってたよなぁ。めっちゃロマンティックでセクシーで女性はめろめろになりそうなやつ。←もちろん私はめろーんとなってました。
小塚くんが滑ると、初々しい原作イメージのロミオでしたね。なんかもう正に「初恋」みたいな。爽やかvv
スケーティングがほんとに綺麗で、するっする滑ってましたね~!(*なんという語彙のなさか)
足元が繊細で気持ち良い。
イーグルからのジャンプがすごく良かった~!ときめく。後半の前傾イーグル(めっちゃ傾いてたよ~!)でくるーっとするところもきゅんきゅんきた。
というか、男性選手の綺麗なイーグルが大好きです。ああ、ジェフ・・・・(ちょっと切なくなった)

4回転の跳べるジェフ(バトル)目指して頑張って欲しいな。

男子は僅差の激戦でしたね。
それにしてもあの二人に勝ったのか!と驚いてプロコトル見たら、スピンで2つレベル4をとっているし、失敗した4回転・手をついたトリプルアクセル・若干無理やりつないだ3連続ジャンプ以外は全てにGOEで加点がついてました。これはすごい。あと、3Aから3Tにつなぐコンビネーションの基礎点がめっちゃ高い。ので、納得しました(笑)


***

続いて女子SP。男子もSPちょこっとでいいから観たかったよ・・・

安藤さん、ジャンプの調子良さそう!!気持ちよく決まってました。スピンも上手い!
顔ツヤも前よりよくなった気がするし、メイクも今のが好きです個人的には。
衣装も変わっているけど彼女には似合ってるし、ちょっと妖艶なかんじのsayuriも良いですね♪
ステップでの転倒にびっくり。も、勿体ない・・・
しかしジャンプがばしばし決まっていたので、もっと点伸びると思ってました。
プロコトル見たら、3-3が回転不足とられて、さらにトリプルフリップもGOEでマイナス評価!?・・・見てるだけじゃ全然わからないなぁ。フリップなんて、どこに減点要素があるのかスローで見てもわからないYO!

ゆかりんは、ジャンプ不調と聞いていたのですが安定感のある滑りで安心して観ていられました。
スピードもあるし、ジャンプの着氷後が滑らかになった気がする~!
スパイラルも綺麗だった・・・・つか、今年から6秒以上で評価上がるらしいですね。大変そうだ!
3回転ジャンプが2回転になったのは残念でしたが、演技構成点が高い評価だったので嬉しかった。これなら、シーズン通して上位狙えますね♪

キム・ヨナの『死の舞踏』は凄かった~!!雰囲気があって、プログラムがすごく良い。
若いのにこういうの、似合うなぁ。
やっぱり上半身の使い方が素晴らしいですね。もう、フィギュアというよりスピードが半端でなく出る中でのダンスを見ているみたいv
ジャンプの飛距離もスピード感もすごい。けど、スピンやステップはまだまだだと感じました。
特にスピンは、中野や安藤の方が俄然上だと思ってしまった。
ダブルアクセルで手ついちゃいましたね。ルッツもちょっと危なく見えた・・・・のに、加点なんだ!安藤はマイナスだったのに・・・うーん。ジャンプは見るのが難しいなぁ。
2Aは元々点数が低いですし、回り切ってのお手付きなのでさほど点数には響かなかったよう。それにしても、2Aで減点されて69.5はすごいな。GOEでの加点って大きいんですね~!

その他、ナガス選手が印象に残りました。綺麗!

***

続いて翌日FP。

おおお~!!ナガス選手良いっ!!!!
点数は出なかったのですが、ものすごくインパクトの強いプログラムでした。長い手足が良く動いて可愛い!!
特に、転倒してしまったステップ。また見たいなぁ。

フラット選手もSPではそこまで印象に残らなかったのですが、気合い入っていて引き込まれました。この二人は、ジュニアから上がってきたばかりなので後半が辛そうでしたね・・・たぶん、演技時間がジュニアでの大会より長いんですよね。

キミー、ジャンプの調子がまだ戻らないようで痛々しい。

で。待ちに待った『ジゼル』の競演!

『ジゼル』は2幕もののバレエ作品です。
ヒロインのジゼルは、病弱(たぶん心臓が弱い)だけれど踊るのが大好きな村娘。
貴族である身分を隠しているアルブレヒトと恋仲なのですが、彼に許嫁がいることを知り錯乱して死んでしまいます。ここまでが1幕。
さらに、ジゼルを失った悲しみにくれるアルブレヒトが、彼女の墓の前で精霊となったジゼルと再会するのが2幕。夜の森の中、精霊たちは迷い込んできたものを死ぬまで踊らせ続ける・・・のですが、裏切りを赦したジゼルは必死でアルブレヒトを救おうとするのでした(*それにしてもバレエ作品には最低男ばかりが出てくる)

恥じらいながらも恋の喜びを隠せないジゼルは、可憐そのもの。そこから裏切られたショックで狂気に呑み込まれていく様は、演技力の必要な1幕の見せ場です。個人的には、アレッサンドラ・フェリのジゼルが可憐で激しくて大好きv
2幕のジゼルは精霊なので、感情を見せず重さを感じさせないこれまた難しい役どころ。この辺りは「SWAN」とかバレエ漫画ものを読んだら絶対出てくると思いますが(笑)

中野・安藤両選手はどこの部分を取り出してくるのかな~?と楽しみにしてました。
二人とも、出だしは1幕最後の「狂乱」のシーン。
ジゼルでジャンプを入れるとしたら間違いなくこの曲だよなぁと思っていたので、ある意味予想通り。

中野さんはそこからガラリとイメージを変えて、1幕途中に出てくる幸せ一杯なジゼルのソロバリエーションへつなぎ、最後は・・・狂乱直前の群舞かな?おそらく。
ジャンプが不調ということで、3-3もトリプルアクセルも回避。けれど、可憐な村娘そのもので完璧にプログラムをこなしてました。衣装も、バレエのイメージそのままで良く似合っていて可愛らしいv
ところどころに、バレエを思わせる振りが入っていてアクセントになっていました。特に、片足でトントンと跳ぶ振り!そうそう、そこでその振りなんだよね~と嬉しくなってしまった♪重いスケート靴を履いてあの振りをするのは、大変でしょうね。
スピード感もあり、スピンは相変わらず見惚れる美しさ。それにあの柔らかい表情も良い!スパイラルの表情と振りが、特に好きでした。
可憐に滑り切った中野選手ですが、インタビューを聞くとジャンプで挑戦しないことへの悔しさも相当にあったよう。それを見せない芯の強さ、冷静さ、そして何より根性!!(笑)すごいですね。
次はNHK杯で間が開くのでちょっと心配ですが、中野選手は試合勘を保つよりも調整期間がしっかりある方が仕上がりが良い気がするので、楽しみにしていたいと思います。

一方、安藤選手はそのまま狂乱のシーンから曲をつなげていったように聴こえましたが・・・2部の曲も入っているのかな?そこまではわかりませんでした。とりあえずは、かなりシリアスな音楽が最後まで続きます。裏切られた悲しみにくれるジゼルですね。
4回転を跳ぶのか跳ばないのか!?というのがものすごく煽られていましたが、個人的にはどちらでも良いんじゃないかと思ってます。昔ならどうかわかりませんが、今の彼女は4回転を跳ばなくてもトップに立つ実力のあるスケーターですから。少しでも不安があるなら回避するだろうし、モチベーションを上げる為に挑戦していくのも勿論有りでしょうし。
今回見ていて「あれ?」と思ったのは、コーチに回避するように言われて安藤選手本人が心から納得していたのかな・・・ということ。勿論頭ではわかっているのでしょうが、もしかして挑戦したい気持ちの方が大きかったのかな?と思ってしまいました。とっても素直に感情が演技に出てしまうようなので・・・ファンの方はハラハラどきどきだろうなぁ(笑)とたまに思う。
緊張からか、気持ちの問題なのか、はたまた時間的にプログラムに馴染みきれていないのか。
とりあえず今回はまだ、入り切れていないんだろうなぁというのを感じる演技でした。SPと全然違うんだもの~!ステップの途中くらいから、少しずつ本来の彼女が前に出てきた気もするんですが。
でも、だからこそ気持ちが安定して曲に入り込めたらどんなプログラムになるのか楽しみですv中野選手とは逆に、次は中国で期間があまりないのが心配ですが、頑張って欲しいなぁ。
つか、ジャンプはやっぱり素晴らしかったですからね!むしろモロゾフ頑張ってよと言いたい(笑)
そうそう(書いてて思い出した!)、だってスピンが微妙すぎですよあのプログラム。シットスピンもI字もめっちゃ綺麗なのに、なぜ敢えてキャメルやらせる~!!スローすぎてびっくりした。

キム・ヨナ選手はさすがの貫禄でしたね~。
ミスをしつつもあの点数!
やっぱりスピードも、そこから繰り出すジャンプも、上半身の動き豊かな表現力もすごいですv
身体に加えての、首・表情・目線のつけ方も上手いですよね~!ハッとする。メリハリって大事だなぁ・・・勉強になります。
衣装も似合ってましたね。髪形が可愛い・・・中華な雰囲気で、「あれ?トゥーランドットだっけ・・・いやいや、シェエラザードだって!」と思い直した。華やか~!!

***

初戦から白熱の展開で、目が離せませんでした。
どの選手もすごい!!
おかげで、録画見ながらプロコトル見ながらの、やったらダラダラ長い文章になってしまいました。
読んでくださった方、ありがとうございます♪

はぁもう、これからも楽しみで楽しみで仕方ないよ~~vvv
相当興奮してます(笑)

欲を言えば、男子もうちょっと他の人も見たかった・・・・地上派オンリーなもので残念。
テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ
スポンサーサイトフィギュアスケートのシーズンがやってきたよ!へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトフィギュアスケートのシーズンがやってきたよ!へのトラックバック
スポンサーサイトフィギュアスケートのシーズンがやってきたよ!のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。