ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHK杯すごかった・・・感動をありがとう。 
2008.12.02.Tue [ 日々の徒然。
スケートアメリカ以来、土日がめっきり忙しくて感想書けていなかったのですが・・・勿論見てましたよ。
そして、最終戦・NHK杯・・・・素晴らしい戦いだった。
この感動は残しておかねば!と一念発起して書き始めました。

せっかくなのでグランプリシリーズをさらっと振りかえりつつ。
(*さらっとじゃなくなりました。めっちゃめちゃ長いですご注意。)


■スケート・カナダ

男子は、まさかのライサチェック3位!プログラムはすごく好きなんだけどなぁ・・・難しいですね。
優勝のパトリック・チャン選手も美しいスケーティングでしたが、フリーでは会心の滑りというほどでもなく、なんとなく消化不良に感じた試合でした。
リザルトを見ると、なにげなくポンセロくんがSP一位!!・・・見たかったわ。

女子シングルは、ジョアニー・ロシェット選手が見事地元優勝。
去年の印象だと、ジャンプは豪快だけど他の部分も荒削りというか繊細さには欠けるな~と思っていたのだけれど、クリーンに決まるジャンプも豊かな表現力も素晴らしかったですー!!
選曲がまた良いんですよね~v
「サマータイム」大好きだしプログラム作りやすそうだし、誰かフィギュアでやってくれればいいのに・・・と思っていたところだったのです。2Aの降り方がすごく素敵だった。なんと、2点も加点がついてましたよ~!アランフェスも、彼女にぴったりきてました。
村主選手の復調・2位も本当にうれしかったなぁv不調だったジャンプが戻ってきて、しっとりとした曲調も色々と経験してきた村主さんだからこそ出せる大人の魅力で素敵でした。
アリッサ・シズニー選手、とにかく美しい!見惚れた~!!スピン素晴らしいですね。好きだ。
武田選手は、やはり体調がよくなかったようですね・・・早く回復しますように。


■チャイナ・カップ

高橋大輔選手の故障のニュースには、愕然としてしまいました。
手術は成功したということですが、今は自分の身体を第一に考えて過ごして欲しいなと思っています。
彼の滑る姿を見られなくなるかも・・・と考えるのが一番怖いです。意思の強い彼なら、大丈夫だと信じていますが。回復を心から祈っています。
今シーズンどんなに素晴らしい滑りを見ても「ああ、でもここに高橋がいたら・・・」と思ってじわーっときてしまうのは止められないんですが。

女子シングルは、キム・ヨナ選手と安藤選手のガチンコ対決が何と言ってもみどころでした。
ヨナちゃんはさすがの高得点!ですが、初めてフリップジャンプにエッジエラー判定が。スローで見ると確かにアウトエッジ踏切にも見えるのですが・・・踏切はスロー判定しないそうなので素人目じゃなんとも言えず。審判が次の試合でどう判定するかが気になりますね。
安藤選手は、3-3が認められて良かった!!というか、回っているように見えるのに「回転不足」判定なことが多くて、観客として見ているとびっくりしてしまいます。ヨナ選手が優勝したのは当然かなと思うのですが、あまりにも点数の開きが大きくて・・・
個人的な感想としては、スケアメよりも力強い滑りで安心できました♪ファイナル進出おめでとう!もっと滑りこまれているだろうプログラムが楽しみです。
4位でしたが、ワグナー選手のフリーも印象に残りました。


■(フランス)エリック・ボンパール杯

ついに浅田真央選手登場!で国内の注目度も高かったですね。
伝わってくる緊張と不安。コンビネーションの2回目がすっぽ抜けたり、単独ジャンプを跳ぶ前にためらいがあったり、正直真央ちゃんらしくないジャンプのミスが目立ちました。
しかし、その内容には驚き。ルッツでのエッジ矯正をしていたのは知っていましたが、それに加えて今まで跳んでいなかったサルコウが入っている!!!
エッジ矯正は、1シーズン・2シーズンかけて直していく(その途中で他のジャンプも不調になってしまったりするらしい)大変な労力のいることだそう。去年はそのまま跳んでいた浅田選手ですが、そこを直したうえに新たなチャレンジもしてくるなんて・・・「トリプルアクセル2回入れる!」宣言よりもそちらに感動してしまいました。
さらには、スピン・ステップが飛躍的に上手くなっている!すごい選手だなぁ。特に、フリーであれだけ濃密なプログラムなのに、最後まで息切れしない力強いステップに見惚れました。常に動いているよ・・・!!

シーズンの最初からベストを尽くせればそれは素晴らしいことですが、多くの選手は世界選手権に向けて最高の状態に持っていけるように調整していくもの。
その中で、奇跡的に全てが上手く合わさって心が震えるような演技が見られる瞬間を、フィギュアファンは心から応援しながら・祈りながら待っているんだと思います。
先シーズンで言うと、全日本での安藤さんの「カルメン」とか世界選手権での中野さんの「スペイン奇想曲」とかでした。私としては。←今でも見返すと涙出る。

真央ちゃんの「仮面舞踏会」も、このシーズンの試合のどこかでそんな奇跡的な瞬間を見せてくれるんじゃないかな。そう感じる何かがあるプログラムでした。
ちなみに、SPの「月光」はピアノ曲の方が良かったな~~!ベルガマスク組曲どれも大好き。

ロシェット選手は、スケートカナダの方が良かったかなとも思ったのですが、やっぱり良いプログラムですね。上手くまとまっていて、納得の優勝でしたv

男子シングルは、小塚くんすごい!!!
SPは、スピンでの転倒がなければ完璧(でも跳び過ぎというのがご愛嬌/笑)。フリーも、4回転成功していればたぶん優勝でしたね。
それにしてもロミオとジュリエット、良いですね~。盛り上がる場面でのトリプルアクセルに、美しいイーグル。うるっときちゃう。
優勝は、パトリック・チャン選手。彼、17歳ってほんとですかーーー!?
うーん、すごい表現力!!プログラム的にも、スケート・カナダよりまとまっている印象でこれまた納得です。本当にスケーティングが美しいですね。
で、ジュベールは「どうしちゃったのーーー!?」でした。まさかのジャンプすっぽぬけ。SPでこれは辛い。プログラムも面白いのですが(SPの駆け足にちょっと笑った)、上の二人がすごく滑らかなスケーティングなので荒々しくも見えたり。やっぱりジュベには、がっつり4回転を跳んで欲しいな~!!


■ロシア・カップ

・・・なんて言ってたら、決めてくれました。ブライアン・ジュベール選手がSPできっちり4回転を決めて、逃げきりの優勝!
4回転のコンビネーション、加点ももらってそれだけで14.40点ですよ!!すごーーーーーい!!
ジャンプだけがフィギュアじゃないと思うけど、やっぱり男子がこんなに力強くクリーンに決めてくれると、格好良い!!と思いますね。
4回転を跳べて、さらには表現力その他も素晴らしいものを持っている高橋やランビエールはやはり稀有な選手なのだなぁとしみじみ思ってしまいました。いや、ジュベールの勢いある演技も好きですけど(笑)!!
ああでも、その二人が怪我に苦しむということは、やはり4回転は身体にもリスクの高い大技なのですね。しかしやはり、その「とても人間が出来るとは思えない」大技にはただただ感動してしまいます。

女子は、村主選手がSP1位発進!・・・だったのですが、フリーでジャンプのミスが続いてしまいました。安定していただけに、精神的な負担が大きかったのかな?と思うと残念です。
不調だったコストナー選手は、さすがの地力でフリーで逆転優勝。とはいえ、完璧!という演技ではなかったので、ファイナルが楽しみです。
フリー冒頭の3-3がすごかった!!背が高いうえに、あの高さと幅・・・キム・ヨナ選手の3-3にさらに力強さを加えたようなジャンプには思わず口があんぐり開いてしまいました。すげー!
2位に入ったレイチェル・フラット選手はシニア初とは思えない安定感がありましたね。なんとなく、顔からヒューズ姉妹を思い出してしまうのは私だけでしょうか(笑)


■NHK杯 男子シングル

さらっと振りかえるつもりが、ここまで長かった(笑)!
ついに、NHK杯です。うーん、さすがNHK・・・・全部放映してくれるうえに実況も安心して聴けて嬉しいvv

男子シングル、全員の滑りを見られたのは初めて。
面白い選手がたくさんいて、なかなか楽しかったですv

カナダのケヴィン・レイノルズくん(*なんとなく「くん」と付けたい雰囲気)、初めて意識して観たんですが面白いですね。力でというよりは、軸と回転の良さなのかな?ふわっと軽く回っているように見えるのに、4回転!!

無良くん、西日本の映像を見て「良いじゃん!」と期待していたのですが・・・もう!期待以上でした。
トリプル・アクセル、高い!見ていて本当に気持ち良かった。胸がすく感じ。スピンも綺麗。まだまだ、これから上手くなっていくんだろうなぁと思うと楽しみですねv
フリーでの3Aからのコンビネーション、すごい。さらに、後半でのトリプル・アクセル失敗から跳び直して成功させたところに男気を感じました。

ヤニック・ポンセロ選手、一挙にファンになってしまいました(笑)←なぜか笑い。
高い4回転、格好良い!正に男子の醍醐味、的な力強い滑り。なのにスピンも上手い。いいわ~v
エキシビで大笑いさせてもらいました。

ジョニー・ウィアー選手はやっぱり美しかったですね~!日本のファンの多さにも目を見張りました。
フリー、後半でジャンプが抜けたのが大きかったみたいですね。加点の付く後半での失敗だとかなり点数に響くのだなと実感しました。あと、SPででもですがフリップにeマークーがついてる!?そうなんだ・・・
エキシビでの「アヴェ・マリア」がすごーーく綺麗で感動。天使(ベイビーなのじゃなく、宗教画的な)みたい。

そして織田君。見事な復帰戦でした。良かったね~~!お疲れ様!!
なんとなく安心しながら観ていたのですが、本人の緊張はかなり高まっていたよう。しかし、それを感じさせない素晴らしい演技を見せてくれました。
あの着氷の柔らかさ・・・他にはいないですね。本当に。世界に唯一の、着氷で溜息が洩れるジャンプ。
ステップも良かったなぁ。スピンは元々上手い選手というイメージなのですが、あのドラマティックなステップには引きこまれました。まさにモロゾフーー!という。
フリーでは、冒頭少しジャンプが乱れた(その後も、ショートの時に比べると不安定なジャンプだった。けど、あれで降りられるのがすごい・・・)のに、後半でぐんぐんスケーティングが伸びていくように感じてびっくりした。なんて滑らかで、スピードがあるんだろう。ああ、実際に観てみたかった!

それにしてもフリーの織田選手は、思った以上に高い点数。女子の鈴木選手のプロコトルを見ても思いましたが、現行の採点基準では『回りきる』ことが何より重要なのですね。例えステップアウトしようと転倒しようと。
それがわかるまでは、観ている時と点が出たときのギャップが激しくてショックを受けることが多かったです。最近は慣れましたが、やはり織田・ウィアーのフリーでの点数差には驚いた。ポンセロくんも良かったよ~!

南里君、とても辛そうでしたね・・・全日本までには上手く調整できていますように。

しかし、小塚君に続いて、織田君も優勝。さらに若手も台頭してきて、男子フィギュアは日本勢が楽しみになってきましたね!
高橋不在でも、世界選手権での枠はきっちり取れるんじゃないかしら・・・?高橋選手にはしっかり休んで回復してもらいたいです。


■NHK杯 女子シングル

浅田選手・中野選手はファイナルを賭けた最終戦。そして、鈴木明子選手がグランプリシリーズ初出場。否が応にも盛り上がりますね・・・!
その期待以上に素晴らしい演技が見られて、フリーではたくさん泣いてしまいました。実は。

男子シングルは、見ごたえばっちりでワクワクしながら観ていたのですが・・・
女子シングルは、完全に日本人目線で応援&感動してしまいました。本当に、これだけの選手が揃って尚まだまだ層が厚い日本の女子フィギュアはすごい。(色んな意味で)近くで見られて嬉しい。

ショートでは、中野選手がまさかの出遅れ。3回転が一度も決まらなかったわけですから、これだけ点数が出たことが逆にすごいですね。どんなに調子が悪そうでもまとめて来ていただけに、思わず悲鳴をあげてしまいました。
鈴木選手は「ラ・カンパネッラ」に乗せての活き活きとした演技が素晴らしかったですね・・・!試合外で拝見することが多かったので、ステップがすごく力強くて魅せるなぁとか、演技力あるなぁとは思っていたのですが、ここまでの実力のある方だとは!!フリップ抜けてしまったのは残念でしたが、他はジャンプも綺麗に決まって4位。
ワグナー選手もレピスト選手も出来が良かったので、これはすごく良い位置での4位でした。
チャイナ・カップで「レピストよりもワグナーのが良かったなぁ」と思っていたのですが、あまりにワグナー選手が良い点数で、この大会では複雑な気持ちになってしまった・・・。ごめん、真央ちゃんとゆかりんは応援するあまりに、たまに醜い気持ちに陥ってしまいます私。
そして浅田選手・・・ものすごく固い顔つきで心配したのですが、最初のコンビネーションを決めて、さらには苦手だったルッツもばっちり決めたーーー!!その後のスパイラルで揺らいだのは、珍しくてびっくりしましたが・・・でもでも、すごい!よくも2週間でこんなに立て直したーーーー。
スパイラルで取りこぼさなかったら、70点行ってるんじゃ?ということは、あれを差し引いたとしても絶対60後半は出てるぜーーー!と思ったら、あれ。思ったよりも低い。
プロコトルを見たら、どうも最初のコンビネーション後半のループが回転不足とられているよう・・・うわぁ、厳しいな。荒川さんが見ても「大丈夫そうですね」と言っていたのに。

そして、フリー。

真央ちゃんにはひと安心でしたが、中野選手の心中を思うと、もういても立ってもいられずにうろうろしたり変な声を上げながら見始めました。

うーん。ナガス選手のフリー見られなかったのは残念!点数やプロコトルを見ると、ジャンプの失敗(転倒含む)がかなり多かったみたい。
上位グループの滑走から放送が始まったので、すぐに中野選手で(観ているだけなのに)泣きそうに緊張してしまった。
ただ、ショートのときには「なんだろう、嫌な予感がする・・・」と思ったのに、フリーでは「表情は硬いけど大丈夫な気がする」と思いました。
その予感どおり、ものすごい緊張感が伝わってくる中でジャンプを決めながら徐々に表情を柔らかくしていく中野選手。最初にシリアスな曲調でジャンプをまとめて持ってくるのは、よくある構成ですが正解ですよね。顔がシリアスでも構わないし、その後曲調が変わるところで気持ちも表情も切り替えられる。華やかな笑顔、愛らしい動きに画面のこちら側からでも会場が呑みこまれていくのがわかりました。後半のステップでは、いつもよりスピードがないようにも感じましたが・・・本当に、大きなミスもなく良くまとめた!頑張った!!

いつも気丈な中野選手が、フィニッシュを決めた後に顔を歪めたときには、思わず涙が零れてしまいました。
しかし、これまた120点行くだろう!と思ったら、そこまで点が伸びず。ああ、またDG(回転不足)かぁ・・・と冷静に思ってしまいました(*プロコトルを見たら、それもあったけれどPCSも低めだった)。でも、彼女の演技の素晴らしさは点数以上に心に響いているからいいんだ。
万全な体調でのジゼルを楽しみにしてます。でも、3-3は入れなくてもいいと思うなぁ・・・大技入れるなら、トリプルアクセルに集中して欲しい。

鈴木選手の「黒い瞳」・・・・・!実況でも言われてましたが、サーシャ・コーエン選手ですねvv
トリノのショートでの完璧な演技は記憶に新しいです♪
その完璧で美しいお人形さんのようだったコーエンとはまた違った、妖艶で雰囲気のある「黒い瞳」良かったです。
それにしても、フリー2位!総合2位!!う、嬉しいんだけどやっぱり複雑・・・正直、中野選手のファイナル進出が決まったとわかるまでは脱力してしまいました。
ところどころミスもしているのですが、「今のジャンプ失敗じゃない?」と思っても『回転しているかどうか』が現行採点では一番大事なんですね。お手つきしても回転不足をとられるのに比べたらたいしたことない減点しかないですし、多少ステップアウトしても上手く次につなげたらステップシークエンス(ジャンプの間にステップ入れたりするやつ。今期ロシェット選手が入れていた)扱いにしてもらえたり。鈴木選手は、すっぽ抜けたり明らかに失敗したジャンプ以外は回りきって降りてきているので思った以上に点数が落ちなかった。今の採点には合っているということで、今シーズン世界選手権も楽しみになってきました!
それにしても、フィニッシュを決めた後の、あの清清しい笑顔。
中野選手とは別の意味で、じわーっときてしまいました。本当に素敵な演技だった。

ワグナー・レピスト両選手の失敗に、中野選手は救われた形になりましたね。
それにしても、ワグナー選手はもっと点が出るかと思いました・・・ほんと、観ているだけじゃわかりません。

そして最後に迎えた浅田選手の演技。
・・・凄いの一言でした。
最初の高い3A。さらには、3Aからのコンビネーションまで!!(思わず跳びあがって喜んだ)
トリプルサルコウも軽々と。
さすがに3A2回が効いたのか、ステップはフランス大会のが良かった気がしますが・・・本当にすごい!としか言いようがない。あの状態から、チャレンジする気持ちをなくさずによくぞここまで・・・

『今シーズンのどこかで見られたら』と思っていたものの、ほぼ完成型に近いものを、まさかこんなに早く目にすることになるとは思わなかったです。正直、前よりは復調していてファイナル進出が順当に決まれば良いなぁ、くらいに思っていた。とんでもない、やはり真央ちゃんは天才だった・・・(努力の人でもあると思うけど)

その割りに、点数は低めだったんですけどね(笑)いや、充分高いんだけど、あの内容にしては低すぎると!
130は軽く行くと思っていたので、点数が出たときには思わず「ん~~!?」と思ってしまった。コンビネーションのトリプルアクセルが認定されなかったわけですね。それしかないだろうとは思いましたが、本当に残念。これまた、私の心の中では中野選手と同じくプラス8点くらいしときたいと思いますv

***

中野選手のほどけた緊張にもらい泣きし、鈴木選手の晴れやかな笑顔に目がうるみ、そして真央ちゃんにはひたすら感動して泣きそうになった。

大きなミスなくフリーで素晴らしい演技をした3人が、順に表彰台を飾った女子シングル。とても白熱した見ごたえのある試合でした。
感動をありがとう!地道に続けてきた努力・練習量を思うと、頑張らなきゃな~と身が引き締まる思いがいたします。
テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ
スポンサーサイトNHK杯すごかった・・・感動をありがとう。へのコメント
--素晴らしい演技でしたね。--

 長文感想、愉しく拝見させて頂きました♪フィギュアスケートの季節が来ましたね~、嬉しいですね~。

 NHK杯のフリーの真央ちゃんの最初のジャンプは、鳥肌が立ちました、あれは素晴らしかった!以前、同じ振り付けを何度も見せられたら飽きるよなぁと思った時期があったんですが、そうじゃないんですよね。「精神と技術が一致した最高の演技」が出来るのは、ほんの一・二回あるかないかなんですよね。その一瞬をファンは願いと共に見つめている訳で、バレエでも演劇でもそうですが、その一瞬を求めて辛い練習を続けるって、いかにも人間的行為ですよね。

あ~、早くファイナルが観たいです。願わくば、選手の皆さんの体調が万全で、ベストの演技で競って頂きたいものです。

>ヤニック・ポンセロさん
 NHKのフリー演技を見たわが家では、評価が一番でした。なにせミスがない!ジャンプは抜群の安定感でしたね。優勝した織田君よりも、わが家では人気が上です(笑)
そして、民放よりもアナウンサーさんが静かで良かった~(爆笑)演技中のポエマーなコメントって、ほんとうざったいんだもの。

- from すず -

-->すずさん--

ものすごく高さのあるトリプル・アクセルでしたね~!軽々跳んで(いるように見える)からすごい。その後のチャレンジも鳥肌ものでしたv

>その一瞬を求めて辛い練習を続けるって、いかにも人間的行為
本当ですね。北京オリンピックもそんなに見る気はなかったのにのめり込んで観てしまったのは、「取り返しのつかない一瞬の為に、全てを賭けて地道な努力を続ける」その姿に胸を打たれるからなんだなぁと思いました。
加えて芸術的要素の求められるフィギュア、感動もひとしおでした。
グランプリファイナル、楽しみですね~♪

ポンセロくん、良かったですよね!!男性らしい力強いジャンプ、引きしまったお尻(笑)・・・ファンになってしまいましたv
織田くんも良かったですけど、余りに観ていて印象と乖離した点数が出ると、採点基準に疑問を感じてしまいます・・・しばらくルール改正はないだろうと思いますが(残念)

NHKの放送、よかった!!
しっかりと勉強してきて、さらに言葉を抑えているのがわかります。
これ、記事に入れようかどうか迷ったのですが・・・
「ほぼ日刊イトイ新聞」の刈谷アナウンサーの対談がめちゃめちゃ良かったです。
http://www.1101.com/kariya//index.html
まだ読まれてなかったら、ぜひ!

- from 水瀬 涼 -

--インタビュー拝見しました!--

 あぁ、なんかもう好いなぁ~と胸がいっぱいになりました。しんどい時に好いお話を伺うと、すぐ泣けちゃってダメですね(笑)やっぱり私はスポーツを観るのが好きです。

素敵なお話を紹介して下さってありがとうございました♪

- from すず -

-->すずさん--

お疲れ様です!

すずさんならきっとグッとくるんじゃないかな~と思っていたので、読んでいただけて良かった・・・v
こんなに色々な想いが込められているんだ・・・と思うと、観る目も変わりますね。どんな仕事でも、プロ意識の高い方はすごいなぁと思います。
特に、体操競技でのお話には読みながら興奮してしまいました。

スポーツのくれる感動、すごいパワーをくれますね♪

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトNHK杯すごかった・・・感動をありがとう。へのトラックバック
スポンサーサイトNHK杯すごかった・・・感動をありがとう。のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。