ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミック雑感 
2009.01.12.Mon [ コミック
やっと本屋行けたーーーー!(と言ってもTSUT○YAだが)
今年は昨年の反省も踏まえて、こまめに読んだものくらい挙げていきたいなぁと思います。
コミックはなんだかんだで、結構読んでる。

***

バクマンバクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る

お、面白いじゃーーーーん!!!!
噂はちらほら聞いていたけれども(ジャンプシステム・編集部内情に切り込んでるってことで)、想像していたのは違った方向性できっちり面白かった。

漫画家を目指すという題材はジャンプという雑誌の中では異色でしょうが、蓋を開けてみたらかなり正統派に青春ものじゃないですか。しかも、古臭いくらいの。
漫画を描くことの厳しさにも触れつつ、でもやっぱり主軸はコンビを組んで漫画家を目指す二人。
美麗な画とスピード感のある展開に、ぐいぐい引き込まれました。こりゃ面白いわ。早く続きが読みたいっす・・・!!

***

ちょっと江戸までちょっと江戸まで 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2009/01/05)
津田 雅美

商品詳細を見る

これまた、めちゃめちゃ面白かった。
続きが楽しみな漫画が増える、このワクワク感は堪らないですね。もう、嬉しくてにやにやしちゃう。

ちょっと江戸までタイムスリップ!ではなく、江戸時代が現代まで続いていたら・・・?というパラレルもの。深く考えず、現代のお店やらお菓子やらが混ざった、江戸に似たどこか。くらいで軽~く読んで充分楽しめます。これでもかという程にわかりやすく、時代的な説明も出てきますし。

主人公そうびは旗本の落とし胤。おっとこまえ(しかし元気系ではなくクール系)な女の子です。
南町奉行である兄の元に引き取られるのですが・・・これまた、無表情かつクールなお人で(笑)
わかりにくいながらに少しずつ心を交わしていく兄妹にほのぼのしたり、クラスメイトになる水戸の若様(女の子にしかみえない天真爛漫な坊ちゃま)とのやりとりに爆笑したり。
恋愛要素は今のところ皆無ですが、それで連載できるのがララの良いところだよなぁ・・・(しみじみ)

個人的には、そうびと若様にべた甘(だが容赦ない)な家臣・正成さん(可愛いおじさん)がお気に入りです(笑)
楽しかったなーというのに尽きる。お勧めです。

***

夏目友人帳
夏目友人帳 7 (7) (花とゆめCOMICS)
(2009/01/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

ついに的場の当主登場!ということで、ちょっぴりビターかつ緊張感のある巻でした。

なんだか名取さんが、ほんっとうに良い人かつ(振り回されて)可哀想にも思えた(笑)
きっともう(本人は認めずとも)弟か息子のように思っていそうなので、振り回されてもそれが苦ではないんでしょうけど。

夏目が傷ついて怒りで我を忘れそうになる斑+そんな状態でも先生の方を心配する夏目の図に萌えた!
・・本性が剥きだしになりそうな時に止められる存在って良いですよねv

特別編はほのぼのでしたがやはりどこか寂しくて、「気に入ったんだから、しょうがないさ」にきゅーんときた。

読みきりは、ものっすごく懐かしい感が・・・・!!
つか、炭酸じゃなくてコーヒー飲むと身体能力増す男の子の話、確か緑川さんのデビュー作じゃなかったでしょうか。雑誌で初めて読んだとき、すごく印象に残ったの覚えてます。すごい人きた!と思ったの。
ずっと地味に(失礼)描かれていたけど、どれも良い作品で、たくさんの人に読まれるようになって良かったなぁとしみじみ。アニメ化ってすごいですね。
単行本のどれかに入っていたでしょうか?今無性に読みたくなった。

***

イノセントドラゴン天空聖龍 6―イノセント・ドラゴン (6) (花とゆめCOMICS)
(2009/01/05)
山口 美由紀

商品詳細を見る


うおおおお、そうきたかーーーー!
半分わかってはいたんですが、描かれ方で「だからこのタイトルかーーー!!」とぐっときた。
良い正統派ファンタジーであります。

ラムカとサニンの対決も見所でした。これまたベタっちゃベタなんですが、報われない辛い境遇のライバルって、ついつい肩入れしちゃうのが乙女心ってもんですよ!
「あいつは初めから、僕のものだ。僕だけのものだ。」
は、この巻屈指の萌え台詞だと思う。帯偉い。
テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック
スポンサーサイトコミック雑感へのコメント
--バクマン好きです(笑)--

水瀬さん、こんにちは。
今年も宜しくお願いします。

 バクマン、実はとても好きです。特に小豆ちゃん(字自信なし;)が、有り得ないぐらい純情で好き(笑) 
 本当にこの作品はジャンプ編集部の本音を垣間見てるようで、なんと表して良いのかわからない笑みが浮かんだりする事もありますが(汗)、ふたりのマンガにかける熱意が眩しいほど熱くって良いです!小畑先生の絵は相変らずお見事!ですし。この所事情あってジャンプ読めずにいるんですが、もうコミックス出たんですね。さすが週刊。買って来よう!

- from 茉莉子 -

-->茉莉子さん--

こんにちは~!
今年もどうぞ、よろしくお願い致しますv

バクマン、思っていた以上に面白くて大満足でした♪

小豆ちゃん、本当に懐かしいような女の子らしさですよね。新鮮だけれどわかるなーという所もあって、純情な二人の恋の行方も気になります。←進まなそうですけど(笑)

内情に斬り込む部分には「おおお」となかなか複雑でもありましたが、主軸が『夢を追う』なので眩しいし吸引力も感じた!これからが楽しみですvv

小畑先生の絵、やはり美麗で見惚れちゃいますね。
週間でこのクオリティって凄すぎる!!

ジャンプは卒業してしまいましたが、単行本で一気読みもまた別の楽しさがありますね。ぜひぜひまとめて読んでみてください~♪びっくりなネームも載ってました(笑)

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトコミック雑感へのトラックバック
スポンサーサイトコミック雑感のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。