ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ雑感 
2009.01.21.Wed [ アニメ雑感
ガンダム00・続夏目友人帳・とらどら!・みなみけおかえり・源氏物語・獣の奏者エリンの雑感。

■ガンダム00

前回の「歌が聴こえる」、途中の歌には『なんじゃこりゃー!ごろごろしたいって(笑)』と思ったにも関わらずEDではじーんときてしまった。
ここに至るまで、かなり丁寧に国際情勢等描かれてきたこそ(そこが1期でやや見難いところでもあったけれど)マリナや子ども達の願い・思いが戦いを止める展開にはガツーンときた。
ここにきて直球、でもやっぱりそれが一番シンプルで大事な部分だよね。という。
何も出来ず無力感に襲われるマリナの姿は、2期で戦いに巻き込まれてしまったサジやルイスよりも私達に近い・共感できる立場になっているのかなと思いました。
刹那とお互いの過去について話していたときも、「普通の家庭で育ったが、王女に選ばれてしまった」(普通と言っても家族関係がということでしょうが)と言っていましたし。ここから、マリナがどう動き出すかが楽しみ。最後までこのままじゃないと思うので。

軍のクーデターも熱い。思わず惚れそうになっちまったぜあの軍人さん。
セルゲイさんはどうするのかなぁ・・・「軍人」としての自分を揺るがせたのは、マリーの時のみ。
なので、彼女をきっかけに何か変わるんじゃ?とこちらも今後が気になります。
息子関係もあるしね。
つか、息子はルイスに惚れてるんでしょうか・・・?あまりに堅物かつ彼女自身を見ていない雰囲気なので、単に妹のように心配しているのか判別がつかん。

そっと毛布をかけるティエリアに萌・え・た・・・・!!!!!
サービスシーン(笑)をありがとうございますv

そして、奴がやばいことに・・・・マスラオってお前!!!!(爆笑)
前回、思わずコーヒー吹き出しそうになりましたよ(*それはもうゴドーばりに)
今回もやはり、笑わずにはいられなかった。
だってマスラオって!!(ぷぷ)


■続・夏目

見ましたーー!
前作では春~夏の雰囲気だったOP、秋~冬に変わっていて綺麗だった。動きも好きなのよね。
この季節感、すごく良いなぁと思う。2回目は雪うさぎだったし♪
EDなんて、見ていて無性に泣きたくなってしまった。.寒そうなのにあったかいよ。いや、寂しいけど温かい、かな?

ニャンコ先生のお尻が可愛すぎて毎回釘つけですぜ。
なんだあのプリチーさは!

あと、一回目の夏目はやたらに美少年でした。まつげバサーって。見た後に原作新刊読んだら、妙にあっさりして見えた(笑)

黒にゃんこ可愛かったにゃー。
「人間はあっという間にいなくなる」・・・こういうの出てくる度に、斑と夏目のいつかくるであろう別れを思って切なくなってしまうな。(原作でそう言われているわけではないけれど、私はなんとなくそういう終わり方な気がしている)


■とらドラ!

そういえば、大河が食費を入れていることに安心した(笑)
そこだけが気になってたんだよね。


■みなみけ おかえり

ちょ。カレーの歌・・・・!!!!
笑いすぎて腹筋きたえられました。
おのでぃ、さすがだ。

どうしても我慢できないので、

持ってきての歌(DGS)

へのリンクを貼っておきます。

「俺の完熟BODY☆」と「辛辣な意見★」(ちなみにメロディーラインは一緒である)で特に笑った。


■Genji

ふおおお!いきなりアダルティですが。そしてもみあげ長っ!!
なんだか、直視できません色々な意味で。
源氏の君@櫻井さんも頭中将@杉田さんも、しっとりした喋りで素敵だった。が、ソフト過ぎて妙にぞわぞわするものもあった。
どうしてだろう何故か恥ずかしい気持ちになるのは・・・

あと、OPの曲がP○FFYって・・・
思わず失笑。
いやいや、敢えて椎名林檎を合わせてみるというのは有りとしても、P○FFYが歌っちゃったらP○FFY以外の何物でもなくなると思うけどなぁ!慣れたら合うなと思うんだろうか。


■エリン

やはり教育だからか、「精霊の守り人」とは全く印象が違いますね。

原作ではいきなりハードな展開で荒波にのまれるように話が進んでいき、読者も一緒に「何で?何が起こったの?」と引きこまれて行くわけですが、アニメではエリンに寄り添うところからじっくり始まるのですね。

原作だと、たぶん10歳くらいからが色々理解しながら楽しめる対象年齢なんじゃないかなぁと思いますが、これならもっと小さな子でも見られそう。
子どもの目線で、わくわく出来るように描かれるのかなと感じました。
さりげなく、今後の伏線になるものも加えられていて「おお!」と思った。これはわかりやすい。

スキマスイッチのOP、良いですね~!こういうのも作れるんだ。
なんだか懐かしいかんじがする。昔のアニメの主題歌ってこんなんだったよね・・・!みたいな。

獣の奏者 I 闘蛇編獣の奏者 I 闘蛇編
(2006/11/21)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る
スポンサーサイトアニメ雑感へのコメント
--私もそう感じました--

「なんだか懐かしいかんじがする。昔のアニメの主題歌ってこんなんだったよね・・・!みたいな。」

 私も感じました♪OP&EDともに、とても好い雰囲気があって、私は好きです。大きい人向けのアニメは多いですが(笑)十歳くらいのお子さん向けのアニメって、少ないですものね。私はそのくらいの歳から、「デビルマン」や「鬼太郎」とか観て、人間の醜さを知った訳ですが(爆)同時に「世界名作劇場」などで、お話の豊かな世界を楽しみましたから、この歳になってもアニメに変な意識はまったくありません。ぜひ、今のお子さんたちにも体感して欲しいと思います。

さて、来週の予告にダミヤいましたよね?ふふふ、いよいよ石田彰さんのおでましだ~♪

- from すず -

-->すずさん--

良い雰囲気でしたね~!
確かに最近、子ども向けにつくられているけど大人も楽しめるというアニメが少ないように思います。
完全大人向けで小さい子には見せられない(もしくはわからない)ものなら、たくさんありますが(笑)

「世界名作劇場」大好きでしたーーー!
一緒になってわくわくしたり、一生懸命泣いたり怒ったり。それを思うと、エリンのこの作りは良いのかもしれないですね。

勿論、石田さんダミヤも楽しみにしたいと思います♪

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
スポンサーサイトアニメ雑感へのトラックバック
スポンサーサイトアニメ雑感のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。