ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「K-20 怪人二十面相・伝」 
2009.02.17.Tue [ 映画
K-20 怪人二十面相・伝

舞台は、1949年―――「第二次世界大戦が起こらなかったら」という仮定の元に生まれた架空都市『帝都』。
華族制度が続く、貧富の差の激しい格差社会。その中で、鮮やかに富裕層から美術品・骨董品を盗み続ける怪人二十面相の正体は!?


冒頭にどーんと出てくる『帝都』のビジュアルが良い!
見知った風景が混ざりながらも、明らかにパラレルワールドなんだなぁとわかるどこか異質な世界観。
おかげでぐっと引き込まれて、安心してどんな設定も楽しめました(笑)
アンティークな調度品や洋服も素敵・・・v
アクションあり、くすりと笑う場面あり、気負わず楽しめる冒険活劇。娯楽映画として二重丸でしたよ文句なくー!楽しかった。

二十面相に陥れられる主人公・平吉役には金城武さん。ヘタレ可愛かった。どう見ても「平吉」という名前にはそぐわないのでハーフ設定でも良かったんじゃなかと思うが、何故か純朴さはだだ漏れで結局役としてはぴったりだった気もする。

明智役には仲村トオルさん。ぎゃーー!格好良いーーー!!カッチリしたスーツでぴっちりしてるところがたまんないよね!(貧困な語彙で申し訳ないが正にそんなかんじなのである)
個人的には、途中<反転明智の中身が、変装した平吉>という状況でのヘタレ演技がめちゃ可愛くてきゅんきゅんきました。ありだわ!!最後も格好良いし。

明智の婚約者・財閥の令嬢役に松たか子さん。これまた、クラシカルなドレスが素敵。破天荒なお嬢様・・・というよりは、真っ直ぐな気性に世間知らずさが相まって思いも寄らぬことをやってくれちゃうかんじでしょうか。嫌みがなく可愛らしく、何度も笑わせていただきました。

鑑賞後、私がひたすら「あの時のトオルくんにきゅんきゅんきたーー!」と呟いているのに対し、友人は「いやーそれにしても松さん可愛かったなぁ!」と呟いていた。そっちが目当てだったか・・・!

原作だと小林少年vs怪人二十面相で第2弾があるそうで。
続きあっても良いかも、とも思いますがそうなると小林くんが弱い気もするなぁ・・・

とにかく2時間、気を張らずに楽しめて大満足。
「スパイダーマン」とかも好きなんですよね実は。ヒロインの可愛らしさとか、恋愛要素(薄め。ほんのり。)は俄然こちらの方が日本人好みかと思われます。
テーマ:邦画 - ジャンル:映画
スポンサーサイト映画「K-20 怪人二十面相・伝」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト映画「K-20 怪人二十面相・伝」へのトラックバック
スポンサーサイト映画「K-20 怪人二十面相・伝」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。