ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画等雑感 
2009.03.10.Tue [ コミック
この倍以上は買っているんですが、やっぱり溜まってしまったので気になるものだけ上げてみます。

魔人探偵脳噛ネウロ 20 (20) (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 20 (20) (ジャンプコミックス)
(2009/02/04)
松井 優征

商品詳細を見る

ジャンプコミックス、出るの早っ!
うっかり19巻を飛ばして20巻を買ってしまいました(・・・)

うおおおおお、笹塚さんが!笹塚さんがーーーー!!!!!
もう、続き買うのが怖いってば。


バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)
(2009/03/04)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る

こちらも早いなぁと思った2巻。
名前だけ出ていた、新妻エイジくん登場。
・・・・JOJO!?と思わずのけぞる登場シーン、次ページのネームに『岸辺 露伴ぽい?』とあって笑った。


架カル空ノ音 4 (B’s LOG Comics)架カル空ノ音 4 (B’s LOG Comics)
(2009/01/31)
吟 鳥子

商品詳細を見る

最終巻。良かったっす・・・!
「見知らぬ者同士でも笑い合い優しくしあって、強いものは弱いものを守る。それを大人も子供も幸福だと感じる世界がある。」
ああ、そうあったらいいなと。思えて、なんだかほっとした。

『美しい理想』を、呼吸するように身に宿す古い種族たち、それに癒されて焦がれる者、反発する者。
その全てが描かれ、またここに至るまでの経緯が「これが描きたかったんだな・・・」と思えるものであったので、最終巻での言葉のひとつひとつ(*特に族長ケイヴは圧巻だった)がぐっときた。
絵も物語もとても美しい、良質のファンタジーでした。

子どもでも大人でも、真面目であること。頑張ること。優しくすることが軽んじられる(時には嘲りの対象になる)場面に遭うと、とても悲しい。いつになっても。


群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)
(2009/02/14)
入江 亜季

商品詳細を見る

こちらも最終巻。
この方の描く人物、あっさりした線なのに生っぽい(リアルな)色香があるなと思う。
健康的でセクシー。な、お母さんが我慢に我慢して「うえーん!」となる話好きです。

最後は今までの登場人物が再登場。
一番「良かったなぁ・・・!」と思ったのはニノンのその後が順調そうなところでしたv


秘密(トップ・シークレット) 6 (6) (ジェッツコミックス)秘密(トップ・シークレット) 6 (6) (ジェッツコミックス)
(2009/02/27)
清水 玲子

商品詳細を見る

おおお・・・いつにも増して地味に暗くて、ずっしりきました。ああもう、容赦ないなぁ!
センセーショナルな事件概要だとか、最後にひっくり返されるカタルシスがないとこうなるのね。
動機の「真相」が明らかになっても、救われるものはなく余計に辛さが増す。
唯一救いと言えるのは父親の言葉かもしれないが、私は逆に「だからどうだってんだ!」とやるせなさが増したので、敢えてそう描かれているのかもなぁと思った。
メインは岡部さん主軸の過去編、番外編も青木主軸なので、本編続きの人間関係も気になるところです。どっちにしても痛いですけどね!(泣笑)


金色のコルダ 12 (12) (花とゆめCOMICS)金色のコルダ 12 (12) (花とゆめCOMICS)
(2009/03/05)
呉 由姫

商品詳細を見る

ちょ!この表紙えろい!!(笑)
柚木が出てくると一挙にアダルティになる罠。

中身はと言えば、CM出演する火原が可愛すぎて悶えた。
好きな音楽→好きな子の音楽→日野ちゃん思い出す→めっちゃ良い笑顔。
ネオロマに関しては腐妄想が出てこないのだが(*なんとなく聖域)、火原っちはあまりにも受けオーラを出し過ぎるので、ちょっとキミ自重しなさい!!と説教したくなる。
その笑顔は反則だわ。


***

以下BL。

耳たぶの理由 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)耳たぶの理由 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/02/17)
国枝 彩香

商品詳細を見る

わーいv国枝さん新刊だ!
もやもや切ない痛い話から、ぶっとんだギャクテイストまで色んな意味でBLから外れている(*だがそこが大好きだ)国枝さん、どれも大好きで既刊は売らずに全部持ってます。←どんなに好きでも「読み返したい」と思わないものは即売る。そうじゃないと山積みになってしまうので。

今回は、驚くほどに王道BLで逆にぶっとびました。うわお!可愛い!!
主人公が素直に甘えられない天邪鬼。リアルに「わかる!」と思うツンツンぶりと、一途な相手にほだされた時のデレっぷりがひたすらに可愛くてほのぼのにやにやする。
王道なのに面白いって、すごいよなぁ。ごくごく普通の話なのに、やっぱり惹きこまれるし、完成度が高いのよね。
甘いのしかダメ!痛いの読めないという方にもやっと国枝さんを勧められる一冊がきました(笑)


FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)
(2009/02/25)
松岡なつき

商品詳細を見る

こちらも待ちに待った新刊。タイムスリップ海賊大活劇BLです。
むしろハーレクインロマンスだよねこれ・・・・(しみじみと)
しかしBLなのに濡れ場は少ない。というより、ほぼない。今時少女漫画でも見かけない、命を賭けた接吻(色んな意味で)に萌えるべし。
タイプスリップ+大航海時代+次々に主人公に襲い掛かかる難局に叶わぬ想いに身を焦がすイイ男達と三拍子揃ったツボっぷりに毎巻身悶えてます。文字通りじたばたしたり、ごろごろ転がったり。
しかしもう12巻だぜー!20巻越えしようと読むけどね!!
今回から絵師さんが変更に。ああ、雪舟先生の美麗イラストが見られないなんて~~!!!と寂しく思ったものの、新しいキャラ絵もまた美麗かつ魅力的で溜息ものでした。

本編への感想ですが・・・
ふおおおおおぅお!!ビセンテェェーーーーーーーーー!!!!
こんな咆哮しか出てこない。
スペイン編で、すっかりビセンテ贔屓になってしまったのでね。もう、大変でした今回。
(*ちなみにナイジェル次点で好きです。報われない一途な男に弱い。)
スペイン男の愛、しかと見せてもらったぜ・・・!!(涙にくれながらぐっと親指を立てる)
スポンサーサイト漫画等雑感へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト漫画等雑感へのトラックバック
スポンサーサイト漫画等雑感のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。