ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「失恋ショコラティエ」/水城せとな 
2009.12.26.Sat [ コミック
失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/01/09)
水城 せとな

商品詳細を見る



2巻が平積みになっていて、表紙に惹かれたので1巻も一緒に購入。
水城さん、それこそ少女コミック時代の方がよく読んでいた(*BLあまり読んでない)ので久々だ。

結論から言うと、ものすごーーーーく面白かった。上手い!!!

前回記事にした「ちはやふる」なんかは「思春期ってほんと甘酸っぱいぜ!」と若かりし頃を思い出してきゅんきゅんする感じで、BLはBLでまた別世界のことを外から見て萌え悶える感じなのですが・・・これはもっと、手触り(読み心地?)がリアル。

主人公の爽太はショコラティエの男性なのですが、彼が失恋しても思い続ける女性がまた、女性から見るとイラッとくる感じの子でね(笑)

女ってこわーーーっ!!!と思わず自分を棚上げして思ってしまう。

と言いつつ、無意識(?)の女の計算に自分も心当たりがあったり、この女はダメだと思ってもどうしても可愛く見えてしまう主人公の彼の心の内が丁寧に描かれていて、ぐいぐい引き込まれました。

「NANA」に近いものがあるかな~?と一瞬思ったのですが、こちらの方がもっと冷静だな。
(NANAはかなり感傷的だし、女性を広く許容してると思う)
基本が男性視点だし、傍に30代出来る女性・薫子さんがいて読者の思いを代弁してくれるので、感情移入もしつつ良いバランスでしっかりストーリーを楽しめた。

で。さらに、ぐっちゃぐちゃのどろどろな気持ちになってもいいから、やっぱり恋愛したいな~という気持ちになった。

これ、かなり珍しいです。だって二次元・漫画は特に、その瞬間楽しんでときめいて違う世界にいってエネルギー補給する為に読んでますもん。

その意味で、現実に跳ね返ってくるリアルさに「やられた~!」と思った。

着々と「悪い男」になっていく爽太の成長ぶりは必見。
薫子さん可愛いよ薫子さんv
オリヴィエに六道さんは良いキャラ過ぎる。脇が濃いのも見どころです♪
スポンサーサイト「失恋ショコラティエ」/水城せとなへのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト「失恋ショコラティエ」/水城せとなへのトラックバック
スポンサーサイト「失恋ショコラティエ」/水城せとなのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。