ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背筋が寒くなる 
2010.02.27.Sat [ 日々の徒然。
まだフィギュアシングルの採点へのショックが尾を引いていて、何もまともに楽しめません・・・

わかってはいたけど、文句ばかりになるからずっと我慢していたけど、やはりオリンピックという誰もが関心を持って見る場でのこの点数。
悲しいとしか言いようがない。

PCSが好きに操作できるのはもちろんですが、本来は技術をジャッジすべき技術点での恣意的な操作が酷過ぎる。

なぜヨナ選手のジャンプには全て(本当に全てです)、プルシェンコやライサチェクや織田くん(*織田のジャンプは入るスピードも高さもセカンドジャンプの高さも降りた後の流れも本当に素晴らしい)ですらなかなかつかない1.4点以上の加点がつくのか。2点の加点に至っては、男子で付けられている人は誰もいないです(*下位の選手までは見てませんが)

なぜ回りきったかは怪しいものの、降りてその後2回転+2回転も付けられた浅田選手のコンビネーションジャンプにー3を付けるジャッジがいるのか(*普通、ジャッジが揃ってー3という大きな減点を出すのは、転倒した時くらい)
もちろん(というのも悲しいですが)トリプルアクセルにもマイナスを付けているジャッジはいましたよ。これも2人。

なぜ解説が「素晴らしい質の高さ」と褒めちぎる(勿論クリーンに降りている)安藤選手のコンビネーションジャンプにー1を付けるジャッジが2人もいるのか。
普通に跳んでいれば0でいいところをわざわざ減点するには「理由」がいるのでは?
ちなみに、フリーでの安藤選手の前半のジャンプはどれも質の高いものでしたが、加点はほとんど付いていません。

演技構成点についてはもっともっと言いたいことがありますが、それには触れません。


ただ、男子でのウィアー選手への不可解な抑えが、女子では安藤選手に向いてしまったように思う。
そして、やはりチャンとロシェットは地元有利と言いたくないが加点ぶりが理解しがたい。

SP・FPの出来を見ていたら、ほぼノーミスの安藤もしくは長洲が表彰台に上るべきだったように思う。

ああ、安藤選手のスローパートに入る時の女性らしい表情、スパイラルやステップでの力強く気品のある正に女王なような滑り、素晴らしかったPCSに6点を出したジャッジは恥を知れ。(あ。演技構成点について言っちゃった。)
長洲選手は、スピードもあって華やかで、でも品もあって良かったですね!

レイチェルも、滑走順が後ならもうちょっと点が出ていたんじゃ?と思ってしまうこと自体が悲しい。回転不足の取り方だって、自由自在ですもん。

あっこちゃんはもう、最高でした。コンビネーションジャンプでトゥナイトに入って、がらりとマンボに切り交わるところであのステップ。ほんと、感動で涙が止まらなかった・・・

小塚&鈴木には私の心の中ではもう5点くらい加点しておきましたよ。


それにしても、最終グループに転倒で演技を崩す人が誰ひとりいないなんて、素晴らしくハイレベルな試合でしたね。
選手の皆さん、誰もが本当に素晴らしかったです・・・!!
だからこそ、正当とは思えない点数は悲しい。それを終わったことだからと、流す気にはなれない。

これがスタンダードとして、記録として、ずっと残っていくわけですからね。
スポンサーサイト背筋が寒くなるへのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト背筋が寒くなるへのトラックバック
スポンサーサイト背筋が寒くなるのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。