FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
アクエリ+エウレカ+うえき 
2005.06.13.Mon [ 日々の徒然。
■アクエリオン 第10話 「空に星、地に花」

お兄様が本気で妹を心配しているのに驚きつつ、ちょっと見直す。

お見舞いに本気で精がつくと思って生トカゲを持ってくるアポロが愛しい・・・(ここにもアホの子が)

お兄様はほんとに危ない。今日の口癖は「ありえない!!」

さらにお見舞いに今度は焼いたトカゲを持ってくるアポロが可愛い。

(↑どんな話だかさっぱりわかりませんな。)

・・・・トーマの出番が最後の麗しい顔だけだった。くっ!!

思ったんですが、結局私はメカアニメに弱いのだろうか・・・・。



■エウレカセブン 第9話 「ペーパームーン・シャイン」

このアニメへの信頼感がぐぐっと高まりました。
今まで「死」について触れなかったのは、そこをスルーするのではなくこれから描いていくからなのかな、と。
散りばめられた小さな伏線の全てにきちんと意味があるアニメだろうと思います。
『こういうものをつくる』という骨格がはっきりしているのでしょうね。
40話という長いスパンで、謎を上手く織り込みながら解きほどいていってくれるのではないか。
安心して、感じるままに楽しめばいい。そう思いました。
でも伏線が気になって思いっきり1話から見直したくなった・・・。
このパターン、種運命と一緒だよーっ!!(←見直して色々考え出す)

違うのは、エウレカは回収してくれる安心感が出てきたけれど、
種運命はスルーする不信感があることでしょうか。

作り手がどうこうというよりも、MSきっちり出したり乗り換えたりさせなきゃいけないのは大変だろうなーと正直思います。


さて、本編。

自らが虐殺を行った街に超逃げ腰かつ逆ギレ。レントンを二発も殴るホランド。
痛い・・・痛い大人だ。けれど、彼が何を抱えているのかわからない・・・から知りたい。

ドギー兄さんとレントン良いコンビだなぁ(笑)

ディプトリーさんの言葉が深い。パイルバンカーと地殻変動の関係も気になる・・・ナウシカ系?

感情のない目のエウレカが切ない・・・容赦ない描写ですね。
三人の子供を目にして、何かを感じるエウレカに泣きそうになりました。

私達がしていることは、ゲームでもスポーツでもない。
私が戦うことで、人間達は傷つき、死んでいく。
気付いていないかもしれないけど、レントン、君もそれに荷担してるんだよ?
この戦争に。

そりゃ気付かないよなぁ・・・とは思いつつ。

全て覚悟の上でのことだったとは・・・。
そこまでして果たしたい使命ってなに?
ってそれは軍に関係してるんですよねきっと。

そして、その『使命』のために罪のない人が死ぬのも違う。
そんなことをエウレカはしたくないはずだと言うレントン。
「一緒にいこう、エウレカ」
「変わった・・・私、君が来てから変わっちゃったかもしれない」

涙を流しながら言うエウレカ・・・いったい何を抱えてるのよー(泣)

贖罪の為に、使命の為に、何を犠牲にしても戦争を続けるゲッコーステイト。
レントンによって、エウレカだけでなくゲッコーステイトも変わっていくのかもしれません。

『ペーパームーン・シャイン』
はりぼての月の・輝き・・・のタイトルも、胸にぎゅっときます。
今のゲッコーステイトの姿はどこか無理のある、偽者なのかなと。

動き出した次回が気になります~!!



■うえき

やばい・・・やばいよこのアニメ!!!!
つぼな声優がどんどん投入されてくるよーーっ!!!!

SHOW速水とか、大塚パパとか、成田さんとかとか、伯爵の従僕とか。
女性陣も好きだわ・・・・。

今週いなかった一人と新規参入するもう一人がいったいどんなキャラやら興味津々です!!
来週なんかコバセンも出てくる予感で、もう離れられません。

コバセンのためなら靴も舐める宣言をしたうえきに「負けた・・・」と思った。

アクエリ+エウレカ+うえきへのコメント
   非公開コメント  
アクエリ+エウレカ+うえきへのトラックバック
アクエリ+エウレカ+うえきのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.