ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プチ旅行 
2005.10.11.Tue [ 日々の徒然。
山陰に行って来ました。いやもう、温泉大好きなので!
計らずも『ネウロ』の弥子ちゃんとかぶっちまったよ~(笑)

と言ってて思い出しました。
ジャンプが土曜発売なんてすっかり忘れてましたよ。
というわけで、感想は明日書きます。きっとたぶん。

あと、エウレカがしんみりとツボだったので別枠。
古川登志夫氏の声で思い出したのはピッコロじゃなくてカイ・シデンだったよ!
時代じゃない・・・思い入れなんだ。そう囁かれた気がした。

***

さてさて、今回の目的は 『足立美術館』に行くことでした。

庭園


日本一の庭園と名高いそうで、そこに惹かれて。
うーんしかし。正直言うと庭園にはそこまで感動しませんでした。
確かに細部まで整えられていて、素晴らしいんだろうとは思うのですが職人的・芸術的な審美眼なんて全く持ち合わせてませんしね。
結局感覚だけの感想ですので、入れる所が限られていてガラス越しにお庭を見る場所が多いのが引っかかりました。
だって、もっと中歩けると思うじゃ~ん。・°°・(>_<)・°°・。!!

風もなく水の音もしないのがなんだか変なかんじ。
手入れも大変だろうし、多くの来訪者に対応する為には仕方ないとは思うのですがちょっと残念でした。
これが私だけのお庭だったら大満足ですが。(なんだそりゃ)

それよりも、横山大観の作品展をやっていてそれが良かった!!かなりの数が置かれてました。
いやまあ、日本画も全然わかりませんが。
それでも、見ているだけでこちらの心を見透かされているような、射抜くような気迫がありました。
大観先生も日本画は”眼でなく心で描く”とおっしゃっていたそうですし、心で見ればいいさ。うん(笑)

世界の名だたる美術館で著名な作品を見るより、実は近くの美術館で日本画を
見る方が心打たれる気がします。特に風景画。
ぎゅぎゅっと幼い頃に引き戻される心象風景的なものがあったり、自然を前にした時の敬虔な思いを引き出されるものがあったり。
そういう時、この気候風土は自分に染みついているベースなんだなぁと思います。

逆に言うと、たぶん宗教画の本当の素晴らしさというものは一生わからないんでしょうね。自分が根本から覆りでもしない限り。

・・・というわけで、なかなか満足でしたよ!
なかなか・・・というのはちょっと、入館料高いなぁと思ったので。
財団法人だから、それだけ維持費がかかっているということでしょうか。
大観に本当に感動しました。
学生さんには優しい設定になっていますので、オススメです。
やっぱり学生の時にがっつんがっつん行っとくべきですねぇ!
スポンサーサイトプチ旅行へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトプチ旅行へのトラックバック
スポンサーサイトプチ旅行のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。