FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
白鳥異伝 / 荻原規子 
2005.11.03.Thu [ 小説

白鳥異伝 上

白鳥異伝 下

白鳥異伝 上・下 / 荻原規子

少し前なんですが、読み終えました。
やっぱり面白い~!!!

三野の長一族の娘・遠子と養子の小倶那は、双子のように育ち、いつも共にいた。
「あたしたち、大きくならないといいのに。ずっと今のままでいられたらいいのに」
だが、西から飛んでくる白い鳥が穏やかに続くと思われた日常を突き崩した。
帰ってくるという約束を残して、小倶那は都へと旅立つ。
彼の出生の秘密が、そして皇子と姫の激しい恋が、遠子と小倶那を避けられぬ戦いへと導く。
ヤマトタケル伝説を下敷きに織りあげられた、壮大な古代ファンタジー。


かなり長くて読み応えがありました。

幼いながらに互いを大切に思う二人。
成長する為に旅立つ小倶那と、彼に会うまでは女になることを拒否しようと決意する遠子の対比がいかにも純粋で切ない。

小倶那の出生は、比較的早く、わかりやすく明らかになるのですが話が展開するのはそこから。
「わたしはもう振り返らないし、泣かない。女の弱さはいらない。もう一度小倶那に会って、あの子を殺す日が来るまでは・・・」
どこか儚げな印象を受ける小倶那に対し、どこまでも真っ直ぐで強い遠子。
ただひたすらに小倶那を追い、やがて『女』になっていく遠子の成長には感動です。

勾玉を『集める』という行為も、物語に流れとスパイスがあってワクワクしました。最後の勾玉はそうだったのか~と納得しつつ、『明』の勾玉が続巻につながるのが楽しみv


二人を取り巻く人々も、鮮やかで印象的でした。

大碓皇子は強さと魅力に溢れつつも、王族であるが故に失ってしまった
何かがあったようにも思える。
それに対し、明姫はその芯の強さに心打たれました。

遠子はそのまま外にも表れていますが、豊青姫や速来津姫など一見か弱そうに見えて強い女性が多いですね。

逆に、大王が遠子と対面する場面ではその孤独や寂しさが見えて思わず萌えましたよ。(またそれか)

でもって、やっぱりこの人ですよ!!
菅流カッコイイ~(惚)!!
酒と女と喧嘩に強いが、老人と子供に弱い。
女と見れば口説かずにはいられないが、義理と情に厚い海の男。
どんな困難でも笑って切り抜ける様は、惚れずにいられません。
なんだかちょっぴり、ヒノエ@遥か3を思い出した。

小倶那を食いそうな勢いで(笑)印象鮮やかな人物。
菅流がいなかったら、中盤~後半はもっと暗くてあっさりしたものに感じたかも・・・そう思うくらいに物語を盛り上げてましたv

個人的に、
「がきなんだからな。最後まで」
が切なくて好き。ちょっと、奪っちゃえ~菅流!と思ってましたごめん小倶那。
と言いつつ、象子くらいしか菅流は御せないかも?と思うのですが。


ともあれ、長い旅路の果てに辿り着いた結末に、深い充足を覚えながら本を閉じました。
あああ・・・『薄紅天女』早く読みたい!!
テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:本・雑誌
白鳥異伝 / 荻原規子へのコメント
----

こんにちは。
「白鳥異伝」発売になったのですね。
勾玉3部作ともハードカバーで持っているというところに、年を感じてしまいます。
新書化まで随分な年月経ってますから。

「薄紅天女」でお終いなのが非常に残念です。
こういう日本が舞台のファンタジー、もっと読みたいなぁ。

「西の善き魔女」も楽しくって好きです。
「レアンドラがメインの外伝が出ないかな」と思っています。

- from ペンタ -

--いいな~v--

羨ましいっすハードカバー!!
勾玉三部作・・・仲良しの司書の先生が薦めてくれたのに読まなかったのですっごく後悔しています。ゲド戦記もそう。
やっぱり、「読むと一番面白い時期」があると思うのですよね。

・・・と言いつつ、「薄紅天女」も新書化心待ちにしておりますが♪

「西の善き魔女」はノベルズで読んでいたのですが、今文庫化されているのですね~!
外伝をどこまで読んだか忘れてしまってます(笑)
たくさんあるんだものー!!
レアンドラメイン・・・ないですよね??あったら確かに面白そう~O(≧▽≦)O

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
白鳥異伝 / 荻原規子へのトラックバック
白鳥異伝 / 荻原規子のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 荻原先生の代表作・【勾玉】三部作第二弾。 読み終わって思わず溜息が出ました。 やっぱり、すっごく面白かった!
2005.11.03.Thu .No57 / 灰色つれづれ草子 / PAGE TOP△

勾玉三部作の第二作目正直言って一作目の空色勾玉は私は面白く思えなくてこれ読むの迷ってたんですが読んで良かったですこの作者は元気な女の子がホント好きというか(最初はまたこういう主人公かとちょっとうんざりもしたんですが・・・気にならなくなりました)フィリエ..
2006.03.30.Thu .No275 /                 †DIARY†   / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.