ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流血女神伝新刊~v 
2005.06.07.Tue [ 小説
昨日からネットがなぜかつながらなくて大困りでした。
先週くらいから買っている本などまとめて。


喪の女王 1
須賀 しのぶ


エドが表紙!!
本編でも大活躍・・・!!

相変わらず、会話は思わず笑ってしまうテンポの良さ。
なのに、内容はどっしりしっかりです。
波瀾万丈の人生を送るカリエ・・・母親になってもその力を試され続けている気がします(涙)
反転↓
少女小説で、暴力によって宿った子供を産むのか?そしてその子を愛せるのか?
をやられるとは思いませんでした・・・・

親子の愛。家族の愛っていうのは根底にあるテーマかもしれませんね。
血がつながっているからこその愛と同時に、つながっていないけれど存在する家族の絆も描こうとしているというか。

自分の中にある感情に「恋」という名前をつけないからこそ、どこまでもカリエを大切にできるエドが切ない・・・。

タイトル『喪の女王』は、本文で「あ、この人だったのねー」とわかるのですが・・・・あの人もこの人も『喪の女王』になりそう!!
と須賀さんだけにまだまだ気が抜けないです。
『砂の覇王』も最後に見事にやられましたので、色々複合的な意味が込められてそうだな~と。


■遙かなる時空の中で スーパーガイド

えーと、中を見て別に買わなくてよかったかなとか思ったり(笑)
見つけたら買ってしまう悲しいサガよ・・・・。
コミックス2・3巻くらいしか見てないし。
アニメも2・3話しか見てないし。
比較されてもわからなかった・・・((^◇^;))

ひとつ思ったのは、アクラムってコミックス版の方が色気あるなぁ・・・とか。
八葉抄のアクラムもどうなってるのか気になりますが!!


■遙かなる時空の中で9・10巻

ついでに一緒に買ってみました。
だって、9巻の表紙が天の白虎だったから・・・。
(↑遙か3で譲フィーバーが起きたので)

うおお、コミックス版はこんな展開になっているのね!!
みんなが一様に神子が好きという展開より、天真・永泉に今回初めて鷹通が参戦!というのは新鮮でした。
頼久は未だ忠誠心。友雅は気持ちが読めない(笑)ものの、むしろ蘭や藤姫と絡む。泰明は10巻でかなり動いた・・?朱雀二人はお子様ポジション。
というのも、それぞれ『らしい』ので良いですね。

遙か1は友雅と頼久にごろごろ転がっていたのですが、コミックスで読むとまた違った印象。
うじうじだった永泉が意外と天然強かで可愛く、鷹通もなかなか押しが強そうでときめきました。
うーん、でも遡って集めるのも辛いかな。

そろそろ、コルダの新刊でないかなぁ・・・(←密かに楽しみ)


■おおきく振りかぶって4巻

が、来月発売!!
わーいvv すっごい楽しみ~!!長かった!!

そろそろハガレンの新刊でないかなぁ・・・(←思い切り楽しみ)

スポンサーサイト流血女神伝新刊~vへのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト流血女神伝新刊~vへのトラックバック
スポンサーサイト流血女神伝新刊~vのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。