ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エウレカセブン #37『レイズ・ユア・ハンド』 
2006.01.09.Mon [ 交響詩篇エウレカセブン
手を挙げて掴み取れ!
そう言わんばかりのタイトル・・・それだけじゃないんでしょうが。
*追記*
『立て、民衆よ!』という意味とのこと。
デューイの演説なのですね。
「否、断じて否」で思わず笑ってしまったのは私だけでしょうか・・・(笑うトコじゃないよ)


とりあえず、『ジャングル・パラダイス』ってネーミングセンスはどうよ?と萎えていたのでちょっと癒されました。

さてさて本編。

前半部分はかなり難解でしたね!
私の脳みそじゃついていかないよ・・・

ちょっとノエイン思い出しました。
科学と哲学・宗教は反対側で同じことを言ってるのかもしれないなぁと。(話中でも言ってましたね)

とりあえず重要なのは、

知的生命体の増加は、物理宇宙の崩壊を招く。
スカブ・コーラルの知性体総量は限界量を超えている。
したがってスカブ・コーラルは休眠状態にある。


そしてその証として、

数千年前に隕石が落下して、休眠状態のスカブコーラルの一部が目覚め限界量を超えた空間・・・グレート・ウォールがある。
そこはあらゆる物理法則を無視した歪んだ空間である。


ということが挙げられます。

そして全てのスカブコーラルが目覚めれば、たちまち星全部がそんな空間になってしまう、と。
・・・うわあ!デューイのやっていること危険ですね!!
リスクを負いながらスカブコーラルを殲滅しようとしていると。

イマイチ原理がわからないのですが、『絶望病』の意味は少しわかった気がします。
ワールド・エンド・ガーデンでマーサは正に休眠状態にあった。
思考がエネルギーであり、エネルギーの飽和状態が崩壊につながるとしたら、思考を止めエネルギーを発することを抑えるのは自衛手段なのかもしれません。

特に、ノルブの言ではどうやら『悩み・苦しみ』のエネルギーがボダラク(という意思を持った状態)を破るとのこと。
大地=スカブ・コーラルに魅せられて思考を放棄し眠りにつく者たち。
それは、『絶望』に囚われた人々が負のエネルギーを発するのを抑えるための、コンパックドライブを通したスカブコーラルからの働きかけなのかなぁと思いました。

じゃあ、これからこの状態を打破するためにはどうすればいいのか?

グレートフォールは『未来』だと言ったアドロックの言葉。
魂と魄のように、人とコーラリアンが対になってニルバーシュに乗ること。
スカブ・コーラルは船。他の岸に我らを乗せる船。船へといざなう風がトラパーである。というノルブの言葉。


あたりが鍵になりそうです。

ちなみに私が思い浮かんだのは、スカブ・コーラルと人類がトラパーという想いの波を超えて合一化できると、飽和している知的生命体は地球に移住できるみたいなイメージだったのですが。

さすがにそれはないっかー。

とりあえずドミニクは、アゲハっ子達に何も言えないようなら何もできまい。
しかし、そこを乗り越える描写はあるだろうから早くしてくれーい!
というかんじでした。
このままじゃどうにもなりませんよードミ!!

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック
スポンサーサイトエウレカセブン #37『レイズ・ユア・ハンド』へのコメント
--初めまして。--

TBありがとうございます!
これからもよろしくです。

絶望病の原理が分かりましたか!
>思考を止めエネルギーを発することを抑えるのは自衛手段なのかもしれません。
なるほど~、水瀬 涼さんのおっしゃる通りかもしれませんね。
飽和状態を防ぐ為にあんなことになってしまっていたのですね・・・。
そして、ヴォダラクとはコーラリアンとの共生の第一歩だったのですね。
これからまた謎が解明されていきますが、本当、面白いですね。

- from 無限 -

--いらっしゃいませv--

無限さんこんにちは。
読み&TB貼り逃げで申し訳ありません!

ご丁寧にコメントいただきありがとうございますv

絶望病はなんとなぁくそんなイメージかなと(笑)
それも含めコーラリアン側は、共生へと手を伸ばしているように思えるのに、人類は簡単に「殲滅」へと傾いてしまうのは見ていて切ないですね。デューイの行動もある意味頷けるだけ余計に。

これからの展開を楽しみに待ちたいと思いますv

- from 水瀬 to無限さん -

   非公開コメント  
スポンサーサイトエウレカセブン #37『レイズ・ユア・ハンド』へのトラックバック
スポンサーサイトエウレカセブン #37『レイズ・ユア・ハンド』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第37話「レイズ・ユア・ハンド」グレッグとノルブの対談形式で、コーラリアンに関する情報が語られる。「カンカイ」(官界かな?)という概念を織り交ぜ、難しいこと言うノルブ。
2006.01.09.Mon .No195 / salty blog / PAGE TOP△

ついに実現したノルブとドクター・ベアとの対談。 対談を仕切るはストナー。でも張り切るストナーをよそに、当の本人たちのテンションはいつも通り。(笑) 聞く側にとっては目新しい情報であっても当の本人達からすればそれはごく普通に接してきた「日常」であったり「持論
2006.01.09.Mon .No197 / ハリネズミのちょびっとMemo / PAGE TOP△

サブタイトル「レイズ・ユア・ハンド」  またも発射された”オレンジ”弾。  その裏には、さらなるデューイの野望が潜んでいた。  交響詩篇エウレカセブン 7以下詳細  ***********
2006.01.09.Mon .No198 / オヤジもハマる☆現代アニメ / PAGE TOP△

物凄い情報量が詰め込まれたお話しだったのですが、物語全体の起承転結の「転」として、また第3クール全体としてはどちらかと言うと「結」に近い位置づけとして、色々と世界観に対するヒント、そして物語の終着へ向けたヒントが提示された、という感じがしますね。整理して
2006.01.09.Mon .No199 / 蒼穹のぺうげおっと / PAGE TOP△

 なんだか1回では内容をよく飲み込めなかったので、合計2回見てみましたが……やっぱり分かりませんでした_| ̄|○。カンカイって何よ、どういう漢字よ_| ̄|○。  ストナーが張り切ってました。記者としての意地ってやつでしょうか。デューイがあれだけ大々的に...
2006.01.09.Mon .No200 / さんでぃうぃっち / PAGE TOP△

【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】凡人置いてけぼり天才問答民衆煽りまくり決起集会デューイの暗躍、大嘘付き若者達は先人を語るういうい、んでは「交響詩篇エウレカセブン」を見て感想じた事なんかを・・・。○「科学と宗教...
2006.01.09.Mon .No201 / ここには全てがあり、おそらく何もない / PAGE TOP△

「レイズ・ユア・ハンド」 ノルブのおっさん、“ブー”と屁をこき、「豆を喰いすぎた
2006.01.09.Mon .No202 / おくいのなんでもdiario / PAGE TOP△

スカブコーラルとの共生の道を選んだホランドたちと、スカブコーラルの殲滅を目指すデューイとのメディア戦。勝ったのは、先手を打ち、情報操作の巧みなデューイでした。
2006.01.09.Mon .No203 / 伊達でございます! / PAGE TOP△

こんにちは。萌です。2週間ぶりのエウレカ。今日は寝坊しちゃったので、リアルタイムで見ることはできませんでした(´Д`;)それでも起きたのは7時半。最近エウレカのおかげで日曜日は早起きしてます☆まずはノルブとグレッグの会談。・・・難しくてわかんねぇ....
2006.01.09.Mon .No204 / 雨の日が好きって思ってみたい / PAGE TOP△

年明け第1回目のエウレカセブンです! まぁとりあえず今回の話は難しかったです・・・ _| ̄|○ では、感想など行ってみましょう。
2006.01.09.Mon .No205 / 種と月を語るブログ TYPE-0 SPEC2 / PAGE TOP△

今日は難しかった…。レイ=アウトの記事にするべく科学者サイドと宗教サイドから真実に迫ったわけですが、正直難解です。情報力学とか言い出されると途端に考えることを諦める私の脳なのでした…。とりあえず現時点では休眠状態にあるけど、将来に向けてこれ以上の知的生..
2006.01.09.Mon .No206 / 凡ての道はガンダムに通ず / PAGE TOP△

ハイサイ!(>_<)!さて、一話感想をサボってしまったので今回からまた気合入れて書こうとと思ったんですが~今回はあんまり話が進まなかった・・・ってか難しかった(^^;)う~ん、今回は簡素化しながら書いていきます、ちょっと手抜きで・・とりあえずいきますか■A
2006.01.10.Tue .No207 / 南の島からガンダムを作れ! / PAGE TOP△

「レイズ・ユア・ハンド」 科学者イーガンと宗教家ノルブが語る「コーラリアンとは何
2006.01.10.Tue .No208 / Fere libenter homines id quod volunt credunt / PAGE TOP△

副題「レイズ・ユア・ハンド」 虚言の英雄。 従順な皮を食い破り、 ついに反逆の牙をむいた肉食獣は、 王も大地も呑み込んで己の肉としようとする。 虚構の偶像となった姫は、 英雄に必要とされたことをただ喜び、 忠実なだけの恋する騎士は....
2006.01.11.Wed .No209 / 月の静寂、星の歌 / PAGE TOP△

一応エウレカは力を入れたいところですが、だいぶ遅れていますので適当な感想でもやろうかとー。先週はエウレカの化粧やら、ホランドから語られるダイアンの話やらでした。そろそろ戦
2006.01.12.Thu .No213 / 師匠の不定期日記 / PAGE TOP△

今日のエウレカセブンのあらすじと感想です。なんか今回は難しい話だったぞ。-----------------------------第37話 レイズ・ユア・ハンドゲッコーステイトメンバーの間で知識を共有しようと会議を始めるメンバーたち。グレッグは科学サイドから、ノルブ師は宗教サイドから現
2006.01.14.Sat .No217 / 流線型事件 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。