FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
NARUTO+アクエリ+エウレカ 
2005.05.30.Mon [ アニメ雑感
■NARUTO

うわー、オリジナルに入りましたよ!!
きっと三年間の空白を埋めるんだろうな・・・じゃないと本誌に追いついちゃうし。とは思っていましたが。

前回のオリジナルの悪夢が蘇ります。
サクラちゃんはあの時点で「このままじゃ駄目だ」と一人決意して、ナルトに見えないところで強くなってるのがいいんだと思ったり。
こんな子供から金を奪い取る自来也は絶対いやだ、つーか自来也さんこんな人じゃありませんからー!!へらへらしているけど頼りになるおっちゃんなとこが良いのにと思ったり。

どうせなら他班の任務とか見たいです。



■アクエリオン第8話『はじめてのがったい』

なんだかもう、ここまでやってくれるとあっぱれとしか言いようがないという。

『はじめてのがったい』と『いわゆる初体験』をちょっと匂わすどころか、完全に最初から最後までかぶせていってる状態。
それを完璧におもしろいと思ってしまった私は紛れもなくおかしな人だ。
麗花×つぐみとピエール×ジュンの勘違いした初体験レクチャーはテンポ良くて思わず笑ってしまいました。
敵を倒してその体液まみれになりつつ「しあわせ・・・」と呟くつぐみにはかなりひきつつも感心しました。よくぞそこまで・・・あんたは使命をまっとうしたね!!

とはいえ、『緊張により鼓動が速まると、周囲のものを爆発させる』つぐみの能力は以前から伏線が張ってあり、そのことが彼女にとって幼い頃からのトラウマだった・・・そして今回でそれを乗り越えた構成はすごくすっきりまとまってました。
不動指令が初めてかっこよく見えたし(笑)
ジュンの『君の力が必要なんだ・・・君じゃなきゃだめなんだ!!』という言葉や、麗花さんとの思い出(7話しかやってないのに盛りだくさん)は説得力あって納得の展開。

この笑いとシリアスが交互にくるかんじがけっこうツボです。
今週の不動指令締めの言葉は、
合体は、爆発だ!!!
でした・・・岡本○郎かい。


■エウレカ

ドッキリって見てると不快になる人です。
いわゆる融通が利かない真面目人間なので。
言葉遊び的な冗談の応酬とかは好きなんですが、純粋に信じた人を「冗談だって!信じたの~?」っていうのは自分がされるのも、人が言われてるのもカチンとくる。
実際、どこまでが洒落になるのか、その人を本当に傷つけて責任持てるのかオイ。と言いたくなるわけで。

というわけで、細かい言葉のやりとりは面白いんですがけっこうムカつくな~と思いながら見てた今回のエウレカです。
ま、レントンが精神的に強いのとそんなレントンを可愛がりたいメンバー達で流して楽しんで見られればいいのですが・・・。やりたいことはわかるが感情は別問題。

ヒルダさんが、唯一まとまな人なので癒されますね~!あの、腰からヒップにかけての見事なラインも素晴らしいと思います。

ムーンドギーも良いですね。だいぶイメージと違いましたが。東北弁とは思わなんだ。
いじられポジションをとられて嫉妬するって・・・どれだけ真性Mなんだ(違います)

あと、『はじめてのおつかい』に金糸篇サイドを並行させる構成は上手いと思いました。
『彼らは進化などしていない、なぜなら目ざめてもいないのだから・・・彼らコーラリアンは』
で言われたコーラリアン・・・どうやら本能で司令官を攻撃する危険な存在らしいのですが、
ここでちょっと、唯一目覚めているコーラリアンがエウレカだったりしてと思いました。
なんとなく、コーラリアンという響きからエウレカを連想したのですよね・・・って単なる勘ですかいっ!!

で、このまま終わるのかな~と思っていたら来ましたよーっ!!!最後に
レントンのビデオを見て『ダッセーな、オレ』と呟くホランド!!!!
や、やられた・・・ダイレクトに心臓を鷲掴みにされたよこの1シーンに(涙)
「ダサダサだ」と思っていたら「すごいね」と言われたレントン。そんなレントンにやはり心動かされて、自らの行動を省みている(だろう)ホランド・・・。
しかし、これだけで倒れそうなほど嬉しかった私は相当ホランドに参っているということがよくわかりました。

NARUTO+アクエリ+エウレカへのコメント
   非公開コメント  
NARUTO+アクエリ+エウレカへのトラックバック
NARUTO+アクエリ+エウレカのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.