ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ雑感 
2006.02.06.Mon [ アニメ雑感
ああ・・・やっぱり雑感になってしまう。

■BLEACH

友人が貸してくれたら、CMカットまでされてて感動しました。
あ、ありがとう・・・!!

えーと、見た感想としては「オリジナルだなー」と。
NARUTOよりは若干年齢層高めな設定でしょうか。

石田くん大活躍!!!!(驚)
うーん、そういうポジションなのか・・・原作よりいいじゃん!

見ながらなぜか
『幽々白書の蔵馬「禁句(タブー)」戦』を思い出してました。
震えるほど好きでした、あの辺。

ぼこすこやるバトルは意外と「ほえー」と眺めて終わるのですが、
心理戦がすっごい好きです。
探りに探ってじりじり動けない緊張感と、それが爆発した時の解放感がたまらんー!!

今回スッキリ「そうだったのかー!」と思ったかと言われればそうでもないのですが・・・(すんごい考えこんでしまった・・・お馬鹿)
こういう系のが普通のバトルより好きかもしれないなと密やかに自分の嗜好を再確認しました。


■よみがえる空

恋人がやってくるの巻。
「楽な仕事なんかあるかいボケぇーー!!」
と思わず主人公に向かって叫んだ。

わたしならこの回だけで数回キレているかと思われます。
ほんまええ子やねぇ能登さん(いい加減、役名覚えましょう)

べたーなかんじに紙飛行機の飛んだ先にいたのは
セーラー服の眼鏡っ娘
だったあたり完璧です。

最後には、能登声な彼女も仕事辛いんよというところを見せつつ、
主人公のどうにもならない痛みを分かち合って和解という納得の流れでした。

密やかに「出版社勤務」を活かして小説もばんばん出てくる気が。
サン・テグジュペリは『星の王子様』の作者・・・ですよね?
飛行機乗りだったんだ・・・!

って!
そう言えば昔つきあってた人が「星の王子様」の朗読絵本(?)DVDを持っていて「けっこうロマンチストやなぁ」と思っていたのですが、彼はパイロット試験受けてました。
うわあぁぁぁ・・・今更気付いた。薄情だな自分。
能登さんを見習え!!

「ライ麦畑でつかまえて」は
石田衣良『スローグッドバイ』
の中の「夢のキャッチャー」にも同じ台詞が使われていて面白かったです。

地味~なんですが、けっこう好きかもこのアニメ。


■BLOOD+ 『約束、おぼえてる?』

ひたっすらハジにぎゃーぎゃー言っていた回。
うわぁ・・・いっぱい喋ってる・・・笑ってる(感動)

命令口調の小夜+ひたすらにつき従うハジ=主従萌え~!!
現在に戻るとまた切ないのがたまらないっすね・・・

あとは、百合でした。
半裸のハジジに見向きもせず、小夜に抱きつくソーニャ嬢・・・・本物だよ!!
戦闘に入るシーンはちょっと怖かったです。
ぐっさり刺されるハジにも叫びましたし。
あの飛ぶ姿・・・・ヴァン・ヘルシングを思い出す・・・。

ソーニャは本当にお亡くなりになったのでしょうか。彼女が「姉さん」なわけじゃないのか??
そして長兄は美形っつーよりは美オジサマっぽいですよ!(ある意味きゃー!!)
声は中田譲治ですよ!(もう一度きゃーv)

最後に、何事もなかったかのようにリクの後ろからついてくるエリザベートさんにのけぞりました。
りっくんりっくん、その人危険だから離れてー(涙)!!

次回予告がデヴィット×カイぽくてノンノン!と思いました。
個人的に、ジュリア(女豹)×デヴィット(へたれ)みたいな構図が好みです。
あからさまなアプローチにも気付かないデヴィット愛。


■エウレカ

わ、若ノルブ師~~!!

いつかは来るんだろうなぁと思っていたノルブとサクヤの過去ですが・・・思ってたよりずっとやられてしまいました。
ノルブ師・・・一途!!

しかも、サクヤ=矢島晶子さんで若ノルブ=福山潤ですよー!!
な、泣きそう(それだけでか)

ゾーンを突破できなかったノルブとサクヤ。
そこに何が足りなかったのか・・・?今のレントンとエウレカとの違いは??と考えたときに真っ先に浮かんできたのは、
『対話』
でした。

何も知らされずただ閉じこめられていたサクヤの発する言葉は「ノルブ」という名前だけ。

けれど、にも関わらず二人の間には確かに『愛』があって、互いに手を伸ばして名前を呼び合って触れ合うその瞬間、言葉がなくても通じ合ってるんですよね。

なのでそのシーンはひたっすらに切なくて綺麗でした。

けれど、レントンとエウレカはそこをもう一歩踏み越えている。

サクヤがどう表していいかわからないように白紙のページいっぱいに溢れさせたハート=愛を、エウレカは包み込むように大きなハートで囲む。
それは二人が今まで長い過程を経て、言葉を重ねて理解し合って、今はもう想いを伝え合って「ラブラブ(笑)」な状態だからだよなぁと思うと、きゅんきゅん来てしまいました・・・。

ああもう、いいね!と。
だから二人でゾーン突破できそうだよね!と素直に思った。

この回の始まりにはどこか不気味に思えた蓮の花が、二人の出会いのきっかけであり愛し合った証なんだなぁと思える。
そしてその中から、生まれ変わったエウレカが出てくるというのも秀逸だなと。

あ、そういえば先週OP変わったんですよね。
前クールはなんだったんだ!?というほど綺麗でしたねーv
最後が地球のような水に溢れた星に変わり、ハッピーエンド感が満点なのが嬉しかったです!

EDは・・・・これといって印象に残ってないですかね。
どんなのだったっけ?

あ、コミックス3巻のホランドがあまりに色気を振りまいていて、1・2巻すっとばして買おうかどうか本屋で逡巡しました。
あの表紙はやばいって!

スポンサーサイトアニメ雑感へのコメント
----

>リクの後ろからついてくるエリザベート
気づかなかった…!!!!!
ってか、リクがハジのコートをダボダボと着ていたのに喜んでました。
ええ、巻き戻して確認するほど。
とにかくハジはブラウサーなので、目に優しいです。

そして
>この回の始まりにはどこか不気味に思えた蓮の花
これ、私も最初怖かったっすよー。
「泥沼に生じ清浄な華を咲かせる事から珍重」ってことで
宗教的に大切にされていた事を思い出して、
ノルブとサクヤの行き着く先がそこにあるの?と不可読みしてしまいましたよー。

でも、食膳に乗せられた蓮の蕾はおいしそうだった…。
サクヤじゃなくてもかじりついたと思いますです。

- from ヨブロゥ -

--ひー!--

>だぼだぼコートのりっくん
むしろそっちに気付きませんでしたー!
失格だ。なんだか自分的に負けた気分っすv-12
わたしも確認せねば・・・(笑)

>蓮の花
宗教的な意味も強そうですよね!
あまり詳しく知らないのですが、カタカナも宗教用語から来ているのがいっぱいみたいですし(調べないんかい)

でも、泥の中からあんなに綺麗な花が咲くのって普通に感動ですよね確かに・・・うわー泥の底から掬いだして咲いた想いの花って・・・すんごいロマンティックや!(赤面)

なんつーか、サクヤが姿を変えたのが二人の思い出の花だったというのにナチュラルに感動しました。
しかしオイラも蓮の蕾はデザート系かと思いましたが(笑)!
これなら食べるかな?っつーことで饅頭とか用意したのかとσ(^◇^;)

- from 水瀬 toヨブロゥさん -

   非公開コメント  
スポンサーサイトアニメ雑感へのトラックバック
スポンサーサイトアニメ雑感のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。