ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『シークレット・ウィンドウ』 
2006.02.22.Wed [ 映画
B00064LI8Sシークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
ジョニー・デップ スティーヴン・キング デビッド・コープ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-04-22

by G-Tools



人気作家モート・レイニー(ジョニー・デップ)の前に謎の男、シューター(ジョン・タトゥーロ)が現れる。彼は自分の小説がモートに盗作されたという。覚えのないモートにつきまとうシューター。シューターの行動は徐々にエスカレートしていく。彼の姿を見た者、正体を探る者は命を落とす。ただ一人、モートを除いて―。男は何者なのか?本当の狙いは何なのか?全編に張りめぐされた謎解きの伏線、かつてない戦慄、そして予測不可能の結末が…。



DVDにて。
字幕を読むのが辛かったので、吹き替えで観ましたー!
この作品のジョニー・デップは小心で精神的に追いつめられる役なのですが、平田さんの細やかな演技がぴったりですね。
吹き替えがとてもERなかんじでした。

スティーブン・キング原作ということは知らなかったのですが、それはなくともすぐにからくりは読めてしまった。それしかない!という造りですし、周りの人の反応からも何となく。
しかしサスペンスなのはその『謎』の部分よりも、精神的に追いつめられていく部分なので面白さに問題はないかと。
謎の男・シューターの不気味さは秀逸。誰でしょう・・・・ジョン・タトゥーロさん?(無知ですまん)

個人的には、派手さがあるよりこういうじっくり見せる作品のが好きです実は。
特に面白かったのは、特典のメイキングドキュメンタリー。
なるほどこういう意味があったのか!!という撮り方に思わず頷いた。
ラストシーンはぞくっとしましたからね。

そして、ジョニーの作品に対する姿勢も垣間見えて「いやーんカッコイイv」と惚れ直しました。
DVDで見ると、こういう特典があるのは嬉しい。
ジョニー・デップ好きなら見ても損はないかと(笑)
スポンサーサイト『シークレット・ウィンドウ』へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト『シークレット・ウィンドウ』へのトラックバック
スポンサーサイト『シークレット・ウィンドウ』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原題:Secret Window家具をどかすと、そこには秘密の小窓が、女が云う・・この窓の下に花を植えよう、男はそれを聞いている。植えられたのはトウモロコシだった・・。 湯気のでているトウモロコシを一本抜いて食べる・・雨の降りしきるなかモート・レイニー(ジョニー・デッ
2006.02.26.Sun .No263 / 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。