FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
エウレカセブン#43 『サンシャイン・アンダー・グラウンド』 
2006.02.20.Mon [ 交響詩篇エウレカセブン
怒濤の展開、エウレカセブンです。

海だーーー!!(口に手を当てて)

気になるところを抜き出してみる。


■ドミニクとアネモネ

今日も今日とてへたれっぷり全開のドミニク。
全国の「ええ加減にせんかいわれー!!」という叫びが聞こえてきそうです。

キスシーンはまるであの伝説の劇場版エヴァのラスト「気持ち悪い」を彷彿とさせるへたれっぷりでしたー!!

アネモネの花は切なかったなぁ・・・
しかーし!花言葉はいろんな解釈があるのよ。
私が見たものでは花言葉・・・「あなたを信じて待つ、期待」だったよ。

今回デューイといても『大人顔』が目立ったアネモネ。
髪の毛に拒否反応しめしてるしー!
ドミニク呼んでるしー!
なんとか収束して欲しいものですアネモネ&ドミニク方面も。

ユルゲンス艦長vの鉄拳制裁希望ー!!


■デューイとホランド

今回、一人で自分の過去を喋りまくりなデューイでした。
デューイの方も「贄の王」とはいえ、選ばれた存在であるホランドにねじれた想いを抱いていたわけですね。
「父殺し・母殺し」をさらっと出してくるあたり、なんだかこなれたものを感じました。

ホランドは、入れ墨にそんな秘密が!!というのに驚き。
この人最後まで生き残るのか不安で仕方ないです。


■約束の地

えーっとこれは・・・琥珀の中の指輪はなんなんだろう。
地球を脱出して違う惑星に移住・・・したと思わせておいて、実は元の世界は大地に封印・スカブコーラルに浄化を任せて地表で暮らしていた。とかなのかな?

腐海の下には、綺麗な土と水が・・・!!みたいな。
地殻変動は「大地が怒っておる」みたいな。
・・・偉大な先例があると、いつまでも引き合いに出されるので困りますね。

うーん、純粋に続きが気になる。


■エウレカとレントン

どんなにラブラブだったとしても!お互い好きだったとしても!!ずっと一緒にいればものっすごい些細なことですれ違う。
お互い、相手が自分のことを好きだという甘えが「こうしてくれればいいのに」「当然こうしてくれるはずよね!」という傲慢さを生むのね・・・
少年少女でここまで描くかエウレカ(笑)

「今日ごはん何にするー?」
「んー何でもいい」
「何でもいいってどういうことよ!」
「そんなの適当に決めればいいだろ?」
「わたしが御飯つくるの当然だと思ってるわけ!?」

みたいな。
ラブラブで何もかも許せるのは1ヶ月だけですよ(短い)

しかしそこを乗り越え、お互いを自然と思いやり相手の心理状態を懐柔出来るそこまでいたって生活というものができるのですね・・・
世の中の夫婦生活営んでいる皆さま素晴らしい!!

エウレカとレントンもそんなおしどり夫婦になることを祈っています・・・ポイントはエウレカのカカア天下(断言)

がんばれレントン。負けるなレントン。

と勝手な推測をしながら、次回へ続くっ!
エウレカセブン#43 『サンシャイン・アンダー・グラウンド』へのコメント
   非公開コメント  
エウレカセブン#43 『サンシャイン・アンダー・グラウンド』へのトラックバック
エウレカセブン#43 『サンシャイン・アンダー・グラウンド』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第43話「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」レントンたちが降りた場所は、本物の地球でした。精神世界に入った訳では無く、時空を飛び越えた訳でも無く、やはり…今まで住んで
2006.02.21.Tue .No262 / salty blog / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.