FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
BLOOD+ 『シュバリエの見る夢』 
2006.07.17.Mon [ 日々の徒然。
ハジと都会の組み合わせも、意外といいね。
そんなアフォな感想がほけーっと出てくるアヴァンタイトルでした。
歌はやっぱり、何言ってるかわからんとです(笑)

ハジジがいっぱいだようひょー!
ソロモン王子もカコイイよわーい!
という雰囲気に流されかけたのですが、意外と話は進んでいないと思う。
来週も真央姐さんだとしたら、余ってるんでしょうね。時間。
ディーヴァは歌いまくりですし。←せめてもうちょっと少女声で歌ってくれないものか。

もういい加減、この枠は2クールずつにしたらどうだろうか。
やはり非コメディで1年て配分がきついと思うのよ。
近年で1年という長いスパンをフルに使って、大小の伏線を見事に生かしてくれたアニメはエウレカセブンくらいしか思い浮かばない。
ガソダム種とかは振り返ってみると失敗している典型なので聞かないでください(笑)

いや、BLOOD+はまだ意図的かつ「余裕がある」という表現なので安心して見ていられるのですが。2クールでも行けたといえば行けたかなと。
真央さんとシフとベトナム編をばさっと切れば(←やりすぎ)

***

と言いつつ、眠る小夜を愛おしげに見つめ触れるハジには死にそうでしたがー!!

なんなのその優しい眼差しは、微笑みは!!!

しかも、小夜さんが眠っているときだけそれ。
起きたらちょっぴり距離を取るのですよ・・・。
切ない。
もうちょっとほら!
「傍にいられるだけで・・・」
とか言ってないで、自分の幸せ追い求めチャイナよ。

もう仕方がないから、ハジ小夜ソングとして米米クラブの『君がいるだけで』を捧げたいと思う。(若者にはわからない)

うはーでも本当にきゅんときたこの辺。
しかし寒いならキャミで寝ないほうがいいと思う小夜さん(どうしてもそこはツッコミたい)

***

一方の、ディーバサイド。
おなかに触れるディーバ、やはり孕んでいる?とか思ってしまった。

そして、ネイサン気持ち悪いー(キッパリ)
なんだか、初めて藤原受け声を聴いてしまった気分です。
大事なものを失ってしまった気分です(笑)

ソロモンは、白を脱ぎ捨て黒を纏って美形度が増した気がしますね。
この顔大好き!(顔なの?)

過去の理由は、微妙に納得いきませんでした。
ぼく、繊細すぎたんです。
ということですか、ですか?

裸のディーヴァが掌の血を舐めるのは、ある意味18禁だと思いましたよー。
アンシェルは利己的な目的の為だけに画策をしていると思っていた・・・というか今も思っているのですが、ディーヴァ自身にもなんらかの執着があるのでしょうか。
あった方が、ディーヴァとしては救われる気がする。
下睫変態度は増すけれど(笑)

今回試聴していて、ディーヴァは「愛されること」に敏感なのだと改めて思いました。ひたすらに愛を求めている。

ソロモンに小夜にジェイムズに対する態度にそれが見えてやりきれない。
小夜とディーヴァは、一歩違えば真逆の立場だった。
何も変わらないはずなのにどうして、小夜の周りには惜しみなく「愛」があるのか?(それを彼女が受け入れているかどうかは別として)
それを理不尽に思う、恨みに思うというよりは何かよくわかっていない風情・・・小夜と暮らしたいと言いながら、受け入れてくれないなら殺したいと思う。ソロモンが小夜を愛した(しかもこれ、結局一目惚れ?)というのなら彼には興味をなくす。そんな淡白さがどうにもやりきれなかったです。

知らないということは、とても哀しいことだとしみじみ思ってしまった。

ディーヴァが小夜と一緒に幸せに暮らして・・・という結末はきっとないしあって欲しいとも思わないのだが、そこに何か希望は残って欲しいなぁと思った今回でした。

***

最後、どこでチェロ弾いてんのハジ!!(笑)←悶えながら大喜び。
テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック
BLOOD+ 『シュバリエの見る夢』へのコメント
   非公開コメント  
BLOOD+ 『シュバリエの見る夢』へのトラックバック
BLOOD+ 『シュバリエの見る夢』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サブタイトル「シュヴァリエの見る夢」  新たな決意を胸に、ディーヴァの元に現れたソロモン。  反旗を翻したソロモンに、アンシェルが牙を剥く...
2006.07.17.Mon .No417 / オヤジもハマる☆現代アニメ / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.