ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAMURAI7 『ずぶ濡れ!』 
2006.08.30.Wed [ SAMURAI7
前回ほど全編において大興奮!ではなかったかも。
カンベエ様の一言に大興奮。

さて、墜落する戦艦から脱出する一行。
しかし、霧の中から銃弾が飛んできて・・・

というわけで、斥候に出るキュウゾウ。
崖を駆け下りる様はサムライというよりは忍者ですよ。
サムライってすげーーーー!!!!
カツシロウには10年経っても無理そうです(妙にリアルな年月)

農民には米を振る舞いつつ、自分達は普段農民が食べているホタルメシ(公式だと水粥という字になっていましたが、きっと米ではなくヒエや粟を水分多い粥にしたものだと思われます)を水杯にするカンベエ様。

ああ、なんかカンベエ様だなぁ・・・と思いました。
シチロージも「お優しいこって」と言いながら、誇らしさとこの方には俺がついてないとという想いでいっぱいな気がします。

・・・なんて思っていたらスッゴイ爆弾が!!!!!

「おじさんみたいになってもいいのか?」

おじさんて!
・・・・・おじさんて!!!!(言葉にならない胸のときめき)

やっぱり総受けだなぁカンベエ様。

へーさんは、裏切られたんじゃなくて裏切った方なのですねきっと。
それにしてもカツシロウ、こんなんばっかだよ。いい所ないよ(笑)

キュウゾウさんは無言のフェロモンが出てました。
確かに格好良いこの人。
「死にたいのか・・・」
と刀をつきつけるのが女の子だったら完璧なのに!!(萌)
スポンサーサイトSAMURAI7 『ずぶ濡れ!』へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトSAMURAI7 『ずぶ濡れ!』へのトラックバック
スポンサーサイトSAMURAI7 『ずぶ濡れ!』のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。