ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャンプ41号感想 
2006.09.13.Wed [ ジャンプ感想
■REBORNアニメ

キャスト決定。
俳優さん等が多いのかな・・・?知らない人ばかり。

んーと、笹川兄の木内さんが忍足で大人ランボの津田健さんは乾ですよね。アニプリ配役だけ知っててすみません。

ビアンキに田中理恵さんはぴったりだな!


以下、本編感想。
■NARUTO
やっぱり癒し要員になっているヤマト先生・・・(笑)

そしてアスマ班はもう敵と接触!?の急展開。
「死なない」んですよねきっと本当に。
怖い本当に怖いアスマさんに千本桜のごとく立ったフラグが。


■REBORN

引っ張るねぇ骸登場!
これで別人だったらどうするよ。
とりあえず、外見は本人とはわからないほどの別人ということでしょうか?


■銀魂

こんなにもシリアスで締められるとは思いませんでした・・・。

扉絵の穏やかだった過去の日々が切ない。

「惚れた女にゃ、幸せになって欲しいだけだ」

の土方の横顔が格好良いんですが!

なんつーかもう、普通に良い話で読ませていただきました。


■BLEACH

「窓がないのは地下に決まってる!」
と言うけれど、単に藍染様の趣味かもしれないじゃないかと思わずツッコんだ。
椅子がやたら長かったり(誰か侍らせる為かと思った)、やたら広い部屋に人質を入れてみたり、いきなり建物の中にコロシアムかと見紛う広い空間があるのが藍染クオリティだ。
異空間を抜けた先が、現世と全く同じ概念で出来ていると思うあたりがさすが眼鏡キャラ!と思ったのでした。

戦闘っぷりはやはり心配ですこの二人。
交換して、来週はさくっと倒せるといいですね。

指の合図で以心伝心v


■エム×ゼロ

扉が無意味に先生なので、期待しました。
魔法は色んなところに応用できて面白いですね。
格闘コントローラー、もっと使って欲しいくらいだった。


■To LOVEる

パンツに凄い気合いを感じました。
春菜ちゃんが可愛くてなんだか可哀想。


■アイシールド

台詞なしの歓喜シーン、栗田胴上げはぐっとときたな。
あれだけ嫌なヤツだった阿含があっさり負けを認めて前向き発言をしたのにびっくり。

それにしても、激戦でしたがそういえばまだ初戦なんでしたね。
神龍寺以上に強いチームがごろごろ出てくるのかと思うと恐ろしい・・・早速「次」の壁が登場して展開を引っ張っています。


■ムヒョとロージー

最近一番面白かったのは、夏の番外編だと思うムヒョロジ。
エンチュー可哀想共感きゅーんとは思えないのが敗因じゃなかろうか。
え、そんなことにそんな大技使っちゃうのペイジさん・・・!と思ってしまった。


■OVER TIME

どうしよう、すでになんだか好きになってしまったこの漫画。
私が好きってことは打ち切り決定ですか?(自虐的)

もう一人の主人公(もしくは本当の主人公)はいてもいなくてもわからないなぁ・・・


■ネウロ

ネウロセンターカラーだよきっとエロいよ!
と思っていたらやっぱりエロかった(私基準)ので大満足。

先週、笹塚さん病室に行っていた弥子ちゃんに対しお仕置きを加えるネウロ。
嫉妬ですか!それは嫉妬ですか!?(大喜び)

HALにとって『計算外』であろう弥子の存在を既に戦力に入れているらしいネウロ。
どんな結末を迎えるか楽しみ。

というかもう!
『ズボンの中にシャツ入れすぎ描写→ヒグチさん逆に洗脳される』
の流れが凄すぎて圧倒された。

たまんないですこれ。毎週驚かされるのが快感!
・・・ある意味松井ドラッグ。


■ディグレ

圧倒的な力を見せつけていた伯爵とのガチンコ対決。
ぶつかり合う力、ガラスの向こうに透ける伯爵の目、違う終末を夢みて踊る二人の道化師。

扉でやはり対になる伯爵とアレンの描写には痺れました。ぞくぞくした。

その次のページ、いつの間にか戦線離脱した伯爵+ノアの一族描写はめっちゃわかりくかったですが(笑)

なんだなんだ、いつの間に引いたんだ。

「おかえり」と迎えるリナリーでほんわかしつつ、最後に落とされて「ぎゃー!」ってなりました普通に。良い読者だ。


■村雨くん

あれ、村雨くんボディガードしてるんじゃなかったの?
ヘリがどうこう言う前に。

普通の女の子が殴られてるのって、痛々しいねぇ。


■みえるひと

熱かったよ!!

キヨイの諦観したような哀しみと、そこにぶつける明神の「ただ穏やかな日常を守りたい」想いが熱かったよ。

久々に、こう・・・敵方がこの熱さに揺さぶられて最終的には和解できるんじゃないかなーという爽やかなビジョンが見える作品に出会った。

ストレートでぐっとくる。

ガクの「愛があれば野獣さえもオレに心開く」は笑いながら萌えた~!
そしてさらに『常識という枷を外せば魂=力となる』=『思いが力になる』を体現するのがまた格好良い。

こ、こんなに面白いのに・・・嫌な噂を聞きましたよ。
でも、聞いたってことはほぼ確定なのかな。

正直、今週に限っていえばその辺の看板連載より絶対面白いのに。

なんだかもう、悲しいというよりも、

なんだそりゃー!!って怒りと脱力だ。はぁぁぁ・・・
テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌
スポンサーサイトジャンプ41号感想へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトジャンプ41号感想へのトラックバック
スポンサーサイトジャンプ41号感想のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

田中理恵さんのブログはこちら♪ http://www.tanaka-rie.com/diary/ ホームページはこちら♪ http://www.tanaka-rie.com/ ?
2006.09.17.Sun .No443 / 声優ブログ / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。