FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
ジャンプ43号感想 
2006.09.27.Wed [ ジャンプ感想
PC復活~~~!!!!致しましたので久々にジャンプ感想♪

お休みしている間に「みえるひと」打ち切りという恐ろしくショックな出来事がありましたが・・・

もう萎え萎えだった。切なかった。でも良い終わり方だった。
伝えたいことが、とても明確にあったのにね。
勿体ないってーーーーー!!!!!

ということで気を取り直して本編感想。
■新連載 P2

おお!卓球モノ。
なんだかこう、サモンナイトシリーズを思い出す可愛らしい絵柄です。
いちいち出てくる比較対象がゲームなのはゲーマーだからもう仕方ない。

たまに主人公にいらっと来つつも、絵柄にぴったりなほのぼの+くすりと笑える可愛いお話で楽しめました。
ここまで正統派なスポーツ漫画って、ジャンプでは久々な気がするので頑張って欲しいですね。

というか・・・

郭英士がいた気がする。(幻覚です)

ごめんなさい私、どうしても黒髪短髪つり目に弱い・・・弱いんだ!!


■ワンピース

そうだよなーーー!!!!!!!
アイシールド神龍寺戦で最後に締めるのが栗田であったように、
このシリーズを締めるのはこの子じゃなきゃいけなかったんだよな!!

と納得しつつ、めっちゃ感動した。
これ、単行本で読んでいたら感動もひとしおな気がします。

余りにフラグが昔すぎてすっかり忘れてた・・・(笑)

引っ張りすぎじゃない?とも正直思っていたのですが、
このまとめ方、怒濤の落とし方はさすがと言う他ありません。

良かった~!


■BLEACH

石田くんたら・・・!!(爆笑)

ちょっとピンチだったのに、チャドは無言なのに、一人で決め台詞。

もう、笑いながらきゅんきゅん来ちゃったよ!!

そして忘れちゃいけない藍染様。

紅茶をご所望です。

紅茶をご所望です。

給湯室で、一生懸命紅茶の葉と格闘するアランカル達。
もちろん藍染様にティーバッグの紅茶なんて出せません。
「えーと、沸騰したてのお湯を入れてすぐ蓋をして蒸らす・・・」
思わず白い陶器の蓋を持つ手も震えます。

だって武器しか持ったことないし!!!(笑)

健気・・・健気だわ・・・

藍染様を月と崇めてわらわら慕っているアランカル達が愛しく思えてきました。

俺達は、夜の街でしか生きられない・・・
この身体の奥底にまで染みついた夜の匂いは、
日の光に照らされても、腐臭を放つだけ。

けれどあの人は違った。
何にも染まらず、ただ清廉にそこにある。

闇に慣れきった俺達には、
その静かな光が、どんな鮮やかなネオンよりも眩かった・・・


みたいな(笑)
clubアランカル再び・・・!!


■NARUTO

アスマ班バトルになって、とても面白くなった気がする。

そしてこの状況の中で何か思いついたらしきシカマル!
うおー。格好良いじゃないか。

・・・と言いつつ、現状打破はできてもアスマ先生死亡フラグは消えなそうな気がして怖い。

明日への糧になりそうな一戦です。


■アイシールド21

これ、アメフト漫画!?と思うほどの迫力バトルでした。
見せ方が上手いですねぇ。
峨王が一気にキャラ立ちした。

そして原尾さんがとっても受け臭かった・・・
涙が似合うよ!守られてたよ!!


■ディグレ

なんだかものっすごい王道なバトル展開??
ティキのこだわりはわからなくもないけれど、やはり都合の良さを感じます。
しばらく大人しめな感想になりそう。

それにしてもブックマンが青野武さんて恐ろしくぴったりだ!!


■銀魂

シリアスから一転してここまでコメディってすごい。
グラサンの流れやエリザベスの眉毛にお腹抱えて笑った。

笑いと涙には心の浄化作用があるって、とても納得。
ストレスが薄れますよね。


■OVER DRIVE

「ドキドキして眠れない!」(捨てられた子犬のような三白眼で)

ちょ、何これーーー!!!

・・・・ズキュン。(←心臓打ち抜かれた音)

か、可愛いよ。
なんだかもう、無条件に許してしまいそうだよ。
もう、鷹見が主人公で、いいじゃないか!!

しかしこの悪そうなセンパイ(顎髭付き)が改心して仲間になっても全く嬉しくない気がするんですが大丈夫でしょうか。

早くハネ君が見かねて乱入すると良い。


■リボーン

骸ファン衝撃の展開!・・・なのかむしろ大喜びなのかわからない。
ほら、腐女子界には、『女体化』という恐ろしいジャンルがあるから・・・!!
いやぁ、さすがの私もわからん世界です。

というわけで、クロームは正統派に男性のハートを掴む為に出てきたのかそれでもやっぱり女子層も意識しているのか判別つきません(笑)

それにしてもあざとい!触手でミニスカでほっぺにちゅだ。
口元がぷっくり系で妙にエロいよクローム。

でも、可 愛 い ね・・・・!!(結論)

そう思ってしまった自分に敗北感を感じました。

そしてボスとツナパパの愛憎劇場がどうなっているのかも気になるところです。


■To loveる

やっぱりレンじゃ弱いよ!
ザスティンがそろそろ必要だよ!!

犬を見て思いました。


■ネウロ

車のシートにじっとりとガソリンを湿らせる弥子ちゃん・・・
大人にしかわからない危険なプレイかと思った。

そして、読者にはその悲惨な行く末が見えている愛車を「いーだろv」と愛でる吾代さんも、その愛車のガラスを早速ぶち抜きながら笑顔でおねだりするネウロも可愛すぎてどうしようかと・・・!!!

毎回楽しくて仕方ないなぁもうv

HALの本体は原子力空母へ。
そしてヒグチはスパコンを餌にネウロを潰す機会を窺いつつ、空母の元へ彼らを導く・・・?

息もつかせぬ展開で続きが気になります。


■ムヒョロジ

七面犬、可愛すぎる・・・・!!
くっそう、誌面の中に手突っ込んでなでなでしたい。

梅吉とのコンビはある意味最強。
この二人(二匹)が行ってどうなるんだ?
と思っていたら明確に目的があったのですね。
便利な能力だ~!


■テニス

『不二必死』

このタイトルのセンス、大好きだ。なんだか。

ほんとに、開眼しっぱなしでしたーーーー!!!

そう言えばこれ、スポーツ漫画だったんだなぁと思い出す一幕(忘れがち)

不二センパイのせっかくの必死さに、いまいち心打たれないのはなぜなんだろう。


■村雨くん

連載始まった当初は普通に面白いなぁと思っていたのですが、終わってみれば「みえるひと」ほどの思い入れはなかったかも。

そっかぁ、終わったのね。
青葉さん、無理矢理出てきたね。

そんな感想しか出てこなかった・・・

ジャンプの打ち切りって、そんなに唐突に宣言されるものなのでしょうか。
ほんと、無情だなぁ・・・厳しい世界ですね。
ジャンプ43号感想へのコメント
   非公開コメント  
ジャンプ43号感想へのトラックバック
ジャンプ43号感想のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.