FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
アニメのリボーン初回 
2006.10.12.Thu [ アニメ雑感
今更ですが、見たので感想。

リボーンって、こういう設定なのねーー!!(初めて知ったらしい)

そして

ツナってのび太くんなのねーーー!!
(だからダメツナなのか)

なんというか、いかにもジャンプの新連載1回目という印象。
設定を頑張って出していて、これといって何も内容がない(笑)

当初はこうだったのに、現在はアレ(真剣にバトル展開)なのかと思うと感慨深いものがあります。
ジャンプで連載が続く要因って、一体何なのだろうなぁとしみじみと。
最初の印象って、当てにならないね。
それだけ、連載開始当初には方向性が定まっていないということでもあるのでしょうが。

少なくとも、リボーンって設定や世界観がどうこうというよりはキャラクターで成功しているんですねぇ。今更ですが。

その意味で、おそらく原作の1話では出ていないだろうレギュラー陣を全て無理矢理にでも投入してきた構成は好印象!!(銀魂アニメ初回もそうでしたね)

ぎゃー雲雀さんが!とか獄寺ったら!とかきゃっきゃ言える。

個人的に、わかりやすい音楽やぱきっとした明るい線も良いな~と思いました。
ディグレでは許せん!と思った作画レベルも、このアニメはこれでいいんじゃないかと思えるのが不思議。
笹川兄の髪の毛はどうしてあの色なのかだけが納得いかないですが。
イメージはうすーい金茶髪なのになー。
というか、獄寺とかぶってるよあの色!!

ツナは親しみやすーい雰囲気の画なのに、他の男性陣はかなり綺麗に描かれてるあたりもわかってるな~と思いました。
京子ちゃんより雲雀さんのが美形だったよ(笑)

ちょっと落ち着いて、1話でぱっきりオチがつく安心できる展開になるのが楽しみ。
気を張らないで、見られそうです。
アニメのリボーン初回へのコメント
   非公開コメント  
アニメのリボーン初回へのトラックバック
アニメのリボーン初回のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.