FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
チェーザレ/惣領 冬実 
2006.10.26.Thu [ コミック
チェーザレ破壊の創造者 1 (1) チェーザレ破壊の創造者 1 (1)
惣領 冬実 (2006/10/23)
講談社

この商品の詳細を見る

チェーザレ破壊の創造者 2 (2) チェーザレ破壊の創造者 2 (2)
惣領 冬実 (2006/10/23)
講談社

この商品の詳細を見る


惣領さんが、チェーザレ・ボルジアーーー!!!??
み、見たいっす(涎)!!

というわけで買って参りました。モーニングなのねv

かっなり本格的な歴史物ですが、『世間知らずだが、それ故に純粋な天才肌』であるアンジェロという青年を読者視点に持ってくることによって、自然と解説がされる設定になっております。

それにしても、この設定。
ものすごーーーーく

逆光のメディチ 逆光のメディチ
藤本 ひとみ (1996/10)
新潮社

この商品の詳細を見る


を思い出します。
これまた、アンジェラという少女がメディチ家当主に才能を見出されるところから始まるのよね。

これ↑のような恋愛要素は皆無ですが、こちらの作品もロレンツォやレオナルド・ダ・ヴィンチなど名だたる天才達の会話や駆け引きにどきどきワクワクですよー!

大人のように世事を語っていたチェーザレが、レオナルド先生の前では無邪気で好奇心旺盛な少年らしい表情を見せるシーンにきゅんv

とにかく、チェーザレが魅力的に描かれていて惚れ惚れすること間違いなし。
冷酷非道、でも凄い人なのよ本当は優しいのよ。というだけではない細やかな描写がされていて、これからどんな描かれ方をされていくのか楽しみです。

つか、やっぱり黒髪っていいわーーーー!!!!(本音出た)

怪物ちっくな(笑)枢機卿たちはそれらしく、美青年は硬質な絵柄でとっても美青年に描かれていて、笑みが止まらないです。うひひ。

あ、建物なんかも本当に素晴らしいですよ!!
まるで映画の中に入り込んでしまったかのような、精緻な絵に圧倒されます。
あーイタリア行きたい。

久々に大興奮で、続きが読みたくて悶えます。
ルクレツィアとか、やっぱり出てくるのかしら。
テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック
チェーザレ/惣領 冬実へのコメント
--読みましたー!--

涼さん、こんばんは。
『チェーザレ』私も読みましたよー。
惣領冬実さんの描くチェーザレ・ボルジアというだけで、絶対に買わなきゃ!と思ったところまで、購入へのくだりがそっくりで笑ってしまいました。

「逆行のメディチ」ってそんなお話だったのですね。そちらも読んでみたいです。

惣領さんのクールさもうまく出ていると思います。欲を言えばもう少しドラマチックさが欲しいかなぁ。
でもやっぱりチェーザレとミケロットの魅力にクラクラ・・・。
アンジェロを視点に持ってきたのはうまいですね。地方行政官の息子でロレンツォに見出された才能を持つ芸術家肌、という生い立ちはミケランジェロを彷彿とさせるのですが、なにか関係があるのかしら。名前が違うからないのでしょうね。
でもそういう想像をめぐらすだけで楽しい。続きが愉しみですね。

- from 高 -

--こんばんは!--

高さん、こんばんは。
読まれました!?良いですよねー!!
間違いなかった(笑)

「~メディチ」はおそらく、十数年前の時代でしょうか・・・?
ロレンツォがまだ若々しく、ジュリアーノ(ロレンツォの弟)の暗殺事件等がメインで語られております。
恋愛要素も絡まってこれでもかというほどドラマティック(笑)なのでお勧めですよ♪
少女小説スキーにはたまらないドラマティックさなのです・・・。

こちらの方が、クールですよね本当に。
でもやっぱり、スペイン系の!!アンダルシアな男達が格好良くてくらくらします~v情熱的♪

アンジェロでミケランジェロは、私も連想しました。
名前の違いは、まだまだ油断できませんよ!
「逆光のメディチ」で同じ立場だったアンジェラにもあっと驚く正体が待っていました(^^;)←ちょっとネタばれ?
何はともあれ、続きが楽しみです。

*神話の子供たち情報、拝見して小躍りですー!あと1ヶ月ちょっとですね。嬉しい♪

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
チェーザレ/惣領 冬実へのトラックバック
チェーザレ/惣領 冬実のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.