ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャンプ52号感想 
2006.12.02.Sat [ ジャンプ感想
ふと気が付くと土曜日。
1週間遅れでジャンプ感想です。

すごい。2本も終わってしまいましたねσ(^_^;)
そしてHAND’Sも終わると聞きました来週。

個人的にはP2!さえ生き残ればそれで良いのですが、厳しいかなぁ・・・面白いのに。

でも、アニメを見ていたら「武装錬金」が本誌であんな終わり方させられるくらいだもの・・・何が打ち切られても不思議じゃないよね。って思いました。
■NARUTO

おお!そんなに身長あるんだナルトって>表紙

「戻ってくるよ」と言った地点に戻るわけないじゃんとまともなことを言う角さんにちょっぴりほっv
それを見抜いたシカマルが迎え撃つという流れは面白かったな。

カカシ先生が活躍するといいなーと思う。


■リボーン

決戦前の穏やかな日常。戻って来たい場所。
父親と重ねて、ツナの成長を見守るツナ母が良いですね~!!

しかし、この戦いに蹴りがついた後、果たして普通の学園コメディ風リボーンに戻るんでしょうか?
なんだか想像つかないなー。

かといって、ついにマフィア化本格始動。
イタリアに乗り込むぜ!!と外に飛び出しちゃうのも違う気がするし。

ここで盛り上がって戻ってきた日常で終わるのが一番良いんだろうか・・・と不吉なことを言ってみる。

色気があって個性的な絵が魅力だと思うし、ここまで本格バトル展開も描けるとなると、趣向を変えて新たに連載しても盛り上がる気がします。


■銀魂

めっちゃシリアス。
博士は人格を機械へと移したものの、変貌してしまっていた。
まさか銀魂で機械が人間の上に立っちゃうよ反乱起こしちゃうよ的SFをやられるとはーーー!!!(*しかしあくまでメイドさん)

どんな締め方をするのか素直に楽しみ♪


■アイシールド21

綺麗に選ばれているベストメンバー!!
扉絵の頬染めた筧が可愛すぎて一気に墜ちそうになりましたヾ(〃^∇^)ノ

でもって

十文字キタよーーーーO(≧▽≦)O !!!

まさかそう来るとは思わなかった!!
腹が立つ格好良さ、良い意味ですよね??(笑)


■ネウロ

展開早っ!!!!
先週まではのんびりペースだったので、いきなりぐいぐい引っ張られて嬉しい悲鳴でした。

一気に侵入してパスワードまで入れちゃう。
来週はついに、パスワードの謎が明らかになりそうで楽しみですね。

ここまで引っ張られてつまらないオチだったらどうしよう・・・と不安になりそうなものですが、何故かネウロに関しては安心感があります。

緩急の付け方が上手いよなぁ。
材料をしっかり下ごしらえして全て用意して、仕上げは火力最大でスピーディに。
中華料理みたいだな。
と思いました(笑)


■BLEACH

いやいやいや。

BLEACHの魅力はなんと言っても多彩なキャラ達だと思うんですが、わかりきってる主人公がこんな敵と何週間にも渡って戦い続けるから最近つまんないんだな。と思いました。

ネルにポイント絞って見せつつ、さっくり倒せばいいじゃないか。
って、あ!!
今書いてて気付いたけど、ネルを窮地に追い込まなきゃいけないから手を抜かせたの・・・?
そっかー。それじゃ仕方ないよね。うん。
例え本気になったら一瞬で終わろうとも手を抜かないとね。
苦しいけど。←自分のフォローが。

追いかけてきたネルを早速先に狙うタイプの相手で、ネル大ピンチ!でもはね返す・・・今度こそ駄目だーというところで駆けつける一護。じゃ駄目だったんだろうか。

せめて残りの4人は最初から本気で戦って欲しいなー!


■テニス

モノマネはきっとただの技コピでもなければ、声真似でもないんですよね(期待に目を輝かせながら)


■ムヒョ

わーいvちゃんとリオ先生も戻ってきてましたよー!!
と思いきや、こちら側に影を飛ばしてくるティキ。怖っ。

きっかけを作ったのはティキだとしても、その後信じられない対応をした周囲は操られているわけではないと思うので、魔法律協会はリオ先生恨まれてしかるべきだよなやっぱり。と思うのは私だけじゃないでしょう(笑)

でも、良いように使われたと知ってそこに戻りたくはないと思うのでビコの為にもムヒョ側に戻ってきて欲しいなぁ。

そして、vs方舟が終わったら悪の根元魔法律協会をぶっこわしてオレ達が頂点に立つ方向性でいけばいいんじゃないかと思います。

むしろそれが想定されて協会の腐り具合が強調されている気さえする。
ラスボス・魔法律協会。
これで間違いなし(笑)


■エム×ゼロ

絶好のポジショニングの愛花を放っておいて、危険な目に遭いそうな女の子を追いかける九澄。というのは好感度高いよなぁと・・・

思ったのですが返って来たのはパンツの洗礼(笑)

小さいつづらを選んだら、思いも寄らぬお宝が入ってた図が思い浮かびました(>▽<;;


■D.Gray-man

黒アレンーーー(笑)!!
クロス元帥への絡みは、素直に大喜び。

まだ引っ張るのかよー!ともどかしい(ものすごく個人的に)クロス元帥なんですがもしかして、もしかしなくてもここらで登場しそうでしょうかね!?


■P2!

いやー、クマさん主将好きだなぁvv
ここで練習試合、はっきりとした『試合』を持ってくるのは自然な流れで良いなと思いました。

ジャンプ連載、丁寧に行き過ぎると盛り上がる前に終わっちゃったり(笑)、勢いで押そうとあせり過ぎても空回りしてしまったりで難しいですよね。

頑張って欲しいなぁP2!


■HAND'S

これは生き残ると思いきや、やっぱり打ち切りなのね。

OVER TIMEとHAND'Sは、画力はあるのにどうにも許容できない不快さを感じさせる悪役が簡単に出てくるところが微妙でした。

ヤクザとか子どもに借金残して逃げたのに監督している父親とか女の子に暴力奮う先輩とか今は亡きチームメイトを貶めるエースとか。

でも、HAND'Sは西岡監督という一条の光と主人公のア前向きさが良いですよね。


■OVER TIME

こっちの顧問の先生は最後までわけわからない人で終わりました。
でも、チームメイトはこちらの方が魅力的だったかなと思います。羽根くんとか双子兄とか。

もっと続いていれば、良いシーンも出てきそうだったのですが・・・仕方ないですね。でも勿体無いなー!!

テーマ:週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル:本・雑誌
スポンサーサイトジャンプ52号感想へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトジャンプ52号感想へのトラックバック
スポンサーサイトジャンプ52号感想のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。