FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
Under the Rose (4) 春の賛歌 
2006.12.05.Tue [ コミック
Under the Rose (4) 春の賛歌 バースコミックスデラックス Under the Rose (4) 春の賛歌 バースコミックスデラックス
船戸 明里 (2006/11/24)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


↓のラブコメとは打って変わって、こちらはダーク。
ひたっすらに容赦ない一冊でした。

このどうしようもない閉塞感、重い曇天を思わせる退廃的な暗さ。
雰囲気・描写力が抜群であるが故に、一緒に入り込んで沈んでいってしまいます。

でもそこが好きなんですけど!

掛け値ない『善良さ』などない、だからそれを本物として見せ付けられると焦がれつつも踏みにじりたいウィリアムのジレンマ。

一点の曇りもなく敬虔でありたい、けれど自らそれを裏切って打ちひしがれる・・・穢れていると思いながらも、洗われることで自分を保っているレイチェルのジレンマ。

『善良であろうとすること』がどれだけ困難なことかを知るならば、どちらかと言えばレイチェルの方に肩入れしてしまうのですが・・・

曇天を割る一筋の光のように、希望ある展開だといいな。

「冬の物語」の後の「春の賛歌」ですし。

でも「冬」の終わりも余韻が残って切なかったからなぁ・・・どうなるのか待つ期間が正に冬!!(上手いこと言った)
Under the Rose (4) 春の賛歌へのコメント
--きゃー(>▽<)--

涼さん、こんばんは。
『Under the Rose』いいですよね~!!
4巻は特に容赦のない一冊でした。ここまでリアルに現実を描いていることからも、大団円のハッピーエンドにはならないのでしょうが、それでもきっと各自それぞれなりの結末を迎えるのだろうなと思うと先がとっても楽しみです。
次巻はまた一年後でしょうね。うぅぅー気になります。

- from 高 -

--読みました~!!--

息を詰めてのめりこんでしまう一冊でした。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
イイっす!!!!

容赦なく痛いだけに、おっしゃる通り『大団円』はないと思うのですが・・・それぞれがほんのり芽吹くような希望を持つというか、じわっと心に残るラストになりそうで続き楽しみですよね。

一年って!!!!
ほんとそれこそが冬のごとく寂しく待つ期間ですよね~~(/_<。)
気になります。早く続き読みたくて悶えますーーー!!!
「マーガレットさん」も含め(笑)

- from 水瀬 涼 -

   非公開コメント  
Under the Rose (4) 春の賛歌へのトラックバック
Under the Rose (4) 春の賛歌のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.