ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス 反逆のルルーシュ#13「シャーリーと銃口」 
2007.01.18.Thu [ コードギアス
うわーお!
OP変わるとは聞いてましたが、そしてカット使い回しらしい(種ですか?)とも聞いていましたが・・・

まさか、血+ラストクールの悪夢再びとは!!(爆笑)

嘘。ちょっと笑えなかったです。
テコ入れは土6だけにしときなよー!

むしろ現在の土6「天保異聞 妖奇士」の方は、適度に爽やかな曲に合わせて上手く作り込まれている良いOPでしたよ。
視聴率が低いから好きにさせてくれているんでしょうか(ある意味それも悲しい)

オレンジが消えて、ヴィレッタ姐さんが目立つようになったOPでした。(・・・墜ちていってますが)

EDは、新カットほのぼの日常・過去だけで構成されていたら違和感なかったかもしれないなという出来でした。
飲み交わすギルフォード萌えー!

んでは、本編感想です。

***

シャーリーの父親の葬儀に参列するルルーシュ達。
シャーリー母が土を被せられる棺に泣き崩れるシーン、わかるなぁとぐっときた。
「生きていたなら」あり得ない状況になる時に初めて、ああもうこの人に会うことはできないんだと実感する気がします。

カレンの辛そうな表情を見て、そういえばこの子もルルーシュと同じ痛みを分かちあっているのだと初めて気付きました。うーん、なかなかどうして正ヒロインだ。

負い目があるという点では、シャーリーもまたルルーシュにとって特別な存在になってしまったんですが・・・ある意味対等な関係にもなりにくくなってしまったわけですよね。

「やり方間違えちゃった」
の一言が痛々しかったです。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

「ちゃんと泣いた?」
とその痛みを思いやれるミレイに救われますね~!
乳は揉みますが(笑)←それもまた、場を和ます計算?

***

一方、C.C.に覚悟を促されるルルーシュ。

覚悟はあったでしょうが、ここで全く揺らがない主人公では全く共感できないですもんね。
バスルームで手を幾度も叩きつける姿がこれまた痛々しい。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

しかし、ここでガッツリ立ち直って
「流した血を無駄にしないためにも、さらなる血を流してみせる」
と言い切るのがルルーシュらしい。この作品らしいかと。
迷いの無限ループに陥ると、話が進まなくなっちゃいますから。

ゼロと共に修羅の道を歩くと、迷いを振り切るカレン。
ヴィレッタに疑念を植え付けられ、ルルーシュを追うシャーリー。

全く別の方向から『ルルーシュ』と『ゼロ』に近付いていく二人が、いつ『ルルーシュ=ゼロ』であることに気付くのか、そしてそれをどう受け止めるのかというのは気になるところです。

ちなみに、今回最後にシャーリーの目の前でゼロの仮面が落ちてルルーシュの顔半分が露わになりますが・・・

私は寸手のところで気付かないというのもありかと思います(笑)
だって、声でもわかんないんだよ!?
気付かれてしまったとしたら、ギアスを使うのかもしれませんが。

***

その点、ヴィレッタには「ギアスがもう効かない」というのはポイントになりそうで面白いですね♪

「ジェレミアのように地位も名誉も失って死んだりはしない。いや逆に手に入れてみせる」

と良いかんじに、オレンジ呼び捨て(笑)
さらには、ピンチをチャンスに変えようと野心に富んでいて素敵です。

***

とまぁ様々な思惑が飛び交う中、ディートハルトによってコーネリア部隊が日本解放戦線の指導者・片瀬少将の捕獲に動こうとしているという情報がもたらされます。

片瀬の海外逃亡を優先させるべきだと主張する扇。
コーネリア部隊を壊滅させ、残存部隊の救出に力を注ぐと言うゼロ。

「愚問だ」
って、片瀬はもちろん見捨てるってこと?と・・・思ったら扇はほっとしているみたいなので良くわかりません。

***

その後、片瀬の艦を爆破して本隊に突入するという展開も実は見ていてよくわからなかったです(笑)

おいおい、何やってんのーーー!!!ヒドイよーーー!!って叫びましたもん。

で、それを懇切丁寧に説明しながら面白い走り方で去っていくディートハルト。←死にそうに笑いました。

おかげで、「解放戦線を囮にするだけでは策として弱いので、どうせなら片瀬の艦を生きたトラップにして相手の戦力を削ぐ」という作戦だったことがわかりました。
うーんでも、「脱出ルートはひとつしかない」って何のことかわからなかった。
プラス、扇やこれから合流する解放戦線メンバーの中にも不信の芽が芽生えちゃったんじゃないかな、と思ったり。

それにしても、
「カオスの権化だ。もっと私に見せてくれ。主観に満ちた世界を・・・!!」
ってそんなキャラだったのかディートハルト(笑)

きっとオレンジ卿一時撤退に伴って必要とされた要素なんでしょうね。

早く戻ってきて、ジェレミア卿!!
OPにいないということは、ギアス付きで戻ってきたりはしないのかしら。
バイザー銀髪の人がC.C.みたいな存在だとしたら、ジェレミアとの掛け合いなんかが見られるのかも?と妄想は膨らむばかりです(笑)

それとも、目を隠してるというとこは彼自身がギアス持ち?
続き気になるー!!

***

最後に、スザきゅんについてちょこっと。

「正しい手段で、内部から変える」
というのが彼の持論なわけですが、ここ最近ちょっとキツい展開ですね。

「お前のやり方じゃ何も変わらない」
「一方通行のひとりよがりだ」

って、全部自分に跳ね返ってきちゃう。

「職業軍人」という枠の中で何かを変えたいと思うなら、少なくとも軍部のトップに近い位置に立たなければ無理でしょうし(それでも「変えられる」かどうかはわからないですが「正しい手段」にこだわるならクーデーターもあり得ないのですよね)、周りにスザクの思想に賛同する人がいないのも辛い。

せめて、帝国内部の不満分子を捜したり、同じ名誉ブリタニア人(という立場の人がいると仮定して)と意志の疎通を試みたり・・・・と考えてみたけどそれじゃあスザクらしくない気もしてきた(^^ゞ
やはり、ユフィとの接近が無難でしょうか。

せっかく対にされているわけですから、もう少しスザク側の描写も見たいなぁと思います。

***

余談ですが、いつも登場が待たれる藤堂は『ガタイの良い受け』の匂いがするなぁと思いました(笑)

COLORS COLORS
FLOW (2006/11/08)
KRE

この商品の詳細を見る

勇侠青春謳 勇侠青春謳
ALI PROJECT (2006/10/25)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 コードギアス 反逆のルルーシュ 1
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/01/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る





スポンサーサイトコードギアス 反逆のルルーシュ#13「シャーリーと銃口」へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトコードギアス 反逆のルルーシュ#13「シャーリーと銃口」へのトラックバック
スポンサーサイトコードギアス 反逆のルルーシュ#13「シャーリーと銃口」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サブタイトル「シャーリーと銃口」  シャーリーが直面した悲劇を乗り越え、非情なる決意をするルルーシュ。  彼の決断は、新たな悲劇を生むのか?...
2007.01.19.Fri .No621 / オヤジもハマる☆現代アニメ / PAGE TOP△

 行動の果てには、結果という答えが待っている。 例外はない。そこにルルーシュの力は及ばない。 如何なる相手にも命令を下せる絶対遵守の力を持っていようと、その必然からは逃れられない。 母の仇を討つために、妹ナナリーが幸せに過ごせる場所を作るために動....
2007.01.20.Sat .No625 / 月の静寂、星の歌 / PAGE TOP△
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。