ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ES(4)/惣領 冬実 
2007.01.18.Thu [ コミック
ES 4 (4) ES 4 (4)
惣領 冬実 (2007/01)
講談社

この商品の詳細を見る


くーっ!!!!圧倒される面白さです。
今まで読んでいなかったのが悔やまれる・・・実は「MARS」も未読なのですが、読まなきゃと思いました。

遺伝子操作により、他人の脳に入り込み操作することのできる存在---コードES。
一人は「秋庭亮介」の名を得て『普通の』人間のように平穏な生活を送り、一人は自らを実験体「イザク」として生み出した人間達を憎み殺していく。

ESの侵入を拒める数少ない人間・医学研究者の九條美祢は亮介と関わることで事件に巻きこまれ、イザクを止めようと動き出すが・・・




ある意味、少女漫画では浮きそうだと思うほどシャープで美しい絵柄がこの作品にはぴったり。
特にこの巻では、台詞までも削ぎ落とされた無声映画のような手法が引き立ってました。この画力があってこそだよなぁと。

朝目が覚めた時、隣に誰かがいる幸福感。
あとほんの少し、必死で追いすがって掴めそうだった命がこの手からこぼれ落ちていってしまう絶望感。

どちらも、全く台詞がなかったのですが印象的なシーンでした。

人の「死」が多い作品なのですが、その痛みのひとつひとつやその中で出会うささやかな喜びが伝わってきてぐっときました。

一体どんな終わり方をするのか、続きが楽しみです。最後まで文庫版で買いますが(笑)
スポンサーサイトES(4)/惣領 冬実へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトES(4)/惣領 冬実へのトラックバック
スポンサーサイトES(4)/惣領 冬実のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新コメント(記事毎)
ブログ内検索
ワードハイライト
入力した単語をハイライトすることができます。
全ての記事を表示
counter
QRコード
QRコード

CopyRight 2006 二次元の恋人。 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。